natsuryoのダービーへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年7月7日(土)2歳戦

<<   作成日時 : 2018/07/07 17:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

●2福3 5R 2歳新馬 芝1200 稍重
イチゴミルフィーユ (牝・美浦・林徹)
父ヨハネスブルグ 母ホシノメガミ(サンデーサイレンス)
1:11:3(上3F35:3)
単勝5.1倍の2番人気からの勝利。道中4番手から4コーナーも内4番手。直線やや外目に出して伸び、残り100m手前で先頭に立って後続を離す。最後は3馬身差での圧勝だった。
【先頭の通過】35:6-47:6
【レースの上り】12:0-11:9-11:8
道中は内4番手を進むが、3〜4コーナーで前に離され気味となる。それでも4コーナーで盛り返して、内4番手でまわる。直線に入るとすぐに3番手に上がり、前2頭よりも外に出す。残り200mでは先頭から2馬身差程だが、一気に差を詰めて残り100m手前でナムラカメタローをかわして先頭に立つ。そして引き離し、最後は3馬身差をつけての圧勝だった。
道中は4番手で脚をためて、直線でしっかりと伸びた。先頭に立ってから2番手をグングンと離したが、どちらかといえば2着馬がバテたためだろう。後方から伸びた3着馬とは脚色が同じだった。それでも加速する上りを4番手から伸びて差し切っているので能力は高いと思う。ヨハネスブルグ産駒なので当然短距離戦が活躍の場になるだろうが、母の血統を見ると長いところでも行けそうで、今日のレースを見てもマイルでも大丈夫そうである。『苺のミルフィーユ』という大変美味しそうな名前で、活躍すれば人気が出そうだ。
【母】ホシノメガミ
3戦1勝。芝1800m1勝。重賞未出走。
姪(本馬の従姉妹)マイネレーツェル(牝2005年産・期待度70)はフィリーズレビューGU・ローズSGUを勝ち、小倉2歳SGV3着・フェアリーSGV3着・愛知杯GV3着。
初仔は1勝。第3仔は地方2勝。第4仔は地方6勝。第6仔は地方5勝。第7仔ティーポイズン(牡7歳)は現役で4勝。第9仔は地方1勝。第10仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、1歳時の北海道サマーセールにて453.6万円で取引された後、2歳時のJRAブリーズアップセールにて1080万円で取引された。
期待度40

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018年7月7日(土)2歳戦 natsuryoのダービーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる