アクセスカウンタ

natsuryoのダービーへの道

プロフィール

ブログ名
natsuryoのダービーへの道
ブログ紹介
勢いで始めてしまったブログです。「自分の性格上、続かないだろうな」と半信半疑で書き始めたのですが、10年目に突入しました。
2歳戦(3歳戦)の解説を毎週行い、2017年のダービー馬を探して行きたいと思います。
もちろんオークス馬も。
これからもよろしくお願いします。
尚、「期待度」とは、「ダービー・オークスへの期待度」です。最高値は100のつもりはありません。
zoom RSS

お知らせ

2017/03/21 20:36
3月22日(水)〜27日(月)まで、旅行に行く予定です。
そのため、今週末(3月25日・26日)分の更新が遅れます。

2016年12月31日の記事で以下のように書きました。
『若い頃は一人でフラフラと関西へ行ったり、九州へ行ったり、北海道へ行ったりしていたが、結婚して子供が生まれた頃から、仕事以外で一人で行動することがほとんどなくなったのだ。
ただ、来年は海外へ、一人で旅行に行く計画をしている。
実は、家内や息子(浪人中)を誘ったのだが、「そんなところ行きたくない」と断られてしまった。「じゃぁいいよ。俺一人で行ってくる」と言って、さっさと航空券とホテルの予約をした。
海外へ一人で行くのは初めてだ。しかも、私は英語がサッパリ出来ない。おそらく中学1年生レベルである。
よくある高齢者向け添乗員付きツアーだったら、一人でも何も問題ないだろう。ただ、私の旅行は航空券と宿だけを安く手配して、それ以外は現地で何とかするのが基本である。
現地に知り合いでもいれば問題ないのだろうが、そんなのまったくなし。
したがって、自分にとっては大冒険である。ただ、治安の悪いところではないので『何とかなるだろう』とは思っている。この年になっての冒険の旅。とても楽しみなのだ。』

この旅行に行ってきます。
中学1年生レベルの英語力の私が、ちゃんと行ってこられるのか不安です。
現地の空港に到着したら、バス停探しも、タクシーに行き先を告げるのも、食事の注文も、ホテルのチェックインも、すべて自分でしなければなりません。
さて、どうなることやら。

無事に帰ってこれたら、今週末(3月25日・26日)分の更新後、簡単な旅行記も書くつもりです。
ただ、帰国後は仕事でバタバタするので、更新は大幅に遅れると思いますのでよろしくお願いします。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年3月20日(月)3歳戦

2017/03/20 18:11
●2中8 11R フラワーC(GV・牝) 芝1800 良
ファンディーナ (牝・栗東・高野友和)
父ディープインパクト 母ドリームオブジェニー(Pivotal)
1:48:7(上3F34:9)
まずまずのスタートからダッシュ良く前に行き、1コーナーは1馬身差の外2番手でまわる。向正面に入ると1馬身半差の2番手だが、掛かり気味に追走する。先頭の1000m通過が1:01:1のペース。ここは2馬身差で通過するが、残り600mからジワジワと差を詰めて、4コーナーでスパートし先頭に立つ。直線向いたところでは1馬身差の先頭だが、ここから後続との差を開き、残り200m手前で岩田康誠騎手がターフビジョンを確認する。そして手綱を緩め、残り200mは3馬身差で通過する。この後も馬なりのまま差を開き、残り100mは4馬身差として、最後に2着に上がったシーズララバイに5馬身差をつけてゴールした。
単勝1.3倍の1番人気に応えた。道中2番手から4コーナーで先頭。直線は引き離し、残り200m手前から手綱を抑えて、馬なりのまま5馬身差での圧勝だった。
レースの上り3Fは12:4-11:2-11:7と、馬なりのラストも11:7で走った。しっかり追えばラスト1Fも11秒台前半が出ただろう。
1コーナーから2コーナーにかけて行きたがり、向正面でも折り合ったわけではなく、たまらず4コーナーでスパートした。前半に力を使いながらも、直線はそれ程追わずに伸びて、残り200m手前からは馬なりだった。最初の1F12:6以外は、すべて12:4以下のラップであり、決して楽な流れではなかった。それでも、「これは強い」というような競馬で圧勝。3戦3勝で重賞制覇である。昨日よりもやや時計の出ない馬場で、スプリングSGUよりも0:3遅いが、時計内容もレース振りも圧倒している。今は牝馬戦線「1強」状態のソウルスターリングだが、これに劣らない能力を持っているようにも感じた。さて、次はどこか。桜花賞に出てくるのか。それともオークスでソウルスターリングと初対決か。更に面白くなってきた今年の牝馬戦線である。
これで3戦3勝となった。デビュー戦は京都の芝1800m戦。好スタートから2馬身近く離して逃げて、4コーナーでスパート。直線残り300mから馬なりで引き離し、最後は9馬身差での逃げ切り圧勝だった。2戦目の前走はつばき賞。道中は3〜4番手から4コーナーは2番手。直線逃げ馬を追って3番手以下は離し、残り100m過ぎで先頭。ラスト50mは流して1馬身3/4差での圧勝だった。
3戦とも目一杯走っていないので、走らせたらどこまで強いのか。Frankel産駒ソウルスターリングに勝てるのは、ディープインパクト産駒の本馬だけかもしれない。1:0差の6着ディーパワンサは、阪神ジュベナイルフィリーズでは0:8差の4着。ソウルスターリングに十分対抗できる数値だろう。
期待度100(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年3月19日(日)3歳戦

2017/03/19 19:10
●2中7 11R スプリングS(GU) 芝1800 良
ウインブライト (牡・美浦・畠山吉宏)
父ステイゴールド 母サマーエタニティ(アドマイヤコジーン)
1:48:4(上3F35:5)
まずまずのスタートから抑えて後方へ。1コーナーは外目8番手でまわる。向正面に入っても8番手を進む。先頭の1000m通過が1:00:3のペース。このあたりは9番手で通過するが、残り600mから上がって行き、4コーナーは先頭から2馬身弱の差の大外5番手でまわる。直線に入ると先頭に立ったプラチナヴォイスを追いかけて上がり、残り200mは1馬身半差の2番手で通過する。残り100mは半馬身差の2番手で通過し、残り50m手前で先頭に立つ。プラチナヴォイスとの間からアウトライアーズが伸びて2番手に上がるが、これに1/2馬身差でゴールした。
単勝8.1倍の5番人気からの勝利。道中8番手から4コーナーは大外5番手。直線残り50m手前で先頭に立ち、半馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは12:1-11:8-12:4と、ラスト1Fが落ちた。ハイペースなので落ちるのは仕方がないが、重賞なのでもう少し速くても良いと思う。
後方でジッと我慢して、残り3Fから進出。直線は外から追い上げて、最後は半馬身差だが完勝だった。今日の中山は高速馬場ではないものの、ある程度の時計は出ている。この中での1:48:4-35:5は平凡だと思う。特にラスト1F12:4は、本日の中山競馬の芝5レースの中で一番遅い。ハイペースだったこともあるが、他のレースもハイペースだった。GUとしては残念な時計で、本来は勝つべきのGT馬サトノアレスが4着に沈んだことも影響したのかもしれない。12月17日のひいらぎ賞1・2着馬が2着・1着の決着だった。ひいらぎ賞のレベルは高かったということだろうが、このレースはやや疑問が残る結果となった。ただ、GT馬を負かした上、抜けた存在のいない牡馬戦線なので、皐月賞でもそこそこやれるだろう。
これで6戦3勝となった。デビュー戦は東京の芝1800m戦(勝ち馬:ニシノアップルパイ)で、0:8差の6着。2戦目は福島の芝1800m戦(勝ち馬:フラワープレミア)で、0:4差の5着。3戦目は東京の芝1800m戦で、2着に1馬身半差で勝った。4戦目はひいらぎ賞(勝ち馬:アウトライアーズ)で、1馬身半差の2着。5戦目の前走は若竹賞。道中9〜10番手で残り3Fからスパート。4コーナー5番手から、直線はあまり追わずに残り200mで先頭。ラストも馬なりで1馬身3/4差の圧勝だった。
前走は、追ったのが残り100m手前からで、あとは見せムチのみの圧勝。直線は他馬を子供扱いで、最後まで追っていたらどれだけ離していたのかと思ってしまうレースだった。500万特別でこのようなレースができたということは、重賞級だったということだ。
期待度80(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年3月18日(土)3歳戦

2017/03/18 23:33
●1阪7 11R 若葉S(オープン) 芝2000 良
アダムバローズ (牡・栗東・角田晃一)
父ハーツクライ 母チャチャリーノ(Unbridled's Song)
2:00:3(上3F35:7)
まずまずのスタートからダッシュ良く前に行き、1コーナーは2馬身差の2番手でまわる。向正面に入っても2馬身差の2番手を進む。先頭の1000m通過が59:1のペース。3コーナーから徐々に差を詰めて、4コーナーは1馬身差の2番手でまわる。直線に入るとすぐに先頭に立ち、残り200mは2馬身差の先頭で通過する。しかし、外からエクレアスパークルが伸びて来て、残り100mは1馬身差となる。更に詰められて、最後は並んでゴール。写真判定の結果、ハナ差粘り切っていた。
単勝8.6倍の4番人気からの勝利。道中2番手から4コーナーも2番手。直線入口で先頭に立ち、一旦2馬身差とするが、最後に詰められてハナ差での辛勝だった。
レースの上り3Fは11:9-11:6-12:4と、ラストが落ちた。ハイペースの競馬だったので、ラスト1F12:4も仕方がないだろう。
前半が59:1の速いペースを2番手につけて、本馬も59秒台の前半で5Fを通過した。直線早目に先頭に立ち後続を引き離したので、ラストが一杯になった。1800mを1:47:9で通過しているので、辛勝というよりも、良く粘ったと言ったほうが良いと思う。勝ち時計2:00:3は好タイムであり、2〜3着は2馬身離れたので、2着馬も良く走っていると思う。前走時、『逃げて力を発揮する馬』と書いたが、今回は逃げなくても勝つことができた。ただ、逃げていたらこのペースなのでバテていただろう。皐月賞トライアルを勝ち、次は皐月賞だろうが、逃げてどこまでやれるかが焦点になりそうだ。勝ち負けするまでは、もうワンパンチ足りないと思う。
これで7戦4勝となった。デビュー戦は阪神の芝1400m戦(勝ち馬:キャスパリーグ)で、1馬身1/4差の2着。2戦目は小倉の芝1800m戦。道中4〜5番手から4コーナーは3番手。直線残り150mあたりで先頭に立って1馬身1/4差での快勝だった。3戦目は紫菊賞。好スタートから1馬身差での逃げ。4コーナー1馬身半差で直線は一旦2馬身半差まで離すが、最後は追い上げられて3/4馬身差での逃げ切り勝ちだった。4戦目は京都2歳SGV(勝ち馬:カデナ)で、1:6差の10着。5戦目は京成杯GV(勝ち馬:コマノインパルス)で、0:8差の12着。6戦目の前走は若駒S。好スタートから道中は半馬身〜1馬身差で逃げて、4コーナーはクビ差の先頭。直線2頭の争いとなり、ハナ差競り勝っての勝利だった。
重賞2戦は二桁着順でも、重賞以外は5戦4勝2着1回の完璧な成績である。次はおそらく3回目の重賞挑戦だが、3度目の正直はあるのか。それとも2度あることは・・・なのか。
期待度75(up)

●2中京3 11R ファルコンS(GV) 芝1400 良
コウソクストレート (牡・美浦・中舘英二)
父ヴィクトワールピサ 母メジロアリス(アドマイヤコジーン)
1:21:1(上3F34:4)
まずまずのスタートから抑えて後方へ。最後方から5頭目の12番手につける。3コーナーから外を通り押し上げて、4コーナーは外9番手でまわる。直線に入ると外目を伸びて、残り200mは1馬身半差の3番手で通過する。残り100mは内・真ん中・外と3頭が並び、この後3頭の争いとなる。残り20mあたりで真ん中にいたボンセルヴィーソをかわして先頭に立ち、最後はクビ差でゴールした。
単勝5.3倍の3番人気からの勝利。道中12番手から4コーナーは9番手。直線外目を伸びて残り100mからは3頭での争いとなり、残り20mあたりで先頭。クビ差での差し切り勝ちだった。
レースの上り3Fは12:1-11:4-11:8と、ラストが若干落ちた。ハイペースだったので問題はないだろう。
後方待機から直線はしっかりと伸びた。ただ、1000m57:9、1200m1:09:3の競馬なので、前に行った馬は苦しい展開だった。1〜3着はクビ−クビの接戦となったが、2着馬・3着馬は3番手あたりにいた馬であり、明らかに展開に恵まれている。したがって、同じ条件で再戦したとすると、結果も変わってくるだろう。本ブログはダービー馬を探すブログだが、『コウソクストレート』とは、いかにもスピード感溢れるネーミングであり、ダービーのイメージではない。これがファルコンSを勝ったのだから、おそらくNHKマイルCを目指すことになるだろう。そこからダービーという道もない訳ではないが、おそらくダービーとは無関係な馬になると思う。
これで5戦3勝となった。デビュー戦は新潟の芝1400m戦で、2着馬に1馬身3/4差で勝った。2戦目はくるみ賞。道中4〜5番手から4コーナーは5番手。直線内目から伸びて残り150m過ぎで先頭に立ち、1馬身1/4差での完勝だった。3戦目は京王杯2歳SGU(勝ち馬:モンドキャンノ)で、0:6差の4着。4戦目の前走はシンザン記念GV(勝ち馬:キョウヘイ)で、3:1差の14着だった。
本馬は名牝メジロラモーヌの孫の孫である。メジロラモーヌの子孫からJRAの重賞はこれが初制覇である。31年前のオークスは、メジロラモーヌとダイナアクトレスの一点買いをしたのだが、1着・3着でハズレてしまった。そのダイナアクトレスの子孫はあれだけ活躍したのに、メジロラモーヌの子孫はここでやっとJRA重賞初制覇である。競馬は本当にわからない。
期待度55(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年3月12日(日)3歳戦

2017/03/13 21:38
●2中6 6R 3歳500万下 芝2000 良
リカビトス (牝・美浦・奥村武)
父ディープブリランテ 母エンシェントヒル(エンドスウィープ)
2:02:0(上3F35:1)
出遅れて1馬身程度の不利。後方からの競馬となり、1コーナーは最後方から3頭目の外10番手でまわる。向正面に入っても10番手だが、すぐに11番手に下がる。先頭の1000m通過が1:02:0のペース。残り800mで再び10番手に上がり、4コーナーは大外9番手でまわる。直線に入るとジワジワ伸びて、残り200mは先頭から5馬身差の5番手で通過する。残り100mも3馬身以上の差の5番手だが、ここから一気の脚を使い追い上げて、逃げたマイネルズイーガーをゴール前でかわしクビ差でゴールした。
単勝6.2倍の5番人気からの勝利。出遅れて道中10〜11番手。4コーナー9番手から直線追い上げ、特にゴール前は鋭い脚で逃げ馬をとらえて、クビ差での差し切り勝ちだった。
レースの上り3Fは12:1-11:6-12:2と、ラストが落ちている。ゴール前は逃げ馬の脚が鈍り、これにより差し脚がより鋭くなった。
出遅れたが、慌てず後方を進み直線勝負に徹した。そして、ラスト100mの伸び脚は圧巻だった。残り200mではとても届かないだろうという位置にいて、残り100mでも3馬身以上差があった。なかなか見ることのできない鮮やかな差し切り勝ちだったと思う。ソエで4ヵ月半休養し、+12sで出走。デビュー戦が416kgと小柄だったので、428sになり体もできてきたのだろう。芝2000mの勝利で、順調ならばオークス狙いになるのだろうが、この走りならばオークストライアルも楽しみである。ただ、これだけ鮮やかな差し切りにしては上り3F35:1とかかっている。見た目ほどは走っていないのも事実だろう。レース中、落鉄があったとの情報もあり、これが影響したのかもしれない。
これで2戦2勝となった。デビュー戦の前走は新潟の芝1600m戦。出遅れて最後方11番手から上がって行き、4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り200m手前で先頭。2馬身差での圧勝だった。
デビュー戦から上り32:8という強烈な脚を披露している。ディープブリランテ産駒は、ディープインパクト産駒に比べて切れる脚を持つ産駒がいないと思っていたが、本馬の出現でそんなこともないと思った。無事オークスへ駒を進めていただきたい。
期待度75(up)

●1阪6 11R フィリーズレビュー(GU・牝) 芝1400 良
カラクレナイ (牝・栗東・松下武士)
父ローエングリン 母バーニングレッド(アグネスタキオン)
1:21:0(上3F34:4)
気持ち出遅れて後方からの競馬。最後方から2頭目の17番手につける。残り600mから外を通り押し上げて、4コーナーは大外14番手でまわる。直線に入ると外からグングンと追い上げて、残り200mは1馬身半差の2番手で通過する。内で先頭に立っているレーヌミノルを追いかけるが、残り100mは内外離れて1馬身差の2番手。この後も徐々に差を詰めていき、残り20mあたりでかわして1/2馬身差でゴールした。
単勝3.8倍の2番人気からの勝利。道中17番手から4コーナー14番手。直線で一気に差を詰めて残り200mは2番手。ゴール前で2着馬をかわし半馬身差での差し切り勝ちだった。
レースの上り3Fは11:8-11:7-12:0と、ハイペースの競馬ながらあまり落ちていない。この上りの中をキッチリと差し切った。
スタートが悪く後方からとなるが、ハイペースになり展開に恵まれた。残り3Fからの追い上げと、直線に入ってからの伸びが素晴らしく、あっという間に先頭に取り付いたという印象だった。最後は相手の脚をはかるようにして追い、半馬身差ながら余裕のある勝利だった。ただ、45:5-57:3というペースで、前に行った馬は潰れてしまったことが有利にはたらいたと思う。阪神ジュベナイルフィリーズ3着のレーヌミノルに勝ったからと言って、ソウルスターリング・リスグラシューに対抗できる、とはならないだろう。
これで4戦3勝となった。デビュー戦は京都の芝1400m戦(勝ち馬:メイショウベルボン)で、0:2差の4着。2戦目も京都の芝1400m戦で、2着に1馬身半差で勝った。3戦目の前走は万両賞。道中7〜8番手から4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り100mで先頭。1馬身差での完勝だった。
祖母レッドチリペッパー、母バーニングレッド、そして本馬は唐紅。「赤」のネーミングを受け継ぐこの馬が、桜花賞を赤く染めあげることが出来るだろうか。
期待度70(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年3月11日(土)3歳戦

2017/03/12 21:15
●2中5 7R 3歳500万下 芝1600 良
カリビアンゴールド (牝・美浦・小島太)
父ステイゴールド 母サバナパディーダ(Cape Cross)
1:35:2(上3F34:6)
ゲートの出はまずまずだが、バランスを崩したのか最後方へ下がる。すぐに盛り返して外8番手につける。先頭の4F通過が48:0のペース。3コーナーからやや差を詰めて、4コーナーは外から2頭目の7番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り200mは2馬身弱の差の3番手で通過する。この後一気に差を詰めて、残り100mで前2頭をかわして先頭に立つ。ウィンドライジズも粘るが、これに3/4馬身差をつけて最後は流してゴールした。
単勝10.7倍の5番人気からの勝利。道中8番手から4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り100mで先頭に立ち、3/4馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:7-11:7-11:9と、11秒台を並べた。やや速いペースだったので、ラスト11:9ならば十分だろう。
スタートで後手を踏んだが、すぐに盛り返して流れに乗った。道中は中団より後ろで我慢して、直線はしっかりと伸びた。最初のラップ以外はすべて11秒台というレースで、厳しい流れだったと思う。この中では展開に恵まれたほうで、直線は他馬とは伸び脚が違っていた。ただ、展開に恵まれただけの勝利ではなく、力でねじ伏せたという表現のほうが適切な勝利で、重賞でもそこそこやれそうだ。ただ、勝ち切るまではまだまだ力をつけないと難しいと思う。
これで5戦2勝となった。デビュー戦は中山の芝1600m戦。道中5番手から4コーナーは4番手。直線外から伸びて残り100mで先頭。ここから2着馬との争いとなり、最後に半馬身差振り切っての勝利だった。2戦目はサフラン賞(勝ち馬:トーホウアイレス)で、0:3差の4着。3戦目はつわぶき賞(勝ち馬:エントリーチケット)で、0:5差の6着。4戦目の前走は菜の花賞(勝ち馬:スズカゼ)で、0:5差の9着だった。
母は欧州重賞3勝だが、日本で第5仔の本馬が産駒初のJRA勝ち馬である。一気に重賞も、というのは甘いだろうか。
期待度60(up)

●2中5 11R アネモネS(オープン・牝) 芝1600 良
ライジングリーズン (牝・美浦・奥村武)
父ブラックタイド 母ジョウノファミリー(キングカメハメハ)
1:34:7(上3F35:1)
まずまずのスタートから抑えて後方へ。13番手につけるが、3Fあたりで最後方から2頭目の15番手に下がる。先頭の4F通過が46:6のペース。残り600m手前から差を詰めて、残り500mあたりからは外をマクルようにして押し上げて、4コーナーは大外5番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り200mは僅差の2番手で通過する。残り150m手前で先頭に立ち、残り100mは半馬身差とする。この後、内から伸びたディアドラが迫ってくるが、これに1/2馬身差をつけてゴールした。
単勝3.1倍の1番人気に応えた。道中15番手から3〜4コーナーでマクり、4コーナーは5番手。直線残り150m手前で先頭に立ち、伸びてきた2着馬を半馬身差抑えての勝利だった。
レースの上り3Fは12:1-11:8-12:3と、12秒前後の遅い上りとなった。46:6-58:5というハイペースだったので、この上りも仕方がないだろう。
ハイペースの競馬を後方からすすめ、3コーナーからグングンと押し上げて。そのままの勢いで直線も伸びて、残り150m手前で先頭に立った。ただ、直線入り口までは勢いがあったので一気に引き離してもよかったが、最後は2着馬に詰められているように、ラストは甘くなった。フェアリーSGVを勝っているので、同距離同コースを連勝した。賞金的には桜花賞に出られるので、今回は目一杯ではないのかもしれないが、前走の重賞と同タイムで走っている。連続で好レースをしたが、一線級と比較すると、まだまだ劣ると思う。桜花賞では、良くて掲示板というレベルだろう。
これで4戦3勝となった。デビュー戦は中山の芝1600m戦。道中7〜9番手から4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り50mあたりで先頭に立ち、3/4馬身差での勝利だった。2戦目はアルテミスSGV(勝ち馬:リスグラシュー)で、1:6差の13着。3戦目の前走はフェアリーSGV。道中10番手から4コーナーは4番手。直線外から伸びて残り100mで先頭に立ち3/4馬身差での勝利だった。
桜花賞トライアルだが、桜花賞馬が出ないこのレース。本番は強力な馬が何頭もいるので、今年も桜花賞馬を出すことは難しいだろう。ただ、距離の延びるオークスならば、勢力図も多少変わるかもしれない。
期待度75(up)

●1阪5 9R ゆきやなぎ賞(500万下) 芝2400 良
ポポカテペトル (牡・栗東・友道康夫)
父ディープインパクト 母ミスパスカリ(Mr. Greeley)
2:28:4(上3F34:4)
好スタートから1コーナーは1馬身差の2番手でまわる。向正面に入っても2番手を進む。先頭の1000m通過が1:04:7のペース。この後も逃げたエーティーラッセンに1馬身差で進む。3コーナーで半馬身差とし、4コーナーは僅かながら先頭でまわる。直線に入ると内エーティーラッセンとの争いとなるが、頭差程のリードのまま残り200mを通過する。ここから差を広げて、残り100mで1馬身差とし、更に差を広げて最後は2馬身差でゴールした。
単勝8.1倍の3番人気からの勝利。道中2番手から4コーナーは僅差の先頭。直線しばらく逃げ馬との争いとなるが、残り200mから引き離し、2馬身差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:2-11:1-12:1と、ラストが大幅に落ちた。ただ、後続には詰められていない。
スローペースの競馬で、前に行った2頭での1・2着となった。逃げ馬はギリギリ2着に粘ったが、これは展開に恵まれての2着。本馬は、展開というよりも、能力差での勝利だろう。ただ、1番人気ムーヴザワールドが走らなすぎたというのも事実で、棚ボタの勝利とも言えないことはない。スローペースで残り3Fから急激にペースが上がった。前半のペースならラストも11秒台が必要で、前走京成杯で負けたように重賞ではまだ苦しいと思う。
これで4戦2勝となった。デビュー戦は京都の芝2000m戦。道中3〜4番手から4コーナーは4番手。直線残り170mあたりで先頭に立ち、迫ってきた2着馬をクビ差抑えての勝利だった。2戦目は阪神の芝2000m戦(勝ち馬:ダノンディスタンス)で、0:2差の5着。3戦目の前走は京成杯GV(勝ち馬:コマノインパルス)で、0:8差の10着だった。
種牡馬クロフネの甥であり、ディープインパクト産駒。本馬の兄は、昨年のスプリングSGUを勝ったマウントロブソンであり、血統は申し分ない。今後、どこまで成長できるかが鍵だろう。
期待度65(up)

●2中京1 10R フローラルウォーク賞(500万下) 芝1600 良
スズカメジャー (牡・栗東・橋田満)
父ダイワメジャー 母スプリングサンダー(クロフネ)
1:35:7(上3F33:6)
ゲートの出は良好だが、頭を上げてダッシュがつかずに後方へ。最後方から2頭目の9番手につける。先頭の4F通過が48:6のペース。この後も後方で脚をためて、4コーナーは外から2頭目の9番手でまわる。直線に入るとジリジリと差を詰めて、残り200mは先頭から2馬身差の6番手で通過する。残り100mは1馬身差の4番手で通過し、ゴール前20mあたりでラプソディーアをとらえて先頭に立ち、クビ差でゴールした。
単勝3.0倍の1番人気に応えた。道中9番手から4コーナーも9番手。直線外から伸びて、ゴール前で2着馬とらえてクビ差での差し切り勝ちだった。
レースの上り3Fは11:9-11:4-11:3と、加速した。この中を後方から差し切るのだから立派である。
末脚勝負に徹して見事に差し切った。前が止まったのならまだしも、加速する上りの中を差し切っている。しかも、ラスト1Fは11:3である。着差はクビ差でも、能力差は相当大きいだろう。ただ、ローカル開催の500万特別なのでレベルは少々落ちるかもしれない。芝2000mの新馬戦を勝ち、今回はマイル戦で好レースをした。この末脚に磨きが掛かれば重賞でも好走可能だろうが、ダイワメジャー×クロフネという血統であり、今後はマイル路線を行くかもしれない。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は京都の芝2000m戦。道中4〜5番手から4コーナーは5番手。直線内から2頭目の位置を抜けて残り80mあたりで先頭に立ち、1馬身差での勝利だった。2戦目の前走はきさらぎ賞GV(勝ち馬:アメリカズカップ)で、スタート直後に落馬して競走を中止した。
種牡馬スズカマンボの甥という血統で、母も重賞で好走している。できればマイルに逃げず、クラシックを目指してほしい。
期待度60(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年3月5日(日)3歳戦

2017/03/05 22:18
●2中4 11R 弥生賞(GU) 芝2000 良
カデナ (牡・栗東・中竹和也)
父ディープインパクト 母フレンチリヴィエラ(French Deputy)
2:03:2(上3F34:6)
好スタートから抑えて、1コーナーは9番手でまわる。向正面に入っても9番手だが、5F手前で10番手となる。先頭の1000m通過が1:03:2のペース。3コーナーで再び9番手に上がり、残り600mは8番手で通過すると、このあと外を手応え良く上がって行き、4コーナーは大外5番手でまわる。直線に入るとすぐに2番手となり、逃げた最内マイスタイルを追いかける。内外離れているので差がよくわからないが、残り200mは1馬身差ほどの2番手で通過する。残り100mも1馬身差ほどと思われるが、ここから追い上げて、ゴール前でかわして先頭に立ち、最後は1/2差でゴールした。
単勝3.3倍の1番人気に応えた。道中9番手から4コーナーは5番手。直線大外を伸びてゴール前で逃げ馬をかわし、半馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:9-11:4-11:7と、11秒台を並べた。ただ、ラストが11:7と落ちたのは残念である。
スローペースの競馬を後方から進めて最後は僅差となった。逃げたマイスタイルがよく粘ったための辛勝だった。4コーナーで差を詰めていった動きは素晴らしく、直線は一気に突き抜けるかと思ったが、意外に苦しんだ。それも、このスローペースのため前が止まらなかったからだろう。ただ、時計の出ていない中山競馬でも、2:03:2-34:6は平凡だと思う。8Rの古馬500万はハイペースだったとはいえ、勝ち馬は2:00:4-35:1で走っている。3歳3月のGUとしては悪い時計だと思う。
これで5戦3勝となった。デビュー戦は阪神の芝1600m戦(勝ち馬:シグルーン)で、クビ差の2着。2戦目は阪神の芝1800m戦。道中8番手から4コーナーは6番手。直線外から伸びて、残り100mで先頭に立ち、3/4馬身差での勝利だった。3戦目は百日草特別(勝ち馬:アドマイヤミヤビ)で、3/4馬身差の2着。4戦目の前走は京都2歳SGV。道中8〜9番手から4コーナーは6番手。直線外から伸びて残り100mで先頭。1馬身1/4差での快勝だった。
本馬は今回を含めた過去5戦、速い時計がまったくない。高速の競馬に対応できるのかは未だに不明であり、不安を残す結果となった。
期待度85(up)

●1阪4 5R 3歳未勝利 芝1800 良
アドミラブル (牡・栗東・音無秀孝)
父ディープインパクト 母スカーレット(シンボリクリスエス)
1:45:8(上3F34:0)
気持ち出遅れたがすぐに流れに乗って、外目8番手につける。ハイペースで縦長の展開となり、先頭は1000mを58:5で通過する。4コーナーは先頭から5〜6馬身差の外8番手でまわる。直線に入ると前との差が一気に詰まり、残り300m手前で先頭に立つ。大外からメルヴィンカズマも伸びて一旦は半馬身差まで詰められるが、そこから引き離して残り200mは1馬身差で通過する。この2頭が後続をグングンと引き離すが、残り100mは1馬身半差の先頭で通過する。更に差を広げて、最後は2馬身1/2差でゴールした。
単勝5.4倍の2番人気からの勝利。道中8番手から4コーナーも8番手。直線前の各馬が止まり、残り300m手前で先頭に立つ。外から伸びた2着馬に2馬身半差をつけての圧勝だった。
レースの上り3Fは12:2-11:5-11:6と、直線は11秒台中盤でまとめた。この速い流れでも、直線でこの時計は立派である。
ハイペースの競馬を中団から進め、5Fも1分を切る時計で通過したと思われる。それでも直線はしっかりと伸びて、迫る2着馬も引き離した。ラストを11:6で走るなど、高い能力を示したと思う。2〜3着は5馬身差なので、3着馬に対しては7馬身以上離したことになる。また、1:45:8-34:0は優秀で、本日11Rの古馬オープン特別の勝ち馬が1:47:1-32:8なので、ペースが全然違うとはいえ、素晴らしい時計である。5ヵ月半の休養明けでも、−6sとキッチリ仕上げてきた。次走は休み明け2走目で上積みは十分あるだろうから、3月の未勝利勝ちでもダービー出走権の獲得も夢ではないだろう。次はどこを使い、どんなレースをするのか。大いに注目である。500万なら当然勝ち負けで、重賞でも好勝負可能だと思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦は阪神の芝1800m戦(勝ち馬:ムーヴザワールド)で、2:2差の9着だった。
母は未出走(未登録)馬。祖母(本馬の曾祖母)がバレークイーンなので、活躍馬が多数出ている一族の出身である。母(本馬の祖母)グレースアドマイヤは、府中牝馬SGV2着・サンスポ4歳牝馬特別GU3着など重賞で活躍した。兄(本馬の伯父)リンカーン・ヴィクトリーは種牡馬であり、近親でもフサイチコンコルド・ボーンキング・アンライバルド(2006年産・期待度115)が種牡馬になっている。繁殖に上がり本馬が第3仔だが、初仔タブレット(牡2010年産・期待度60)は2勝。第2仔イサベル(牝2011年産・期待度70)は4勝している。
期待度70
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年3月4日(土)3歳戦

2017/03/04 22:09
●2中3 9R 黄梅賞(500万下) 芝1600 良
ハローユニコーン (牝・栗東・鮫島一歩)
父ハーツクライ 母サンタローズ(パントレセレブル)
1:37:2(上3F34:1)
まずまずのスタートから抑えて後方へ。最後方から2頭目の7番手につける。先頭の4F通過が50:4のぺース。前6頭が集団で、それから2馬身空けた7番手を進むが、3コーナーで前との差を詰める。4コーナーは、先頭から2馬身半差ほどの大外6番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り200mは1馬身半差の4番手で通過する。残り100mは1馬身差の4番手だが、ここから先頭のサレンティーナを懸命に追い詰め、ゴール前でかわして先頭。クビ差でゴールした。
単勝7.7倍の4番人気からの勝利。道中7番手から4コーナーは6番手。直線大外から伸びて、ゴール前でかわしクビ差での差し切り勝ちだった。
レースの上り3Fは12:0-11:2-11:7と、ラストがやや落ちた。スローペースだったので、もう少し速くてもよかったと思う。
ダートが稍重になっている水を含んだ良馬場で、今日の中山は時計が出ていない。その中で4F50秒台のペースでも前が崩れている。後方から行って展開には恵まれていない本馬が差し切ったのは、本馬を褒めるべきか、他馬が走らなかったのか。ただ、1:37:2-34:1という時計は平凡すぎると思う。この馬場で34:1で上った本馬は立派だが、それでも他馬が不甲斐ないと思う。期待度をつけた馬は1頭も出走していないように、500万特別としては低レベルだったのだろう。オープンでは、前走エルフィンSで0:4差の5着と健闘したが、そのくらいが精一杯だと思う。
これで7戦2勝となった。デビュー戦は函館の芝1800m戦(勝ち馬:アドマイヤウイナー)で、0:5差の4着。2戦目は札幌の芝1800m戦(勝ち馬:エトルディーニュ)で、0:3差の3着。3戦目は京都の芝1800m戦(勝ち馬:ガンサリュート)で、1馬身差の2着。4戦目は京都の芝1800m戦で、2着に1馬身3/4差で勝った。5戦目は白梅賞(勝ち馬:オールザゴー)で、0:7差の6着。6戦目の前走はエルフィンS(勝ち馬:サロニカ)で、0:4差の5着だった。
母は11戦2勝。芝1600mと芝1800mで勝っているが重賞には出走していない。母(本馬の祖母)ユキノローズは中山牝馬SGVを勝ち、京王杯オータムHGV3着・牝馬東京タイムズ杯GV3着など重賞で活躍した。兄(本馬の伯父)エヌティウイナーは中日スポーツ賞4歳SGV3着。兄(本馬の伯父)ブルーコマンダーは毎日杯GV3着。姉(本馬の伯母)ギャンブルローズは京都牝馬SGV3着・中京記念GV3着。ギャンブルローズの仔(本馬の従兄妹)レインボーペガサス(牡2005年産・期待度80)はきさらぎ賞GV・関屋記念GVを勝ち、全日本2歳優駿川崎GT3着・京成杯オータムHGV3着など重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が第5仔だが、初仔タニオブローズ(牝2010年産・期待度55)は2勝。第2仔は地方3勝。第4仔ギャツビー(牡4歳)は地方2勝で、JRA所属の現役だ。
期待度55

●1阪3 6R 3歳500万下 芝1800 良
クリアザトラック (牡・栗東・角居勝彦)
父ディープインパクト 母クロウキャニオン(フレンチデピュティ)
1:47:4(上3F33:7)
好スタートから外3番手につける。向正面は内4番手の馬と並んで走る。先頭の1000m通過が1:00:7のペース。このあたりも3番手を進み、4コーナーは先頭から2馬身半差の外目3番手でまわる。直線に入るとジリジリと差を詰めて、残り200m過ぎで先頭に立つ。内からプラチナムバレットが伸びて来て、残り100mは僅差の先頭で通過する。この後、2頭の叩き合いとなるが、僅かな差を最後まで保ち、ハナ差でゴールした。
単勝3.2倍の1番人気に応えた。道中3番手から4コーナーも3番手。直線徐々に差を詰めて残り200m過ぎで先頭。残り100mから2着馬との叩き合いとなり、ハナ差競り勝った。
レースの上り3Fは11:5-11:2-11:4と、11秒台の速い上りとなった。特に、競り合ったラストは11:4と速い時計が出ている。
余裕の手応えで3番手を進み、最後の競り合いも前に出させることなく抑えきった。上記中山の500万特別とは異なり、出走12頭中期待度の付いた馬が7頭と、レベルの高い平場の500万下だった。僅差での勝利だが、時計も走りも優秀で、重賞でも上位争い可能だと思う。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は京都の芝1600m戦。道中2番手から4コーナーも2番手。直線に入るとすぐに先頭に立ち、後続を2馬身近く離して、最後は1馬身半差での快勝だった。2戦目の前走は朝日杯フューチュリティSGT(勝ち馬:サトノアレス)で、0:8差の7着だった。
4年前の弥生賞GUを快勝したカミノタサハラ(牡2010年産・期待度95)の全弟である。カミノタサハラはダービーには出走できなかったが、その下の全兄ベルキャニオン(牡6歳・期待度75)はダービーに出走(8着)した。3月に入り2勝目だが、まだまだ間に合う時期だろう。
期待度75(up)

●1阪3 11R チューリップ賞(GV・牝) 芝1600 良
ソウルスターリング (牝・美浦・藤沢和雄)
父Frankel 母スタセリタ(Monsun)
1:33:2(上3F33:8)
まずまずのスタートから外目5番手につける。前2頭がやや離して飛ばす展開になり、先頭は4Fを46:4で通過する。その後、徐々に馬群が詰まり、4コーナーは先頭から3馬身差の5番手でまわる。直線に入ると外目から手応え良く伸びて、残り300m過ぎで先頭に立つ。そして引き離し、残り200mは1馬身差、残り100mは2馬身差とする。ここでリスグラシューが2番手に上がるが、外からミスパンテールが伸びてリスグラシューをかわす。そして、やや差を詰めてくるものの、最後は2馬身差でゴールした。
単勝1.5倍の1番人気に応えた。道中5番手から4コーナーも5番手。直線手応え良く伸びて残り300m過ぎで先頭に立ち、2馬身差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:4-11:3-11:9と、ラストがやや落ちた。ただ、1400mを1:21:3で通過した後で、単走になってのものである。
サッと5番手につけて直線は早目に先頭に立ち、あとは危なげのない勝利で横綱相撲だった。さすがGT馬という走りで、桜花賞に王手である。阪神ジュベナイルフィリーズで良い勝ち方をしても、休み明けであっさり負けるというパターンを何度か見てきたが、そんな心配もまったく関係なく簡単に勝ってしまい、リスグラシューにも決定的な差をつけた。これで、リスグラシューとは勝負付けが済んだ印象で、桜花賞は余程のことがない限り勝つだろう。先週とは異なり、今日は普通に時計の出ている阪神競馬場だが、1:33:2-33:8は優秀で、昨年のシンハライトの1:32:8についでチューリップ賞史上2番目の時計である。これだけ強いのなら、皐月賞からダービーでも良いのではないかと思った。桜花賞圧勝なら、『ダービー挑戦』というプランが再浮上するかもしれない。
これで4戦4勝となった。デビュー戦は札幌の芝1800m戦。道中5番手から4コーナーは4番手。直線伸びて残り200m過ぎから2着馬との争いとなり、残り20mあたりでかわりクビ差での勝利だった。2戦目はアイビーS。道中4〜5番手から4コーナーは4番手。直線外目から伸びて残り200mで先頭に立ち、1馬身3/4差での完勝だった。3戦目の前走は阪神ジュベナイルフィリーズGT。道中3〜4番手から4コーナーは4番手。直線内から伸びて残り200m手前で先頭に立ち後続を引き離す。最後は2着馬に詰められて1馬身1/4差での勝利だった。
牝馬でリスグラシュー以外の有力馬といえば、同じFrankel産駒のミスエルテ(期待度90)、クイーンCGV快勝のアドマイヤミヤビ(期待度90)、つばき賞を勝ち2戦2勝のファンディーナ(期待度85)あたりだろうか。これらの馬もあっさりと退けて、桜花賞を圧勝しそうである。
期待度105(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年2月26日(日)3歳戦

2017/02/26 21:03
●2中2 5R 3歳未勝利・牝 芝1800 良
レッドミラベル (牝・美浦・尾関知人)
父ステイゴールド 母ダンスーズデトワール(Highest Honor)
1:48:9(上3F35:6)
まずまずのスタートから1コーナーは外10番手でまわる。向正面に入ると外9番手だが、頭を上げる場面があった。先頭の1000m通過が1:00:5のペース。このあたりは10番手だが、ここから押し上げて、残り600mは7番手で通過する。この後、M.デムーロ騎手のムチが1発2発3発と飛び、4コーナーは先頭から1馬身半差の外4番手でまわる。直線に入ると外から追い上げて、残り250mあたりで先頭に立つ。残り200mで1馬身差とし、残り100mは2馬身以上引き離す。更に差を広げて、最後は激しい2着争いを粘り切ったウインクバックに3馬身1/2差でゴールした。
単勝4.1倍の2番人気からの勝利。道中9〜10番手から4コーナーは4番手。直線残り250mあたりで先頭に立ち、後続を離して3馬身半差での圧勝だった。
レースの上り3Fは12:2-11:9-12:1と、12秒前後だった。最初のラップ12:7以外はすべて12:3以下で、やや速いペースだった。ラスト1Fが12:1ならば良く走れていると思う。
向正面入口で頭を上げたり、4コーナーで気合を入れられたりとチグハグな競馬だったが、直線はしっかりと伸びた。5頭が0:1差での2着争いを尻目に、3馬身半差で悠々と勝った。2月末での未勝利勝ちだが、まだ何とかオークスに間に合う時期で、次は500万なのか重賞なのか注目である。重賞で勝ち負けするにはまだまだ経験が必要だろうが、500万ならば上位争い可能だと思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は東京の芝2000m戦(勝ち馬:ヴォルフトーン)で、1馬身1/4差の2着だった。
母はフランス産の輸入繁殖牝馬。フランスで走り14戦1勝。マルセルブサック賞GT2着などGTで好走した。繁殖に上がり本馬が日本での第9仔だが、初仔は1勝。第3仔ステージプレゼンス(牡2007年産)はJRA2勝・地方4勝。きさらぎ賞GV3着など重賞で好走した。第4仔ルルーシュ(牡2008年産・期待度70)は6勝。アルゼンチン共和国杯GUを勝ち、目黒記念GU2着・アルゼンチン共和国杯GU3着など重賞で活躍した。第5仔オメガホームラン(騸2009年産・期待度65)は3勝。第6仔は1勝。第8仔レッドシルヴィ(牝4歳・期待度50)は現役で2勝と活躍中だ。
期待度55

●1阪2 6R 3歳新馬 芝2000 良
エクレアスパークル (牡・栗東・中内田充正)
父ハーツクライ 母プリティカリーナ(Seeking the Gold)
2:05:3(上3F35:0)
絶好のスタートから行きたい馬を先に行かせて、1コーナーは3番手でまわる。向正面に入っても外3番手を進む。先頭の1000m通過が1:05:1のペース。この後も3番手を進むが、残り600mで先頭に並びかけて、4コーナーは僅差ながら先頭でまわる。直線に入ると引き離しに掛かるがなかなか離せず、外からゲイルバローズが迫ってきて残り200mは半馬身差で通過する。ここから引き離し、残り100mは1馬身半差として、最後は2馬身1/2差でゴールした。
単勝1.5倍の1番人気に応えた。道中3番手から4コーナーで先頭。直線しばらく引き離せずにいたが、残り200m過ぎから離し、2馬身半差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:8-11:5-11:7と、11秒台を並べた。スローペースだったので、11秒台前半のラップがあっても良かっただろう。
道中は先頭を見るように進み、4コーナーで先頭。しばらく粘られたが、ラスト1Fで引き離した。2〜3着も2馬身半離れたので3着馬には5馬身程度離したことになる。2:05:3-35:0は平凡だが、今日も阪神競馬場は時計が出ていない。デビュー戦から圧倒的な1番人気で派手な勝ち方をしたので今後も期待大だが、やはり遅い時計が気になる。このひと叩きで大きく良くなれば500万でも勝ち負けだろうが、あまり変わらなければあっさりと負けることもあるだろう。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り7戦2勝。種牡馬Bernardiniの姪という血統だ。母(本馬の祖母)Ile de Franceはサンタアニタオークス米GT3着など重賞で好走した。妹(本馬の叔母)Love and PrideはゼニアッタS米GT・パーソナルエンサンH米GT・オービアS米GVを勝ち、トップフライトH米GU2着・アレールデュポンディスタフS米GV2着・トップフライトH米GT3着などの実力馬である。繁殖に上がり本馬が日本での第4仔だが、第2仔アンタラジー(牡5歳)は現役で4勝。第3仔アグレアーブル(牝4歳・期待度60)は現役で2勝と活躍中だ。
本馬は、当歳時のセレクトセールにて8640万円で取引された。
期待度60

●1阪2 9R すみれS(オープン) 芝2200 良
クリンチャー (牡・栗東・宮本博)
父ディープスカイ 母ザフェイツ(ブライアンズタイム)
2:14:1(上3F35:8)
好スタートから1コーナーは内3番手でまわる。向正面に入っても内3番手を進む。先頭の1000m通過が1:01:3のペース。この後も内3番手で我慢をするが、残り800m手前で2番手に上がり、4コーナーは半馬身差の2番手でまわる。直線に入るとすぐに先頭に並びかけて、残り300m手前で先頭に立つ。残り200mは1馬身差とし、残り100mは2馬身差とする。更に引き離して、最後はタガノアシュラに4馬身差をつけてゴールした。
単勝12.0倍の5番人気からの勝利。道中2〜3番手から4コーナーは2番手。直線残り300m手前で先頭に立ち、後続を引き離して4馬身差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:8-11:9-12:3と、減速した。芝2200mの競馬で13秒台のない流れだったので、ラスト12:3でも、しっかりと走れたと思う。
7頭立ての競馬だったが、オープンクラスで4馬身差の勝利。道中は内で脚をためて、直線はしっかりと伸びた。他馬が走らなかったというよりも、本馬が強かったと思う。オープンを勝ったので、これで皐月賞にも出走できそうだが、なかなか面白い存在になりそうだ。特に、1勝目は単勝244.8倍。今回が12.0倍。皐月賞も人気にはならないだろうから、馬券的にも面白いと思う。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は中京の芝2000m戦(勝ち馬:タガノアスワド)で、2:2差の12着。2戦目の前走は京都の芝2000m戦。スタート後押して先頭に立ち、道中は半馬身〜1馬身差での逃げ。4コーナー半馬身差から直線で引き離し、3馬身差での逃げ切り圧勝だった。
本ブログ初年度のダービー馬ディープスカイの産駒である。2年前のすみれSもディープスカイ産駒のスピリッツミノル(牡5歳・期待度75)が圧勝した。スピリッツミノルはその後、皐月賞(9着)・ダービー(18着)に出走している。さて、本馬はこの後どのような活躍をするのだろう。
期待度75(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年2月25日(土)3歳戦

2017/02/26 11:42
遠方の大学へ入試に行き、夜中に帰ってきた息子(浪人)を駅まで迎えに行った。
駅前の駐車場で待っていると、時間通り息子がやってきた。ところが、私の車の目の前を通過する。
クラクションを軽くププっと鳴らすと、息子は振り返るがそのまま行ってしまった。『何だよ』と思い窓ガラスをドンドンと叩くと再び振り返った。窓を開けて手招きするが、そのまま行ってしまった。
そのうしろ姿を見て『あれ?ちょっと痩せたか?』と思っていたら、行ってしまった息子の逆方向から、本物の息子がやってきた。


●2中1 7R 3歳500万下・牝 芝1800 良
デアレガーロ (牝・美浦・大竹正博)
父マンハッタンカフェ 母スーヴェニアギフト(Souvenir Copy)
1:49:8(上3F34:8)
好スタートから1コーナーは外2番手でまわる。向正面に入っても2番手を進むが、後方から一気に上がったウォーブルに4F過ぎで抜かれて3番手となる。先頭の1000m通過が1:02:9のペース。4コーナーは先頭から1馬身半差の外目3番手でまわる。直線に入ってもなかなか前との差が詰まらず、残り200mも1馬身半差の3番手で通過する。残り100mで2番手に上がり、残り50m過ぎでミッシングリンクをかわして先頭に立つ。そして、最後はクビ差でゴールした。
単勝7.6倍の4番人気からの勝利。道中2〜3番手から4コーナーも3番手。直線もしばらく3番手だったが、残り50m過ぎで先頭に立ち、クビ差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:4-11:4-12:4と、ラストが大きく落ちた。11:6-11:7-11:4-11:4の4F46:1の後なので、仕方がないだろう。
4Fまではスローペースだったのだが、後方からまくってきたウォーブルが先頭に立ってからペースが上がった。上り5Fが58:5なので、坂のあるラストが12:4となった。この中でも最後に根性を見せて2着馬をかわしたので、クビ差ながらも快勝と言えるだろ。1:49:8-34:8は平凡だが、このラップなので良く走っていると思う。新馬戦は逃げ切りだったが、今回は好位につけて、ラスト100mは競り勝った。成長が窺えるような勝ち方でデビュー以来2連勝。芝2000m・芝1800mの連勝なので、今後はフラワーCやトライアルからオークスに向かいそうだ。前回と違う勝ち方をして幅のあるところを示したので、オークスの出走権を取ることも難しくはないと思う。
これで2戦2勝となった。デビュー戦の前走は中山の芝2000m戦。好スタートから道中は1馬身半〜2馬身差の逃げ。4コーナーは1馬身差だが、直線で後続を引き離し最後は手綱を抑え、3馬身差での逃げ切り圧勝だった。
本馬は本ブログの年末推奨馬である。毎年年末に、牡馬5頭・牝馬5頭を重賞未出走馬から選んで推奨しているのだが、今年は10頭中9頭までが年明け初戦で負けた。最後に登場したのが本馬であり、やっと勝つことが出来た。また、下記ペルシアンナイトも年末推奨馬であり、ここへ来て連勝である。
期待度70(up)

●2中1 9R 水仙賞(500万下) 芝2200 良
イブキ (牡・美浦・奥村武)
父ルーラーシップ 母ピサノドヌーヴ(アグネスタキオン)
2:17:2(上3F34:4)
好スタートから最初の直線は先頭を譲り合うように3頭が並んで進み、1コーナーは2頭が並ぶが、僅かながら外を先頭でまわる。向正面に入ると1馬身差で逃げて、1000mを1:04:3で通過する。この後は1馬身弱の差で逃げて、4コーナーは半馬身差の先頭でまわる。直線に入ると徐々に差を開いて、残り200mは1馬身半差の先頭で通過する。残り100mも1馬身半差だが、外からサトノクロニクルがグングンと伸びて差を詰めてきて、ゴール前で2番手に上がる。そして、その勢いのまま迫ってくるが、1/2馬身差になったところがゴールだった。
単勝7.0倍の4番人気からの勝利。好スタートから1コーナーで先頭。4コーナー半馬身差から直線は1馬身半差まで離すが、最後に詰められて半馬身差での逃げ切り勝ちだった。
上り3Fは11:7-11:2-11:5と、逃げ切りながら11秒台を並べた。芝2200mのレースで、逃げ馬がラスト11:5で走るようなペースになったのは問題だと思う。
スローペースで逃げて、最後は11:5でフィニッシュ。それでも後方から伸びてきた2着馬に半馬身差まで詰められた。2着サトノクロニクルの上り3Fは33:7であり、明らかに脚を余している。今回は展開に恵まれての勝利であり、能力的にはサトノクロニクルの方が上だろう。もちろんサトノクロニクル以外には完勝なので、500万を勝つ力は十分に備えていると思うが、次走が重賞ならば、前走同様苦戦すると思う。
これで4戦2勝となった。デビュー戦は東京の芝1800m戦。道中4番手から4コーナーも4番手。直線外目から伸びて残り300mで僅かながら先頭に立ち、最後は2着馬が迫るが半馬身差抑えての勝利だった。2戦目は新潟2歳SGV(勝ち馬:ヴゼットジョリー)で、0:2差の3着。3戦目の前走は京成杯GV(勝ち馬:コマノインパルス)で、1:2差の15着だった。
父ルーラーシップに初勝利をもたらした馬である。今度は初の重賞勝ちをプレゼントすことができるだろうか。
期待度60(up)

●1阪1 11R アーリントンC(GV) 芝1600 良
ペルシアンナイト (牡・栗東・池江泰寿)
父ハービンジャー 母オリエントチャーム(サンデーサイレンス)
1:34:1(上3F34:0)
気持ち出遅れて後方から4頭目の9番手につける。先頭の4F通過が47:2のペース。やや縦長になっていた馬群が、この後徐々に凝縮し、4コーナーは外8番手でまわる。直線に入ると外を手応え良く伸びて、残り300m過ぎで先頭に立つ。そして引き離し、残り200mは2馬身差とする。残り100mは3馬身弱の差として、最後はレッドアンシェルに3馬身差でゴールした。
単勝1.9倍の1番人気に応えた。道中9番手から4コーナー8番手。直線外から手応え良く伸びて残り300m過ぎで先頭。そのまま引き離して、3馬身差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:4-11:3-12:3と、ラスト1Fが落ちてしまった。ただ、単走になってのもので、1400m1:21:8で通過した後のものである。
ダートが稍重になっている通り水を含んだ良馬場で、開幕週の初日だがあまり時計は出ていない。これだけの勝ち方なので『1分33秒台でも』と思ったが、1:34:1-34:0でも十分な時計だろう。強い競馬をしたので、是非クラシックに向かってほしい。マイル路線などと変な選択をしないでいただきたいのだが、どうだろう。アイビーSはソウルスターリングに負けてしまったが、続くこうやまき賞を快勝し、前走シンザン記念GVは、道悪と前が塞がる不利に泣いて3着だった。まだまだ底を見せていない馬なのでクラシックでも面白い存在になると思う。
これで5戦3勝となった。デビュー戦は小倉の芝1800m戦。道中4〜6番手から4コーナーは3番手。直線残り200mで先頭に立ち、楽な手応えのまま後続を離して、最後は3馬身差での圧勝だった。2戦目はアイビーS(勝ち馬:ソウルスターリング)で、1馬身3/4差の2着。3戦目はこうやまき賞。出遅れて道中は6〜7番手。残り700mからマクッて4コーナーは2番手。直線残り300m過ぎで先頭に立ち、1馬身1/4差での快勝だった。4戦目の前走はシンザン記念GV(勝ち馬:キョウヘイ)で、0:2差の3着だった。
本馬は本ブログの年末推奨馬である。毎年年末に、牡馬5頭・牝馬5頭を重賞未出走馬から選んで推奨しているのだが、今年は10頭中9頭までが年明け初戦で負けた。ただ、上記中山7Rでデアレガーロが勝ち、本馬が重賞を勝ったので、何となく格好が付いてきた。
期待度85(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年2月19日(日)3歳戦

2017/02/19 21:11
●1東8 5R 3歳新馬 芝1800 良
ウインシャトレーヌ (牝・栗東・大久保龍志)
父ダイワメジャー 母タニノハイクレア(クロフネ)
1:51:4(上3F33:8)
気持ち出遅れて中団よりも後方の11番手につける。3コーナーで行きっぷりが悪くなり、内田博幸騎手が手綱を動かし気合を入れる。先頭の1000m通過が1:03:8のペース。4コーナーは外11番手でまわる。直線に入ると手応え良く外からジワジワと伸び、残り400mは外8番手で通過する。この後追い出して伸び、残り200mで先頭に立つ。内からコイヲダキシメヨウも伸びるが、残り100mは1馬身弱の差とし、ラスト50〜60mは手綱を抑えてゴール。1馬身1/4差での圧勝だった。
単勝2.7倍の1番人気に応えた。道中11番手から4コーナーも11番手。直線外から伸びて残り200mで先頭に立ち、ラスト50〜60mを流して1馬身1/4差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:9-11:4-11:3と、加速した。特に、流したラストも11:3と圧巻の走りをした。
3コーナーで行きっぷりが悪くなったが、直線に入ると手応え良く差を詰めた。走りがまだまだ幼い部分があり、これが解消されれば、更に好レースができると思う。2着馬が粘ったものの、3着以下は引き離した。スタートも今一歩だったので、課題は沢山あるだろう。ただ、能力は高いので、500万でも好勝負可能だと思う。
母は22戦4勝。芝1200mで4勝し、重賞は阪神牝馬特別(11着)・ヴィクトリアマイル(10着)・クイーンS(6着)に出走した。兄(本馬の伯父)ウインクリューガーは種牡馬であり、姪(本馬の従姉妹)ソリッドプラチナムは マーメイドSGVを勝ち、愛知杯GV3着・マーメイドSGV3着2回の活躍馬だ。繁殖に上がり本馬が第5仔だが、初仔は地方1勝。第2仔も地方1勝。第3仔グレイスフルワード(牝2012年産・期待度55)は1勝。第4仔エーデルメイシュ(牝4歳)は現役で1勝と活躍中だ。
本馬は、1歳時のセレクトセールにて1404万円で取引された。
期待度60

●1東8 6R 3歳500万下 芝1600 良
ランガディア (牡・美浦・木村哲也)
父キングカメハメハ 母マリーシャンタル(サンデーサイレンス)
1:34:7(上3F34:7)
まずまずのスタートから4番手につけるが、3コーナーで5番手となる。先頭の4F通過が47:2のペース。このあたりも5番手で通過し、4コーナーは馬群の中5番手でまわる。直線に入ると馬群の内目狭い所をジワリと伸びて、残り400mは先頭から1馬身半差の4番手で通過する。ここから外へとやや斜行ぎみながら伸びて、残り200m過ぎで先頭に立つ。残り100mは1馬身弱の差とするが、外からブリラーレが伸びて来て迫る。これを1/2馬身差抑え切ってゴールした。
単勝7.0倍の4番人気からの勝利。道中4〜5番手から4コーナーは5番手。直線馬群の内目から伸びて残り200m過ぎで先頭に立ち、外から追ってきた2着馬を半馬身抑えての勝利だった。
レースの上り3Fは11:7-11:4-12:0と、ラストがやや落ちた。4着以下は一塊でそれ程離れていない。あと0:2程速く走り、引き離したかったというところだ。
平場の500万だが、1番人気馬や2着馬は500万特別で好走歴があり、レベルは低くなかった。先頭集団を見るようにして進み、直線はやや狭い所を抜けた。6ヵ月の休養明けとは思えない走りで勝ち、負け知らずの2連勝となった。今回はインパクトのある勝利ではないが、ひと叩きされて更に良化するだろうから、次走が重賞でも上位争いは可能だと思う。皐月賞狙いでトライアルを使うのか。それとも左回りで連勝したのでダービーに向かうのか。どこまで良くなって出てくるのか楽しみである。
これで2戦2勝となった。デビュー戦は新潟の芝1800m戦。道中3〜4番手から4コーナーは4番手。直線残り250mで前が狭くなる不利があったが、それでも狭い所を一気に伸びて、3/4馬身差での快勝だった。
オークス馬ダイナカールの孫である。現在、最も活力のある牝系の出身馬が、クラシック出走を狙う。
期待度70(up)

●2京8 9R つばき賞(500万下) 芝1800 良
ファンディーナ (牝・栗東・高野友和)
父ディープインパクト 母ドリームオブジェニー(Pivotal)
1:50:6(上3F33:0)
まずまずのスタートから外4番手につける。先頭の1000m通過が1:04:1のペース。このあたりは3番手で通過し、4コーナーは逃げるタガノアスワドに4馬身差の2番手でまわる。直線に入るとタガノアスワドとの差を詰めて、残り200mは2馬身差の2番手で通過する。残り100mでタガノアスワドをかわして先頭に立つが、3番手以下は大きく離している。ラスト50mは手綱を緩め、1馬身3/4差でゴールした。
単勝1.3倍の1番人気に応えた。道中は3〜4番手から4コーナーは2番手。直線逃げ馬を追って3番手以下は離し、残り100m過ぎで先頭。ラスト50mは流して1馬身3/4差での圧勝だった。
レースの上り3Fは12:2-10:7-11:0と、直線は速い上りとなった。本馬はおそらくラスト1Fを10:7程度で走っただろう。流して10:7ならば、立派である。
後ろにいた2番人気インウィスパーズを気にしながらも、スローペースで逃げたタガノアスワドをかわしに行き、最後は『能力が違う』というような勝利だった。2〜3着は7馬身も離れる圧勝で、デビュー戦同様の衝撃的なレースだった。デビュー戦は逃げたが、今回は好位を折り合って進んだ。今後クラシックを狙うためには絶対に必要なことで、今回抑える競馬を習得できたことはとても大きいだろう。2戦目でこれだけの競馬が出来たのだから、間違いなくクラシック候補であり、レベルの高い3歳牝馬戦線に、また1頭有力馬が加わったと思った。
これで2戦2勝となった。デビュー戦は京都の芝1800m戦。好スタートから2馬身近く離して逃げて、4コーナーでスパート。直線残り300mから馬なりで引き離し、最後は9馬身差での逃げ切り圧勝だった。
ソウルスターリング(期待度90)・ミスエルテ(期待度90)・リスグラシュー(期待度85)の3頭に、先週アドマイヤミヤビ(期待度90)と、今日本馬が加わった。この先、どの馬が桜花賞を勝ち、オークスを勝つのか。3月のトライアル3戦と桜花賞。そして、オークスまでがとても楽しみになってきた。
期待度85(up)

●1小4 5R 3歳新馬 芝2000 良
シェアザモーメント (牡・栗東・石坂正)
父ステイゴールド 母シェアザストーリー(コマンダーインチーフ)
2:02:3(上3F35:8)
好スタートから押して押して先手を奪い、1コーナーは半馬身差の先頭でまわる。向正面に入ると1馬身差で逃げて、1000mを1:02:0で通過する。この後、半馬身差となるが、4コーナーでスパートし2馬身差でまわる。直線に入ると後続を引き離し、残り200mは4馬身差とする。更に引き離し、残り100mは5馬身以上の差とする。ここで2番手に上がったプレイングアローンがやや差を詰めるものの、松若風馬騎手はやや手綱を緩めて、最後は5馬身差でゴールした。
単勝6.1倍の2番人気からの勝利。好スタートから道中は半馬身〜1馬身差の逃げ。4コーナーでスパートし直線は離す一方で、5馬身差の逃げ切り圧勝だった。
上り3Fは11:7-11:8-12:3と、減速した。ラスト1Fは目一杯には追わず単走になったので、12:3と落ちてしまった。
道中絡まれて楽な逃げではなかったが、直線は離す一方だった。ラストに落ちたのは、大きく離したことによるので問題はないだろう。残り100mで5馬身以上離していて、最後まで追えばもっと引き離しただろう。着差以上の能力差での圧勝なので500万でも期待できるが、2月のローカルの新馬戦なのでレベルは高くないと思う。その中での圧勝なので、レース振りをそのまま評価はできないと思う。2:02:3-35:8の時計はまずまずだが、500万で好走するには、更に良くなる必要があるだろう。
母は4戦1勝。ダート1200mを勝っているが重賞には出走していない。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、初仔は地方1勝。第2仔レッドクラウディア(牝2009年産)はJRA3勝・地方2勝。クイーン賞船橋GVを勝ち、マリーンC船橋GU2着・レディスプレリュード大井GU3着・TCK女王盃競走大井GV3着・スパーキングレディーC川崎GV3着など地方の重賞で活躍した。第3仔は2勝している。
期待度55
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年2月18日(土)3歳戦

2017/02/18 20:49
●1東7 9R フリージア賞(500万下) 芝2000 良
トリコロールブルー (牡・栗東・友道康夫)
父ステイゴールド 母ペンカナプリンセス(Pivotal)
2:01:8(上3F33:9)
まずまずのスタートから5番手につける。向正面は先頭から4馬身差程の5番手を進む。先頭の1000m通過が1:02:8のペース。このあたりで6番手となり、4コーナーは先頭から2馬身半差の馬群の中6番手でまわる。直線に入るとしばらくは馬群から抜け出せず6番手にいるが、徐々に馬群が崩れて前が開き、残り200mは半馬身差の3番手で通過する。残り150m過ぎで先頭に立ち、残り100mは半馬身差とするが、内で伸びたバリングラが2番手に上がって追いかけてくる。しかし、半馬身差から詰めさせず、最後は1/2馬身差でゴールした。
単勝2.4倍の1番人気に応えた。道中5〜6番手から4コーナー6番手。直線しばらくは馬群の中にいたが、残り150m過ぎで先頭に立ち、半馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:6-11:1-11:6と、11秒台を並べた。スローペースの競馬で、本馬は33秒台で走っている。
直線に入ってもしばらく馬群の中にいたが、徐々に差を詰めて、馬群がバラけると抜け出した。1〜8着が0:5差の接戦だったが、ゴール前は3着以下を離しながらのゴールで、2着馬とは半馬身差でも危なげのない勝利だった。デビュー戦が7月、2戦目は11月、また3ヵ月休んで今回が3戦目。ソエでなかなか順調に使えなかったようだが、ここへ来てだいぶ治まっているようだ。今回は休み明けで多少余裕残しの馬体であり、次走はまだまだ上積みがありそうだ。ここで2勝目だが、皐月賞に向かうのだろうか。それともダービートライアルを使ってダービーに向かうのか。次走がダービートライアルならば、出走権は獲得できそうな走りだったと思う。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は中京の芝2000m戦。道中5〜9番手から4コーナーは7番手。直線大外から伸びて残り300mで先頭。2馬身差での快勝だった。2戦目の前走は黄菊賞(勝ち馬:タガノアシュラ)で、1馬身3/4差の2着だった。
同厩舎の兄ワールドインパクト(牡6歳・期待度75)は、青葉賞GU2着からダービーに出走して10着。兄以上の成績も期待できるだろう。
期待度75(up)

●2京7 5R 3歳未勝利 芝1800 稍重
アドマイヤロブソン (牡・栗東・友道康夫)
父ディープインパクト 母アドマイヤマリン(クロフネ)
1:49:6(上3F34:8)
気持ち出遅れて後方からの競馬となり、最後方から3頭目の11番手につける。3F過ぎから押し上げて、4Fは外9番手で通過する。先頭の1000m通過が1:01:8のペース。ここからも徐々に差を詰めて、4コーナーは先頭から3馬身半差の外7番手でまわる。直線に入ると一番外から手応え良く伸びて、残り200mで先頭に立つ。すぐ内のスイーズドリームスが粘り、しばらく競り合って、残り100mはクビ差で通過する。残り50m過ぎまでクビ差程で競り合うが、ここから一気に差をつけて、最後は1馬身1/4差でゴールした。
単勝2.4倍の1番人気に応えた。道中9〜11番手から4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り200mで先頭。しばらく2着馬と競り合うが、最後は1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:4-11:5-11:4と、加速した。この中を7番手から伸びて勝つのだから能力は高いだろう。
本馬の上りは34:8と、それ程速くないのは直線に入るまではラップが上がらなかったためである。2着馬とは1馬身1/4差だが、2〜3着は4馬身離れたので、3着馬に対しては5馬身差以上差をつけたことになる。また、ラストは競り合ったが相手の脚色を見ながらの競り合いで、まだまだ余裕はあっただろう。相手はスイープトウショウ産駒という良血馬で、これに競り勝ったことも価値があると思う。ただ、2月中旬の未勝利勝ちで、ダービーに間に合うかどうか。能力は高いので、いずれ500万を突破する力はあるだろうが、次走で突破しなければならない時期であり、そうなると少々キツイだろう。
これで2戦1勝となった。デビュー戦は京都の芝2000m戦(勝ち馬:スズカメジャー)で、0:3差の3着だった。
母は11戦2勝。ダート1700mとダート1800mで勝っているが重賞には出走していない。弟(本馬の叔父)アドマイヤサガスは北海道スプリントC門別GVを勝ち、デイリー杯2歳SGU2着・東京盃大井GU3着・オーバルスプリント浦和GV3着など重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が第3仔だが、初仔アドマイヤスター(牡5歳)は現役で1勝。第2仔アドマイヤダイオウ(牡4歳・期待度85)は現役で3勝で、皐月賞(9着)に出走した。
期待度50

●2京7 6R 3歳500万下・牝 芝1400 稍重
ベルカプリ (牝・栗東・西浦勝一)
父ダイワメジャー 母ボランス(Montjeu)
1:23:6(上3F35:0)
絶好のスタートから押して押してハナに立つ。道中は半馬身差で逃げて、4コーナーも半馬身差の先頭でまわる。直線に入るとジワジワと差をつけていき、残り300mでは1馬身差とする。内からエンゲルヘンが伸びて2番手に上がり、残り200mはクビ差まで迫られる。残り100mは並んで通過するが、僅かに抜かれたようにも見える。しかし、ここからジワジワと盛り返して差し返し、最後はクビ差でゴールした。
単勝13.1倍の6番人気からの勝利。好スタートから道中は半馬身差の逃げ。4コーナーも半馬身差の先頭から、直線最後は2着馬との叩き合いとなったが、クビ差競り勝った。
上り3Fは12:0-11:3-11:7と、直線は11秒台だった。稍重で勝ち時計は1分23秒台と平凡ながら、上りはそこそこの時計で走った。
14頭立ての12番枠と外枠だったが、好スタートから先手を奪った。直線も競り合ったが差し返すなど勝負根性を見せた。今回で8戦目とキャリアも豊富で、経験の差がラストに出たのかもしれない。今回は平場の500万で、出走馬は500万特別での好走馬は少ないく、このようなメンバーでの勝利なので割引は必要だろう。競った2着馬は、つわぶき賞が0:6差の9着。最後に差を詰めてきた3着馬は、ききょうS3着で、平場の500万を2着・3着の馬である。次走は重賞だろうが、デイリー杯2歳S同様、少々厳しいかもしれない。
これで8戦2勝となった。デビュー戦は中京の芝1400m戦(勝ち馬:ディーパワンサ)で、0:8差の4着。2戦目は小倉の芝1200m戦(勝ち馬:キョウヘイ)で、1馬身半差の2着。3戦目は小倉の芝1200m戦(勝ち馬:ショーウェイ)で、0:2差の3着。4戦目は阪神の芝1600m戦(勝ち馬:アドマイヤミヤビ)で、1馬身3/4差の2着。5戦目は京都の芝1600n戦で、2着に2馬身半差をつけて勝った。6戦目はデイリー杯2歳SGU(勝ち馬:ジューヌエコール)で、0:2差の5着。7戦目の前走は白菊賞(勝ち馬:ゴールドケープ)で、1:6差の7着だった。
母は未出走馬。兄(本馬の伯父)Shot to Fameはシルヴァートロフィ英GVを勝ち、姉(本馬の伯母)SpinolaはチェリーヒントンS英GUを勝っている。繁殖に上がり本馬が第3仔だが、初仔はJRA2勝・地方6勝。第2仔は1勝している。
本馬は、1歳時のセレクトセールにて3240万円で取引された。
期待度60
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年2月13日(月)3歳戦

2017/02/14 21:37
本日の小倉競馬は、一昨日(土曜日)の代替競馬である。


●1小1 10R あすなろ賞(500万下) 芝2000 良
モーヴサファイア (牝・栗東・池添学)
父ハービンジャー 母モルガナイト(アグネスデジタル)
2:00:0(上3F35:7)
好スタートから抑えて、1コーナーは外8番手でまわる。向正面に入っても8番手を進む。先頭の1000m通過が59:2のペース。3コーナーから外を通り押し上げて、残り600m過ぎで4番手に上がる。4コーナーは、1馬身差の外目4番手でまわる。直線に入ると内から3頭目の位置を伸びて、残り200mは僅差の2番手で通過する。残り150mあたりで外のワンダープチュックをかわして先頭に立ち、残り100mは半馬身差とする。そして最後は1馬身1/2差でゴールした。
単勝3.9倍の2番人気からの勝利。道中8番手から4コーナーは4番手。直線内から3頭目の位置を伸びて残り150mあたりで先頭に立ち、1馬身半差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:0-12:0-12:1と、ほぼ12秒だった。前半は60秒を切るペースだったので、ラスト12:1でも、しっかりと走ったと思う。
ローカル開催の500万特別で、中央開催の500万特別では今一歩というメンバーだった。その中での快勝なので微妙ではあるが、再戦したとしても結果は変わらないと思われる勝利であり、能力は抜けていた。特に、直線に向いてから馬の間の狭い所を伸びた脚は見事で、ラスト100mでも粘る2着馬を振り切った。ただ、展開が向いたことも事実である。今回で5戦目だが、牝馬限定戦は一度も走っていない。牡馬との混合戦で前走も前々走も好勝負している。したがって、次走が牝馬限定の中距離重賞ならば十分勝負になると思う。
これで5戦2勝となった。デビュー戦は中京の芝1600m戦。道中3〜4番手から4コーナーは5番手。直線外目を伸びて残り150mあたりで先頭。後続を離して2馬身半差での快勝だった。2戦目は新潟2歳SGV(勝ち馬:ヴゼットジョリー)で、0:7差の8着。3戦目は野路菊S(勝ち馬:アメリカズカップ)で、3/4馬身差の2着。4戦目の前走は福寿草特別(勝ち馬:サトノリュウガ)で、0:3差の4着だった。
兄ブラックスピネル(牡4歳・期待度65)は、2月5日の東京新聞杯GVを快勝し重賞初制覇。本馬も兄に続きたいところだろう。
期待度70(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年2月12日(日)3歳戦

2017/02/12 20:56
●1東6 4R 3歳新馬 芝1600 良
サトノマックス (牡・美浦・堀宣行)
父ディープインパクト 母ラシャルマンテ(Indygo Shiner)
1:37:3(上3F33:7)
絶好のスタートから抑えて外7番手につける。先頭の4F通過が49:7のペース。このあたりも外7番手で通過し、4コーナーは4馬身差の外7番手でまわる。直線に入ると手応え良く上がり、残り400mは半馬身差の2番手で通過する。この直後に先頭に立つが、横に広がり2番手争いをする6頭をなかなか引き離せない。この中から2頭が追いかけてきて、残り200mは半馬身差の先頭で通過する。ここから徐々に差をつけて、残り100mは外にいるレッドアーサーに1馬身差で通過する。更に差をつけて、最後は1馬身1/2差でゴールした。
単勝2.1倍の1番人気に応えた。道中7番手から4コーナーも7番手。直線外目から伸びて残り400m過ぎで先頭。徐々に差をつけて、最後は1馬身半差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:8-11:0-11:6と、11秒台の並ぶ上りとなった。本馬は、新馬戦から33:7の脚を使った。
道中は7番手で我慢をして、直線は手応え良く伸びて先頭に立った。ただ、追い出してからの伸びは今ひとつで、これが今後の課題だろう。それでも差をつけながらの勝利だったので、危なげのない勝ち方だった。除外や熱発など順調ではなかったものの、何とかデビューをして、いきなり勝った。まだクラシックに間に合う時期だが、500万もすんなり勝てるかどうかは、この後の状態次第だろう。このひと叩きでガラリと良くなれば、連勝があるかもしれない。
母はアルゼンチン産の輸入繁殖牝馬。アルゼンチンで走り13戦6勝。ミゲルルイスモラレス賞亜GU・ラプラタクリアドレス賞亜GU・ラウルアリステギ賞亜GU・ラプラタ1000ギニー 亜GU・ディエゴホワイト賞亜GVを勝ち、ラプラタオークス亜GT2着・クレメンテベナヴィデス賞亜GV2着・亜オークス亜GT3着の活躍馬だ。母(本馬の祖母)La Magieは、フェデリコデアルヴェアル賞亜GV3着など重賞で好走した。弟(本馬の叔父)Le Miracleはホセペドロラミレス賞亜GVの勝ち馬で、同じく弟(本馬の叔父)The Wizは、亜馬主協会賞亜GV・ルイスマリアドイエナルド賞亜GVの勝ち馬だ。また、妹(本馬の叔母)Grimoireはラモンビアウス賞亜GU2着など重賞での好走馬である。繁殖に上がり本馬が日本での第4仔だか、初仔カレンマタドール(騸6歳)は現役で3勝。第2仔エバーシャルマン(牝5歳)は現役で2勝。第3仔サルドナ(牝4歳)は現役で1勝と活躍中だ。産駒4頭が全て勝ち上がり、全て現役。これで7勝目という優秀な繁殖牝馬である。
本馬は、1歳時のセレクトセールにて7776万円で取引された。
期待度60

●1東6 11R 共同通信杯(GV) 芝1800 良
スワーヴリチャード (牡・栗東・庄野靖志)
父ハーツクライ 母ピラミマ(Unbridled's Song)
1:47:5(上3F34:2)
まずまずのスタートから内6番手につける。先頭の1000m通過が1:00:6のペース。4コーナーは先頭から3馬身差の馬群の中6番手でまわる。直線に入ると手応え良く馬群の中を上がる。右前にいたサイバーエレキングがフラフラと走ったため、ややゴチャつくが問題なく伸び、残り400mは1馬身弱の差の4番手で通過する。内で粘るタイセイスターリーを残り200mでかわして先頭に立ち、残り100mは1馬身差とする。この後、更に差をつけて、4頭での2着争いを制したエトルディーニュに2馬身1/2差をつけてゴールした。
単勝3.1倍の2番人気からの勝利。道中6番手から4コーナーも6番手。直線残り200mで先頭に立ち、最後は2馬身半差をつけての圧勝だった。
レースの上り3Fは11:6-11:4-11:7と、11秒台を並べた。ラストはやや落ちたものの、単走になってのものなので問題はないだろう。
昨年11月19日の東京スポーツ杯2歳SGVと同距離・同コースで、1・2番人気馬がこのレース以来の出走だった。したがって、東京スポーツ杯2歳Sの再戦となったが、前回ハナ差の2・3着だったものが、今回は2馬身半+頭差の1・3着と差が開いた。直線に向くと絶好の手応えのまま馬群の中を伸びて、ややゴチャついても他馬を弾くように真っ直ぐに進んだ。先頭に立ってからは後続を引き離し、2馬身半差の圧勝。年を越えて大きく力をつけたようだ。時計はやや平凡だが、歴代の優勝馬と遜色はない。前走の上りは33:6であり、切れる脚も持っている。混戦の牡馬戦線に、また新たな有力馬が加わったようだ。
これで4戦2勝となった。デビュー戦は阪神の芝2000m戦(勝ち馬:メリオラ)で、ハナ差の2着。2戦目は阪神の芝2000m戦。道中4番手から4コーナーは2番手。直線に入ると先頭に立ち、2着馬の脚色を見ながら追って、最後は流して1馬身差での圧勝だった。3戦目の前走は東京スポーツ杯2歳SGV(勝ち馬:ブレスジャーニー)で、クビ差の2着だった。
母の産駒は本馬を含めて5頭。この5頭がすべてが勝ち上がり、これが産駒13勝目で重賞初制覇である。大変優秀な繁殖牝馬で、現2歳は初のディープインパクト産駒の牝馬。現1歳はオルフェーヴルの牡馬である。こちらにも期待したい。
期待度85(up)

●2京6 9R こぶし賞(500万下) 芝1600 稍重
マイスタイル (牡・栗東・昆貢)
父ハーツクライ 母ファーストナイナー(フォーティナイナー)
1:36:2(上3F35:1)
まずまずのスタートから外4番手につけるが、3コーナーで3番手に上がる。先頭の4F通過が48:7のペース。4コーナーは1馬身半差の外3番手でまわる。直線に入ると先頭にやや離され、残り200mは2馬身弱の差の3番手で通過する。しかし、この後盛り返し、残り100mで2番手に上がる。残り50m過ぎで先頭に立ち、共に伸びた外ダイメイフジに1/2馬身差でゴールした。
単勝3.4倍の2番人気からの勝利。道中3〜4番手から4コーナーは3番手。直線なかなか差が詰まらなかったが、残り50m過ぎで先頭に立ち、半馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:9-11:4-12:0と、ラストは12:0と落ちた。馬場が渋った中での時計なのでまずまずだろう。
道中は先頭を射程圏におさめながら進み、直線は一旦差を開かれた。しかし、ラスト1Fで逃げ馬が一杯となり、一気に差を詰めて抜かした。逃げた1番人気馬ズアーの失速による勝利という側面もあるだろう。本日5Rの未勝利戦の勝ち馬が、ハイペースだったとはいえ1:35:9-35:1で走っていて、それよりも500万の時計のほうが悪いのは残念である。
これで4戦2勝となった。デビュー戦は京都の芝1600m戦(勝ち馬:ミリッサ)で、0:5差の3着。2戦目は阪神の芝1800m戦。道中3番手から4コーナーも3番手。直線残り200mで先頭に立ち、1馬身3/4差での完勝だった。3戦目の前走はシンザン記念GV(勝ち馬:キョウヘイ)で、0:4差の5着だった。
今回は芝1600m戦での勝利であり、未勝利戦を勝った時よりも見所は少なかった。期待度は据え置きたい。
期待度60
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年2月11日(土)3歳戦

2017/02/11 23:39
本日、降雪のため小倉競馬は開催中止。代替競馬は2月13日(月)に行われる。


●1東5 4R 3歳未勝利 芝2400 良
サーレンブラント (牡・美浦・戸田博文)
父ディープインパクト 母ブライトアバンダンス(Quiet American)
2:27:6(上3F35:1)
伸び上がるようなスタートで出遅れて半馬身程度の不利。1コーナーは掛かりながら12番手でまわる。向正面に入っても掛かったままで後方13番手を進む。先頭の1000m通過が1:01:0のペース。この後も後方のままで、4コーナーは先頭から10馬身以上離れた後方13番手でまわる。直線に入ると馬群の中を追い上げて、残り400mは10番手で通過する。残り200mでは2馬身半差の4番手まで追い上げて、残り100m過ぎで先頭に立つ。そして勢いもそのままに引き離し、最後は手綱を抑えてトータルソッカーに2馬身1/2差でゴールした。
単勝31.4倍の9番人気からの勝利。出遅れて後方12〜13番手を掛かりながら進み、4コーナーは13番手。直線グングンと伸びて残り100mで先頭。2馬身半差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:8-12:4-12:6と、ハイペースだったので減速した。この中を、離れた後方から差し切った。
ゲート内で立ち上がり、前足が着地したときにゲートが開いたが、伸び上がってのスタートとなった。道中は後方だが、前半は掛かっていて、チグハグな競馬をしていながら直線は伸びた。競馬を覚えればまだまだやれそうで、500万を2〜3戦経験すればチャンスはあるだろう。ダービーに間に合うかどうかは難しいかもしれないが、能力は高いので、菊花賞あたりに出てきても不思議はないだろう。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は中山の芝1800m戦(勝ち馬:カリンバ)で、0:9差の14着だった。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカとフランスで走り、米17戦4勝・仏11戦2勝。ノーブルダムゼルH米GVを勝っている。繁殖に上がり、米国産の第2仔は米2勝である。本馬は日本での第3仔だが、初仔は1勝している。
本馬は、当歳時のセレクトセールにて4104万円で取引された。
期待度50

●1東5 5R 3歳未勝利 芝1600 良
マンハイム (牝・美浦・国枝栄)
父ダイワメジャー 母マンデラ(Acatenango)
1:35:0(上3F35:0)
気持ち出遅れて後方からの競馬となり、最後方から3頭目の14番手につける。先頭の4F通過が46:5のペース。このあたりは11番手で通過し、4コーナーは外9番手でまわる。直線に入ると外から伸びるが、残り400mあたりでやや不利を受けて外に振られる。すぐに立て直して伸び、残り200mは2馬身差の3番手で通過する。残り100mは先頭のレローヴに1馬身弱の差まで迫り、残り50mあたりでかわして先頭に立つ。そして、最後は1馬身1/4差でゴールした。
単勝30.2倍の10番人気からの勝利。道中13〜14番手から4コーナーは9番手。直線外から伸びて残り50mあたりで先頭。1馬身1/4差での差し切り勝ちだった。
レースの上り3Fは11:6-12:1-12:6と、減速した。46:5-58:7と、下記の重賞よりも速いペースだったので、直線は減速し、後方からの追い込みがきまった。
出遅れて後方から追い上げていく競馬となった。直線ではやや不利はあったものの、その後もしっかりと伸びた。新馬ながら経験馬に挑戦し、見事に勝利。スタートと直線の二度の不利も克服し、新馬らしからぬ勝利だった。1:35:0-35:0は、未勝利馬ならばまずまずだが、新馬としては優秀で、ひと叩きした2戦目は更に時計を詰めるだろう。500万でも勝ち負けになりそうだ。
母はドイツ産の輸入繁殖牝馬。アメリカ・ドイツ・フランスで走り、米4戦1勝・独4戦2勝・仏3戦0勝の通算11戦3勝。独オークス独GT3着・サンタバーバラH米GU3着・ポモーヌ賞仏GU3着など重賞で好走した。弟(本馬の叔父)Mandurohは種牡馬である。繁殖に上がり本馬が日本での第6仔だが、第2仔ワールドエース(牡2009年産・期待度100・年末推奨馬)は4勝。マイラーズCGU・きさらぎ賞GVを勝ち、皐月賞GT2着など重賞で活躍し、現在は種牡馬である。
期待度60

●1東5 11R クイーンC(GV・牝) 芝1600 良
アドマイヤミヤビ (牝・栗東・友道康夫)
父ハーツクライ 母レディスキッパー(クロフネ)
1:33:2(上3F33:6)
まずまずのスタートから外11番手につけるが、3コーナーで10番手に上がる。先頭の4F通過が46:8のペース。このあたりは外9番手で通過し、4コーナーは先頭から4馬身差の外9番手でまわる。直線に入ると外目から伸びて、残り400mは6番手で通過する。残り200mは1馬身半差の3番手で通過し、残り150m過ぎで前2頭をかわして先頭に立つ。抜かれたアエロリットが粘るが、これを振り切り、最後は1/2馬身差でゴールした。
単勝2.9倍の1番人気に応えた。道中9〜11番手から4コーナーは9番手。直線外目を伸びて残り150m過ぎで先頭に立ち、粘る2着馬に半馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:3-11:2-11:6と、11秒台を並べた。前半は46:8と遅いペースではなかったが、直線は速い時計になった。
中団より後方を進み、3コーナーから4コーナーにかけて差を詰めた。直線に入ると伸び脚が良く、先頭に立ってからは2着馬が追ってくるものの3着以下を離しての完勝。2〜3着は2馬身差だった。1:33:2-33:6も優秀で、昨年のメジャーエンブレムの1:32:5には及ばないものの、クイーンCでは2番目に速い時計である。3ヵ月の休養明けで、前走の芝2000mから距離を短縮しての出走で、見事に重賞を勝った。今日のレースは、ソウルスターリング・リスグラシュー以外の3歳牝馬の有力馬はすべて出てきたと言われるほどメンバーが揃っていた。これを見事1番人気で快勝したので、3歳牝馬の3番手にのし上がったと考えて良いだろう。当然桜花賞では、ソウルスターリング・リスグラシューとの好勝負は可能だと思う。レーヌミノルを物差しにすれば、ソウルスターリングも本馬も0:5差で同等である。ただし、レーヌミノルの調子を考慮すれば、ソウルスターリングの方がまだ上だろう。3ヵ月前の百日草特別時の記事で『次は重賞でも上位争いは可能だろう。ただ、重賞を勝ち切るにはワンパンチ足りず、3勝目までは時間がかかりそうだ』と書いているが、見事にハズレてしまった。ただ、休養して成長したことは確かで、2歳時よりも逞しくなった。レベルの高い3歳牝馬にまた1頭有力馬が加わったという競馬となった。C.ルメール騎手はソウルスターリングに乗るだろうから、本番は誰に乗り替わるのだろう。
これで4戦3勝となった。デビュー戦は中京の芝1600m戦(勝ち馬:クライムメジャー)で、1馬身1/4差の2着。2戦目は阪神の芝1600m戦。道中10〜11番手から4コーナーは11番手。直線外目から伸びて残り100mで先頭に立ち、1馬身3/4差での完勝だった。3戦目の前走は百日草特別。道中6〜7番手から4コーナーは7番手。直線残り150mで先頭に立ち、追い上げてくる2着馬を3/4馬身差抑えての勝利だった。
母は未勝利ながらディープインパクトの姪という血統である。このウインドインハーヘアの系統からディープインパクト以来のクラシック制覇がかかっていて、牡馬のレイデオロ(牡3歳・期待度90)同様注目だ。桜花賞もさることながら、東京の芝2000mを経験済みの本馬はオークスも楽しみである。3月のチューリップ賞で、ソウルスターリング・リスグラシューがどにようなレースをするのか。『やっぱりこの2頭だ』となるのか。それとも、『アドマイヤミヤビの方が強いかも』となるのか。益々楽しみになってきた3歳牝馬戦線である。
さて、8頭が8連敗中の年末推奨馬だが、ハナレイムーン(牝3歳・期待度60)も5着に敗れ、これで9頭が9連敗となった。残る1頭デアレガーロ(牝3歳・期待度60)は、2月末の中山開催で復帰らしいが、どうなることか。年末推奨馬がオークス・ダービーに出走できるかどうかも、今のところ怪しくなってきた。
ついでに、私の出資馬のスズカゼ(牝3歳・期待度65)は、1:1差の7着。この馬としてはよく頑張ったのだろうが、一線級との実力差を改めて思い知らされた一戦だった。
期待度90(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年2月5日(日)3歳戦

2017/02/05 20:05
●1東4 5R 3歳未勝利 芝1800 良
サトノルーラー (牡・美浦・国枝栄)
父ディープインパクト 母コンテスティッド(Ghostzapper)
1:48:5(上3F33:7)
気持ち出遅れて後方へ。一旦最後方まで下がるが盛り返して13番手につけるが、3コーナー手前で14番手に下がる。先頭の1000m通過は1:00:7のペース。ここも14番手で通過し、4コーナーは外13番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り400mは12番手で通過する。残り200mは先頭から1馬身半差の6番手で通過して、残り100mでレッドエルソルをとらえて先頭に立つ。内のレッドエルソルとの間を突いてスターライトブルーが鋭い脚で伸びてくるが、最後はこれをクビ差抑えてゴールした。
単勝2.2倍の1番人気に応えた。道中13〜14番手から4コーナーは13番手。直線外から伸びて残り100mで先頭。更に後方から鋭く伸びた2着馬をクビ差抑えての勝利だった。
レースの上り3Fは12:0-12:0-11:3と、ラストが速い。直線に入り前が止まったためにこのような上りになった。
4コーナーではまだ前とは大きく離れていたが、残り400m〜200mで大分詰めた。1〜4着は中団から後方にいた馬が占めていて、展開に恵まれたと思う。ただ、直線の伸びは素晴らしく、本馬の上りは33:7である。ラストは、勢い良く伸びてきたスターライトブルーにも抜かれない根性も見せたので、レース振りも上々だった。500万をすぐに勝てるかは不明だが、上位に食い込む力はありそうだ。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は中山の芝2000m戦(勝ち馬:ルヴォワール)で、1馬身1/4差の2着だった。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り7戦5勝。エイコーンS米GT・テストS米GT・エイトベルズS米GVを勝った実力馬だ。弟(本馬の叔父)MoslerはハイランダーS米GU3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が日本での初仔である。
本馬は、1歳時のセレクトセールにて1億1880万円で取引された。
期待度55

●1東4 9R 春菜賞(500万下・牝) 芝1400 良
ライズスクリュー (牝・美浦・小野次郎)
父トーセンホマレボシ 母トーセンスクリュー(フレンチデピュティ)
1:22:1(上3F33:8)
まずまずのスタートから、内6番手につける。4コーナーは先頭から4〜5馬身差の内6番手でまわる。直線に入ると内からジリジリと伸びて、残り400mで4番手に上がる。この後、外へと進路を変えて伸び、残り200mは2馬身半差の3番手で通過する。ここから一気に追い上げて、残り80mあたりで先頭に立つ。外目からヒストリア・ダノンディーヴァが伸びてくるが、最後はヒストリアに1馬身1/4差でゴールした。
単勝230.3倍の16番人気からの勝利。道中6番手から4コーナーも6番手。直線内から伸びて馬群を抜けると外に出し伸びて、残り80mあたりで先頭。1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:2-11:5-12:0と、減速した。先頭・2番手が飛ばして、ラスト1Fで失速したため、このようになった。
6番手の内で我慢して、直線鋭く伸びた。メンバー中最低人気の230.3倍だったが、フロックではなく実力での勝利に見えた。ラストは後方から来た馬に詰められているが危なげはなく、前走4:0差で大敗した馬とは思えない勝ち方だった。おそらく、東京の芝1400mがガチっとはまったのだと思われ、他の馬場、他の距離だと同じようには行かない気もする。これでオープン入りだが、しばらく苦しいレースが続くだろう。
これでJRA5戦1勝・地方2戦1勝。通算7戦2勝となった。デビュー戦は浦和のダート800m戦で、2着に7馬身差をつけて勝った。2戦目は浦和のダート1400m戦(勝ち馬:スターインパルス)で、ハナ差の2着。3戦目はサフラン賞(勝ち馬:トーホウアイレス)で、0:9差の9着。4戦目はアイビーS(勝ち馬:ソウルスターリング)で、1:2秒の8着。5戦目はきんもくせい特別(勝ち馬:ロードリベラル)で、0:8差の8着。6戦目の前走は中山のダート1800m戦(勝ち馬:キャプテンキング)で、4:0差の16着だった。
父トーセンホマレボシ(2009年産・期待度90・年末推奨馬)は、現3歳馬が初年度産駒である。産駒は本馬を含め7頭が勝っている。本ブログでは本馬が産駒初登場だ。
母はJRA3戦0勝・地方5戦1勝。姉(本馬の伯母)レマーズガールはエンプレス杯川崎GU・クイーン賞船橋GV2勝・TCK女王盃大井GV2勝・関東オークス川崎GV・スパーキングレディーC川崎GV2勝・白山大賞典金沢GVを勝ち、地方GU2着1回3着3回・地方GV2着6回・3着3回の実力馬だ。繁殖に上がり本馬が第3仔だが、初仔・第2仔とも未勝利で引退した。
期待度60

●2京4 6R 3歳新馬 芝2000 重
レイトブルーマー (牝・栗東・長浜博之)
父ジャングルポケット 母ブルーミングスノー(サンデーサイレンス)
2:07:0(上3F36:9)
大外15番枠から好スタートを切り、押して押してハナに立つ。1コーナーは半馬身差の先頭でまわる。向正面に入ると1馬身差で逃げる。前半の1000mを1:04:6で通過するが、2番手との差は半馬身となる。この後も半馬身差で逃げて、4コーナーでスパートして2馬身弱の差の先頭でまわる。直線に入ると後続を引き離し、残り200mは4馬身差とする。後方から伸びたミエノインパルスが2番手に上がり追いかけてくるが、残り100mは5馬身以上の差がある。この後、松若風馬騎手は手綱を抑えたため差は縮まるが、最後は4馬身差でゴールした。
単勝10.5倍の4番人気からの勝利。好スタートから道中は半馬身〜1馬身差での逃げ。4コーナー2馬身差から直線で引き離し、最後は4馬身差での逃げ切り圧勝だった。
上り3Fは12:2-12:2-12:5と、流したラストは落ちた。それでも後方から追い上げた2着馬に、それ程は詰められていない。
小雨の中の重馬場で、終始2番手の馬に絡まれていたので決して楽な逃げではなかった。それでも直線は絡んできた馬を振り切って、グングンと差を広げた。ラストは手綱を抑えたので差が詰まったものの、着差は4馬身で、2〜3着は5馬身離れたので3着馬には9馬身程離したことになる。メンバー中では能力が違ったのだろう。500万でも好勝負できそうだ。ただ、勝ち時計2:07:0は重馬場でも平凡で、これが気になる点である。また、これだけ遅い時計の中の圧勝となると道悪巧者の可能性もあるので、着差をそのまま実力と考えるのは早い気もする。
母は20戦2勝。ダート1000mと芝1200mで勝っているが重賞には出走していない。母(本馬の祖母)タヤスブルームはフェアリーSGVを勝ち、CBC賞GU3着・ファンタジーSGV3着などの活躍馬だ。妹(本馬の叔母)カタマチボタンは、クイーンCGV2着・桜花賞GT3着など重賞で好走した。弟(本馬の叔父)ニジブルームは、京都ジャンプSJGV2着・京都ジャンプSJGV3着など障害の重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第3仔だが、初仔は地方で3勝している。
期待度60

●2京4 11R きさらぎ賞(GV) 芝1800 重
アメリカズカップ (牡・栗東・音無秀孝)
父マンハッタンカフェ 母ベガスナイト(Coronado's Quest)
1:50:1(上3F35:9)
まずまずのスタートから外3番手につける。スタート直後、隣の8番枠スズカメジャーが落馬するアクシデントがあるが、影響は受けていない。道中は先頭から2馬身差の3番手を進む。先頭の1000m通過が1:01:6のペース。ここから7頭の馬群が凝縮し、4コーナーは半馬身差の外3番手でまわる。直線に入るとすぐに2番手に上がり、残り300m過ぎで先頭に立つ。残り200mは半馬身差の先頭で通過し、残り100mは1馬身差とする。なかなかエンジンの掛からない1番人気サトノアーサーは、ここでは2馬身半後方の4番手にいる。この後も徐々に差を広げて、最後に2着に上がったサトノアーサーに1馬身3/4差でゴールした。
単勝17.2倍の6番人気からの勝利。道中3番手から4コーナーも3番手。直線残り300m過ぎで先頭に立つと、ジリジリと差をつけて、最後は1馬身3/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:2-11:7-12:2と、12秒前後だった。今日の時計の出ない馬場でこの時計なら十分だろう。
外3番手から早目に先頭に立った。道悪の影響なのかサトノアーサーは伸びず、2馬身近い差で本馬の完勝だった。13秒台のない流れで、ラストも12:2ならば、最後までしっかりと走ったということだろう。前走は休み明けのGTを9着と惨敗したが、ここで巻き返した。ただ、渋った馬場が味方をしたという印象も強く、今後、高速馬場に対応できるか心配である。1勝目は1:36:6。2勝目は1:48:5。前走は1:36:3であり、まだ速い時計で走った経験が無い。もし、高速馬場も問題にしないのなら、当然クラシック候補だろう。今回は−12sで出走したが、パドックでは細くはなく絞れた印象で、これも良かったのだと思う。次走は皐月賞へ直行だろうが、馬場が渋れば面白いと思う。
これで4戦3勝となった。デビュー戦は中京の芝1600m戦。道中2番手から4コーナーも2番手。直線しばらく2番手のままだが、残り50mあたりで先頭に立ち、1馬身1/4差での勝利だった。2戦目は野路菊S。道中3番手から4コーナーは2番手。直線残り100mで先頭に立ち3/4馬身差での勝利だった。3戦目の前走は朝日杯フューチュリティSGT(勝ち馬:サトノアレス)で、0:9差の9着だった。
伯母やその産駒(本馬のいとこ)に、米GT・英GT・愛GTの勝ち馬がいる良血馬である。クラシック候補と言われたサトノアーサーをやぶり、クラシック戦線に駒を進める。どこまでやれるのだろうか。
昨日のエルフィンSに本ブログの年末推奨馬が2頭出走したが、アドマイヤローザが2着、ミリッサが3着だった。昨日で年末推奨馬、年明け7連敗となったが、サトノアーサーが悪い流れを断ち切ってくれるだろうと余裕でいた。ところが、サトノアーサーも2着に負けてしまった。これで8連敗である。まだ今年出走していない年末推奨馬は、ハナレイムーン(牝3歳・期待度60)とデアレガーロ(牝3歳・期待度60)の2頭である。ハナレイムーンは、来週のクイーンCGV・共同通信杯GVに登録しているが、クイーンCGVに出た場合、私の出資馬スズカゼも出走を予定しているので、残念だが応援できない。
期待度80(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年2月4日(土)3歳戦

2017/02/04 18:02
●1東3 6R 3歳新馬 芝1800 良
ピサノベルベット (牝・美浦・中舘英二)
父ヴィクトワールピサ 母ピサノグレース(フレンチデピュティ)
1:49:6(上3F33:9)
好スタートだが先行争いには加わらず、外目10番手につける。先頭の1000m通過が1:02:5のペース。このあたりも中団10番手で通過するが、先頭との差は詰まっている。4コーナーは馬群の外目10番手で通過する。直線に入ると前9頭よりも外に出すが、残り400mでは4コーナーよりも先頭との差が開いている。ここから外を懸命に追い上げて、残り200mは1馬身半差の5番手で通過する。この後、各馬が横に広がっての大接戦となり、残り100mは半馬身差の2番手で通過する。残り70mあたりでスイーズドリームスをかわして先頭に立つが、スイーズドリームスとの間をイムノスとレーヌジャルダンが突っ込んできて、この4頭での先頭争いとなる。この中で、イムノスの伸びが良く最後は並んでゴール。写真判定の結果ハナ差勝っていた。
単勝78.4倍の11番人気からの勝利。道中10番手から4コーナーも10番手。直線外に出して伸び残り70mあたりで先頭に立つが、伸びてきた2着馬と接戦となりハナ差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:5-11:4-11:6と、11:5前後の速い上りとなった。接戦ながら、この速い上りを差したのだから立派である。
1月の新馬戦としては能力の高そうな馬の揃った新馬戦だった。しかし、人気馬は敗れ、11番・7番・8番人気馬での決着となり、三連単は184万円という荒れたレースとなった。1〜4着はタイム差無しの接戦で、ハナ−クビ−ハナ差の決着だった。スローペースの競馬を中団から進めて、直線は新馬戦とは思えない大接戦の中をハナ差だけ勝った。同じメンバーで再戦したとしたら再び勝てるかは疑問だが、追い比べでの根性とゴール前の粘りは立派だった。今の新馬戦は出走ラッシュで、2度除外されたらしいが、それも良かったのだろう。勝ち時計1:49:6は平凡でも、上りは33秒台なので上々である。この後、更に良くなれば500万でも上位争い可能だと思う。
母はJRA5戦0勝・地方5戦0勝。繁殖に上がり本馬が第5仔だが、第2仔は地方8勝。第3仔はJRA1勝・地方1勝。第4仔ホイールバーニング(牡4歳)は現役で2勝と活躍中だ。
期待度55

●1東3 9R ゆりかもめ賞(500万下) 芝2400 良
ダノンキングダム (牡・栗東・安田隆行)
父ステイゴールド 母ヴィヤダーナ(Azamour)
2:26:1(上3F34:9)
まずまずのスタートから押してハナに立ち、1コーナーは半馬身差の先頭でまわる。向正面に入ると2番手にいたマイネルラプティスがスパートし、抜かれて2番手となる。先頭の1000m通過が1:01:7のペース。このあたりは2馬身半差の2番手で通過するが、3コーナーは3馬身以上離される。残り5Fから差を詰めて、4コーナーは1馬身差の2番手でまわる。直線に入るとすぐに先頭に立つが、外から2頭が迫り、残り400mは僅差の先頭で通過する。この後、外からウインイクシードが並びかけてきて、残り250mあたりで僅かに抜かれ、残り200mも僅差ながら2番手で通過する。そして、2頭での競り合いとなるが、残り100mで僅かに差し返して再び先頭になり、ウインイクシードも粘って、最後は並んでゴール。写真判定の結果、ハナ差勝っていた。
単勝4.0倍の2番人気からの勝利。4Fまで逃げたがその後は2番手。4コーナー2番手から直線は接戦を競り勝って、ハナ差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:5-11:5-12:1と、競り合ったラストは落ちてしまった。ただ、12Fのレースなので仕方がないだろう。
ポンと出たわけではないが驚きの先行策で、それでも向正面ではハナを奪われて2番手となった。直線は終始競り合い、最後はハナ差という忙しい競馬だった。直線は、いつ捕まり後退するか見ていたが、しぶとく粘って勝利をもぎ取った。ハナ差ながら収穫の多いレースで、重賞でもしぶといレースができると思う。ただ、勝ちきるまではまだまだ経験が必要だろう。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は中京の芝2000m戦。出遅れて道中8番手から6番手へ。4コーナー3番手から直線伸びて残り100m手前で先頭に立つと、一気に引き離して2馬身半差での圧勝だった。2戦目の前走は福寿草特別(勝ち馬:サトノリュウガ)で、0:4差の6着だった。
欧州の重賞での活躍馬が多数いる優秀な牝系の出である。兄ダノンメジャー(牡5歳・期待度70)も重賞で好走している。皐月賞・ダービーへと駒を進めることができるかは不明だが、少なくてもどこかの重賞では好走できると思う。
期待度70(up)

●2京3 10R エルフィンS(オープン・牝) 芝1600 良
サロニカ (牝・栗東・角居勝彦)
父ディープインパクト 母サロミナ(Lomitas)
1:36:7(上3F34:6)
絶好のスタートから、無理することなくハナに立つ。道中は半馬身差で逃げて、4Fを49:8で通過する。この後も半馬身差で逃げて、4コーナーは1馬身弱の差の先頭でまわる。直線に入るとアドマイヤローザが迫ってくるが、半馬身差で粘り、残り200mも半馬身差で通過する。この後、逆に差をつけていき、残り100mは1馬身差として、最後はアドマイヤローザに1馬身1/4差でゴールした。
単勝6.6倍の3番人気からの勝利。好スタートから半馬身差で逃げて、4コーナーは1馬身弱の差。直線は詰められるが、残り200mから再び離し、1馬身1/4差での逃げ切り勝ちだった。
上り3Fは11:7-11:4-11:5と、速い上りとなった。4コーナーまでそれ程ペースは上げず、直線は11:4-11:5で走った。
スローペースに落として、まんまと逃げ切ったというレースだった。3着に突っ込んできた1番人気ミリッサは、明らかに脚を余して負けた。そうなると福永祐一騎手の好騎乗が光るレースだったと言えるだろう。それでも2着アドマイヤローザに対しては完勝で、展開に恵まれただけの勝利ではない。能力は高いと思う。オープンを勝ったので今後は桜花賞に直行だろうか。今年のハイレベルな牝馬戦線では、掲示板が精一杯だと思うが、今後の成長次第では上位に食い込む可能性もあると思う。前走負けたのは牡馬であり、牝馬にはまだ負けていないのも強みである。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は阪神の芝1600m戦.。道中2番手から4コーナーも2番手。直線なかなか差が詰まらないが、残り100m手前で先頭に立ち、追い上げてきた2着馬に1馬身半差での快勝だった。2戦目の前走は白梅賞(勝ち馬:オールザゴー)で、0:4差の3着だった。
母は独オークス馬である。その初仔は、日本のオークスでどのようなレースを見せるのだろうか。
期待度75(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年1月29(日)3歳戦

2017/01/29 18:07
●1東2 5R 3歳新馬 芝1800 良
インシュラー (牡・美浦・宗像義忠)
父マンハッタンカフェ 母アイルドフランス(Nureyev)
1:49:2(上3F35:0)
まずまずのスタートから5番手につける。縦長の展開になる中、道中は5〜6番手を進む。先頭の1000m通過が1:00:9のペース。4コーナーは先頭から3馬身差の外目5番手でまわる。直線に入ると馬なりのまま差を詰めて、残り400mは先頭から半馬身差の3番手で通過する。この後追い出し、残り350mあたりで先頭に立ち引き離しに掛かる。しかし、内からシングンマイケルが伸びて来て、残り200mは半馬身差の先頭で通過する。シングンマイケルが更に伸びて、残り100mは頭差程度に迫られるが、この後逆に引き離し、最後は1/2馬身差でゴールした。
単勝1.9倍の1番人気に応えた。道中5〜6番手から4コーナーは5番手。直線残り350mあたりで先頭に立つが、2着馬との争いとなり、最後は半馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは12:2-11:8-11:6と、加速した。ラスト1Fは叩き合いとなったので、11:6の速い時計となった。
直線向いてからの手応えは抜群で、圧勝するかと思ったが、追ってから2着馬に迫られてしまった。ただ、クビ差まで迫られた後に根性を見せて、もうひと伸びした。デビュー戦からなかなか味なレースをしての勝利。今回は接戦でも、まだまだ良くなりそうな走りだったので、次走は時計も詰めるだろう。500万でも上位争い可能だと思う。
インシュラーとは、『島の民』という意味で、酒を飲む人『飲酒ラー』ではない。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカとフランスで走り米9戦3勝・仏6戦3勝。ヒルズバーロウH米GV・ミネルヴ賞仏GVを勝ち、マルセルブサック賞仏GT2着・パロマーH米GV3着の活躍馬である。母(本馬の祖母)ステラマドリッド(Stella Madrid)は、エイコーンS米GTなど米GT4勝の実力馬だ。また、妹(本馬の叔母)ダイヤモンドビコーは、ローズSGU・阪神牝馬SGU・中山牝馬SGV・府中牝馬SGVを勝ち、エリザベス女王杯GT2着・クイーンSGV2着2回・京都牝馬SGV2着など活躍した。繁殖に上がり本馬が日本での第8仔だが、アイルランドで生んだスターアイルは日本で走り2勝。マイルチャンピオンシップGT・NHKマイルCGTを勝ったミッキーアイル(牡6歳・現役・期待度100・年末推奨馬)の母である。日本での初仔は地方2勝。第2仔キングレオポルド(牡2008年産・期待度65)は5勝。第4仔は地方2勝。第5仔アステリックスは、フェアリーSGV2着のアエロリット(牝3歳・現役・期待度50)の母である。第6仔キングナポレオン(騸6歳)は現役で1勝。第7仔プレスクアイル(牝5歳・期待度45)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度55

●1東2 9R セントポーリア賞(500万下) 芝1800 良
ダイワキャグニー (牡・美浦・菊沢隆徳)
父キングカメハメハ 母トリプレックス(サンデーサイレンス)
1:47:7(上3F33:4)
まずまずのスタートから外2番手につける。道中は2馬身〜2馬身半差で追走する。先頭の1000m通過が1:01:2のペース。この後、徐々に差を詰めて、4コーナーは1馬身半差の2番手でまわる。直線に入ると先頭に迫り、残り400mでほぼ並ぶ。残り350mあたりで前に出て、その後後続を離す。残り200mは外から伸びたエトルディーニュに1馬身半差で、残り100mは2馬身弱の差とする。そして最後はエトルディーニュに2馬身差をつけてゴールした。
単勝9.7倍の6番人気からの勝利。道中2番手から4コーナーも2番手。直線残り350mあたりで先頭に立ち、ジリジリと差をつけて、最後は2馬身差での完勝だった。
レースの上り3Fは11:4-10:8-11:5と、速い上りとなった。前の馬達が33:5前後で上っているので、後続はどうすることもできなかった。
好位につけて直線抜け出す教科書通りの危なげのない競馬をした。派手さはないが、好メンバーが揃い6番人気からでも堅実な競馬をして見事に勝った。デビュー戦から3ヵ月弱ぶりのレースだったが、休み明けを感じさせず、むしろデビュー戦より大きく成長した姿を見せた。デビュー2連勝で次は重賞だろうが、好勝負可能だろう。
これで2戦2勝となった。デビュー戦は東京の芝1800m。道中4番手から4コーナーは3番手。直線徐々に差を詰めて、残り50m過ぎで先頭。1/2馬身差の差し切り勝ちだった。
このレースには年末推奨馬が2頭出走していたが、キセキは5着、コロナシオンは10着に負けた。これで年明けて5頭走ったが、5頭とも負けている。
期待度70(up)

●2京2 6R 3歳500万下 芝1400 良
ミラアイトーン (牡・栗東・池江泰寿)
父Lonhro 母タイタンクイーン(Tiznow)
1:22:3(上3F33:8)
好スタートから抑えて6番手につける。残り700mあたりで外5番手に上がり、4コーナーは先頭から3馬身半差の外5番手でまわる。直線に入ると外から手応え良く差を詰めて、残り200mで2番手に上がる。逃げるファンタジステラを残り100mでとらえて先頭に立つと、ここからは手綱を控えながらも差を広げ、最後は1馬身1/4差での勝利だった。
単勝3.4倍の2番人気からの勝利。道中5番手から4コーナーも5番手。直線残り100mで逃げ馬をかわして、最後は1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:7-11:3-11:3と、直線は11:3という速い時計となった。メンバー中では本馬のみ33秒台で上った。
5番手で脚をため、直線で爆発させた。先頭に立ってからは気持ち流して引き離す圧勝で、平場の500万ならば能力は1枚も2枚も上というようなレースだった。前走葉牡丹賞で4着に負けて、今回は短距離戦に参戦し、見事に勝った。このまま短距離〜マイル路線で行くのだろうか。強い勝ち方をしたので中距離に戻してほしいが、どうだろう。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は小倉の芝1800m戦。好スタートから先手を奪い半馬身差での逃げ。4コーナーで2着馬に並ばれて直線競り合うが、残り100mから差をつけて、半馬身差での逃げ切り勝ちだった。2戦目の前走は葉牡丹賞(勝ち馬:レイデオロ)で、0:9差の4着だった。
2010〜2011年シーズンの豪リーディングサイアーの父に、母はアメリカ産馬。外国産馬の兄ストロングタイタン(牡4歳・現役・期待度55)は、昨年3連勝してオープン入り。中山金杯GVは2番人気で9着に負けたが、次走小倉大賞典GVで巻き返しを狙っている。
期待度60(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年1月28日(土)3歳戦

2017/01/28 18:59
●1東1 5R 3歳未勝利・牝 芝1800 良
イストワールファム (牝・美浦・古賀慎明)
父ローエングリン 母ヒストリックレディ(ネオユニヴァース)
1:47:2(上3F34:4)
気持ち出遅れて、後方から5頭目の外12番手につける。ペースは速く、先頭は1000mを59:5で通過する。この後も後方を進み、4コーナーも外12番手でまわる。直線に入ると外から手応え良く追い上げて、残り400mは4馬身差の4番手に上がる。ここから追い出すとグングンと差を詰めて、残り250mあたりで先頭に立つ。そして引き離し、残り100m手前ではC.ルメール騎手が後ろを振り返る余裕で手綱を抑えて、最後はデコラスに2馬身1/2差でゴールした。
単勝1.6倍の1番人気に応えた。道中12番手から4コーナーも12番手。直線残り250mで先頭に立ち、余裕の手応えで引き離して、2馬身半差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:6-11:9-12:0と、減速した。ハイペースの競馬での上りなので、まずまずだろう。
後方でジっと我慢をして、直線は楽な手応えで伸びた。目一杯追ったところがなく、ゴール前は流したのでやや差が縮まったものの、能力差は着差以上だろう。開幕週の初日なので時計の出る馬場だったが、1:47:2-34:4は優秀な時計だと思う。展開に恵まれたことも確かだが、展開が向かなくても勝っていたと思う。500万でも好勝負可能だろう。
これで2戦1勝となった。デビュー戦は東京の芝1600m戦(勝ち馬:イノバティブ)で、0:5差の3着だった。
母は未登録馬。名牝ベガの孫という良血で、種牡馬アドマイヤベガ・種牡馬アドマイヤボス・種牡馬アドマイヤドンの姪である。また、妹(本馬の叔母)ハープスター(牝2011年産・期待度115)は桜花賞GT・札幌記念GU・新潟2歳SGV・チューリップ賞GVを勝ち、阪神ジュベナイルフィリーズGT2着・オークスGT2着の実力馬だ。繁殖に上がり本馬が初仔である。
期待度55

●2京1 5R 3歳未勝利 芝2000 良
クリンチャー (牡・栗東・宮本博)
父ディープスカイ 母ザフェイツ(ブライアンズタイム)
2:00:8(上3F35:6)
まずまずのスタートから押して押して1Fあたりで先頭に立つ。1コーナーは半馬身差の先頭でまわる。向正面に入ると1馬身差で逃げて、1000mを1:00:8で通過する。このあたりから差は半馬身差となり、4コーナーも半馬身差の先頭でまわる。直線に入ると後続をジリジリと離し、残り200mは2馬身弱の差で通過する。残り100mは2馬身半差とし、最後はミッキーロイヤルに3馬身差をつけてゴールした。
単勝244.8倍の14番人気からの勝利。スタート後押して先頭に立ち、道中は半馬身〜1馬身差での逃げ。4コーナー半馬身差から直線で引き離し、3馬身差での逃げ切り圧勝だった。
上り3Fは12:1-11:6-11:9と、逃げ切り勝ちながら直線は11秒台でまとめた。単走になりながらも最後までしっかりと走れた印象だ。
最低人気馬が逃げ切って、単勝万馬券、馬連8万馬券、三連単は128万円と荒れたレースとなった。デビュー戦は良い所がなく後方のまま12着だったので、人気薄になるのも当然だった。今回はやや強引に先手を奪い、デビュー戦とはガラリと変わって先頭を快調に逃げた。直線で失速するどころか後続を引き離して、終わってみれば逃げ切り圧勝である。そして、メンバー中最速の上りであり、能力は抜けていたと思われる。13秒台がない澱みのないペースで逃げて、直線は11秒台でまとめた。2:00:8-35:6の時計も優秀で、これならば500万でも好勝負可能だろう。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は中京の芝2000m戦(勝ち馬:タガノアスワド)で、2:2差の12着だった。
母は8戦1勝。芝1400mで勝ち、重賞はファンタジーSGV(14着)に出走した。兄(本馬の伯父)フロンタルアタックは、神戸新聞杯GU2着・中日新聞杯GV2着など重賞で好走した。妹(本馬の叔母)ミスイロンデルは兵庫ジュニアグランプリ園田GVを勝ち、サマーチャンピオン佐賀GV2着・兵庫チャンピオンシップ園田GV3着など、地方の重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が第10仔だが、初仔は地方1勝。第2仔はJRA1勝・地方1勝。第4仔はJRA2勝・地方2勝。第5仔は地方3勝。第6仔はJRA3勝・地方2勝。第7仔ワキノブレイブ(牡7歳)は現役で6勝。シルクロードSGV3着など、重賞で活躍中だ。第8仔は地方4勝。第9仔は1勝している。
期待度55

●2京1 9R 梅花賞(500万下) 芝2400 良
インヴィクタ (牡・栗東・友道康夫)
父ハービンジャー 母ラスティングソング(フジキセキ)
2:27:4(上3F35:1)
まずまずのスタートから1コーナーは外目5番手でまわる。向正面に入っても5番手を進む。先頭の1000m通過が1:01:8のペース。この後も中団の5番手を進み、4コーナーは外に振られながらも5番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り250mあたりでアウステルリッツをかわして先頭に立つ。残り200mはクビ差だが、ここからジリジリと差をつけて残り100mは1馬身以上の差とする。そして、最後はアウステルリッツに1馬身3/4差でゴールした。
単勝8.2倍の4番人気からの勝利。道中5番手から4コーナーも5番手。直線残り250mあたりで先頭に立ち、徐々に差をつけて、1馬身3/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:8-11:6-12:1と、ラストが落ちた。ただ、初の12Fのレースでそこそこのペース。ラスト12:1ならば、しっかりと走れているだろう。
終始中団につけて、直線は外から伸びた。差を開きながらのゴールなので完勝だろう。札幌2歳S以来約5ヵ月ぶりのレースで、今回は+10sで出走。この5ヵ月で大きく成長して戻ってきたと思われる。今日の馬場は上記未勝利戦で2:00:8が出ているので、500万特別で2:27:4-35:1はやや物足りないが、この時期の3歳馬なのでこの程度なのかもしれない。ただ、500万で好走歴のある馬がいないというメンバーだったので、今回は快勝したが、重賞では再度苦戦するかもしれない。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は札幌の芝1800m戦。出遅れて道中は6〜7番手。4コーナーで先頭に立つが、直線は粘る2着馬との争いとなり、クビ差競り勝っての勝利だった。2戦目の前走は札幌2歳SGV(勝ち馬:トラスト)で、0:7差の7着だった。
大魔神佐々木主浩氏の持ち馬である。佐々木主浩氏の馬は本当に良く走るので感心である。
期待度65(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年1月22日(日)3歳戦

2017/01/22 19:57
●1中7 5R 3歳未勝利 芝2000 良
チャロネグロ (牡・美浦・大和田成)
父ハーツクライ 母ルミネンス(ジェイドロバリー)
2:02:0(上3F34:7)
まずまずのスタートから1コーナーは12番手でまわる。向正面に入っても12番手を進む。先頭の1000m通過が1:02:0のペース。残り600mから外を通り押し上げて、4コーナーは先頭から4馬身差の大外7番手でまわる。直線に入ると外を伸びて、残り200mは先頭から2馬身差の4番手で通過する。残り100mで先頭パルフェクォーツに1馬身差の2番手で通過し、この後グングンと追い詰めて、残り20mあたりでかわして先頭。1/2馬身差をつけてゴールした。
単勝11.4倍の3番人気からの勝利。道中12番手から4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り20mで差し切り、半馬身差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:9-11:7-11:9と、何とか11秒台の上りだった。本馬はラスト1Fは11:6程度で走っただろう。
道中は後方で待機をして、残り3Fから進出。直線はしっかりと伸びて差し切った。なかなか味のあるレースで、着差は半馬身でも2〜3着は2馬身半差である。未勝利ならば能力上位だろう。ただ、500万で好走するにはもうワンパンチ必要で、今後どこまで力をつけることができるかが500万突破の鍵だろう。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は中山の芝1800m戦(勝ち馬:カリンバ)で、0:7差の9着だった。
母は28戦4勝。ダート1200mで3勝とダート1000mで勝っているが、重賞には出走していない。母(本馬の祖母)チャンジイ(Chanzi)は愛メイトロンS愛GVを勝っている。繁殖に上がり本馬が第5仔だが、初仔は3勝。第2仔はJRA1勝・地方4勝。第3仔は2勝である。
本馬は、当歳時のセレクトセールにて7128万円で取引された。
期待度45

●1中7 6R 3歳新馬 芝1600 良
セイウンキラビヤカ (牝・美浦・池上昌和)
父リーチザクラウン 母オールザダイアナ(フサイチコンコルド)
1:36:3(上3F35:3)
好スタートから2番手につける。道中は2馬身〜2馬身半差で追走し、先頭は4Fを48:1で通過する。4コーナーは3番手以下を2馬身離し、先頭からも2馬身差の2番手でまわる。直線に入ると先頭との差を詰めて、残り200mで追いつき先頭に立つ。そして引き離し、残り100mは2馬身差とし、残り50m手前で内田博幸騎手が後方を確認した後手綱を抑えて、最後は3馬身1/2差でゴールした。
単勝6.8倍の3番人気からの勝利。道中2番手から4コーナーも2番手。直線残り200mで先頭に立つと差を広げ、ラスト50mは流しても3馬身半差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:9-11:8-12:0と、流したラストは12:0だった。落ちてはいるが、十分な時計だろう。
離して逃げる先頭を無理には追いかけず、4コーナーでも離されずにまわった。直線は強い競馬で、懸命に追う2番手以下を尻目に最後は流して3馬身半差の圧勝である。なかなか強い勝ち方だった。この時期なのでレースレベルに疑問もあるが、1:36:3-35:3も十分で、500万でも上位争いは可能だろう。
母は未出走馬。繁殖に上がり本馬が初仔である。
期待度55

●1京7 6R 3歳新馬 芝1800 良
ファンディーナ (牝・栗東・高野友和)
父ディープインパクト 母ドリームオブジェニー(Pivotal)
1:50:0(上3F34:3)
好スタートからハナに立ち、道中は1馬身半〜2馬身差で逃げる。1000mを1:03:4で通過するが、この後1馬身差に詰められる。4コーナーでスパートし、2馬身以上離しての先頭でまわる。直線に入ると後続を引き離し残り300mは5馬身近い差とする。ここから岩田康誠騎手は手綱を緩め、馬なりのまま差を開く。残り200mは8〜9馬身程離して通過し、この差を最後まで保ち、ブルークランズに9馬身差でゴールした。
単勝1.8倍の1番人気に応えた。好スタートから2馬身近く離して逃げて、4コーナーでスパート。直線残り300mから馬なりで引き離し、最後は9馬身差での逃げ切り圧勝だった。
レースの上り3Fは11:9-11:0-11:4と、馬なりのラストも11:4だった。ほとんど追っていないのに、上り3Fは34:3だった。
楽なペースで逃げて、直線は引き離す一方のレースで、能力の違いを見せつけた。残り300mで追うのをやめて、馬なりでもグングン差が開き、最後は9馬身差である。追ったらどこまで離すのかという競馬だった。相手が弱いというよりも、本馬の能力が高いことでの圧勝で、次はどのようなレースをするのか楽しみである。500万ならば勝ち負けだろうし、重賞でも好勝負可能だろう。516sという大きな牝馬で、まだまだ良くなりそうな馬体だった。芝1800mの新馬戦を大物感たっぷりの内容で楽勝したので、出来れば桜花賞よりもオークスを目指していただきたい。1月デビューの遅れてきた大物かもしれない。レベルの高い牝馬戦線にどこまで割って入れるか楽しみだが、3歳牝馬に大物が見当たらない父ディープインパクトとしても、この馬にかかる期待は大きいだろう。
母はフランス産の輸入繁殖牝馬で、不出走馬である。種牡馬バゴの従兄妹という血統だ。母(本馬の祖母)Gliaは、ミセズリヴィアS米GU2着・ミエスク賞仏GV2着など重賞で好走した。姪(本馬の従姉弟)EmollientはスピンスターS米GT・アシュランドS米GT・ロデオドライヴS米GT・アメリカンオークス米GTを勝ち、ゲイムリーS米GT2着・デムワゼルS米GU2着・ダブルドッグデアS米GV3着の実力馬だ。繁殖に上がり本馬が日本での第2仔だが、初仔ナムラシングン(牡4歳・期待度65)は現役で3勝と活躍中で、皐月賞(7着)にも出走した。
期待度65
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

natsuryoのダービーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる