アクセスカウンタ

natsuryoのダービーへの道

プロフィール

ブログ名
natsuryoのダービーへの道
ブログ紹介
勢いで始めてしまったブログです。「自分の性格上、続かないだろうな」と半信半疑で書き始めたのですが、11年目に突入しました。
2歳戦(3歳戦)の解説を毎週行い、2018年のダービー馬・オークス馬を探したいと思います。
これからもよろしくお願いします。
尚、「期待度」とは、「ダービー・オークスへの期待度」です。最高値は100ではありません。
zoom RSS

2017年11月18日(土)2歳戦

2017/11/18 22:22
●5東5 3R 2歳未勝利 芝2000 良
エイムアンドエンド (牡・美浦・二ノ宮敬宇)
父エイシンフラッシュ 母ロフティーエイム(サンデーサイレンス)
2:01:3(上3F35:0)
単勝6.1倍の3番人気からの勝利。道中内3番手から4コーナーも内3番手。直線逃げ馬を追いかけるがなかなか追いつかず、ゴール前で追いつき、頭差での勝利だった。
【先頭の通過】48:6-61:2
【レースの上り】11:8-11:7-11:8
内々をやや掛かり気味に進み、直線逃げ馬より外に出して追い上げる。しかし、ニシノマメフクが粘り2頭が馬群から抜ける形となる。残り50m過ぎで並んだが、ニシノマメフクも粘り最後は頭差だった。ただ、2〜3着は3馬身離れたので2頭が抜けていたのだろう。スパッと抜くことはできなかったが、相手は2着2回3着1回の1番人気馬で、これに競り勝ったのだから価値があるだろう。2:01:3-35:0の時計も優秀で、ラスト1Fも落ちていない。道中掛からなければもっと離していただろう。ただ、これが2戦目であり、500万で上位争いするにはもう少しインパクトのある勝ち方が必要だったと思う。
父エイシンフラッシュ(2007年産・期待度80)は新種牡馬である。厳しいと思っていた2歳戦も順調に勝ち馬を出し、これで12勝目(11頭)だ。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 東京芝2000m3着(オブセッション  0:8)
【母】ロフティーエイム
26戦3勝。福島牝馬SGVを勝ち、函館記念GV2着。
母(本馬の祖母)ウィッチフルシンキング(Witchful Thinking)はパカラップS米GU・ジャストアゲイムH米GV・イーゴンマイルS米GV・ニジャナS米GVを勝ち、ボールストンスパH米GV2着。妹(本馬の叔母)メーデイア は JBCレディスクラシック金沢GT・レディスプレリュード大井GU・TCK女王盃大井GV2勝・マリーンC船橋GV・スパーキングレディーC川崎GVを勝った。甥(本馬の従兄弟)サングレーザー(牡3歳・現役・期待度55)はスワンSGUを勝ち、デイリー杯2歳SGU3着。
第4仔は1勝。第7仔が本馬。
期待度50

●5東5 6R 2歳新馬・牝 芝1600 良
レッドベルローズ (牝・美浦・鹿戸雄一)
父ディープインパクト 母レッドファンタジア(Unbridled's Song)
1:36:3(上3F33:5)
単勝5.2倍の3番人気からの勝利。道中10番手から4コーナーは外8番手。直線外から伸びて、残り200mからは2着馬との争いとなり、ハナ差競り勝っての勝利だった。
【先頭の通過】36:8-49:5
【レースの上り】11:8-11:2-11:1
やや出遅れて後方10番手からの競馬。3コーナーから差を詰めて、4コーナーは外8番手。直線も外を伸びて、残り200mでは先頭に立つ勢いだったが、内目からエルディアマンテも伸びて、2頭の争いとなり後続を引き離す。エルディアマンテとは内外とやや離れているが、やや優勢で競り合い、ハナ差で勝った。残り100mから3着以下にグングンと差をつけて、2〜3着は6馬身離れた。勝ち時計は1:36:3と平凡だが、上りは33:5であり、スローペースの競馬をよく差してきたと思う。特に、上り3Fは11:8-11:2-11:1と加速し、ラスト1Fは11;1と速い。着差はハナ差でも、優秀な内容だと思う。500万でも上位争い可能だろう。
【母】レッドファンタジア
アメリカ産の外国産馬。日本で走り9戦0勝。
母(本馬の祖母)Cat ChatはナッソーカウンティS米GUを勝った。姉(本馬の伯母)インランジェリー(In Lingerie)はスピンスターS米GT・ブラックアイドスーザンS米GU・ブルボネットオークス米GVを勝ち、アラバマS米GT2着・CCAオークス米HGT3着。
本馬が初仔。
期待度60

●5東5 11R 東京スポーツ杯2歳S(GV) 芝1800 良
ワグネリアン (牡・栗東・友道康夫)
父ディープインパクト 母ミスアンコール(キングカメハメハ)
1:46:6(上3F34:6)
単勝1.4倍の1番人気に応えた。道中5番手から4コーナーも外5番手。直線残り300mあたりで先頭に立ち、後続を引き離して3馬身差での圧勝だった。
【先頭の通過】46:5-58:5
【レースの上り】12:0-11:8-12:0
スタート後抑えて後方へ。ハイペースとなり出走7頭が縦長となる。その中で後方5番手につけて、4コーナー手前から差を詰める。直線は外から伸びて、残り300mで先頭に立つと、後続を引き離した。ゴール前で手綱を抑えたためやや差が詰まったものの、3馬身差での勝利だった。前が46:5-58:5というハイペースで飛ばしたため展開に恵まれた面もあるが、1:46:6-34:6は優秀で、同レースでは2013年イスラボニータの1:45:9、2012年コディーノの1:46:0につぐ3番目の時計である。直線外から伸びてくる脚は、一頭だけ違った脚色で、重賞も圧勝で通過した。これで3戦3勝。次は新設GTに行くのか。それとも休養か。来年の牡馬クラシックに向けての争いは、本馬が一歩も二歩もリードしたと言っても過言ではないだろう。
【戦歴】3戦3勝
@新馬 中京芝2000m1着(ヘンリーバローズ  ハナ)
A野路菊S 阪神芝1800m1着(ディロス 2馬身1/2)
期待度90(up)

●5京5 5R 2歳新馬 芝1800 重
サトノワルキューレ (牝・栗東・角居勝彦)
父ディープインパクト 母ヒアトゥウィン(Roi Normand)
1:52:1(上3F35:3)
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中4番手から4コーナーは3番手。直線残り300m過ぎで先頭に立ち後続を離すが、最後に2着馬に迫られて、頭差での辛勝だった。
【先頭の通過】50:1-63:8
【レースの上り】12:0-11:6-11:9
好スタートから4番手につけて、4コーナー3番手から直線は1・2番手の間を突いて伸びた。先頭に立ってからは後続を引き離し、一旦は2馬身近く離すが、最後にメイショウゴウリキに詰められた。抜かれる勢いだったが何とか頭差凌いでゴール。あと10〜20mあれば抜かれていただろう。今日の京都競馬場は午前中に雨が降り、芝コースは重馬場。しかだって、勝ち時計1:52:1はまずまずだろう。最後に詰められたのは残念だが、2〜3着は3馬身離れたので、2着馬が強かったのだと思う。それでも負けに等しい内容で、今後どこまで良くなれるかが鍵である。良化次第で500万では上位争い可能だろう。
【母】ヒアトゥウィン
ブラジル産の輸入繁殖牝馬。アメリカ・南アフリカ・UAEで走り、米4戦1勝・SAF9戦4勝・UAE4戦0勝。通算17戦5勝。ガーデンプロヴィンスSSAFGT・サウスアフリカンフィリーズクラシックSAFGT・ガルフストリームザヴェリワンS米GVを勝ち、ゴールドサークルオークスSAFGU2着。
初仔サトノファイヤー(牡3歳)は現役で1勝。第2仔が本馬。
期待度55

●3福5 5R 2歳新馬 芝2000 良
ロサグラウカ (牝・美浦・尾関知人)
父ルーラーシップ 母ローザブランカ(クロフネ)
2:05:9(上3F35:3)
単勝1.4倍の1番人気に応えた。道中4〜5番手から4コーナーで差を詰めて直線入口で先頭。直線でジリジリと差をつけて、1馬身1/4差での完勝だった。
【先頭の通過】51:0-64:6
【レースの上り】12:5-11:6-11:4
道中は4〜5番手にいたが、3コーナー過ぎから差を詰めて、4コーナーで先頭に並んだ。直線で差を開き、ラスト20mほどは流してゴール。余裕の勝利だった。スローペースながら上り3Fが12:5-11:6-11:4と加速したのは素晴らしく、最後に流したラストも11:4と速い。勝ちっぷりもとても良かったのだが、ローカルの新馬戦でレベルは一段下がるだろう。勝ち時計は平凡で、中央での500万特別で上位争いするには、数戦必要なレベルだと思う。
【母】ローザブランカ
18戦3勝。芝1800m3勝。重賞未出走。
母(本馬の祖母)ローズバドはフィリーズレビューGU・マーメイドSGVを勝ち、オークスGT2着・秋華賞GT2着・エリザベス女王杯GT2着・ローズSGU2着・府中牝馬SGV2着・フローラSGU3着・阪神牝馬SGU3着・京都金杯GV3着。弟(本馬の伯父) ローズキングダム(牡2007年産・期待度95)は種牡馬。
初仔バンゴール(牝5歳)は現役で5勝。第2仔トレジャートローヴ(牡4歳)は現役で3勝。第3仔フォースライン(牡3歳)は現役で1勝。第4仔が本馬。
期待度50
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年11月12日(日)2歳戦

2017/11/12 20:32
●5東4 4R 2歳未勝利 芝1800 良
ローザフェリーチェ (牝・美浦・木村哲也)
父エンパイアメーカー 母ローズバド(サンデーサイレンス)
1:51:9(上3F33:5)
単勝4.4倍の3番人気からの勝利。道中6番手から4コーナーも6番手。直線外から伸びて残り300mあたりで先頭に立ち、1馬身1/4差での勝利だった。
【先頭の通過】51:2-64:6
【レースの上り】12:0-10:9-11:2
やや出遅れて、後方から押して押して追い上げた。道中は6番手につけて、4コーナーも6番手。直線は一番外から伸びて、残り300mで先頭。後続に差をつけていき、最後は追いかけてきたパイオニアバイオに1馬身1/4差でゴールした。スローペースの競馬になったが後方から行って、直線早目に先頭に立ったのは立派だろう。勝ち時計は平凡でも、上り33:5は優秀で、ラスト1Fも11:2で走っている。ただ、2戦目で良化しての勝利だろうがインパクトには欠けるので、2勝目までは時間がかかるレベルだと思う。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 東京芝1600m4着(デルタバローズ  0:9)
【母】ローズバド
26戦3勝。フィリーズレビューGU・マーメイドSGVを勝ち、オークスGT2着・秋華賞GT2着・エリザベス女王杯GT2着・ローズSGU2着・府中牝馬SGV2着の他、GU3着2回・GV3着1回。
母(本馬の祖母)ロゼカラーはデイリー杯3歳SGUを勝ち、シンザン記念GV2着・秋華賞GT3着。弟(本馬の叔父)ローゼンクロイツは金鯱賞GU・毎日杯GV・中京記念GVを勝ち、金鯱賞GU2着・ラジオたんぱ杯2歳SGV2着・中京記念GV2着・菊花賞GT3着・神戸新聞杯GU3着。弟(本馬の叔父)ローズプレステージは京都新聞杯GU2着。
初仔は3勝。第2仔は2勝。第3仔ローズキングダム(牡2007年産・期待度95)は6勝。ジャパンCGT・朝日フューチュリティSGT・神戸新聞杯GU・京都大賞典GU・東京スポーツ杯2歳SGVを勝ち、ダービーGT2着・菊花賞GT2着・スプリングSGU3着・日経新春杯GU3着・日経賞GU3着。種牡馬として活躍中。第4仔ローゼンケーニッヒ(牡2009年産・期待度65)は4勝。第7仔ロゼリーナ(牝4歳)は現役で2勝。第8仔が本馬。
期待度50

●5京4 4R 2歳新馬・牝 芝1600 良
フィニフティ (牝・栗東・藤原英昭)
父ディープインパクト 母ココシュニック(クロフネ)
1:36:7(上3F35:1)
単勝2.0倍の1番人気に応えた。道中3〜4番手から4コーナーは3番手。直線残り300m過ぎで先頭に立ち、後続を離して1馬身3/4差での快勝だった。
【先頭の通過】36:5-48:9
【レースの上り】12:2-11:5-11:6
道中は内4番手を進み、3コーナーで僅かの差ながら3番手に上がる。4コーナーで外に出し、絶好の手応えで先頭に迫る。直線に入っても楽な手応えで先頭に立ち、後続を離す。キューピッドアローが追いかけてきたので思うようには離せなかたが、2馬身弱の差での完勝だった。他馬とは力の差を感じる勝ち方で完勝したが、1:36:7-35:1が平凡で残念である。それでもラストは11:5-11:6でまとめたので、能力は示しただろう。ステファノス(牡6歳・期待度60)の全妹であり、兄のように堅実な活躍をしそうである。連勝とはいかないまでも、500万でも上位争いは出来るだろう。仮に連勝するならば、クラシックへの視界も良好となりそうだ。
【母】ココシュニック
22戦3勝。ダート1700m2勝・ダート1800m1勝。重賞未出走。
母(本馬の祖母)ゴールドティアラはマイルチャンピオンシップ南部杯盛岡GT・ユニコーンSGV・シリウスSGV・プロキオンSGV・かきつばた記念名古屋GVを勝ち、フェブラリーSGT2着・クイーンCGV3着・平安SGV3着・かしわ記念船橋GV3着。
初仔ステファノス(牡6歳・期待度60)は現役で4勝。富士SGVを勝ち、天皇賞秋GT2着・大阪杯GT2着・クイーンエリザベス2世C香港GT2着・オールカマーGU2着・鳴尾記念GV2着・天皇賞秋GT3着・香港C香港GT3着・中山記念GU3着・毎日杯GV3着。第2仔ココスタイル(牡5歳)は現役で1勝。第3仔ココファンタジア(牝4歳)は現役で2勝。第5仔が本馬。
期待度60

●5京4 5R 2歳新馬 芝1800 良
ダノンフォーチュン (牡・栗東・大久保龍志)
父ディープインパクト 母ペニーズフォーチュン(Storm Cat)
1:50:7(上3F34:9)
単勝2.0倍の1番人気に応えた。道中8番手から4コーナーは6番手。直線外から追い上げて残り200m手前で先頭に立ち、後続を引き離して3馬身1/2差での圧勝だった。
【先頭の通過】49:4-62:6
【レースの上り】12:3-11:5-11:5
出遅れて後方からの競馬となったが、内ですぐに流れに乗り8番手につけた。その後外に出して、4コーナーは一番外をまわり、直線も外から伸びた。残り200m手前で先頭に立つと、後続を離し、残り100mからは加速するように突き放した。そして、ラスト50mは手綱を緩めて流してのゴール。3馬身半差での圧勝だった。出遅れたり、直線では口向きが悪かったり、若い面を多々見せていたが、走りは圧巻で能力は高いだろう。出遅れた後、後方から追い上げているときも、無理のないフォームで一流馬の走りをしていた。直線は11:5-11:5でまとめたが、ラストは流しての時計である。506sという恵まれた馬体で、一度叩かれた上積みも大きいだろう。500万でも勝ち負けになると思う。
【母】ペニーズフォーチュン
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り14戦4勝。
母(本馬の祖母)Lovlier LindaはサンタマルガリータH米GT・サンタモニカH米GV・ナショナルスプリントCh米GV・エルエンシノS米GV・ラブレアS米GVを勝ち、ミレイディH米GU2着・ラスフローレスH米GV2着・ラカニャーダS米GT3着・サンタマリアH米GU3着・チューラヴィスタH米GV3着。兄(本馬の伯父)Pro for SureはアスコットH米GV3着。兄(本馬の伯父)Old Triesteは種牡馬。兄(本馬の伯父)Perigee MoonはキラヴランS愛GVを勝った。姉(本馬の伯母)StormicaはデザートストーマーH米GV3着。
アメリカ産の初仔は米3勝・加5勝。第3仔は加2勝。日本での第2仔ダノンブライト(牡5歳)は現役で2勝。第3仔が本馬。
期待度65

●5京4 9R 黄菊賞(500万下) 芝2000 良
ジュンヴァルロ (牡・栗東・友道康夫)
父New Approach 母ウェイクミーアップ(Rock of Gibraltar)
2:01:8(上3F35:3)
単勝9.4倍の4番人気からの勝利。1コーナーで先頭に立ち、道中は1馬身半〜2馬身差での逃げ。4コーナーは半馬身差から直線は1馬身差で粘り、3/4馬身差での逃げ切り勝ちだった。
【先頭の通過】48:5-61:1
【レースの上り】11:6-11:4-12:0
スタート直後から口を割りながら前に行き、1コーナーで内の各馬を抑えて先頭に立つ。その後も元気良く先頭を走るが、4コーナーで詰められた。直線に入ると1馬身強の差とするが、最後に若干詰められて、3/4馬身差でゴールした。前半で大分体力を使っているように見えたが、最後までバテずに逃げ切ることができた。時計の出ていない今日の馬場で2:01:8-35:3ならば十分で、逃げ切りながらラスト1F12:0も良いだろう。新馬・特別と2連勝で次は重賞だろうが、この時期なので、ホープフルSGTに向かうかもしれない。GT昇格初のレースで、逃げまくる姿が見られるだろうか。ただ、重賞では簡単には逃げ切れないだろう。
父New Approachは、Galileo産駒。英ダービー馬である。高松宮記念GTを勝ったシンコウフォレストの半弟だ。産駒は、日本では現在まで本馬を含めて7頭登録されて、ベストアプローチ(牡3歳・期待度55)が現役で1勝。青葉賞GU2着からダービー(9着)にも出走した。また、アプローチング(牡2010年産)が1勝している。
【戦歴】2戦2勝
@新馬 京都芝2000m1着(ドミナートゥス  1馬身3/4)
期待度65(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年11月11日(土)2歳戦

2017/11/11 22:18
●5東3 5R 2歳新馬 芝2000 良
クレディブル (牡・美浦・萩原清)
父スズカマンボ 母ホワイトクルーザー(クロフネ)
2:03:0(上3F34:0)
単勝31.3倍の8番人気からの勝利。道中8〜9番手から4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り50mあたりで先頭。1/2馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】50:5-63:0
【レースの上り】11:6-11:4-11:8
やや出遅れて、2コーナーは9番手。4F手前で8番手に上がり、4コーナーは7番手。直線は一番外からジリジリと伸びて、残り200m手前で2番手に上がり先頭のニシノミストレスを追いかける。ニシノミストレスも伸びるが、これを残り50mあたりでかわし半馬身差での差し切り勝ちだった。直線では口向きが悪く、戸崎圭太騎手は外へと向いてしまうのを矯正しながら追ったが、スピードは落ちずにしっかりと伸びた。2:03:0-34:0は、新馬戦としてはまずまずだろう。ただ、インパクトに欠ける内容でもあり、500万を勝つには数戦必要だと思う。
【母】ホワイトクルーザー
18戦2勝。ダート1000m2勝。重賞未出走。
母(本馬の祖母)ホワイトカーニバルは フェアリーSGVを勝ち、エーデルワイス賞門別GV2着・クイーンCGV3着。妹(本馬の叔母)サンビスタはチャンピオンズCGT・JBCレディスクラシック盛岡GT・レディスプレリュード大井GU・ブリーダーズゴールドC門別GV・TCK女王盃大井GV・マリーンC船橋GVを勝ち、JBCレディスクラシック大井GT2着・レディスプレリュード大井GU2着・ブリーダーズゴールドC門別GV2着・エンプレス杯川崎GU3着・スパーキングレディーC川崎GV3着。
初仔は地方5勝。第2仔スズカホワイト(牡3歳)は1勝。第3仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、当歳時のセレクトセールにて1620万円で取引された。
期待度50

●5京3 4R 2歳未勝利 芝1800 稍重
アイトーン (牡・栗東・五十嵐忠男)
父キングズベスト 母スペシャルディナー(スペシャルウィーク)
1:49:9(上3F35:1)
単勝27.2倍の5番人気からの勝利。好スタートから道中は1馬身〜1馬身半差での逃げ。4コーナー1馬身差から直線は2馬身近く差をつけて、最後は1馬身1/2差での逃げ切り勝ちだった。
【先頭の通過】48:7-61:9
【レースの上り】11:9-11:5-11:7
スタート後、しばらくロイヤルバローズとどちらが行くかの探り合いをしていたが、2F過ぎで先頭に立った。徐々に差を広げて、3コーナーでは1馬身半差とした。直線で2馬身近い差とし、この差を保って最後は1馬身半差で逃げ切った。無理することなく先手を奪い、直線も最後までしっかりと走った。勝ち時計は稍重で1:49:9-35:1。.直線は11:5-11:7ならばまずまずだろう。あおり気味のスタートから最後方を進んだデビュー戦とは打って変わり、今回は逃げた。5番人気馬の逃げということで、楽に逃げることができたようだ。デビュー戦は7着ながら、メンバー中最速の上り33:6で走っていて、能力は見せていたので、今回はこの程度走ってもおかしくはなかっただろう。ただ、500万で勝ち負けするには、まだ数戦必要だと思う。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 京都芝1800m7着(タングルウッド  1:1)
【母】スペシャルディナー
2005年産期待度45。4戦1勝。1月の中山新馬戦芝1800mを快勝後、きんせんか賞4着・フラワーCGV14着・フローラSGU15着と4戦して引退した。
第2仔タガノブルグ(牡6歳)は現役で3勝。NHKマイルCGT2着。第3仔は1勝。第4仔は地方3勝。第5仔タガノフレイア(牝3歳)は現役で1勝。第6仔が本馬。
期待度50

●5京3 11R デイリー杯2歳S(GU) 芝1600 良
ジャンダルム (牡・栗東・池江泰寿)
父Kitten's Joy 母ビリーヴ(サンデーサイレンス)
1:36:3(上3F34:4)
単勝7.3倍の5番人気からの勝利。道中5番手から4コーナーも5番手。直線残り150m手前で先頭に立ち、1馬身1/4差での快勝だった。
【先頭の通過】35:7-48:7
【レースの上り】12:4-11:6-11:3
気持ち出遅れた。出走9頭中1頭が競走を中止し、5番手でも後方となる。内でじっと我慢して、直線も内から伸びた。残り400m過ぎで外に出すか内から出るかウロウロしたが、内から2頭目の位置を突いて伸び、残り150m手前で先頭に立って1馬身1/4差離した。僅かだが差を開きながらのゴールであり、上り3Fが12:4-11:6-11:3と加速する中を差し切ったので価値があるだろう。今日の京都競馬は朝方の雨で稍重で開始。このレースの1時間前に良馬場に回復している。それにより、勝ち時計は1:36:3-34:4と平凡なのは残念である。また、内回り外回りの違いや、ペースの差はあるが、3Rの未勝利戦(稍重)の勝ち時計が1:34:5であり、1:8も遅い。ただ、時計については、直線に入るまでペースが上がらなかったことが原因であり、ラスト1F11:3と最後までしっかりと走っているので気にすることはないだろう。アメリカで繁殖牝馬になったビリーヴの第7仔で、産駒重賞初制覇である。朝日杯フューチュリティSの有力馬としてGTに臨むことになるだろう。
【戦歴】2戦2勝
@新馬 阪神芝1600m1着(ロードラナキラ  1馬身1/4)
期待度70(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年11月5日(日)2歳戦

2017/11/05 19:38
●5東2 3R 2歳未勝利・牝 芝1600 良
ライレローズ (牝・美浦・古賀慎明)
父ディープブリランテ 母ヴィアンローズ(Sevres Rose)
1:34:9(上3F35:5)
単勝1.5倍の1番人気に応えた。道中2番手から4コーナーも2番手。直線残り350mあたりで逃げ馬をかわして先頭に立ち、1馬身1/2差での快勝だった。
【先頭の通過】35:3-47:2
【レースの上り】11:8-11:6-12:2
好スタートから2番手を進み、直線に入ると手応え良く先頭に迫り、しばらくは馬体を併せるが、残り350mあたりで前に出る。その後は他馬を寄せ付けず、2着争いを制したレネットに1馬身半差で勝った。ラスト1Fは12:2と落ちてしまったが、ハイペースの競馬で2番手を進んだので、最後までしっかりと走れているだろう。勝ち時計も1分35秒を切ったので十分だと思う。前走は重馬場の中、瞬発力勝負の競馬となり、クビ差の2着と敗れた。その鬱憤を晴らす形の完勝で、500万でも上位争いは可能だろう。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 東京芝1600m2着(オハナ  0:8)
【母】ヴィアンローズ
フランス産の輸入繁殖牝馬。フランスで走り10戦4勝。ノネット賞仏GVを勝ち、プシシェ賞仏GV2着。
日本での初仔は地方2勝。第3仔は4勝。第4仔ローズミラクル(牡7歳)はJRA3勝・地方1勝であり、JRA所属の現役。第6仔グレイトフルデッド(牝2012年産・期待度40)は1勝。第7仔アジュールローズ(牡4歳・期待度80)は現役で3勝。プリンシパルSを勝ち、ダービー(12着)に出走した。第9仔が本馬。
期待度55

●5東2 6R 2歳新馬 芝1800 良
シナモンフレイバー (牡・美浦・久保田貴士)
父ディープブリランテ 母サンフラワーガール(タイキシャトル)
1:52:0(上3F33:9)
単勝6.4倍の2番人気からの勝利。好スタートから先頭に立ち道中は1馬身差での逃げ。4コーナー半馬身差から直線で引き離し、一旦は3馬身以上離したが最後は2馬身差での逃げ切り勝ちだった。
【先頭の通過】52:7-65:5
【レースの上り】11:5-11:2-11:2
好スタートからそのまま逃げた。道中はスローペースに落とし、直線に向いても手応えは十分だった。残り200mでは後続に3〜4馬身差をつけて、最後に差を詰められたものの、ドゥマンに2馬身差をつけて勝った。詰められたラストは11:2で走っていて、おそらく2着馬は10秒台だっただろう。逃げ馬がこの時計で走ったら後続はどうしようもない。他馬からすれば楽に逃がしすぎたと思う。500万でもすんなりと行ければよいが、今回のようにはいかないだろう。そうなると、2勝目までは数戦かかると思う。
【母】サンフラワーガール
未登録馬。
兄(本馬の伯父)アタラクシアは日本ダービーGT3着。兄(本馬の伯父) トリッキーアイズは札幌2歳SGV3着。姪(本馬の従姉弟)ウインクルサルーテ(牝4歳・現役・期待度45)はフラワーCGV3着。
初仔は4勝。第2仔ダンツキッスイ(牡2005年産・期待度75)は3勝。アーリントンCGVを勝ち、サマーチャンピオン佐賀GV2着。第3仔はJRA3勝・地方2勝。第5仔アートフェスタ(牡6歳)は現役で3勝。第6仔ジェルミナーレ(牝4歳)は現役で1勝。第8仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、1歳時のセレクトセールにて1836万円で取引された。
期待度50

●5東2 9R 百日草特別(500万下) 芝2000 良
ゴーフォザサミット (牡・美浦・藤沢和雄)
父ハーツクライ 母ラグジャリー(Storm Cat)
2:00:9(上3F33:6)
単勝10.9倍の4番人気からの勝利。道中3番手から4コーナーも3番手。直線ジリジリと伸びて、逃げ粘る3着馬を残り50mあたりでとらえて、内から伸びた2着馬に1/2馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】49:2-61:6
【レースの上り】11:4-11:1-11:6
道中は3番手で折り合い、直線残り400m過ぎで2番手に上がった。2馬身差で快調に逃げるディロスを追いかけて、ジリジリと差を詰める。残り50mで追いついてかわすが、内ラチ沿いを同じような脚で伸びたナスノシンフォニーが2番手に上がり、これに半馬身差でゴールした。道中はしっかりと脚をため、直線でキッチリ差し切る危なげのない勝利。勝ち時計2:00:9-33:6は優秀で、上り3Fもメンバー中最速タイである。これならば重賞でも上位争いできそうだ。
【戦歴】3戦2勝
@新馬 札幌芝1800m5着(ルーカス 1:0)
A未勝利 中山芝1800m1着(アイスフィヨルド 2馬身1/2)
期待度70(up)

●5京2 5R 2歳新馬 芝2000 良
スラッシュメタル (牡・栗東・西村真幸)
父ワークフォース 母ゼマティス(Zenno Rob Roy)
2:03:9(上3F34:2)
単勝21.5倍の6番人気からの勝利。道中5〜6番手から4コーナーは外4番手。直線残り250mあたりで先頭に立ち、1馬身3/4差での快勝だった。
【先頭の通過】50:4-63:9
【レースの上り】11:9-11:3-11:3
1コーナーは7番手だが向正面で6番手。3コーナーは5番手で4コーナーは4番手と、徐々に順位を上げていった。直線残り250mあたりで先頭に立ち、残り100mで2馬身程度引き離した。この差を最後まで保ち、1馬身3/4差での勝利。完勝だった。勝ち時計2:03:9-34:2は平凡で残念だが、直線は11:3-11:3と、11秒代前半でしっかりと走っている。ただ、500万を好走するには直線で加速するなど、もうワンパンチ足りない気がする。2勝目までは数戦必要だろう。
【母】ゼマティス
ニュージーランド産のゼンノロブロイ産駒。日本で走り6戦0勝。
兄(本馬の伯父)ロジユニヴァースは種牡馬である。
初仔は地方4勝。第3仔が本馬。
期待度50
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年11月4日(土)2歳戦

2017/11/05 14:22
ルヴァンカップ決勝『C大阪−川崎』を見に行った。
画像

私は川崎フロンターレのファンである(2011年5月29日の記事参照2016年4月30日の記事参照)。ただ、ユニフォームは買わない。グッズも買わない。スタジアムにはたまにしか行かない。クラブにお金を落としていないため、『サポーター』ではない。でも、ほぼ全試合TVで応援している大のファンである。
サッカーには、リーグ戦・天皇杯・Jリーグカップ(ルヴァンカップ)と、3つのタイトルがある。
川崎フロンターレは今まで、どのタイトルも獲ったことがない。『無冠」である。
そして本日、初タイトルの大チャンスなのだ。
ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)時代に準優勝3回・J1リーグ2位3回・天皇杯2位1回。シルバーコレクターと呼ばれているが、これも今日で最後だと信じて、埼玉スタジアムへ応援に行った。
中村憲剛選手がカップを掲げる姿と、いつも大きな声で応援しているサポーターの皆さんの歓喜を見届けたいと思い埼玉まで行ったのだ。
ところが0-2で負けてしまった。またも2位である。
スタジアムを去るときのこの気持ち。最近何度も味わっている気がした。そう、出資馬を応援に行き、惨敗したときと同じだ。


●5東1 3R 2歳未勝利 芝2000 良
コズミックフォース (牡・美浦・国枝栄)
父キングカメハメハ 母ミクロコスモス(ネオユニヴァース)
2:02:6(上3F34:3)
単勝1.7倍の1番人気に応えた。道中5番手から4コーナーは4番手。直線内ラチ沿いを伸びて残り100m過ぎで先頭に立ち、1馬身1/4差での勝利だった。
【先頭の通過】49:9-62:9
【レースの上り】11:5-11:3-11:8
向正面は5番手を進み、残り4F手前で4番手に上がった。直線はしばらく馬群の中にいたが、徐々に押し込まれるように内へと進路を変える。残り200mあたりから内ラチ沿いをスルスルと伸びて、残り90mあたりで先頭。1馬身以上離しての完勝だった。勝ち時計2:02:6-34:3はまずまずだろう。ただ、ラスト11:8は、このペースではやや足りない気もする。500万を勝つには時間がかかるレベルだろう。
馬名は『宇宙の力』という意味であり、コズミのひどい馬という訳ではない。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 東京芝2000m3着(ブラゾンダムール  0:8)
【母】ミクロコスモス
2006年産期待度85。年末推奨馬。21戦4勝。10月の東京の新馬戦芝1600mを快勝後、阪神ジュベナイルフィリーズGT3着。阪神の500万下芝1600mを勝ったが、クイーンC4着・フィリーズレビュー4着・フローラS14着で、クラシックの出走はできなかった。その後は芝1800m・芝1600mを勝ち、重賞はローズS(4着)・秋華賞(5着)・エリザベス女王杯(14着)・ヴィクトリアマイル(6着)・愛知杯(8着)に出走した。
母(本馬の祖母)ユーアンミー(Uanme)はフォワードギャルS米GV・ダヴォナデイルS米GU2着・ノーブルダムゼルH米GV2着・ローカストグローヴH米GV3着・カーディナルH米GV3着。
初仔アンティノウス(牡3歳)は現役で2勝。第2仔が本馬。
期待度45

●5東1 6R 2歳新馬 芝1600 良
ジーナスイート (牝・栗東・矢作芳人)
父ステイゴールド 母ディアジーナ(メジロマックイーン)
1:37:5(上3F34:6)
単勝3.5倍の2番人気からの勝利。道中は半馬身差での逃げ。4コーナーも半馬身差の先頭で、直線内から外から迫ってくるが、最後は1/2馬身差での逃げ切り勝ちだった。
【先頭の通過】37:4-50:1
【レースの上り】12:1-11:2-11:3
好スタートから1Fあたりで先頭に立つ。スローペースに落として逃げて、直線は後続に飲み込まれるかに思ったが、最後まで良く粘り、内ラチ沿いを伸びたクスリバコに半馬身差での勝利だった。勝ち時計は1:37:5と平凡だが、スローペースの分上りが速く、ラスト2Fは11:2-11:3で走った。1番人気馬をこのようなペースで逃がす他馬の騎手はどうかしていると思ったが、逃げてもしっかりと最後まで走ったことは評価するべきだろう。ただ、500万で同じようなレースは出来ないだろうから、2勝目までは時間がかかると思う。
【母】ディアジーナ
2006年産期待度95。12戦4勝。3戦目の札幌未勝利芝1500m戦を勝ち、コスモス賞・赤松賞・ひいらぎ賞と負けた後、菜の花賞クイーンCGVを連勝した。フラワーCGV2着後、フローラSGUを勝ち、オークスGTに出走して5着と好走した。その後、レパードS重賞(14着)に出走し、次走に向けて調整中に故障で休養。そのまま繁殖入りした。
初仔は地方4勝。第4仔が本馬。
期待度45

●5東1 11R 京王杯2歳S(GU) 芝1400 良
タワーオブロンドン (牡・美浦・藤沢和雄)
父Raven's Pass 母スノーパイン(Dalakhani)
1:21:9(上3F33:2)
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中5〜7番手から4コーナーは5番手。直線外から伸びて、残り200m手前で先頭に立ち、2馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】36:0-48:1
【レースの上り】11:2-11:1-11:5
最内1番枠から好スタートで、抑えて5〜7番手を進む。4コーナーでやや外に出し5番手でまわり、直線は外から追い上げた。残り120mあたりで加速するように伸びて前をかわし、差を開きながらの2馬身差での快勝だった。重賞で、このような強い勝ち方はなかなかできないだろう。それだけに、今後はマイル路線での活躍が大いに期待できそうで、朝日杯ジュベナイルフィリーズに出てくるようなら有力馬となるだろう。
父Raven's PassはMr. Prospector系Gone Westの孫である。BCクラシック米GT・クイーンエリザベス二世S英GTを勝っている。日本では本馬を含めて現在まで4頭の産駒が登録されているが、JRAで勝ったのは本馬のみである。
【戦歴】4戦3勝
@新馬 札幌芝1500m1着(キルロード 2馬身1/2)
Aクローバー賞 札幌芝1500m2着(ダブルシャープ 3/4)
BききょうS 阪神芝1400m1着(バーニングペスカ 3馬身1/2)
期待度65(up)

●3福2 9R きんもくせい特別(500万下) 芝1800 良
レーツェル (牝・美浦・伊藤大士)
父マンハッタンカフェ 母ミスティークU(Monsun)
1:51:8(上3F34:4)
単勝2.3倍の1番人気に応えた。道中5番手から向正面は3番手。4コーナー外3番手から逃げ馬を追いかけて、ゴール板で追いつきハナ差で勝利だった。
【先頭の通過】52:0-65:1
【レースの上り】11:7-11:1-11:7
好スタートから抑えて外に出し、1コーナーは5番手でまわるが、向正面で3番手に上がった。4コーナーは3番手だが、ここで気を抜いたのか北村宏司騎手の左ムチが3発入る。直線を向くと2番手に上がり、逃げたラスエモーショネスを追いかけて、最後で追いつき並んでゴール。写真判定の結果ハナ差差し切っていた。デビュー戦快勝後、3ヵ月ぶりのレースで多少ズブイ面も見せた。それでもキッチリと差し切るのだから力があるのだろう。1000m通過が65:1で、先行馬有利の展開。逃げ馬が34:5で上がる中、直線で何とか差し切った。着差はハナ差だが、2〜3着は3馬身離れたので、2着馬を褒めるべきだろう。休み明けの勝利で次走は上積みも見込まれるので、重賞でも上位に食い込むことは可能だと思う。ただ、ローカルの500万特別で、やや低レベルだったかもしれない。
【戦歴】2戦2勝
@新馬 福島芝1800m1着(サテラノサト 2馬身1/2)
期待度65(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年11月3日(金)2歳戦

2017/11/03 19:49
●5京1 7R 2歳新馬 芝1600 良
トゥラヴェスーラ (牡・栗東・高橋康之)
父ドリームジャーニー 母ジャジャマーチャン(アドマイヤコジーン)
1:35:4(上3F35:1)
単勝5.8倍の3番人気からの勝利。1F過ぎで先頭に立ち、そこから半馬身差での逃げ。4コーナー1馬身半差から直線後続を引き離し、3馬身差での逃げ切り勝ちだった。
【先頭の通過】36:3-48:3
【レースの上り】11:7-11:4-12:0
やや気合を入れて前に行き、一旦2番手に落ち着くかに見えたが、馬の行く気に任せて先頭に立った。その後は半馬身差で逃げたが、4コーナーから離し、直線は後続を引き離した。残り100mで3馬身差とし、その後も逃げ脚は衰えなかった。先週、先々週とも大荒れの天気だったため、やっとマトモな時計が出た感じがするが、デビュー戦で1:35:4-35:1はまずまずだろう。ラスト1Fが12:0と落ちているが、逃げ切りで単走になってのものなので問題はない。ラストは苦しかったのか、それとも若さを出したのか、尻尾を上げて走っていたのが気になった。3馬身差での圧勝だが、将来性としてはどうだろう。やや一本調子の馬のような気がして、抑える競馬ができるかどうかが鍵になりそうだ。
【母】ジャジャマーチャン
未出走。
姉(本馬の伯母)アストンマーチャンはスプリンターズSGT・フィリーズレビューGU・小倉2歳SGV・ファンタジーSGVを勝ち、阪神ジュベナイルフィリーズGT2着。甥(本馬の従兄弟)クライスマイルはレパードSGV2着。
本馬は第3仔。
期待度50

●5京1 11R ファンタジーS(GV・牝) 芝1400 良
ベルーガ (牝・栗東・中内田充正)
父キンシャサノキセキ 母アドマイヤライト(Kris S.)
1:22:9(上3F33:9)
単勝7.6倍の5番人気からの勝利。道中10番手から4コーナーも外10番手。直線外からグングンと伸びて、ゴール前で逃げ馬をとらえて1/2差での差し切り勝ちだった。
【先頭の通過】36:3-48:0
【レースの上り】11:4-11:7-11:8
スタート後抑えて後方10番手を進む。4コーナーも後方で、届かないだろうという位置だったが、外から差を詰めて残り200mで4番手に上がる。残り100mで2番手だが、逃げたコーディエライトの逃げ脚衰えず、なかなかとらえられなかったものの、ゴール前で差し切った。豪快な追い込みが決まったのだが、ラスト1F11:8の中を追い込んでいて、本馬はおそらく11:2前後で走ったと思う。本日5Rの芝1400m新馬戦牝の勝ち馬が1:23:4-35:0なので、新馬と0:5の差しかないのは残念だが、2着馬は新潟2歳SGV2着馬、3着馬が中京2歳Sの勝ち馬なので、レベルが低いということはないだろう。デビュー^戦を4馬身差で勝ち、重賞を鮮やかに差し切った実力を素直に評価してよいだろう。ただ、ダービー馬・オークス馬を探す本ブログに、キンシャサノキセキ産駒はいったいどうなんだろうという疑問だけだろう。
中内田充正厩舎2歳馬の快進撃が止まらない。フロンティア(牡2歳・期待度60)が新潟2歳SGVを勝ち、ダノンプレミアム(牡2歳・期待度75)がサウジアラビアロイヤルCGVを勝ち、そして本馬がファンタジーSGVを快勝。これで2歳重賞3勝(3頭)だ。
【戦歴】2戦2勝
@新馬 札幌芝1200m1着(トリプルキセキ  4馬身)
【母】アドマイヤライト
9戦3勝。芝1800m1勝・ダート1400m1勝・ダート1800m1勝。重賞未出走。
名牝ヒシアマゾンの姪という血統。妹(本馬の叔母)スリープレスナイトはスプリンターズSGT・CBC賞GV・北九州記念GVを勝ち、高松宮記念GT2着・セントウルSGU2着。
第2仔は3勝。第3仔は4勝。第5仔は1勝。第7仔アドミラルシップ(牡2011年産・期待度65・年末推奨馬)は1勝。第9仔グリントオブライト(牝4歳)は現役で2勝。第10仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、1歳時のセレクトセールにて4860万円で取引された。
期待度50
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年10月29日(日)2歳戦

2017/10/29 21:07
先週末に続き、今週末も台風(22号)の接近による雨。
東京競馬場・京都競馬場とも、芝コースは午前中に重馬場から不良馬場に変更された。馬場コンディションは時間と共に悪化する中で競馬が行われた。


●4東9 3R 2歳未勝利・牝 芝1600 不
ミカリーニョ (牝・美浦・木村哲也)
父ハーツクライ 母ミスエーニョ(Pulpit)
1:39:1(上3F36:1)
単勝2.0倍の1番人気に応えた。道中8番手から4コーナーは外目5番手。直線逃げ粘る2着馬をゴール前でとらえて、クビ差での差し切り勝ちだった。
【先頭の通過】36:9-49:8
【レースの上り】11:5-12:1-13:2
まずまずのスタートから中団につけて、直線は外目から伸びた。残り200mで2番手に上がったが、逃げたモルフェオルフェが4馬身程離していて、とても届きそうにない位置だった。残り100mで2馬身半差まで詰めて、その後もグングンと差を詰めて、ゴール前でとらえた。素晴らしい差し脚だったが、3着馬も同じような脚で伸びている。ラスト1Fが13:2と、逃げ馬がバテたので差し切れたとも言えるだろう。今回は不良馬場で、時計が速いのか遅いのかがわからない。ただ、勝ち方は良かったと思うので、500万でも上位争いは可能だろう。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 札幌芝1500m2着(ダノングレース  クビ)
【母】ミスエーニョ
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り4戦2勝。デビュターントS米GT・ソレントS米GVを勝った。
母(本馬の祖母)Madcap EscapadeはアシュランドS米GT・プリンセスルーニーH米GU・シャーリージョーンズH米GU・フォワードギャルS米GU・マディソンS米GVを勝ち、ケンタッキーオークス米GT3着。
日本での初仔ミスエルテ(牝3歳・期待度90)は現役で2勝。ファンタジーSGVを勝ち、桜花賞(11着)にも出走した。
期待度55

●4東9 5R 2歳新馬 芝1800 不
サトノソルタス (牡・美浦・堀宣行)
父ディープインパクト 母アイランドファッション(Petionville)
1:58:3(上3F36:4)
単勝1.5倍の1番人気に応えた。道中2番手から4コーナーは3番手。直線残り400mで先頭に立つが内から2着馬に抜かれて、これを追いかけてゴール前でとらえ頭差での勝利だった。
【先頭の通過】54:0-68:2
【レースの上り】12:2-11:9-12:5
好スタートでスタート直後は先頭だが、すぐに先手を譲った。4コーナーから直線入口で外からかぶされたが、これをこじ開けて伸びた。残り400mで先頭に立つが、5頭が横一線となっての争いとなり、残り300mあたりでは内の2頭に抜かれて僅差の3番手に下がった。残り200m過ぎでは1馬身近く離されたが、残り100m手前から逆に差を詰めて、ゴール前で差し切った。不良馬場の競馬で、一旦抜かれても差し返す根性を見せての勝利。これをデビュー戦からしてしまうのだから素晴らしいと思う。ラストが落ちたのは残念だが、この馬場ならば仕方がないだろう。良馬場でのスピードは未知数だが、これだけの根性があれば500万でも好勝負可能だと思う。
【母】アイランドファッション
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカ・UAE・日本で走り、米28戦6勝・UAE1戦0勝・日1戦0勝。通算30戦6勝。アラバマS米GT・サンタモニカH米GT・ラブレアS米GT・レイディズシークレットH米GU・デラウェアオークス米GVを勝ち、GT2着4回・GT3着1回・GU3着3回。2004年の安田記念(16着)に出走した。
妹(本馬の叔母)Fashion TrendはエルエンシノS米GU3着。
日本での初仔は3勝。第2仔アイズオンリー(牝2010年産・期待度45)は1勝。第3仔パシフィックギャル(牝2011年産・期待度50)は1勝。フラワーCGV2着・アルテミスS重賞2着。第6仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、当歳時のセレクトセールにて9504万円で取引された。
期待度55

●4京9 5R 2歳新馬 芝1600 不
レッドサクヤ (牝・栗東・藤原英昭)
父ディープインパクト 母サクラサクU(デインヒル)
1:39:7(上3F36:7)
単勝2.8倍の1番人気に応えた。道中4番手から4コーナーは2番手。直線残り150mあたりで先頭に立ち、一気に引き離して、2馬身1/2差での快勝だった。
【先頭の通過】37:2-50:0
【レースの上り】12:4-12:3-12:4
好スタートから4番手につけて、4コーナーでスパートした。逃げ馬が2馬身以上離して直線を向き、これを追いかけて残り150mで追いついた。外から良い脚でナイスドゥが伸びて来ていて残り150mでは抜かれる勢いだったが、ここからグンと伸びて引き離し、最後は2馬身半差だった。雨が振る中でのレースで、馬場も大分悪く、勝ち時計は何とか1分40秒を切ったが、これでもハイペースの競馬だった。その流れの中をある程度前で進めて、上り3Fのラップはほとんど落ちていない。特にラスト1Fでは、時計は違うものの加速するような走りをした。これは地力の証明で、良馬場での速い時計への対応は不明だが、能力が高いのは間違いないだろう。500万でも好勝負可能だと思う。
【母】サクラサクU
アメリカで走り1戦0勝。
初仔は2勝。第2仔は3勝。第3仔エイジアンウインズ(牝2004年産)は6勝。ヴィクトリアマイルGT・阪神牝馬SGUを勝った。第4仔キュートエンブレム(牝2005年産)は3勝。フローラSGU3着。第6仔は1勝。第7仔エバーブロッサム(牝2010年産)は1勝。オークスGT2着・フローラS(GU2着・フラワーCGV2着。第8仔サトノシャルマン(牝5歳)は現役で1勝。第9仔ボーダーオブライフ(牡3歳)は現役で3勝。第10仔が本馬。
期待度60

●3新6 5R 2歳新馬 芝1600 重
ノーブルアース (牝・栗東・牧浦充徳)
父ハーツクライ 母ピサノルビー(ブライアンズタイム)
1:36:8(上3F34:3)
単勝8.7倍の3番人気からの勝利。道中3〜5番手から4コーナーは3番手。直線残り350mあたりで先頭に立ち、残り200mからは後続をグングンと引き離し、5馬身差での圧勝だった。
【先頭の通過】36:5-49:4
【レースの上り】11:8-11:1-11:7
気持ち出遅れたがすぐに盛り返して上がって行き、5番手につけた。3コーナーの手前で3番手に上がり、4コーナーもそのまま3番手。直線残り350mで先頭に立ち、しばらく2着のホーカスポーカスと争うが、残り200mから突き放して、ゴールまで差を広げた。5馬身差での圧勝だったが、能力差はそれ以上ありそうな勝利だった。ローカル開催の新潟なので出走馬レベルは落ちるだろうが、ここまでの圧勝なので立派である。関西からの遠征だが、荒れた馬場で走らせるより、重馬場でも普通の時計の出る新潟で走ったのは正解だろう。500万でも上位争いできると思う。
【母】ピサノルビー
25戦3勝。ダート1700m1勝・ダート1800m2勝。重賞未出走。
初仔ノーブルスノー(牝4歳)は現役で2勝。第2仔が本馬。
期待度55
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年10月28日(土)2歳戦

2017/10/29 00:42
●4東8 3R 2歳未勝利 芝2000 良
ジェネラーレウーノ (牡・美浦・矢野英一)
父スクリーンヒーロー 母シャンハイロック(ロックオブジブラルタル)
2:03:4(上3F34:1)
単勝2.9倍の2番人気からの勝利。道中は1馬身半差で逃げて、4コーナーは1馬身差。直線残り300mからジリジリと引き離し、2馬身差での逃げ切り勝ちだった。
【先頭の通過】51:1-64:1
【レースの上り】11:5-11:1-11:5
好スタートから先頭に立ち、向正面で1馬身半差とする。直線で半馬身差まで詰められるが、残り300mあたりから引き離し、2馬身以上離した。ゴール前流したので差が詰まったものの、2馬身差での逃げ切り圧勝だった。2着経験馬・3着経験馬が何頭かいる比較的レベルの高いメンバーでの圧勝なので、能力は高いだろう。スローペースながら上りも速く、ラスト1Fは11:5で走った。3ヵ月の休養明けで+10sで出走。次走の上積みも大きいだろう。500万でも上位争いは可能だと思う。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 函館芝1800m3着(シスターフラッグ  0:3)
【母】シャンハイロック
地方14戦1勝。
初仔は地方1勝。第2仔も地方1勝。第3仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、1歳時の北海道セレクションセールにて3240万円で取引された。
期待度55

●4東8 5R 2歳新馬・牝 芝1600 良
リリーノーブル (牝・栗東・藤岡健一)
父ルーラーシップ 母ピュアチャプレット(クロフネ)
1:35:5(上3F34:0)
単勝4.7倍の2番人気からの勝利。道中4〜6番手から4コーナーは外目7番手。直線残り350m手前で先頭に立ち、残り200mから後続を突き放して3馬身1/2差での圧勝だった。
【先頭の通過】36:4-48:6
【レースの上り】11:5-11:3-11:8
好スタートから6番手につけて、3コーナーで4番手に上がる。4コーナーは外から2頭目の位置でまわり、直線残り350m手前で先頭に立った。外からアイアムヒメが追いかけてきて、追い比べになるかと思ったが、残り200mから突き放した。ここからゴールまで差を開いていき、最後は3馬身半差での圧勝だった。今日の馬場で、デビュー戦から1:35:5-34:0は優秀で、下記アルテミスSGVでも8着と同タイムである。こちらの方がペースは遅かったので、重賞でも掲示板程度の価値はありそうで、これがデビュー戦だということを加味すれば、重賞でも馬券圏内レベルと考えて良いだろう。502sという牝馬としては恵まれた馬体で、2戦目での上積みも大きいと思う。500万ならば勝ち負けできるだろう。
【母】ピュアチャプレット
18戦3勝。ダート1200m2勝・ダート1400m1勝。重賞未出走。
母(本馬の祖母)バプティスタは報知杯4歳牝馬特別GU3着。兄(本馬の伯父)イースターは京王杯2歳SGU2着・東京新聞杯GV3着。弟(本馬の叔父)デウスウルトはチャレンジCGV2着・中日新聞杯GV2着・中山金杯GV3着。弟(本馬の叔父)バティスティーニ(牡4歳・現役・期待度80)はホープフルSGU3着。
第2仔は地方1勝。第3仔が本馬。
期待度60

●4東8 11R アルテミスS(GV・牝) 芝1600 良
ラッキーライラック (牝・栗東・松永幹夫)
父オルフェーヴル 母ライラックスアンドレース(Flower Alley)
1:34:9(上3F34:7)
単勝4.4倍の2番人気からの勝利。道中4番手から4コーナーも外4番手。直線外目を伸びて残り150mあたりで先頭に立ち、3/4馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】35:4-47:5
【レースの上り】11:4-11:5-12:2
絶好のスタートから余裕を持って外4番手につけた。直線に入ると馬なりのまま差を詰めて、2番手に上がってから追い出した。残り150mあたりでサヤカチャンをかわして先頭に立ち、ジリジリと差をつけて、3/4馬身差で勝った。4コーナーから直線入口までの手応えが素晴らしく、追ったら突き抜けるかと思ったが、弾けるような伸びではなかった。ただ、ジリジリと伸びての勝利であり、派手さはないが堅実な走りだった。勝ち時計は何とか1分35秒を切ったが、上りは減速し、ラスト1Fは12:2とかかってしまった。これが残念であり、『重賞を勝ったからGTの有力馬』という訳には行かないだろう。
父オルフェーヴルは新種牡馬である。9月2日にロックディスタウンが札幌2歳SGVを勝った後、10月14日にサトノテラスが未勝利戦を勝つまで約1ヵ月半勝利がなかった。先々週はレーヴドスカー産駒レーヴドリーブが新馬戦4着。先週はサトノダイヤモンドの弟マルケッサが新馬戦9着。そして今日はブエナビスタの妹プリメラビスタが新馬戦8着。良血の産駒がことごとく負けて、『オルフェーヴルは失敗種牡馬かも』とささやかれ始めた矢先の重賞2勝目である。これで7勝(5頭)だが、オルフェーヴルの現役時代を考えるとまだまだ物足りない。ただ、3歳になってから伸びそうな馬も沢山いて、ファーストクロップの2歳の時点で種牡馬失敗などと判定するのはちょっと早いと思う。それにしても、勝ち馬5頭で重賞勝ち2頭。やはりオルフェーヴルは、並の馬ではない。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 新潟芝1600m1着(ラヴァクール  1馬身1/2)
期待度70(up)

●4京8 5R 2歳新馬 芝1800 稍重
スーパーフェザー (牡・栗東・友道康夫)
父ディープインパクト 母オーサムフェザー(Awesome of Course)
1:50:6(上3F36:2)
単勝2.1倍の1番人気に応えた。道中9〜11番手から4コーナーは外10番手。直線大外から伸びて残り180mあたりで先頭に立ち、ゴール前で盛り返されるがクビ差での快勝だった。
【先頭の通過】48:8-61:3
【レースの上り】12:6-11:9-12:2
道中9〜11番手を進み、4コーナーは大外をまわった。残り180mあたりで先頭に立ち、2着レッドヴェイロンを1馬身近く離すが、ゴール前は相手の脚色を見ながら追い、ゴール直前でグッと詰められた。これでクビ差となったが、危ないところはなかった。先頭に立ってから引き離すように思ったが、思いの他2着馬に詰められてしまった。デビュー戦であり稍重だったので、1分50秒切れなかったのは仕方がないが、ラストは12:2とかかってしまい、スパッと引き離すこともできなかった。良血馬のデビュー勝ちなので今後も注目だが、2戦目でどこまで良くなれるかが鍵だろう。今のままでは500万では苦しい気もするが、グンと良くなり簡単に突破することも有り得ると思う。
【母】オーサムフェザー
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り11戦10勝。BCジュヴェナイルフィリーズ米GT・ガゼルS米GTを勝った。
母(本馬の祖母)Precious FeatherはターフウェイパークH米GV2着・アゼイリャS米GV2着。
本馬が日本での第2仔。
【市場取引】
本馬は、1歳時のセレクトセールにて2億8080万円で取引された。
期待度60

●4京8 9R 萩S(オープン) 芝1800 重
タイムフライヤー (牡・栗東・松田国英)
父ハーツクライ 母タイムトラベリング(ブライアンズタイム)
1:49:7(上3F36:1)
単勝2.7倍の1番人気に応えた。道中6番手から4コーナーも6番手。直線大外から伸びて残り300mあたりで先頭に立ち、後続を引き離して4馬身差での圧勝だった。
【先頭の通過】47:7-60:1
【レースの上り】12:4-12:2-12:6
出走7頭が縦長の展開となり、最後方から2頭目の6番手を進んだ。そして、4コーナーで大外に出して一気に伸びた。重馬場で5F60:1のハイペースとなり、後方から進めた本馬には有利な流れだった。道中は先頭と大分離れていたが、4コーナーから直線で一気に詰めて、先頭に立ってからもグングンと引き離して力の違いを見せつけた。オープンのレースで4馬身差はなかなかだが、道悪になったことで差が出た可能性もある。差はつけたものの、ラスト1F12:6はかかり過ぎのような気もする。ただ、出走7頭すべて期待度が付いているように、少なくても低レベルのレースではない。前走の上りは33:3で、前々走は32:6である。速い時計に対応できないとは考え難いだろう。次走が重賞でも好勝負できると思う。
【戦歴】3戦2勝
@新馬 新潟芝1800m2着(ロックディスタウン  3/4)
A未勝利 阪神芝1800m1着(アドマイヤアルバ 3/4)
期待度75(up)

●3新5 6R 2歳未勝利 芝1800 良
ナラトゥリス (牝・美浦・加藤征弘)
父ルーラーシップ 母イストワール(サンデーサイレンス)
1:48:6(上3F34:3)
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中8番手から4コーナーは7番手。直線外目を伸びて残り300mで先頭に立ち、2馬身差での快勝だった。
【先頭の通過】49:3-61:9
【レースの上り】11:5-11:4-11:9
好スタートから抑えて8番手につけて、直線は外から伸びた。残り300mで先頭に立つと、ジリジリと差をつけて、最後は追いかけてきたインヴィジブルワンに2馬身差である。危なげのない完勝だった。新潟の未勝利戦としてはまずまずのメンバーで、2着馬・3着馬は関西馬だがそこそこ力がある馬だ。その中での完勝は素直に評価できると思う。また、デビュー戦で0:0差の1着だったサンリヴァルは、芙蓉Sを勝ち2戦2勝。本馬とはクビ差で2着だったキングスヴァリューは2戦目の未勝利を勝った。この2頭と好勝負をした本馬なのだから今回は順当勝ちで、サンリヴァルとの差を考えると、500万でも好勝負可能だと思う。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 新潟芝1800m3着(サンリヴァル  0:0)
【母】イストワール
19戦3勝。芝1600m1勝・芝1800m1勝・芝2000m1勝。重賞未出走。
兄(本馬の伯父)Exciting StoryはメトロポリタンH米GT・ヴィジャルH米GV・スインフォードS米GVを勝ち、フォールハイウエイトH米GU2着・ヴィジャルH米GV2着・ホープフルS米GT3着。姉(本馬の伯母)Sweeping Storyはケンタッキーオークス米GT3着。その産駒(本馬の従兄妹)Bay StoryはパースC豪GU2着。姪(本馬の従姉妹)カラフルデイズは関東オークス川崎GUを勝ち、TCK女王盃大井GV2着・クイーン賞船橋GV3着2回・TCK女王盃大井GV3着。
第2仔は地方1勝。第3仔は地方2勝。第6仔が本馬。
期待度55
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年10月22日(日)2歳戦

2017/10/22 21:43
台風21号の接近により、本日は全国的に雨。
衆議院選挙の投開票日であり菊花賞の日でもあったが、東京・京都・新潟ともに雨となり、東京競馬・京都競馬は芝・ダートともに不良馬場で競馬が行われた。特に東京競馬場は、今週水曜日以外はすべて雨が降り、相当に悪化した馬場となった。


●4東7 3R 2歳未勝利 芝1800 不
ヴォウジラール (牡・美浦・尾関知人)
父ハーツクライ 母レジェンドトレイル(フレンチデピュティ)
1:55:5(上3F38:8)
単勝2.8倍の1番人気に応えた。道中10番手から4コーナーは7番手。直線外目から伸びて残り100mで先頭に立ち、1馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】49:7-62:8
【レースの上り】12:9-12:5-13:7
スタート後、軽く躓いたのか騎手がバランスを崩す場面があったもののスピードは落ちず、10番手につけた。前10頭は一団で進み、その集団の最後方にいたが、4F過ぎから上がり、4コーナーは先頭から2馬身半差だった。直線で外に出そうとするが外が邪魔で出せず、馬群を割って抜け出した。残り200mからは4頭の接戦となり、その中から一番脚色よく抜けてゴールした。極悪の馬場なので遅い勝ち時計だが、結果的にハイペースであり、ラスト1Fが13:7と、前の1Fよりも1秒以上落ちたのは気になるところだ。ただ、地力の違いで勝ったというところだろう。前走デビュー戦も稍重だったので、良馬場ではまだ走っていない。速い時計でどうなるかが不明だが、直線ではフラフラ走っていたので、道悪が特に良いという訳ではないだろう。もしかすると、良馬場ならばもっと力を発揮するかもしれない。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 新潟芝1800m3着(サクステッド  0:6)
【母】レジェンドトレイル
未出走。
姉(本馬の叔母)シンコウラブリイはマイルチャンピオンSGT勝ち、これを含め重賞6勝。その産駒(本馬のいとこ)ロードクロノスは重賞勝ち。レディミューズ・ トレジャーは重賞で2着など好走した。甥(本馬の従兄弟)キングストレイルは種牡馬。兄(本馬の伯父)タイキマーシャルはエプソムCGVを勝ち、姉(本馬の伯母)ハッピーパスは京都牝馬SGVを勝っている。ハッピーパスの産駒(本馬の従兄弟)コディーノ(牡2010年産・期待度95)は札幌2歳SGV・東京スポーツ杯2歳SGVを勝ち、チェッキーノ(牝4歳・現役・期待度90)はフローラSGUを勝ち、オークスGT2着。その他にも重賞での活躍馬が多数出ている血統だ。
初仔はJRA4勝・地方5勝。第2仔アドマイヤパーシア(牡2008年産・期待度65)は2勝。第3仔は3勝。第5仔ピックミータッチ(騸4歳)は現役で2勝。第6仔カーネリアン(牝3歳)は現役で1勝。第7仔が本馬。
期待度50

●4東7 9R くるみ賞(500万下) 芝1400 不
モルトアレグロ (牝・美浦・武井亮)
父Speightstown 母Mo Chuisle(Free House)
1:29:3(上3F38:9)
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中3〜4番手から4コーナーは内4番手。直線内から伸びて残り100m過ぎで先頭に立ち、粘る2着馬にクビ差で勝った。
【先頭の通過】36:9-50:0
【レースの上り】12:3-13:0-14:0
道中3〜4番手だが、残り4Fあたりで5番手に下がり、4コーナーは各馬内を空けてまわるなか、最内をまわり4番手に上がる。直線に入ると外に馬がいて外には出せず、馬場の悪い内を通るしかなくなり、なかなか前に追いつかない。それでも、残り100m過ぎで最内から先頭に立ち、粘るココロノイコロに競り勝って、クビ差でゴールした。馬場は午前中よりも悪くなり、1:29:3-38:9という、なかなか見られない時計となった。これでもハイペースの競馬で、ラスト1Fは14:0と、サバイバルのような競馬となった。馬場の悪いところから最後に伸びたのはこの馬の能力で、まともならもっと楽に勝てたと思う。ただ、ダートの新馬戦を勝ち、ドロドロの芝で2勝目。力の要る馬場が得意なのだろう。次は重賞だろうが、道悪になってどうかというところだろう。
本馬はアメリカ産の外国産馬である。父Speightstownは、Mr. Prospector系Gone West産駒で、Secretariatの3×4という近親配合である。現在までJRAで本馬を含め20頭が走り、16頭が勝ち上がっている。日本ではダート短距離での活躍馬が多い。本ブログでは、リエノテソーロ(牝3歳・期待度45)以来2頭目である。
【戦歴】3戦2勝
@新馬 函館ダ1000m1着(キタノナシラ 1馬身1/4)
Aすずらん賞 札幌芝1200m2着(リュウノユキナ 1馬身3/4)
【母】Mo Chuisle
未出走。
母(本馬の祖母)Visible GoldはサンタアニタBCH米GVを勝ち、ウィルシャーH米GU2着。姉(本馬の伯母)Visible SlewはプリンセスSGU3着。
アメリカ産の初仔Bench Points(騸2008年産)は米5勝。ラサロバレラメモリアルS米GVを勝ち、サンフェリペS米GV3着。第2仔Points Offthebench(騸2009年産)は米6勝。ビングクロスビーS米GT・サンタアニタスプリントCh.S米GTを勝った。第4仔は米1勝。第5仔が本馬。
期待度45

●4京7 5R 2歳新馬 芝2000 不
グレイル (牡・栗東・野中賢二)
父ハーツクライ 母プラチナチャリス(Rock of Gibraltar)
2:12:9(上3F36:1)
単勝2.1倍の1番人気に応えた。道中6番手だが、4Fから押し上げて3番手となり4コーナーで先頭に立つ。直線は5頭での争いとなるが1頭ずつ脱落し、最後はクビ差での勝利だった。
【先頭の通過】54:9-69:0
【レースの上り】13:0-11:5-11:8
一旦6番手で落ち着くが、4Fの手前から上がり、3コーナーは3番手でまわる。4コーナーで僅差ながら先頭に立ち、直線に入ると5頭の争いとなる。5頭が4頭・3頭となり、最後はストーミーバローズとの争いとなってクビ差で勝った。京都競馬場も不良馬場になったが、東京よりは酷くなく、そのなかで2:12:9という遅い勝ち時計となった。5F69:0という超スローペースで、直線は11:5-11:8と、11秒台で走っていながら、この時計である。早目に先頭に立ち、最後は競り勝ったのは良かったが、勝ち方に派手さはなく、上のクラスでは苦戦するかもしれない。
【母】プラチナチャリス
イギリス産の外国産馬としてJRAで走り8戦0勝。
伯父が種牡馬ブラックホーク。叔母がNHKマイルCGTを勝ったピンクカメオ。
第2仔ロジチャリス(牡5歳・期待度60)は現役で6勝。ダービー卿チャレンジTGVを勝った。第3仔グッドスカイ(牝4歳)は現役で3勝(内障害3勝)。新潟ジャンプSJGVを勝ち、東京ハイジャンプJGU2着・東京ジャンプSJGV2着。第4仔ドラゴンホマレ(牝3歳)は現役で1勝。第5仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、1歳時のセレクトセールにて6048万円で取引された。
期待度50
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年10月21日(土)2歳戦

2017/10/21 22:56
●4東6 5R 2歳新馬 芝2000 重
オブセッション (牡・美浦・藤沢和雄)
父ディープインパクト 母パーシステントリー(Smoke Glacken)
2:07:5(上3F34:5)
単勝1.9倍の1番人気に応えた。道中内10番手から4コーナーは内6番手。直線残り400mあたりで先頭に立ち、内から伸びた2着馬と後続を離して、1/2馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】53:1-66:4
【レースの上り】11:6-11:3-12:0
台風21号の接近により前線が刺激されての雨。重い馬場だったが内を通り、4コーナーは各馬が内を避ける中、最内をまわった。直線に入ると外へと進路を変えて、内から2頭目の位置を突いて伸び、残り400mで先頭に立つ。このとき最内にいたラムセスバローズが追いかけてきて、残り200mからは2頭が後続を引き離した。最後は半馬身差での勝利だったが、2〜3着は4馬身離れた。馬場が悪いうえに超スローペースの競馬となり、勝ち時計は2:07:5と遅い。ただ、上りは11秒台−11秒台の後、ラストが12:0だった。この馬場で12:0ならば十分だろう。先行馬有利の展開で後方から追い上げて勝った能力も上々で、上のクラスでも好勝負可能だと思う。
【母】パーシステントリー
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り16戦4勝。パーソナルエンスンS米GTを勝ち、フリゼットS米GT2着・メイトロンS米GU2着・ベルダムS米GT3着。
日本での第2仔パーシーズベスト(牝4歳)は現役で2勝。第4仔が本馬。
期待度55

●4東6 9R アイビーS(オープン) 芝1800 不
コスモイグナーツ (牡・美浦・高橋祥泰)
父エイシンフラッシュ 母ナパ(スペシャルウィーク)
1:51:4(上3F36:1)
単勝64.8倍の6番人気からの勝利。道中は2〜3馬身差で逃げて、4コーナーは3馬身差。直線は1頭だけ内ラチ沿いを進み、残り300mから2着馬との争いとなり、ハナ差逃げ切った。
【先頭の通過】49:5-62:4
【レースの上り】11:8-11:6-12:7
やや押して先頭に立ち、道中は2〜3馬身差離して逃げた。4コーナーでは各馬荒れた内を嫌い外目をまわる中、1頭だけ内ラチ沿いをまわった。直線に入っても内ラチ沿いを逃げて外の馬群から抜けたシャルルマーニュとは内外離れての競り合いとなった。馬体が離れているのでどちらが前に出ているのか難しいが、残り300mあたりからは、ほぼ並んでいたと思う。内ラチ沿いの経済コースを通ったので、距離的には得をしているが、その分馬場が荒れていたので、能力をどう判定するべきか難しい勝利である。良血馬タニノフランケルや札幌の新馬戦を圧勝したフラットレーを沈めたのは立派であり、少なくても道悪巧者であることは間違いないだろう。結果的には柴田大知騎手のファイプレーだが、これも人気薄だからこそできたことだと思う。次は重賞だろうが、マイペースでは逃がしてくれないと思うので、苦戦するレベルだろう。
父エイシンフラッシュ(2007年産・期待度80)は新種牡馬である。2歳戦は厳しいかと思っていたが、これで9勝目(8頭)である。
【戦歴】4戦2勝
@新馬 東京芝1800m6着(ジナンボー 1:2)
A未勝利 福島芝1800m1着(ジュンエスポワール 1/2)
B芙蓉S 中山芝2000m5着(サンリヴァル 0:5)
期待度60(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年10月15日(日)2歳戦

2017/10/15 18:18
●4東5 3R 2歳新馬・牝 芝1600 重
オハナ (牝・美浦・堀宣行)
父ディープインパクト 母ハウオリ(キングカメハメハ)
1:40:8(上3F33:6)
単勝6.4倍の3番人気からの勝利。道中8〜9番手から4コーナーは外7番手。直線残り300mから伸びて2着馬をゴール前でかわし、クビ差での勝利だった。
【先頭の通過】38:5-52:6
【レースの上り】12:0-11:1-11:0
絶好のスタートから前には行かず中団に抑えた。直線しばらく6〜7番手にいたが、残り300mから差を詰めて、残り200mで2番手に上がり先頭ライレローズを追いかける。ライレローズも伸びているのでなかなか追いつかないが、何とかゴール前で差し切りクビ差で勝った。前半4F52:6の超スローペースで、直線瞬発力の勝負となった。一方、雨のため重馬場で勝ち時計は1:40:8と遅い時計となった。加速する上りの中を差し切り、本馬はラスト1Fを10:8程度で走ったと思われる。これだけでも、能力の高さの証明しているだろう。クビ差の辛勝だが2〜3着は3馬身離れたので、2頭の力が抜けていた。412sという小さな牝馬で、本来はこのような重い馬場は合わないのだろうが、それでも鮮やかに差し切ったのだから、500万でも上位争い可能だと思う。
【母】ハウオリ
12戦3勝。芝1800m2勝・芝1600m1勝。重賞未出走。
母(本馬の祖母)ノースフライトは安田記念GT・マイルチャンピオンSGT・マイラーズCGU・府中牝馬SGV・阪神牝馬特別GV・京都牝馬特別GVを勝ち、エリザベス女王杯GT2着・スワンSGU2着。兄(本馬の伯父)ミスキャストは種牡馬。甥(本馬の従兄妹)エーブダッチマンはアイビスサマーDGV2着。
初仔キロハナ(牡5歳・期待度85)は現役で4勝。第2仔ハナレイムーン(牝3歳・期待度60・年末推奨馬)は現役で2勝。第3仔が本馬。
期待度60

●4東5 4R 2歳新馬 芝1800 重
ギャンブラー (牡・美浦・斎藤誠)
父ハービンジャー 母アイアムマリリン(マンハッタンカフェ)
1:51:9(上3F34:9)
単勝3.1倍の1番人気に応えた。道中4〜5番手から4コーナーは外4番手。直線残り450mあたりで先頭に立ち、ジリジリと差をつけていき3馬身差での圧勝だった。
【先頭の通過】37:2-50:3
【レースの上り】12:0-11:4-12:0
スタート後は4番手から2F過ぎで5番手。4コーナーで先頭との差が詰まり、直線に入るとすぐに先頭に立った。後続を引き離しにかかるが、しばらくは1馬身差ほどで、残り200mから差が広がる。ただ、苦しいからか馬場なのか、ややフラフラしている。それでも3馬身引き離しての圧勝だった。1:51:9-34:9は今日の馬場ならまずまずだろう。ラスト1F12:0も馬場を考えれば問題ないと思う。ただ、3馬身差でもあまり余裕は感じなかったことや、道悪だったため馬場の巧拙の差という可能性もある。良馬場でどのようなレースをするかが注目で、大跳びの馬なので、もしかすると更に良くなるかもしれない。
【母】アイアムマリリン
2006年産期待度50。年末推奨馬。20戦3勝。12月の中山の新馬戦芝1600mを快勝後、クイーンC11着・フラワーC12着と重賞で連敗し、クラシックには出走しなかった。古馬となり芝1500m・芝1200mを勝ち、重賞は阪神牝馬S(10着)・アイビスサマーダッシュ(12着)に出走した。
祖母(本馬の曾祖母)が女傑ヒシアマゾン。
本馬が第2仔。
【市場取引】
本馬は、当歳時のセレクトセールにて2484万円で取引された。
期待度60

●4京5 5R 2歳新馬 芝1800 稍重
フォックスクリーク (牡・栗東・中内田充正)
父ディープインパクト 母クロウキャニオン(フレンチデピュティ)
1:51:0(上3F36:4)
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中3番手から4コーナーも3番手。直線残り300mあたりで先頭に立つが追ってきた2着馬をなかなか振り切れず、1/2馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】48:6-61:7
【レースの上り】12:6-12:0-12:1
大外12番枠から好スタートで、内の各馬の出方を見るように進む。中団につけるようにも見えたが、先頭を突く形で上がり3番手につけた。直線に入ると先頭に迫り残り300mで先頭に立つが、なかなか後続を離せず外からドラセナが半馬身差からクビ差まで迫ってくる。ただ、これを半馬身差抑え切っての勝利だった。今日の京都競馬場は雨で、馬場は稍重。それでも、1:51:0-36:4は平凡な時計で、上り3Fも11秒台がないのは残念だ。10月の京都芝1800mの新馬戦なのでレベルの高い馬が集まったと思うのだが、時計がパッとしない。ただ、血統的にはしっかりしているので、このひと叩きで大きく変わってくると思う。
中内田充正厩舎の2歳馬は、フロンティア(牡2歳・期待度60)が新潟2歳SGVを勝ち、ダノンプレミアム(牡2歳・期待度75)がサウジアラビアロイヤルCGVを勝ち、先週はタングルウッド(牡2歳・期待度65)が新馬戦を快勝し、そして本馬が新馬戦を快勝。快進撃中だ。
【母】クロウキャニオン
JRA9戦1勝・地方1戦0勝。兵庫ジュニアグランプGV3着。
母(本馬の祖母)クロカミは京王杯オータムHGV・府中牝馬SGVを勝ち、中山牝馬SGV3着・東京新聞杯GV3着・中山牝馬SGV3着。
初仔は5勝。第2仔ボレアス(牡2008年産)は3勝。レパードSGVを勝ち、ジャパンダートダービーGT2着・浦和記念GU3着・ユニコーンSGV3着。第3仔マウントシャスタ(牡2009年産・期待度70)は4勝。毎日杯GV2着・神戸新聞杯GU3着。第4仔カミノタサハラ(牡2010年産・期待度95)は3勝。弥生賞GUを勝ち、皐月賞(4着)にも出走した。第5仔ベルキャニオン(牡6歳・期待度75)は現役で3勝。共同通信杯GV2着。皐月賞(7着)・ダービー(8着)にも出走した。第6仔は1勝。第7仔ラベンダーヴァレイ(牝4歳・期待度60)は現役で3勝。チューリップ賞GV3着。桜花賞(6着)にも出走した。第8仔クリアザトラック(牡3歳・期待度75)は現役で3勝。第9仔が本馬。
産駒9頭がすべて勝ち上がり、現在15歳だが、これが産駒26勝目という大変優秀な繁殖牝馬である。
期待度50

●4京5 9R もみじS(オープン) 芝1800 良
ダノンスマッシュ (牡・栗東・安田隆行)
父ロードカナロア 母スピニングワイルドキャット(Hard Spun)
1:23:4(上3F34:2)
単勝1.5倍の1番人気に応えた。道中3番手から4コーナーは離れた3番手。直線グングン伸びて、残り150mあたりで先頭に立ち、そのまま突き放して3馬身差での圧勝だった。
【先頭の通過】36:4-48:6
【レースの上り】11:8-11:6-11:4
好スタートから体半分前に出るが、行きたい馬を先に行かせて外3番手につける。先頭・2番手が飛ばして、離れた3番手となり、4コーナーも先頭から4馬身前後の差があった。直線残り300mからグングンと追い上げて、残り150mでは並ぶ間もなくかわして先頭に立った。ゴール前は流したので差が縮まったものの、3馬身差の圧勝。物が違うという競馬で快勝であり、これならばマイル戦までならば相当強いのではという走りだった。現在までの3戦はすべて芝1400mを使っているが、この後は1F延ばして、朝日杯フューチュリティSGTを目標にするのだろうか。ダービーを目指す馬にならなければ本ブログには関係のない馬となるのだが、芝1400mで圧勝したので、ダービーからはだいぶ遠ざかってしまったようだ。
【戦歴】3戦2勝
@新馬 新潟芝1400m2着(ランスマン  頭)
A未勝利 阪神芝1400m1着(ラブカンプー 2馬身)
【母】スピニングワイルドキャット
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り6戦1勝。
母(本馬の祖母)Hollywood WildcatはBCディスタフ米GT・ハリウッドオークス米GT・ゲイムリーH米GT・デルマーオークス米GU・ソロリティS米GVを勝ち、米GT2着2回・米GU3着1回。兄(本馬の伯父)War ChantはBCマイル米GT・サンラファエルS米GU・オークトリーBCマイル米GUを勝ち、サンタアニタダービー米GT2着。姉(本馬の伯母)Double CatはサンゴルゴニオH米GU3着。兄(本馬の伯父)Ministers Wild CatはアファームドH米GV2着・エルカミノレアルダービー米GV2着。兄(本馬の伯父)Ivan DenisovichはジュライS英GUを勝ち、GT2着2回3着2回。兄(本馬の伯父)Shintohは愛インターナショナルS愛GV2着・ガリニュールS愛GV3着。
初仔メヌエット(牝3歳)は現役で1勝。第2仔が本馬。
期待度50

●3新2 2R 2歳未勝利 芝2000 良
レノヴァール (牡・栗東・高野友和)
父ハーツクライ 母データ(Roy)
2:02:0(上3F35:4)
単勝6.4倍の3番人気からの勝利。道中4番手から4コーナーは3番手。直線に入ると先頭に立ち、粘る2着馬を振り切って1馬身1/4差での勝利だった。
【先頭の通過】36:1-49:2
【レースの上り】12:3-11:4-12:1
好スタートから4番手につけて、4コーナーで仕掛けて差のない3番手だった。直線に向くと先頭に立つが、タガノバルバドスが粘り残り200mまではほぼ並んでの叩き合いとなる。この後差をつけていき、最後は1馬身1/4差をつけた。ダートが稍重になっているように、水を含んだ良馬場で、開幕週の高速馬場とはならなかった。その中で、2:02:0-35:4はまずまずだが、今ひとつインパクトに欠けるのも事実だろう。ラスト1Fも12:1と、ややかかってしまった。ローカル開催の未勝利戦で、レベルも中央場所よりも落ちると思うので、2勝目までは時間がかかるレベルだと思う。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 阪神芝1800m5着(リュクスポケット  0:7)
【母】データ
アルゼンチン産の輸入繁殖牝馬。アルゼンチン・アメリカで走り、亜4戦1勝・米3戦0勝。エリセオラミレス賞亜GT2着・ホルヘアトゥーチャ賞亜GT2着。
母(本馬の祖母)Dama Imperialはロテリアナシオナル賞亜GVを勝ち、亜GU3着1回・亜GV2着3回。兄(本馬の伯父)Danishはカピタル賞亜GUを勝ち、ポルテニョ賞亜GV3着。兄(本馬の伯父)Diamondはドスミルギニーズ亜GT3着。
日本での初仔アーカイブ(牡2009年産・期待度60)は3勝。第2仔は1勝。第3仔ミッキーデータ(騸2011年産・期待度60)は2勝。第7仔が本馬。
期待度45
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年10月14日(土)2歳戦

2017/10/14 20:40
●4東4 3R 2歳未勝利 芝1800 稍重
キングスヴァリュー (牡・美浦・国枝栄)
父キングカメハメハ 母アートプリンセス(Officer)
1:51:2(上3F34:0)
単勝1.4倍の1番人気に応えた。道中7番手から4コーナーは馬群の中6番手。直線残り120mあたりで先頭に立ち、外から伸びた2着馬に3/4馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】50:0-63:3
【レースの上り】11:7-11:2-11:5
まずまずのスタートで道中は7番手。残り800mから差を詰めるが、4コーナーは馬群真ん中7番手。直線に入ってもしばらく馬群の中にいたが、残り300mあたりでバラけ、外に出して伸びた。先頭に立って後続を離すが、外からバイオスパークに詰められて1馬身弱の差で勝った。中団で折り合い、直線でのゴーサインにしっかりと反応した。最後に詰められたものの危ないところは無く、ラスト1Fを本馬は11:4程度で走っているので問題ないだろう。今朝までの雨で稍重となり時計は平凡だが、デビュー戦で頭差負けたサンリヴァルは2戦目で芙蓉Sを勝ったので、本馬の能力も低くはないだろう。500万でも上位争い可能だと思う。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 新潟芝1800m2着(サンリヴァル  頭)
【母】アートプリンセス
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。イギリス・カナダで走り、英9戦1勝・加2戦0勝。チェリーヒントンS英GU2着。
妹(本馬の叔母)ザズー(Zazu)はラスヴィルヘネスS米GT・サンタアニタレイディズシークレットS米GT・ハリウッドオークス米GUを勝ち、米GT2着2回・3着1回。米GU2着1回。 弟(本馬の叔父)FlashbackはロバートBルイスS米GUを勝ち、サンタアニタダービー米GT2着・サンフェリペS米GU2着・アクアクH米GV3着。
日本での初仔タップザット(牡2012年産)は2勝。全日本2歳優駿川崎GT2着。第2仔ジュンテオドーラ(牝3歳)は現役で1勝。第3仔が本馬。
期待度55

●4東4 5R 2歳新馬 芝1600 稍重
マウレア (牝・美浦・手塚貴久)
父ディープインパクト 母バイザキャット(Storm Cat)
1:37:3(上3F34:1)
単勝3.1倍の2番人気からの勝利。道中6番手から4コーナーは馬群の中6番手。直線馬群を割るように伸びて、残り150m過ぎで先頭に立ち、1馬身1/4差での勝利だった。
【先頭の通過】37:2-50:0
【レースの上り】11:7-11:3-11:5
好スタートから6番手に抑えたが、1F過ぎで小さな不利があったのか、やや下がり気味になる場面があった。すぐに持ちなおし6番手を進む。直線に向くと馬群の中にいるが、馬群を割るようにして伸び、残り150mあたりで先頭に立つ。そして、1馬身以上離す完勝だった。ダートは不良のままなので、芝も稍重ながらだいぶ水を含んでいるだろう。したがって、勝ち時計は平凡だが、上り3Fは上記の未勝利戦と遜色ない。ラスト1Fも本馬は11:4程度で走ったと思われるので、能力は高いだろう。このひと叩きで更に良くなれば、500万でも上位争い可能だと思う。
【母】バイザキャット
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り3戦1勝。
母(本馬の祖母)Buy the FirmはトップフライトH米GT・ロングルックH米GU・ネクストムーヴH米GV・アシーニアH米GV・カラセルH米GVを勝ち、米GT2着2回3着2回・米GU2着1回・米GV2着2回3着1回。兄(本馬の伯父)Storm BrokerはベンアリS米GVを勝った。
アメリカ産の初仔は米9勝。第2仔は米1勝。第3仔は米4勝。第4仔は米4勝。日本での初仔はJRA1勝・地方2勝。第2仔は地方2勝。第3仔は地方2勝。第4仔アユサン(牝2010年産・期待度95)は2勝。桜花賞GTを勝ち、アルテミスS重賞2着・チューリップ賞GV3着。第5仔は地方2勝。第6仔は地方6勝。第8仔が本馬。
期待度55

●4京4 3R 2歳未勝利 芝2000 良
エタリオウ (牡・栗東・友道康夫)
父ステイゴールド 母ホットチャチャ(Cactus Ridge)
2:01:2(上3F34:3)
単勝11.2倍の4番人気からの勝利。出遅れて道中は最後方10番手。3コーナーからマクり、4コーナーで先頭。直線は2着馬に並ばれるが再度離し、3/4馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】49:0-61:5
【レースの上り】11:8-11:4-11:5
出遅れて半馬身程の不利。ダッシュもつかず馬群からポツンと離れた最後方で1コーナーをまわった。向正面に入ると馬群に追いつき、残り700mあたりから進出を開始する。外からマクって4コーナーで先頭に立つが、直線残り200mで1番人気ムーンレイカーに並ばれる。残り150mあたりででは僅差ながら前に出られた感じもしたが、この後差し返し、3/4馬身引き離した。とてもチグハグな競馬をしたが、『これでよく勝てたな』というのが正直な感想である。出遅れて前半は最後方ポツンであり、4コーナーまでに脚を使いながら、直線では二の脚を使った。能力が高くなければできない芸当で、普通に走れるようになれば500万も簡単に突破しそうである。ただ、普通に走れるかどうかが問題で、2勝目までは時間がかかるかもしれない。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 阪神芝2000m4着(ドンアルゴス  0:6)
【母】ホットチャチャ
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り19戦6勝。Qエリザベス二世チャレンジC米GT・ミントジュレップH米GV・ブルボネットオークス米GV・パカラップS米GVを勝ち、ビヴァリーディS米GT2着・チャーチルディスタフマイルS米GU2着・アパラチアンS米GV2着・スピンスターSGT3着・ジェニーワイリーS米GU3着・モデスティH米GV3着・アーリントンオークス米GV3着・リグレットS米GV3着。弟(本馬の叔父)ParoledはマーヴィンHムニスメモリアルH米GU3着。
本馬が日本での第2仔。
【市場取引】
本馬は、1歳時のセレクトセールにて9396万円で取引された。
期待度55

●4京4 9R 紫菊賞(500万下) 芝2000 良
マイハートビート (牡・栗東・高橋義忠)
父ゼンノロブロイ 母トゥーピー(Intikhab)
2:00:4(上3F34:6)
単勝6.4倍の4番人気からの勝利。道中最後方6番手から4コーナーも6番手。直線内から伸びて残り100m過ぎで先頭に立つが、2着馬が粘り外2頭とも接戦になってクビ差での勝利だった。
【先頭の通過】47:8-60:0
【レースの上り】12:0-11:6-11:7
6頭立ての競馬で縦長の展開となり、最後方を進んだ。5F過ぎてから隊列も詰まり、4コーナーは6頭が一団となった。直線に入るとバテた前2頭を外からかわすが、その後は内ラチ沿いを伸びた。残り100m過ぎでトゥザフロンティアをかわして先頭に立つが、トゥザフロンティアも粘り2頭の争いとなる。外からドンアルゴスとシースプラッシュも伸びて来て、ゴールでは4頭が接戦となり、着差はクビ−クビ−クビの決着だった。ゴール前は一番外のドンアルゴスの伸び脚が良く、あと50mもあれば負けていたと思われる辛勝で、クビ差で勝てたのも展開の利である可能性が高い。いずれにしても、1〜3着馬の実力はほぼ互角だろう。勝ち時計2:00:4-34:6は立派だが、重賞で活躍するためにはもうワンパンチ必要だと思う。ただ、前走も『上のクラスではしばらく苦戦すると思う』と書いたのだが、いきなり勝ったので、重賞でもいきなりがあるかもしれない。
【戦歴】3戦2勝
@新馬 札幌芝1800m4着(ルーカス 0:8)
A未勝利 札幌芝2000m1着(サヤカチャン 2馬身1/2)
期待度60(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年10月9日(月)2歳戦

2017/10/09 23:14
今年の夏に北海道の牧場へ会いに行った17頭目の出資馬ラブリランテ(牝2歳)は、先週の金曜日に北海道から美浦近郊の育成牧場に移動した。いつ入厩するかは不明だが、この調子なら今年中にデビューできるかもしれない。
元々、1頭に出資して、その馬が引退したら次の1頭に出資するというパターンで30年間細々と一口を続けてきたが、たまたま今は3頭持ちである。
15頭目の出資馬スズカゼ(牝3歳・期待度65)は現役である。そして、本ブログではあまり書いたことが無いが、16頭目の出資馬というのがいる。エポカドーロ(牡2歳・父オルフェーヴル)という馬だ。
最近は牝馬ばかり出資しているので、たまには牡馬を、それもクラシックを意識できるような血統の馬に出資したいと思い、2年前の当歳時に申し込んだ。
関西馬なので、現地で応援することなど考えていなかった。ただ、関東へ遠征に来るような馬になったらいいなと願っていた。
そして、このエポカドーロが本日の京都第5Rでデビューしたのだ。
一方、15頭目の出資馬スズカゼは先週の勝浦特別を除外され、何と、本日京都に遠征し、第9R円山特別に出走した。
一口歴初の2頭同日同競馬場での出走である。これは行くしかない。
ただ、貧乏なのでお金が無い。行くか行かないか。行くのなら新幹線、自動車、バス、飛行機のどれで行く。泊まるか日帰りか。迷いに迷った結果、新幹線にて日帰りで行くことにした。

京都競馬場は30年ぶりである。思い起こせば、前回はサクラスターオーの菊花賞だ。
スズカゼのおかげで、福島も阪神も函館も札幌も、そして京都も、久しぶりに行くことができた。
スズカゼは、JRA全競馬場の出走を目指しているのか、今回で14戦目だがこれで8場制覇である。残るは中京と小倉のみとなった。

5Rの新馬戦、パドックへ行くと、注目の新馬戦だからなのか最前列にズラリと人がいた。中には同じ買い物をした人も沢山いただろう。
牧場で見ていないので、今回が初対面?である。スッキリと仕上げてきた1・2・3番人気馬に比べて、お腹がボテっと出ていた。体型なのかもしれないが『太いな』と思った。
レースは2番手につけて、直線は勝ち馬タングルウッドに離された。後ろから2頭が迫ってきて『沈むかな』と思ったが、意外と粘り2着のサトノエターナルとは最後まで競り合い、ハナ差の3着。今後も楽しめそうな内容で大満足だった。いや、あのお腹でこれだけ走るのだから、次は確勝か?と期待が膨らむ。
スズカゼは初ダートだったが大敗した。それでも陣営は強気なので安心した。

お金がないので行きも帰りも自由席。3連休最終日午後の上り電車をなめていた。
京都では座れなかった。買ったビールも飲めずに温まってしまった。でも、名古屋で座れたので助かった。


●4東3 2R 2歳未勝利 芝1600 良
プリモシーン (牝・美浦・木村哲也)
父ディープインパクト 母モシーン(Fastnet Rock)
1:34:2(上3F33:2)
単勝1.3倍の1番人気に応えた。道中12番手から4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り300mあたりで先頭に立つが、ここから2着馬との叩き合いとなりクビ差競り勝った。
【先頭の通過】35:9-47:9
【レースの上り】11:2-11:3-11:6
スタート後抑えて最後方から2頭目の12番手につけた。残り3F手前からスパートし、4コーナーは外7番手。直線残り300mで先頭に立ち、引き離すかに思ったが、テトラドラクマが粘りクビ差から差が広がらない。残り200m過ぎてからは逆に詰められて、残り100mではほぼ並ばれる。ただ、ここからの競り合いで根性を見せてクビ差離した。僅差での辛勝だが2〜3着は5馬身離れ、3〜4着は3馬身離れた。上位2頭が抜けていたのだろう。1:34:2-33:2は優秀で、上り3Fは減速しているが、ラスト1F11:6と、最後までしっかりと走った。これならば、500万でも上位争い可能だろう。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 中山芝1600m2着(トーセンブレス  1馬身3/4)
【母】モシーン
オーストラリア産の輸入繁殖牝馬。オーストラリアで走り18戦8勝。VRCオーストラリアンギニーズ豪GT・ATCストームクイーンS豪GT・ランドウィックギニーズ豪GT・VRCオークス豪GT・VRCローズオヴキングストンS豪GU・VRCエドワードマニフォルドS豪GUを勝ち、ゴールデンスリッパーS豪GT2着・コーフィールド1000ギニー豪GT2着・VRCヴァニティS豪GV2着・MRCトランキルスターSGV3着。
本馬が日本での第2仔。
期待度55

●4東3 5R 2歳新馬 芝1600 良
ゴールドギア (牡・美浦・伊藤圭三)
父ロードカナロア 母ギンザボナンザ(ゼンノロブロイ)
1:35:9(上3F33:8)
単勝2.0倍の1番人気に応えた。道中11〜13番手から4コーナーは外11番手。直線外から伸びて残り300m過ぎで先頭に立ち後続を離す。最後に2着馬に迫られたが3/4馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】35:7-48:5
【レースの上り】11:7-11:2-11:6
道中は中団より後方の外を進み、直線に入ると外から追い上げた。残り300m過ぎで先頭に立ち後続を離すが、ゴール前でミツオサウスポーが良い脚で伸びて来て3/4馬身差まで詰められてた。それでも2〜3着は3馬身離れたので、3着馬に対しては4馬身近く離したことになる。ラスト1Fが11:6なので、バテたという訳ではないだろう。上記の未勝利戦に比べれば時計は遅いが、そこは経験馬との違いであり、1:35:9-33:8ならばまずまずの時計だろう。ただ、2着馬に迫られてもうひと伸びがないなど、500万で上位争いをするには、もうワンパンチ足りない気がする。
【母】ギンザボナンザ
2007年産期待度80。年末推奨馬。27戦5勝。新馬戦3着後、2戦目の未勝利戦芝1600mを勝ち、続くひいらぎ賞も勝ち連勝。クイーンCGV7着後、アネモネSを勝って桜花賞GTに出走し7着。続くオークスGTは10着に敗れた。その後は、古馬となり芝1800m1勝・芝2000m1勝。重賞は阪神牝馬S(11着)・愛知杯(16着)に出走した。
祖母(本馬の曾祖母)がオークス馬アドラーブル。
初仔は地方1勝。第2仔が本馬。
期待度50

●4京3 3R 2歳新馬・牝 芝1600 良
ソシアルクラブ (牝・栗東・池添学)
父キングカメハメハ 母ブエナビスタ(スペシャルウィーク)
1:36:9(上3F34:4)
単勝3.8倍の2番人気からの勝利。出遅れて道中は後方12番手。4コーナー11番手から直線外に出して残り200mから猛然と伸び、ゴール前で数頭まとめてかわしクビ差の差し切り勝ちだった。
【先頭の通過】36:4-49:3
【レースの上り】12:1-11:4-11:6
出遅れて半馬身程度の不利。後方からの競馬となり、最後方から5頭目の12番手を進む。4コーナーでは馬群の中、やや外目でまわり直線に入ってから外に出した。残り200mで追撃態勢が整ったが、前とはだいぶ差があり、とても届きそうに無い位置だった。しかし、ここから追い上げて、残り100mでは4〜5馬身差の7番手だが、グングンと伸びてゴール前で差し切った。ブエナビスタの第2仔という良血馬なので注目して見ていたが、まさか届くとは思わなかった。素晴らしい競馬でデビュー勝ちをしたが、1:36:9-34:4は平凡である。また、相手のレベルも疑問だが、おそらく本馬はラスト1Fを10秒台で走っていて、能力の高さは示したと思う。このひと叩きでどこまで良くなるかが今後の鍵で、次走の500万も難なく突破するようなら、クラシックまで突っ走るだろう。あまり良くならず負けてしまうようなら、姉と同じような競走成績になるかもしれない。
【母】ブエナビスタ
2006年産期待度115。JRA21戦9勝・UAE2戦0勝。デビュー戦は3着に敗れたものの、2戦目の未勝利戦を快勝。3戦目の阪神ジュベナイルフィリーズGT4戦目のチューリップ賞GV5戦目の桜花賞GTを勝ち、圧倒的な1番人気で臨んだオークスGTはハナ差ながら勝って、第70代のオークス馬になった。その後も、天皇賞秋GT・ジャパンCGT・ヴィクトリアマイルGT・京都記念GUを勝ち、 有馬記念GT2着・宝塚記念GT2着・ジャパンCGT2着・有馬記念GT2着・ヴィクトリアマイルGT2着・宝塚記念GT2着・ドバイシーマCUAEGT2着・札幌記念GU2着・秋華賞GT3着・エリザベス女王杯GT3着など大活躍をした。
母(本馬の祖母)ビワハイジ以下、兄弟姉妹(本馬のおじ、おば)では、アドマイヤジャパン・アドマイヤオーラ・ トーセンレーヴ(牡2008年産・期待度90)・ジョワドヴィーヴル(牝2009年産・期待度100)・サングレアル(牝2011年産・期待度85・年末推奨馬)が重賞勝ち。
初仔コロナシオン(牝3歳・期待度70・年末推奨馬)は現役で1勝。第2仔が本馬。
期待度60

●4京3 5R 2歳新馬 芝1800 良
タングルウッド (牡・栗東・中内田充正)
父Siyouni 母アピールU(Selkirk)
1:50:4(上3F33:7)
単勝5.4倍の3番人気からの勝利。道中は1馬身差で逃げて、4コーナーも1馬身差の先頭。直線で後続を引き離し、3馬身差での逃げ切り圧勝だった。
【先頭の通過】51:2-64:4
【レースの上り】11:6-11:3-10:8
好スタートから先手を奪い、スローペースで逃げた。直線に入ると後続を引き離し、影も踏ませずの逃げ切りだった。なかなか強い勝ち方だったが、上り3Fのラップを見て驚いた。スローペースとはいえ、11:6-11:3-10:8と加速している。逃げ馬が芝1800m戦でラスト1F10:8である。しかも新馬戦だ。これでは後続はどうすることもできないだろう。結局、上り3Fはメンバー中2位の時計で、能力の違いを見せ付けた。このレースは、1億円馬で池江泰寿厩舎のエースと言われた評判馬サトノエターナルや、追い切りでヘンリーバローズに互角以上の動きをしたハーツフェルトなど、注目の2歳馬が出走した新馬戦だった。その中での圧勝劇なので、今後が楽しみである。ただ、パドックではキッチリと仕上がっていて、もしかすると叩いた上積みは薄いかもしれない。それでも500万ならば勝ち負けになるだろうし、重賞でも十分通用すると思う。今後は、このまま逃げ馬になるのか。それとも抑える競馬を覚えさせるのか。父が短い距離で活躍した馬なので、今後の距離延長がどうなのかも気になるところである。
父Siyouniは、Nureyev系Pivotal産駒。ジャンリュクラガルデール賞仏GT(芝1400m)を勝っている。日本へは現在まで産駒3頭登録され、本馬が初勝利である。今ではあまり見られないNureyev(ヌレイエフ)系種牡馬の仔が、どこまでやれるのか。
【母】アピールU
アイルランド産の輸入繁殖牝馬。イギリスで走り7戦3勝。
姉(本馬の伯母)Zinziberineはクリテリヨムドメゾンラフィット仏GU・エクリプス賞仏GVを勝ち、仏GU2着1回・仏GV2着3回。その産駒(本馬の従兄弟)Zanzibariは種牡馬。
本馬が日本での初仔である。
【市場取引】
本馬は、当歳時のセレクトセールにて6048万円で取引された。
期待度65
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年10月8日(日)2歳戦

2017/10/08 21:42
●4東2 2R 2歳未勝利・牝 芝1600 良
アーモンドアイ (牝・美浦・国枝栄)
父ロードカナロア 母フサイチパンドラ(サンデーサイレンス)
1:35:1(上3F33:5)
単勝1.2倍の1番人気に応えた。道中7〜8番手から4コーナーは7番手。直線馬なりのまま残り300mで先頭。軽く気合を入れると引き離し、3馬身1/2差での圧勝だった。
【先頭の通過】35:2-47:8
【レースの上り】11:7-11:3-11:4
まずまずのスタートから中団より前につけて、直線に入ると馬なりのままスーっと差を詰めた。直線に立ってからも軽く気合を入れただけで引き離し、残り100mではC.ルメール騎手が右から左から後ろを振り返る余裕で、強く追わないままゴール。圧勝だった。1分35秒を切れなかったものの、上り33:5をほぼ馬なりで出した。能力は高いだろう。500万でも勝ち負けできそうだ。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 新潟芝1400m2着(ニシノウララ  2馬身)
【母】フサイチパンドラ
JRA20戦4勝・地方1戦0勝。エリザベス女王杯GT・札幌記念GUを勝ち、オークスGT2着・エリザベス女王杯GT2着・エンプレス杯川崎GU2着・フラワーCGV2着・阪神ジュベナイルフィリーズGT3着・秋華賞GT3着・ローズSGU3着。
初仔は2勝。第2仔は1勝。第3仔も1勝。第4仔は地方1勝。第5仔は1勝。第7仔が本馬。
期待度60

●4東2 5R 2歳新馬 芝2000 良
ブラゾンダムール (牡・栗東・松永幹夫)
父ディープインパクト 母メダリアダムール(Medaglia d'Oro)
2:03:9(上3F33:4)
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中3〜4馬身差の2番手から、4コーナーは1馬身半差の2番手。直線残り180mあたりで先頭に立ち、1馬身1/4差での勝利だった。
【先頭の通過】50:7-63:9
【レースの上り】11:3-11:0-11:4
好スタートから先手を奪いに行くが、1コーナーで逃げ馬を先に行かせた。向正面では3馬身以上離れた2番手を進み、3コーナーから差を詰めて、直線で追い上げた。残り180mあたりで先頭に立つが、逃げ馬も粘り、2頭が後続を離す。2〜3着は4馬身離れたので、3着馬に対しては5馬身以上離したことになる。スローペースだったため、勝ち時計は平凡だが、上りは33:4と、上記未勝利のマイル戦よりも速い時計で走った。デビュー戦からこの時計なら能力は高いと思う。500万でも上位争いは可能だろう。
【母】メダリアダムール
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り7戦3勝。ウィルシャーH米GVを勝ち、パロマーH米GU2着。
種牡馬Fraise(フレイズ)の姪。
日本での初仔フィーユダムール(牝4歳・期待度55)は現役で1勝。第3仔が本馬。
期待度60

●4京2 5R 2歳新馬 芝2000 良
ジュンヴァルロ (牡・栗東・友道康夫)
父New Approach 母ウェイクミーアップ(Rock of Gibraltar)
2:01:3(上3F35:5)
単勝12.6倍の4番人気からの勝利。押して先手を奪い逃げる。道中1〜3馬身差で逃げ、4コーナーは1馬身半差。直線で引き離し最後に2着馬に詰められて1馬身3/4差での逃げ切り勝ちだった。
【先頭の通過】48:2-60:5
【レースの上り】12:2-11:6-11:7
好スタートではなかったが、やや強引に先手を奪った。勢いのまま3馬身程離して逃げるが、向正面で1馬身差に詰められた。直線に入ると一気に離し、一旦は4馬身程離すが、2着馬が追い上げてきて、2馬身弱の差で勝った。13秒台のないラップで、ペースに恵まれたわけでもなく、ラスト2Fは11:6-11:7.。勝ち時計2:01:3も上々である。10月の京都は比較的レベルの高い新馬戦が多く、このレースもその内の一つだろう。その中での逃げ切り快勝なので今後に期待だが、ラストでもうひと息粘れれば500万でも勝ち負けだっただろう。この後、どこまで良くなるかが鍵だと思う。
父New Approachは、Galileo産駒。英ダービー馬である。高松宮記念GTを勝ったシンコウフォレストの半弟だ。産駒は、日本では現在まで本馬を含めて7頭登録されて、本馬以外ではベストアプローチ(牡3歳・期待度55)が現役で1勝し、青葉賞GU2着でダービー(9着)に出走した。また、アプローチング(牡2010年産)が1勝している。
【母】ウェイクミーアップ
アイルランド産の輸入繁殖牝馬。アイルランドで走り7戦0勝。
弟(本馬の叔父)Dawn Approachは種牡馬。弟(本馬の叔父)Herald The Dawnは愛フュチュリティS愛GUを勝ち、愛ナショナルS愛GT2着。
アイルランドで生んだ初仔は伊1勝。本馬が日本での初仔である。
期待度55

●4京2 9R りんどう賞(500万下・牝) 芝1400 良
マドモアゼル (牝・美浦・斎藤誠)
父ブラックタイド 母ポールポジションU(Pivotal)
1:21:7(上3F34:3)
単勝11.3倍の4番人気からの勝利。道中3番手から4コーナーも3番手。直線残り130mあたり先頭に立ち、1/2馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】35:0-47:0
【レースの上り】11:6-11:6-11:5
気持ち出遅れたが、すぐに流れに乗り3番手につけた。先頭2番手がややバラけた3番手を進み、直線で伸びた。先に先頭に立ったサヤカチャンを残り130mあたりでとらえて先頭に立つが、後方から伸びてきた3頭が迫り、何とか半馬身差で凌いだ。あと50m〜100mあっても簡単には抜かれないような脚色だったが、ラストに迫られたのは残念である。これで芝1400mを連勝したが、次は同じ芝1400mのファンタジーSGVだろうか。それとも関東のレースだろうか。今回の勝利である程度マークされるだろうから、勝つのは簡単ではないだろう。
【戦歴】3戦2勝
@新馬 福島芝1200m2着(オジョーノキセキ  3/4)
A未勝利 新潟芝1400m1着(ニシノラプランセス 2馬身1/2)
【母】ポールポジションU
イギリス産の輸入繁殖牝馬。未出走。
母(本馬の祖母)DanehurstはフライイングファイヴS愛GU・ウンブリア賞伊GV・セーネオワーズ賞仏GV・コーンウォリスS英GVを勝ち、ゴールデンジュビリーS英GT2着・ジュライC英GT3着。
日本での初仔は地方2勝。第2仔は地方8勝。第3仔サイモンゼーレ(牡4歳)は現役で1勝。小倉2歳SGV2着。第5仔が本馬。
期待度50
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年10月7日(土)2歳戦

2017/10/07 17:39
●4東1 3R 2歳未勝利 芝2000 重
マイネルファンロン (牡・美浦・手塚貴久)
父ステイゴールド 母マイネテレジア(ロージズインメイ)
2:02:3(上3F35:5)
単勝1.7倍の1番人気に応えた。道中1馬身差で逃げて、4コーナーも1馬身差の先頭。直線で差を広げ一旦は5馬身程離し、最後は4馬身差での逃げ切り圧勝だった。
【先頭の通過】48:9-61:8
【レースの上り】11:7-11:6-12:2
好スタートから2コーナーまで2番手で、向正面に入って先頭に立った。直線に入ると後続を離し、残り200m手前では5馬身程度引き離した。その後、差は縮まったものの、4馬身差の圧勝だった。なかなか強い競馬だったが、メンバーが小粒で2着経験馬が本馬のみ。3着経験馬も4番人気ヒダルマ1頭で、相手が弱かったための4馬身差でもあるだろう。ラストが12:2と落ちたのが残念で、ここを11秒台で走っていれば500万でも期待できたと思う。再びメンバーに恵まれて上位争いというレベルだろう。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 中山芝1800m2着(スピアーノ  ハナ)
【母】マイネテレジア
2007年産期待度55。3戦1勝。新潟の新馬戦は11着、中山の未勝利戦4着の後、3戦目の東京の未勝利戦芝2000mを快勝した。しかし、レースの数日後、屈腱炎が判明し引退した。
母(本馬の祖母)マイネヌーヴェルはフラワーCGVを勝ち、中山金杯GV2着・福島牝馬SGV2着。
第2仔マイネルクラフト(牡4歳)は現役で2勝。第3仔は地方4勝。第4仔が本馬。
期待度50

●4東1 11R サウジアラビアロイヤルC(GV) 芝1600 稍重
ダノンプレミアム (牡・栗東・中内田充正)
父ディープインパクト 母インディアナギャル(Intikhab)
1:33:0(上3F34:4)レコード
単勝3.6倍の2番人気からの勝利。道中2番手から4コーナーも2番手。直線残り300mあたりで先頭に立ち、後続を3馬身近く離すが最後は2着馬が差を詰めて1馬身3/4差での勝利だった。
【先頭の通過】34:3-46:1
【レースの上り】11:5-11:5-11:7
内2番枠から好スタートで、道中は1馬身〜1馬身半差で追走する。直線に入ると差を詰めて、残り300mあたりで先頭に立ち後続を離す。一旦は3馬身近くまで離したものの、外から1番人気ステルヴィオが伸びて来て、ゴール前で差を詰められて1馬身3/4差でゴールした。最後に詰められたのは残念だが、前に行った馬と後方待機の馬との差だろう。ペースを考えると後方からの方が有利な流れだったので、詰められたことは気にすることは無いだろう。開幕週初日とはいえ稍重の馬場で、1;33;0のレコード勝ち。クラリティスカイが3年前に記録したレコードを0:5更新した。また、ラスト1Fも11:7と最後までしっかりと走る事が出来た。デビュー戦も好レースをして4馬身差の圧勝。2戦目に重賞制覇と、完全に出世街道に乗った。マイル戦で好レースをしたので、当面の目標は12月の朝日杯フューチュリティSGTになるのだろうか。今後の動向に注目だ。
【戦歴】2戦2勝
@新馬 阪神芝1800m1着(スプリングスマイル  4馬身)
期待度75(up)

●4京1 2R 2歳未勝利・牝 芝1600 重
レッドランディーニ (牝・栗東・石坂正)
父ディープインパクト 母レッドメデューサ(Mr. Greeley)
1:34:6(上3F35:4)
単勝21.8倍の5番人気からの勝利。道中7番手から4コーナーも7番手。直線残り200mで先頭に立ち、後続をグングンと引き離して4馬身差での圧勝だった。
【先頭の通過】34:6-46:7
【レースの上り】12:3-11:9-11:7
道中は6頭の先行集団のすぐ後ろ7番手を進み、4コーナーも同じ位置。直線外に行くのか内から抜けるのか迷った感じがしたが、内を選択。内から3頭目の位置が開いたのでそこを突いて伸び、残り200mで先頭に立った。ここからが圧巻で、後続をグングンと引き離して4馬身差で勝った。上りは11秒台の後半ながら加速して、重馬場ながら1:34:6と好時計で走った。レース内容・時計内容とも上々である。2着経験馬、3着経験馬が4頭いる中をこれだけの圧勝だったので能力は高いだろう。500万でも勝ち負け可能だと思う。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 小倉芝1200m9着(オーロスターキス  1:0)
【母】レッドメデューサ
アメリカ産の外国産馬としてJRAに登録されたが未出走。
母(本馬の祖母)Catchascatchcanはヨークシャーオークス英GT・ランカシャーオークス英GVを勝った。兄(本馬の伯父)Antonius Piusは種牡馬。
本馬は第2仔。
期待度60

●4京1 3R 2歳未勝利 芝1800 重
メサルティム (牝・栗東・荒川義之)
父ディープブリランテ 母ピンクアリエス(キングカメハメハ)
1:50:9(上3F34:4)
単勝7.7倍の3番人気からの勝利。道中は1馬身差での逃げ。4コーナーも1馬身差の先頭から直線も快調に逃げて、追ってきた2着馬が最後に迫るがクビ差粘りきっての勝利だった。
【先頭の通過】51:2-64:1
【レースの上り】12:2-11:2-11:0
好スタートからスローペースで逃げた。絡んでくる馬がいないのが良かったのか、直線に向いても余力十分だった。4コーナーで内3番手にいた1番人気アドマイヤアルバが追いかけてくるが、残り100mまで1馬身差を保ち、ゴール前で差を詰められてクビ差でゴール。それでもまだしばらくは粘れそうな勢いだった。2頭が後続を離し、2〜3着は3馬身半差離れた。展開が向いたことは確かだが、上り3Fは加速し、ラスト1F11:0は立派だと思う。詰められたということは、アドマイヤアルバはラスト1Fを10:9程度で走っているので、相手を褒めるべきだろう。ちなみにアドマイヤアルバはデビュー以来4戦連続2着となった。デビュー戦とは違い今回初めて逃げたが、上のクラスで同じようにマイペースで逃げさせてくれるとは思えないので、2勝目までは時間がかかると思う。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 阪神芝1600m3着(ボウルズ  0:1)
【母】ピンクアリエス
6戦0勝。
兄(本馬の伯父)スピリタスは関屋記念GV3着・京成杯オータムHGV3着。姪(本馬の従姉妹)タマノブリュネットはレディスプレリュード大井GUを勝ち、レパードSGV3着・TCK女王盃大井GV3着。
初仔はJRA1勝・地方2勝。第2仔デイズ(牡3歳)は地方2勝でJRA所属の現役。第3仔が本馬。
期待度50
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


凱旋門賞(日本馬惨敗)

2017/10/01 23:41
昨年に続き、今年もシャンティ競馬場で行われた凱旋門賞。
今年はサトノダイヤモンド(牡4歳・期待度100・年末推奨馬)とサトノノブレス(牡7歳・期待度70)が挑戦した。特に、サトノダイヤモンドに期待が集まった。
前哨戦のフォワ賞GUは4着に敗れたが、巻き返しに期待。

サトノダイヤモンドが通用しないのなら、日本競馬のレベル低下を疑わなければならない。
直線向いて、外からサトノダイヤモンドが来たと思ったが、残り400m過ぎで失速。昨年のマカヒキ同様惨敗だった。
サトノダイヤモンドは15着・サトノノブレスは16着らしい(出走18頭)。

勝ったのはイギリスの3歳牝馬エネイブル(Enable)。英オークスGT・愛オークスGT・キングジョージ6世&クイーンエリザベスSGT・ヨークシャーオークスGT、そして凱旋門賞GTと、これでGT5連勝である。
レース前、エネイブルの顔がTVに映ったが、目が大きくカワイイ顔をした牝馬である。アニメに出てくるようなパッチリ目で驚いたが、その馬がこんな強い勝ち方をしたので更に驚いた。

来年はロンシャン競馬場に戻るらしい。来年の凱旋門賞は現地に見に行くつもりである。
実現するかどうかわからないが、貧乏な私にとっては大きな目標だ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年10月1日(日)2歳戦

2017/10/01 21:27
NHKの朝ドラ「ひよっこ」が、昨日終わってしまった。
毎日録画して、土曜の夜に一週間まとめて見るというスタイルなので、昨夜、最終週(最終回)を見た。
有村架純ファンなので今回の朝ドラは見たのだが、内容の良いドラマだったと思う。
パターンなのだろうが、登場人物が皆いい人で、主人公を中心に皆がつながりを持ち、最後は皆が幸せになる。半年間、土曜の夜にまとめて見るのが楽しみだったが、なくなってしまうのは残念だ。巷で言われるような「ひよっこロス」って訳ではないが。
『すきすきすきすーき、すきすきすきすーき、・・君が好き』という挿入歌が耳に残る。誰が歌ってる?と思って調べたら、太田裕美と知ってビックリ。「恋の歌」というらしい。
昔、太田裕美も好きだったな。「木綿のハンカチーフ」よりも「雨だれ」とか「9月の雨」とか。


●4中9 2R 2歳未勝利 芝2000 良
ヴェロニカグレース (牝・美浦・武市康男)
父ハービンジャー 母エンジェルフォール(ジャングルポケット)
2:02:0(上3F34:9)
単勝2.6倍の1番人気に応えた。道中8〜9番手から4コーナーは9番手。直線で外に出して伸び、残り100m過ぎで先頭。そのままの勢いで引き離し1馬身1/4差での勝利だった。
【先頭の通過】49:4-62:3
【レースの上り】11:8-12:0-11:8
道中は中団から後方を進み、4コーナーは8頭の馬群の後ろでまわる。直線に入ると外に出して伸びた。残り200mでは1馬身差まで追い上げて、残り100m過ぎで先頭に立った。ただ、追い出すと口向きが悪く、戸崎圭太騎手は追い難かっただろう。それでも、差を開きながらのゴールで、このメンバーでは能力は抜けていた。勝ち時計2:02:0-34:9はまずまずだが、500万で即勝ち負けするには、もうワンパンチ必要で、2勝目まではやや時間がかかるレベルだろう。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 福島芝1800m3着(ナスノシンフォニー  0:3)
【母】エンジェルフォール
1戦0勝。
母(本馬の祖母)アドマイヤサンデーは阪神牝馬特別GU2着。姉(本馬の伯母)アドマイヤメガミはチューリップ賞GV2着。兄(本馬の伯父)フサイチホウオーは種牡馬。姉(本馬の伯母)トールポピー(牝2005年産・期待度90)はオークスGT・阪神ジュベナイルフィリーズGTを勝ち、チューリップ賞GV2着。兄(本馬の伯父)ナサニエルは全日本2歳優駿川崎GT2着。姉(本馬の伯母)アヴェンチュラ(牝2008年産・期待度65)は秋華賞GT・クイーンSGVを勝ち、エリザベス女王杯GT2着・札幌2歳SGV2着。
本馬が第2仔
期待度50

●4中9 5R 2歳新馬 芝1800 良
グローリーヴェイズ (牡・美浦・尾関知人)
父ディープインパクト 母メジロツボネ(スウェプトオーヴァーボード)
1:52:8(上3F34:9)
単勝1.7倍の1番人気に応えた。道中は半〜1馬身差で逃げるが、2コーナーで掛かり騎手が抑える。4コーナー1馬身半差から直線は2馬身差を保ち、1馬身3/4差での逃げ切り勝ちだった。
【先頭の通過】53:7-65:8
【レースの上り】12:2-11:5-11:2
好スタートから先手を奪うが、2コーナーから向正面にかけて掛かってしまう。向正面中間では落ち着いたが、4F53:7と極端に遅いペースになり掛かってしまったのだろう。4F過ぎからペースが上がり、上り3Fは12:2-11:5-11:2と加速した。逃げ馬がこのラップで走ったのでは、後続はどうすることもできない。展開の利はあったが、それ以上に能力差があっただろう。まだまだ幼さが残っているので、今後どこまで成長するかが鍵で、今回の課題が克服できれば500万でも上位争い可能だと思う。
【母】メジロツボネ
26戦4勝。芝1200m2勝、芝1400m2勝。重賞は未出走。
祖母(本馬の曾祖母)がメジロラモーヌという血統。
本馬が初仔。
【市場取引】
本馬は、1歳時のセレクトセールにて5616万円で取引された。
期待度55

●4中9 9R サフラン賞(500万下・牝) 芝1600 良
レッドレグナント (牝・美浦・大竹正博)
父ロードカナロア 母エンプレスティアラ(クロフネ)
1:35:2(上3F34:5)
単勝2.1倍の1番人気に応えた。道中1馬身〜1馬身半差での逃げ。4コーナーは1馬身半差の先頭から直線で一旦3馬身程離すが、最後は1馬身3/4差での逃げ切り勝ちだった。
【先頭の通過】36:5-48:6
【レースの上り】11:6-11:5-11:4
好スタートだが、ニシノウララがもっと良いスタートで、これをかわすのにやや脚を使った。直線に入ると後続を振り切り、残り100mでは3馬身程離す。ラスト50mは流したために差は縮まったが、それでも2馬身近い着差の逃げ切り圧勝だった。前走の未勝利戦も4馬身差の圧勝で、今回は初めて逃げ切った。逃げ切りなのに、上りは加速している。2戦連続で能力を見せての勝利で、次は重賞でも好勝負可能だろう。
父ロードカナロアは新種牡馬である。本日は下記アルモニカも勝ったので2勝。これで15勝目(13頭)である。新種牡馬のリーディングはもちろん、2歳リーディングも狙える位置にいる。今日現在で、ダイワメジャー・ディープインパクトに次いで3位。首位ダイワメジャーとの差は2450万円である。
【戦歴】3戦2勝
@新馬 東京芝1600m3着(ホーリーレジェンド 0:5)
A未勝利 札幌芝1500m1着(カシノデジール 4馬身)
期待度65(up)

●4阪9 2R 2歳未勝利 芝2000 良
シエラネバダ (牡・栗東・音無秀孝)
父ディープインパクト 母ミスパスカリ(Mr. Greeley)
2:02:2(上3F35:0)
単勝5.9倍の4番人気からの勝利。道中5〜7番手から4コーナーは5番手。直線外目から伸びて残り50mあたりで先頭に立ち、1馬身1/4差での勝利だった。
【先頭の通過】50:3-62:8
【レースの上り】11:8-11:8-11:9
道中は中団を進み、4コーナーで差を詰める。直線はなかなか前に追いつかなかったが、残り100mで並びかけて、残り50mあたりで前に出る。そして、勢いはそのままで引き離し、1馬身1/4差での快勝だった。比較的時計の出ている今日の阪神競馬場で2:02:2-35:0はやや物足りない気もする。レースを使った馬たちなので、今日の馬場ならば2分1秒台はほしいところだ。ただ、本馬は2ヵ月ぶりのレースで+16sで出走。このひと叩きで次は良くなるだろうから、500万でも上位争い可能だろう。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 阪神芝1800m6着(ダノンプレミアム  1:7)
【母】ミスパスカリ
22戦3勝。マーメイドSGV3着。
兄(本馬の伯父)が種牡馬クロフネ。姉(本馬の伯母)Bella BellucciはアスタリタS米GU・カムリーS米GVを勝ち、エルエンシノS米GU2着・エイコーンS米GT3着・サンタマルガリータH米GT3着・ガゼルH米GT3着・BCジュヴェナイルフィリーズ米GT3着・ラカニャーダS米GU3着。その産駒(本馬の従兄弟)GrapelliはサンラファエルS米GU3着。(本馬の従姉弟)Ciao BellaはランパートS米GVを勝ち、ラプレヴォワイヤントH米GV2着。
第2仔は2勝。第4仔マウントロブソン(牡4歳・期待度85)は現役で4勝。スプリングSGUを勝ち、皐月賞(6着)・ダービー(7着)にも出走した。第5仔ポポカテペトル(牡3歳・期待度65)は現役で3勝。第6仔が本馬。
期待度55

●4阪9 5R 2歳新馬 芝1400 良
アルモニカ (牝・栗東・西村真幸)
父ロードカナロア 母アフリカンピアノ(ディープインパクト)
1:22:2(上3F34:5)
単勝2.5倍の1番人気に応えた。道中2番手から4コーナーも2番手。直線に入るとすぐに先頭に立ち、残り200mで2着馬を振り切って3馬身差での圧勝だった。
【先頭の通過】35:2-47:5
【レースの上り】11:8-11:4-11:5
好スタートから逃げ馬を先に行かせて、2番手を進む。3コーナーからジワジワと差を詰めて、直線に入ると先頭に立った。外からバレンタインジェムが迫ってくるが、これを残り200mで振り切って、あとは差を広げる。ゴール前は流しても3馬身差での圧勝だった。なかなか強い競馬だったが、追い切りで目立った馬がいないようなメンバーで、やや低レベルだったかもしれない。1:22:2-34:5はデビュー戦としてはまずまずの時計で、このひと叩きで大きく良くなれば、500万でも上位争い可能だろう。
【母】アフリカンピアノ
未登録馬。入厩前に故障して競走馬にはなれなかった。
種牡馬Manduroの姪という良血。母(本馬の祖母)マンデラ(Mandela)は独オークス独GT3着・サンタバーバラH米GU3着・ポモーヌ賞仏GU3着。兄(本馬の伯父)ワールドエース(牡2009年産・期待度100・年末推奨馬)は種牡馬。
初仔カリンバ(牝3歳・期待度50)は現役で1勝。第2仔が本馬。
期待度45
記事へかわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年9月30日(土)3歳戦

2017/09/30 19:56
●4中8 5R 2歳新馬・牝 芝1600 良
デュッセルドルフ (牝・美浦・木村哲也)
父ノヴェリスト 母ガラディナー(サンデーサイレンス)
1:37:1(上3F34:3)
単勝2.7倍の1番人気に応えた。道中外7番手から4コーナーは外5番手。直線しばらく4番手のままだが、残り100mからジリジリと伸びて、ゴール前で先頭に立ちクビ差での勝利だった。
【先頭の通過】36:9-50:0
【レースの上り】11:7-11:3-11:6
スタートは良かったが抑えて外7番手。道中はこの位置で我慢をして、3コーナーから徐々に進出。4コーナーで先頭との差を1馬身強とした。ただ、直線はしばらくこの位置のままで、残り100mから差を詰めた。ゴール前で2頭をまとめてかわし、クビ差でゴール。僅差でもゴール前は余裕もあった。直線が11:3-11:6なので、なかなか差が詰まらなかったこともあるが、できる事なら残り200mまでに先頭に追いついた方が良かっただろう。なかなかエンジンが掛からず、坂を上がり相手が苦しくなったところで伸びたという競馬だった。このひと叩きで大きく良くならなければ、500万では苦しいレベルだと思う。
【母】ガラディナー
32戦2勝。ダート1200m1勝・ダート1700m1勝。重賞はチューリップ賞(12着)に出走。
弟(本馬の叔父)リザーブカードは関屋記念GV2着・富士SGV2着・阪神CGV3着・関屋記念GV3着。
第2仔は地方4勝。第3仔は1勝。第4仔は地方4勝。第5仔ベストリゾート(牡3歳・期待度50)は現役で2勝。第6仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、1歳時のセレクトセールにて2160万円で取引された。
期待度45

●4阪8 3R 2歳未勝利 芝1800 良
ヘンリーバローズ (牡・栗東・角居勝彦)
父ディープインパクト 母シルヴァースカヤ(Silver Hawk)
1:47:5(上3F33:8)
単勝1.1倍の1番人気に応えた。好スタートから道中は半〜1馬身差で逃げて、4コーナーは1馬身差。直線、馬なりのまま差を広げて、追うことなく4馬身差での逃げ切り楽勝だった。
【先頭の通過】48:8-61:3
【レースの上り】11:2-11:1-11:5
デビュー戦では好スタートから3番手に抑えたが、今回は無理に抑えず逃げた。直線に向くとM.デムーロ騎手が軽く促すと反応し、あとは持ったままで後続を子供扱いした。まったくの楽勝だったが、勝ち時計1:47:5-33:8は立派であり、しっかりと追っていたらどこまで離して、どのような時計だったのだろうと思わせる競馬だった。デビュー戦は、直線で先に抜け出したもののワグネリアンに外から抜かれ、その後盛り返して叩き合いとなるが、ハナ差競り負けた。それでも3着以下には5馬身差をつけたので、強い内容だった。更に、ワグネリアンは野路菊Sを圧勝したため、今回単勝1.1倍の圧倒的な人気になったのは当然だろう。デビュー戦時よりも素軽い動きになり、まさに能力全開であった。これならば、500万は楽に突破するだろうし、いきなり重賞でも好勝負可能だろう。ワグネリアンと本馬、いずれ再戦があるだろうが、どちらに軍配が上がるのか今から楽しみである。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 中京芝2000m2着(ワグネリアン  ハナ)
【母】シルヴァースカヤ
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。フランスで走り8戦5勝。ミネルヴ賞仏GV・ロワイヨモン賞仏GVを勝った。
姉(本馬の伯母)デインスカヤ(Daneskaya)はアスタルテ賞仏GUを勝った。その産駒(本馬の従兄弟)シックスセンスは種牡馬で、(本馬の従兄弟)デルフォイ(牡2006年産・期待度75)は京都新聞杯GU2着。姉(本馬の伯母)MumtazはイートンタウンS米GV2着・サンロマン賞仏GV3着。兄(本馬の伯父)Beriskaioはギシュ賞仏GV3着。
ドイツで生んだSeville(牡2008年産)は愛1勝・豪1勝。ザメトロポリタン豪GTを勝ち、愛ダービー愛GT2着・パリ大賞仏GT2着・レイシングポストトロフィ英GT2着・ターンブルS豪GT2着・ダンテS英GU2着・グレイトヴォルティジュールS英GU3着。アイルランドで生んだ第2仔は愛1勝。日本での初仔ヴィルジニア(牝2010年産・期待度65)は3勝。第2仔は2勝。第4仔シルバーステート(牡4歳・期待度85・年末推奨馬)は現役で4勝。第5仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、当歳時のセレクトセールにて1億2960万円で取引された。
期待度75

●4阪8 5R 2歳新馬 芝1800 良
アドマイヤキング (牡・栗東・友道康夫)
父キングカメハメハ 母アドマイヤテンバ(クロフネ)
1:49:9(上3F34:1)
単勝2.3倍の1番人気に応えた。道中4番手から4コーナーは僅差の2番手。直線すぐに先頭に並び、残り200m過ぎで前に出る。そして2馬身離しての快勝だった。
【先頭の通過】50:0-63:1
【レースの上り】11:1-11:2-11:8
前半はやや押しながらの追走で、外4番手を進んだ。残り4Fから差を詰めて、4コーナーは外をまわるが、内で逃げたナンゴクアイネットとほぼ並んでいる。直線に入ると内外やや離れているのでどちらが前なのか見分けがつかないが、残り300mあたりではナンゴクアイネットにリードされていたと思う。残り200m過ぎで前に出て、その後は引き離し、2馬身差で勝った。直線向いてからモタモタした印象だが、ラスト2Fが11:2-11:8なので、なかなか抜けなかったのだろう。ラスト1Fで勝負ありとなり引き離したが、時計は11:8と落ちてしまった。勝ち時計も1:49:9と、辛うじて1分50秒を切る時計だった。ただ、520sという雄大な馬体の馬のデビュー戦である。まだまだ良くなる余地は十分にあり、次走は時計も大幅に詰めてくるだろう。後続に2馬身差は見事であり、良血馬のデビュー勝ちなので当然注目だ。500万でも上位争いするだろうし、どのように変わってくるか楽しみである。
【母】アドマイヤテンバ
2007年産期待度60。22戦4勝。アドマイヤグルーヴの初仔ということで注目されたが、12月の新馬戦は2着に負け、2戦目の未勝利戦(芝2000m)で勝ちあがった。3戦目はフェアリーSGVに出走したが13着と大敗。続くエルフィンSも5着に負けて、クラシックには縁がなかった。その後は、芝1500m2勝・芝1800mで1勝したが、重賞出走は3歳時のフェアリーSのみで引退した。
母(本馬の祖母)アドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯GT2勝・ローズSGU・阪神牝馬SGU・マーメイドSGVを勝ち、秋華賞GT2着・桜花賞GT3着・天皇賞秋GT3着・エリザベス女王杯GT3着。妹(本馬の叔母)アドマイヤセプター(牝2008年産・期待度70)は京阪杯GV2着・スワンSGU3着・札幌2歳SGV3着・フェアリーSGV3着。弟(本馬の叔父)アドマイヤトライ(牡2009年産・期待度60)は阪神スプリングJJGU3着。同じく弟(本馬の叔父)ドゥラメンテ(牡2012年産・期待度105・年末推奨馬)は種牡馬である。
初仔アドマイヤローザ(牝3歳・期待度60・年末推奨馬)は現役で1勝。第2仔が本馬。
期待度55
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年9月24日(日)2歳戦

2017/09/24 21:43
●4中7 5R 2歳新馬 芝2000 良
ダイワメモリー (牝・美浦・国枝栄)
父ノヴェリスト 母ダイワスカーレット(アグネスタキオン)
2:06:1(上3F34:2)
単勝4.9倍の2番人気からの勝利。道中5番手から4コーナーも内目5番手。直線内ラチ沿いから抜けて、残り50m過ぎで逃げ馬の外からかわして先頭。3/4馬身差の勝利だった。
【先頭の通過】52:9-66:5
【レースの上り】11:6-11:5-11:5
最外12番枠から出遅れるが、1コーナーまでに盛り返した。1コーナーで先頭マイネルプリンチペが躓き、驚いた3番手の馬が外に逃げて、そのあおりを受けて頭を上げた場面があった。その後、14秒台のゆったりとした流れとなり、向正面では、後方から前に上がってくる馬も何頭かいるような流れとなった。5F過ぎからややペースが上がり、残り3Fからヨーイドンとなった。直線は内ラチ沿いから抜けて、逃げ馬の外から抜き去り3/4馬身差での快勝。新馬戦なので仕方がないが、超スローペースの変な競馬だったという印象である。2:06:1の勝ち時計はスローだったので仕方がないが、躓いたりして不利のあった逃げ馬が最後まで粘り2着だったりと、低レベルの新馬戦だったようにも思う。良血馬の新馬勝ちなので今後は大いに期待だが、このひと叩きで良くならなければ、500万では苦戦レベルだろう。
【母】ダイワスカーレット
12戦8勝。桜花賞GT・秋華賞GT・エリザベス女王杯GT・有馬記念GT・ローズSGU・産経大阪杯GUを勝ち、有馬記念GT2着・天皇賞秋GT2着・シンザン記念GV2着・チューリップ賞GV2着。アグネスタキオンの代表産駒であり、牡馬なら後継種牡馬として活躍していただろう。そう思うと、牝馬だったのが悔やまれるほどの名馬だ。
母(本馬の祖母)はスカーレットブーケで、兄(本馬の伯父)ダイワメジャーは種牡馬。姉(本馬の伯母)ダイワルージュ、その産駒(本馬の従兄妹)ダイワファルコンなど一族には活躍馬が多数いる。
第2仔ダイワレジェンド(牝2011年産・期待度60)は4勝。第3仔ダイワミランダ(牝5歳・期待度55)は現役で2勝。第4仔は地方1勝。第5仔ダイワエトワール(牝3歳)は現役で1勝。第6仔が本馬。初仔から第6仔の本馬まで、すべて牝馬である。
期待度50

●4中7 9R 芙蓉S(オープン) 芝2000 良
サンリヴァル (牡・栗東・藤岡健一)
父ルーラーシップ 母アンフィルージュ(アグネスタキオン)
2:03:6(上3F34:1)
単勝4.6倍の3番人気からの勝利。道中2番手から4コーナーも2番手。直線残り250mあたりで先頭に立ち、粘る2着馬を振り切って1馬身1/4差での快勝だった。
【先頭の通過】50:4-63:9
【レースの上り】11:7-11:1-11:5
道中は逃げ馬から1馬身半〜2馬身差で進み、3コーナーから差を詰めた。直線残り250mで逃げ馬をかわすが、外からファストアプローチも伸びていて、並んで先頭に立つ。残り200mから振り切って差を広げ、ゴール前30〜40mで田辺裕信騎手は手綱を緩めて流した。それでも差は変わらず、1馬身1/4差での勝利だった。札幌2歳SGV2着馬に完勝で、着差はこちらの方が上である。時計の出ない馬場であり、スローペースだったので2:03:6は平凡だが、直線は11:1-11:5ならば立派である。次走は重賞でも上位争い可能だろう。前走時『上のクラスで勝ち負けするにはもうワンパンチ必要で、2勝目までは時間がかかるかもしれない』と書いたが、いきなり2勝目をあげた。
【戦歴】2戦2勝
@新馬 新潟芝1800m1着(キングスヴァリュー 頭)
期待度65(up)

●4阪7 5R 2歳新馬 芝2000 良
ドンアルゴス (牡・栗東・庄野靖志)
父ドリームジャーニー 母ドナフュージョン(シンボリクリスエス)
2:02:8(上3F34:0)
単勝24.0倍の6番人気からの勝利。道中2〜3番手から4コーナーは2番手。直線に入ると3頭の争いになり、内から僅かに先頭。その後2頭の争いとなり、1/2馬身差競り勝った。
【先頭の通過】50:5-63:4
【レースの上り】11:8-11:2-11:3
道中3番手から5F手前で2番手に上がった。4コーナーでスパートしたが、外から上がった馬が先頭に立った。直線に入ると盛り返し、3頭の内から先頭に立つ。その後、3頭の争いとなるが、残り200mからは2頭に絞られる。そして、アルムフォルツァを半馬身差抑えて勝った。ドリームジャーニー産駒で6番人気からの勝利なのでフロックのようでもあるが、直線は11:2-11:3で走り、しっかりと競り勝った。なかなかのレースをしたので、このひと叩きで更に良くなれば、500万でも通用するだろう。
【母】ドナフュージョン
JRA28戦1勝・地方1戦0勝。芝2000mで勝っている。重賞は未出走。
第2仔は1勝。第3仔が本馬。
期待度55
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年9月23日(土)2歳戦

2017/09/24 15:14
●4中6 3R 2歳未勝利 芝1800 稍重
ゴーフォザサミット (牡・美浦・藤沢和雄)
父ハーツクライ 母ラグジャリー(Storm Cat)
1:49:4(上3F35:9)
単勝5.4倍の3番人気からの勝利。道中8番手から4コーナーも外8番手。直線外から伸びて、残り100mで先頭に立ち、2馬身1/2差での圧勝だった。
【先頭の通過】49:7-61:1
【レースの上り】12:1-12:2-12:2
スタートダッシュが悪く、一旦最後方11番手となるが、1コーナーまでに盛り返して道中は8番手。4コーナーで一杯かと思ったが、直線は鋭く追い込んだ。残り100mで先頭に立ってからも更に伸びて、差を開きながらのゴール。能力が違うという競馬だった。今日の中山は朝まで雨が残り、ダートは不良、芝コースは稍重でスタート。時計の出ない馬場で1分50秒を切ったのは立派だろう。デビュー戦から−12sで出走し、大きく良くなったものと思われる。ただ、鋭く追い込んだが、ハイペースだったため前がバテているのも事実である。上り3Fが12秒台のラップの中での追い込みなので、割引も必要だろう。それでも、500万ならば上位争い可能だと思う。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 札幌芝1800m5着(ルーカス 1:0)
【母】ラグジャリー
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。未出走。
姉(本馬の伯母)Humble EightはハニービーS米GVを勝ち、ファンタジーS米GU3着・アクサーベンオークス米GV3着。その産駒(本馬の従兄弟)Stage CallはアメリカンターフS米GV2着・愛フュチュリティS愛GU3着。姉(本馬の伯母)April StarlightはレイルウェイS愛GV3着。兄(本馬の伯父)Thady QuillはオークトリーBCマイル米GU2着。弟(本馬の叔父)AltiusはベレスフォードS愛GU3着・バリーサックスS愛GV3着。妹(本馬の叔母)Devoted To YouはデビュターントS愛GU2着・パークイクスプレスS愛GV2着。
日本での第2仔は1勝。第3仔は3勝。第4仔ショウナンマイティ(牡2008年産・期待度75)は4勝。産経大阪杯GUを勝ち、安田記念GT2着・産経大阪杯GU2着・鳴尾記念GV2着2回・宝塚記念GT3着・安田記念GT3着・京都記念GU3着。第5仔は地方1勝。第10仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、当歳時のセレクトセールにて4644万円で取引された。
期待度55

●4中6 5R 2歳新馬 芝1600 稍重
グランドピルエット (牝・美浦・田村康仁)
父ロードカナロア 母ザレマ(ダンスインザダーク)
1:36:8(上3F35:0)
単勝1.4倍の1番人気に応えた。道中5番手から4コーナーは外目4番手。直線残り100m手前で先頭に立ち、外から迫ってくる2着馬に3/4馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】37:3-49:4
【レースの上り】11:8-11:5-12:0
道中はやや行きたい素振りも見せながら5番手に抑えた。4コーナーは2番手争いする5頭が横一線でまわる。その5頭から、いち早く抜け出して先頭に迫った。残り100m手前で先頭に立ち後続を引き離すかに見えたが、後方からクリッパーがグングンと追い込んでくる。それでも、ゴール前は流し、クリッパーは3/4差届かなかった。あと50mあれば抜かれていた勢いだったが、これは2着馬を褒めるべきだろう。時計の出ない馬場なので1:36:8-35:0はまずまずだが、インパクトにやや欠けるレースで、2勝目までは時間がかかると思う。
父ロードカナロアは新種牡馬である。順調に勝ち星を重ね、本日は2勝。これで12勝目(11頭)である。
【母】ザレマ
33戦4勝。京成杯オータムHGVを勝ち、阪神牝馬SGU2着・京都牝馬SGV2着・クイーンSGV2着・福島牝馬SGV3着・京都牝馬SGV3着2回。オークス(10着)にも出走した。
母(本馬の祖母)シェンク(Shenck)は伊1000ギニー伊GUを勝った。兄(本馬の伯父)マルカシェンクは種牡馬。弟(本馬の叔父)ガリバルディ(牡6歳・現役・期待度65)は中京記念GVを勝ち、京成杯オータムHGV2着・京都新聞杯GU3着。
第2仔は4勝。第3仔バレッティ(騸3歳)は現役で未勝利。第4仔が本馬。
期待度45

●4阪6 3R 2歳未勝利 芝1800 良
マイスターシャーレ (牡・栗東・松田国英)
父ディープインパクト 母ウィステリアアーチ(キングカメハメハ)
1:48:2(上3F33:6)
単勝2.3倍の1番人気に応えた。道中5番手から4コーナーも5番手。直線外目から伸びて残り300mあたりで先頭に立つが、2着馬が迫り2頭の争いとなって、クビ差競り勝った。
【先頭の通過】48:3-61:3
【レースの上り】11:5-11:6-11:4
好スタートから5番手に抑えた。4コーナーでややもたついたものの、直線に入ると鋭く伸びた。残り200mからムーンレイカーとの叩き合いとなり、一旦抜かれたようにも見えたが、最後はクビ差競り勝った。3番手以下は7馬身も離れる争いで、ハイレベルな叩き合いだったと思う。ダートが稍重になっている水を含んだ良馬場で、1:48:2-33:6は優秀だろう。直線は11:6-11:4でまとめている。クビ差の辛勝だが、相手の能力は高く、クビ差よりも3着との差を評価するべきだと思う。デビュー戦は3着に負けたが、どうもレベルの高い新馬戦だったようで、4着マイハートビート(牡2歳・期待度50)は9月2日に勝ち上がり、5着のゴーフォザサミット(牡2歳・期待度55)は上記の通り本日勝ち上がった。2着のリシュブールは短期放牧から戻っている。今日のレース振りならば、500万でも勝ち負け可能で、重賞でも上位争い可能だろう。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 札幌芝1800m3着(ルーカス 0:3)
【母】ウィステリアアーチ
2戦0勝。
兄(本馬の伯父)レッドスパーダ(牡2006年・期待度60)は種牡馬である。
第3仔アーキタイプ(牝3歳)は現役で未勝利。第4仔が本馬。
期待度60

●4阪6 9R ききょうS(オープン) 芝1400 良
タワーオブロンドン (牡・美浦・藤沢和雄)
父Raven's Pass 母スノーパイン(Dalakhani)
1:21:7(上3F35:2)
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中10番手から4コーナーは外目7番手。直線絶好の手応えのまま差を詰めて、残り150mで先頭に立ち、3馬身1/2引き離しての圧勝だった。
【先頭の通過】33:5-45:2
【レースの上り】12:1-12:4-12:0
スタート後、馬群からやや離れた10番手を進んだが、2Fあたりで追いついた。ハイペースの競馬になり4Fあたりでペースが落ちたため、楽に上がることができた。直線も馬なりのまま差を詰めて、残り200mあたりで追うが、ステッキは使わず一気にかわした。乱ペースだったこともあるが、余裕で3馬身半差の勝利。強い競馬だった。今回芝1400mで圧勝したので、しばらくは短い距離を使うだろうが、マイルから1800m・2000mと距離延長をしていってほしいと思った。
【戦歴】3戦2勝
@新馬 札幌芝1500m1着(キルロード 2馬身1/2)
Aクローバー賞 札幌芝1500m2着(ダブルシャープ 3/4)
期待度60(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

natsuryoのダービーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる