マンハッタンカフェ死亡

種牡馬マンハッタンカフェが、8月13日、腹腔内腫瘍のため社台スタリオンステーションにて亡くなった。17歳だった。

2009年の総合リーディングサイヤーであり、天皇賞馬ヒルノダムール(牡2007年産・期待度85)や、秋華賞を勝ったレッドディザイア(牝2006年産・期待度90)、NHKマイルCを勝ったジョーカプチーノ(牡2006年産・期待度100)、フェブラリーSを勝ったグレープブランデー(牡7歳・現役)などGⅠ馬を出した。

今年も80頭ほど種付けを行っていたが、体調が悪かったらしい。夏以降は衰弱が激しくなり、8月13日に亡くなったとのこと。
サイヤーラインを作って行きそうな後継種牡馬候補がいないので、是非とも残された産駒から超一流馬が出てきてほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック