アクセスカウンタ

natsuryoのダービーへの道

プロフィール

ブログ名
natsuryoのダービーへの道
ブログ紹介
勢いで始めてしまったブログです。「自分の性格上、続かないだろうな」と半信半疑で書き始めたのですが、10年目に突入しました。
2歳戦(3歳戦)の解説を毎週行い、2017年のダービー馬を探して行きたいと思います。
もちろんオークス馬も。
これからもよろしくお願いします。
尚、「期待度」とは、「ダービー・オークスへの期待度」です。最高値は100のつもりはありません。
zoom RSS

2017年1月15日(日)3歳戦

2017/01/15 21:38
本日、積雪により中京競馬と京都競馬が中止となった。
代替競馬は中京競馬が1月16日(月)、京都競馬は1月17日(火)に行う。


●1中5 11R 京成杯(GV) 芝2000 良
コマノインパルス (牡・美浦・菊川正達)
父バゴ 母コマノアクラ(フジキセキ)
2:02:5(上3F35:6)
まずまずのスタートから1コーナーは外12番手でまわる。向正面に入っても12番手を進む。先頭の1000m通過が1:01:6のペース。残り800m過ぎから外を通り押し上げて、残り600mは9番手で通過し、4コーナーは2馬身半差の外7番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り200m手前で先頭に立つ。残り100mは1馬身差の先頭で通過するが、外からガンサリュートが2番手に上がり差を詰めて来る。これを、クビ差抑えてゴールした。
単勝3.8倍の1番人気に応えた。道中12番手だが残り4Fから進出し、4コーナーは7番手。直線残り200m手前で先頭に立ち、一旦1馬身離すが、最後はクビ差まで迫られての勝利だった。
レースの上り3Fは12:2-12:0-12:1と、12秒そこそこの上りとなった。最後まで落ちていないのは良かったと思う。
後方待機から、残り800mでゴーサイン。これに応えてスーっと上がり、4コーナーでは先頭に3馬身以内に迫った。最後にクビ差まで迫られたが危ないところはなく、堂々たる勝利だった。ただ、今回のメンバーは2勝馬が1頭のみという寂しいメンバーで、レベル的には500万よりやや高いというところだろう。それでも0:1差の3着マイネルスフェーンは、ホープフルSGU2着馬(0:2差)なので、500万よりやや高いレベルとは失礼かもしれない。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は東京の芝2000m戦。道中3〜4番手から4コーナーは4番手。直線内ラチ沿いから伸びて残り300mで先頭。外から伸びた2着馬に迫られるが、クビ差凌いでの勝利だった。2戦目の前走は葉牡丹賞(勝ち馬:レイデオロ)で、1馬身半差の2着だった。
ホープフルSGUを勝って3戦3勝のレイデオロと、葉牡丹賞で0:2差のレースをしたので、実力通りの結果ともいえる。初戦時に『今後、更に良くならないと500万では苦戦レベルだろう』と書いたが、その馬が重賞を勝った。ただ、更に良くならないと、レイデオロの壁は突破できないだろう。
期待度70(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年1月14日(土)3歳戦

2017/01/14 23:25
「何で競馬に行くのにスーツ着てんの?」
と、娘(大学3年)に言われた。
「ほら、表彰式(本当は口取り記念写真)に出なければならないから」
との朝の会話。

私が出資しているスズカゼ(牝3歳)が、中山競馬第9R菜の花賞に出走するのだ。
7月17日の未勝利戦を勝った後、3ヵ月半の休養明けで京王杯2歳SGVに挑戦し13頭中12着。2週間後、赤松賞に出走。直線よく粘って0:1差の5着。そして、前走は阪神ジュベナイルフィリーズGTに挑戦し10着。今日が6戦目である。

私は一口歴29年目のベテランである(2012年5月18日の記事参照)(2012年9月24日の記事参照)。
ただし、貧乏なので基本的には1頭ずつしか出資できない。出資馬が引退したら次の馬に出資するというパターンで細々と続けている。そのため、29年目で16頭しか出資していない。
ただ、現2歳牡馬にも出資したので、現在はたまたま2頭持ちで、スズカゼは15頭目の出資馬ということになる。

今日は浪人中の息子がセンター試験で、試験会場まで自動車で送った後、そのまま中山競馬場へ向かった。
口取りの際の荷物持ちと、ビデオ撮影要員で家内に付き合ってもらったのだが、前回撮影に失敗(2016年7月17日の記事参照)しているので、とても嫌がっていた。
「どうせ勝たねぇから大丈夫だよ」と言い、連れて行った。
画像
レース内容は下記の通りである。
『勝てるかも』と内心思いながらも、6番人気からの勝利なのでとても興奮した。ただ、口取りは2回目なので落ち着いて撮影に臨めた。『福島で一緒に撮った方々(私以外の4名)に再び会えるのかな』と思ったが、会えたのは1人だけだった。
家内は、ビデオも写真も今回はしっかりと撮ってくれた。ちなみに、家内とスズカゼのレースを見に行くと、3戦2勝5着1回(0:1差)の好成績である。
この勝利で、4月9日(日)再び阪神競馬場へ応援に行く可能性が高くなってきた。家内と行けば勝てるかもしれない。


●1中4 9R 菜の花賞(500万下・牝) 芝1600 良
スズカゼ (牝・美浦・伊藤正徳)
父ディープブリランテ 母バレンソール(アフリート)
1:36:1(上3F35:5)
好スタートから外4番手につけるが、2F過ぎで3番手に上がる。先頭の4F通過が48:1のペース。このあたりは4番手で通過するがすぐに3番手に上がり、4コーナーは先頭から2馬身差の外3番手でまわる。直線に入ると外目を伸びて、残り170mあたりで先頭に立つ。残り100mは半馬身差の先頭で通過し、ジリジリと差をつける。この後、外からシンボリバーグが2番手に上がり差を詰めてくるが、最後は3/4馬身差でゴールした。
単勝17.5倍の6番人気からの勝利。道中3〜4番手から4コーナーは3番手。直線伸びて残り170mあたりで先頭に立ち、徐々に差をつけて3/4馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:9-11:9-12:0と、12秒前後の上りとなった。ややペースが速かったので、ラストがあまり落ちていないのは良かったと思う。
道中は外目を進み、逃げ馬を射程圏内におさめながら進んだ。4コーナーで仕掛けて、すぐ後ろにいた1番人気シンボリバーグとの差を開いた。直線に入ると、同馬に2馬身以上の差をつけた。最後に詰められたが時すでに遅しで、大野拓弥騎手の絶妙な判断での勝利と言えるだろう。今日の中山競馬場はダートが稍重になっている通り、力のいる馬場で、それも本馬には有利にはたらいたと思う。ただ、1:36:1-35:5はやや平凡で、重賞で上位争いするにはラストであと0:2秒、1分35秒台が必要だっただろう。この後の休養で、更なる成長に期待である。
これで6戦2勝となった。デビュー戦は東京の芝1600m戦(勝ち馬:ウインシトリン)で、0:9差の8着。2戦目は福島の芝1200m戦で、2着に半馬身差で勝った。3戦目は京王杯2歳SGU(勝ち馬:モンドキャンノ)で、1:1差の12着。4戦目は赤松賞(勝ち馬:コーラルプリンセス)で、0:1差の5着。5戦目の前走は阪神ジュベナイルフィリーズGT(勝ち馬:ソウルスターリング)で、1:5差の10着だった。
母は21戦4勝(内障害1戦0勝)。ダート1400mで3勝とダート1200mで勝っている。重賞は京都牝馬S(12着)に出走した。母(本馬の祖母)ミストラルアゲンは、札幌3歳SGV2着・テレビ東京3歳牝馬SGV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第5仔だが、初仔は地方1勝。第2仔シップウ(騸6歳)は現役で3勝。第4仔ラインフィール(牡4歳)は現役で1勝と活躍中だ。
自分の出資馬を本ブログで記事にできるなんて、10年目にして初めてである。感無量だ。
期待度65

●1京4 9R 白梅賞(500万下) 芝1600 良
オールザゴー (牡・栗東・矢作芳人)
父ステイゴールド 母アルーリングボイス(フレンチデピュティ)
1:35:8(上3F35:8)
好スタートからハナに立つ。道中は半馬身〜1馬身差で逃げて、4Fを47:6で通過する。その後も1馬身差で逃げて、4コーナーも1馬身差の先頭でまわる。直線に入るとジワジワと差を開くが、残り250mあたりで2番手に上がったナンヨーマーズが差を詰めてきて、残り200mは1馬身1/4差で通過する。しかし、この後差を開き、残り100mで1馬身半差として、最後は2馬身差でゴールした。
単勝11.1倍の4番人気からの勝利。好スタートから道中は半馬身〜1馬身差の逃げ。4コーナー1馬身差から徐々に差をつけて、最後は2馬身差での逃げ切り勝ちだった。
上り3Fは12:5-11:7-11:6と、加速している。ややハイペースで逃げながら上りで加速するのは立派である。
道中はサングレーザーが絡んできてペースが速くなった。それでも直線で差を広げて、能力の高さを見せた。前走は出遅れて後方からの競馬となったが、今回はしっかりと出て、逃げ切った。ただ、1.7倍の1番人気サングレーザーがスタートで躓き、左のつま先が鐙から外れるアクシデントがあり惨敗。これも有利にはたらいただろう。また、今回は相手が小粒だったので、2馬身差を大きくは評価出来ないと思う。重賞では苦戦するレベルかもしれない。
これで5戦2勝となった。デビュー戦は中山の芝1800m戦(勝ち馬:ツヅク)で、1馬身1/4差の2着。2戦目は東京の芝1800m戦(勝ち馬:ベストリゾート)で、2馬身差の2着。3戦目は福島の芝1800m戦で、2着に1馬身差で勝った。4戦目の前走は千両賞(勝ち馬:アルアイン)で、0:9差の7着だった。
母は21戦4勝。小倉2歳SGV・ファンタジーSGVを勝ち、北九州記念GV2着など重賞での活躍馬だ。 デビュー2戦目から4連勝し、阪神ジュベナイルフィリーズでは1番人気に推されたが14着。桜花賞にも出走し7着だった。母(本馬の祖母)アルーリングアクトは小倉3歳SGVを勝っている。繁殖に上がり本馬が第4仔だが、初仔は3勝。第3仔は地方で1勝している。
期待度65
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年1月8日(日)3歳戦

2017/01/08 20:07
●1中3 6R 3歳新馬 芝2000 良
ルヴォワール (牝・美浦・手塚貴久)
父ハーツクライ 母リュヌドール(Green Tune)
2:03:6(上3F35:8)
まずまずのスタートから1コーナーは内4番手でまわる。向正面に入っても内4番手を進む。先頭の1000m通過が1:02:7のペース。3コーナーで5番手に下がるが、内を通り先頭との差を詰めて、4コーナーで外に出して先頭から2馬身弱の差の5番手でまわる。直線に入ると外目から伸びて、残り200m手前で先頭に立つ。大外からサトノルーラーが伸びて2番手に上がるが、残り100mはこれに2馬身弱の差をつけている。この後、サトノルーラーがジリジリと詰めて来るが、最後は1馬身1/4差でゴールした。
単勝2.5倍の1番人気に応えた。道中4〜5番手から4コーナーは5番手。直線残り200m手前で先頭に立ち、1馬身1/4差での勝利だった。
レースの上り3Fは12:2-12:1-11:8と、12秒前後ながら加速した。平均ペースのレースだったが、ラストは11:8と最後までしっかりと走った。
4コーナーまで内々を進み、4コーナーで外に出した。直線向いてからもしっかりと伸びて、最後に2着馬に詰められたが危ないところは無く、3着以下を離しながらのゴールだった。526kgの大型牝馬で、仕上がってはいたが、若干余裕のある馬体だった。このひと叩きで更に良くなれば、500万でも好勝負可能だと思う。ただ、年明けの新馬戦なので、出走馬のレベルはやや下がっているだろう。
母はフランス産の輸入繁殖牝馬。フランス・イタリア・イギリス・アメリカ・日本で走り、仏8戦3勝・伊1戦1勝・英1戦0勝・米2戦0勝・日1戦0勝の通算13戦4勝。リディアテシオ賞伊GT・ポモーヌ賞仏GU・マルレ賞仏GUを勝ち、ヨークシャーオークス英GT3着・ヴィシー大賞仏GV3着などの実力馬だ。2004年のジャパンCで来日し、ゼンノロブロイの7着だった。母(本馬の祖母)Luth D'Orは、フィユドレール賞仏GV2着・ロワイヤリュー賞仏GV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が日本での第3仔だが、アイルランドで生んだ第4仔がフランスで2勝している。
期待度55

●1中3 11R フェアリーS(GV・牝) 芝1600 良
ライジングリーズン (牝・美浦・奥村武)
父ブラックタイド 母ジョウノファミリー(キングカメハメハ)
1:34:7(上3F35:4)
まずまずのスタートから外10番手につける。縦長の展開となり、中団より後方の10番手を進む。先頭の4F通過が46:1のペース。残り600mから外を通り押し上げて、4コーナーは先頭から2馬身差の外4番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り200mは半馬身差の2番手で通過する。残り100mで内で粘るアエロリットをかわして先頭に立ち、ジリジリと差をつけて、最後は3/4馬身差でゴールした。
単勝36.0倍の10番人気からの勝利。道中10番手から4コーナーは4番手。直線外から伸びて残り100mで先頭に立ち3/4馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは12:4-12:0-12:3と、12秒台が並んだ。降りだした雨の中、46:1-58:0のハイペースだったので、上りがかかった。
中団よりも後方を進み、3コーナーから4コーナーにかけて手応え良く上がった。直線入口では先頭を射程圏内にとらえて、直線でしっかりととらえた。前走が重賞で13着に大敗し、今回は10番人気と人気薄だったが、レース振りは堂々としていて、休養前よりも大きく成長したと思われる。例年、フェアリーSは500万と同じようなレベルのレースになるが、今回も1・2番人気が500万の馬で、1〜7着馬も500万の馬だった。ただ、ゆるくなった今日の馬場で、1:34:7-35:4ならば十分だと思う。重賞を勝ち、春はクラシックに向かうのだろうが、まだまだ成長しないと上位争いは難しいだろう。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は中山の芝1600m戦。道中7〜9番手から4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り50mあたりで先頭に立ち、3/4馬身差での勝利だった。2戦目の前走はアルテミスSGV(勝ち馬:リスグラシュー)で、1:6差の13着だった。
伯父のブルーコンコルドは、地方GT7勝のダートでの活躍馬である。新馬戦は稍重、今回は雨中の良馬場。力のいる馬場が良いのかもしれない。
期待度65(up)

●1京3 11R シンザン記念(GV) 芝1600 重
キョウヘイ (牡・栗東・宮本博)
父リーチザクラウン 母ショウナンアネーロ(ダンスインザダーク)
1:37:6(上3F36:7)
出遅れて半馬身程度の不利。すぐに抑えて最後方15番手をポツンと追走する。2Fで馬群とは4馬身程離れていたが、この後盛り返し3Fで馬群に追いつく。先頭の4F通過が47:1のペース。残り600mから内を押し上げて、4コーナーは内12番手でまわる。直線に入ると馬群に突っ込んで行き、残り300mは9番手で通過するが、前がゴチャついていると見るや外目に進路を変える。残り200mは2馬身差の6番手まで迫るが、前が狭くなる。ただ、タイセイスターリーが外へとヨレたため前が開き、ここを突いて伸びる。残り100m過ぎで一気に先頭に立ち、2着争いを制したタイセイスターリーに1馬身差をつけてゴールした。
単勝27.4倍の8番人気からの勝利。出遅れて最後方15番手からの競馬となり、4コーナーは12番手。直線は馬群を縫って伸び、残り100m過ぎで先頭。1馬身差での差し切り勝ちだった。
レースの上り3Fは12:8-12:7-12:6と、12秒台後半と遅い上りとなったものの、加速している。
人気薄の馬が鮮やかな差し切り勝ちを決めた。直線はゴチャゴチャした競馬だったが、これの影響は受けず、馬群を割って伸びた。鮮やかな差し切りだったが、運も味方した。雨が本降りとなり、馬場が前のレースよりも更に悪化していた。その中で、4F47:1は明らかにオーバーペースで、後方待機の本馬には有利にはたらいた。馬群の中を伸びて前が狭くなる場面もあったが、その直後に前が開いた。更に、1・2番人気馬は直線で不利を受けた。これらのことが重なっての勝利だが、前走も重馬場で2着に来ているように、おそらく道悪は上手いのだと思う。したがって、馬場が悪化したときには注意が必要だろう。
これで6戦2勝となった。デビュー戦は中京の芝1400m戦(勝ち馬:メイショウソウビ)で、0:8差の4着。2戦目は小倉の芝1200m戦で、2着に1馬身半差で勝った。3戦目は小倉2歳SGV(勝ち馬:レーヌミノル)で、1:1差の4着。4戦目は万両賞(勝ち馬:カラクレナイ)で、0:5差の8着。5戦目の前走は千両賞(勝ち馬:アルアイン)で、1馬身差の2着だった。
父リーチザクラウン(2006年産・期待度105)は、現3歳馬が初年度産駒である。昨年(2歳馬)は5勝(5頭)という成績で、本ブログで期待度をつけたのは本馬が2頭目である。2勝馬は本馬が初であり、これが産駒重賞初制覇である。
母は3戦0勝。母(本馬の祖母)ショウナンハピネスは、府中牝馬SGV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、初仔ビームライフル(牡2009年産・期待度50)は3勝。第2仔は地方1勝。第3仔は地方6勝。第4仔は地方で2勝している。
尚、年末推奨馬2頭が出走していたが、アルアイン(期待度70)は6着。ペルシアンナイト(期待度70)は3着に負けた。ただ、2頭とも前が塞がる不利があり、特にアルアインは、行き脚がついたときに前の馬が斜行して、前にぶつかったのか落馬しそうになるほど躓いた。その後もインを突いて伸びたが、再び狭くなって、まったく競馬にならなかった。2頭とも次走に期待である。
期待度60
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年1月7日(土)3歳戦

2017/01/07 18:37
●1中2 9R 寒竹賞(500万下) 芝2000 良
ホウオウパフューム (牝・美浦・奥村武)
父ハーツクライ 母マチカネタマカズラ(Kingmambo)
2:01:5(上3F34:5)
気持ち出遅れて後方に下がる。1コーナーは最後方から2頭目の8番手でまわる。向正面に入ると縦長の展開になる中、後方8番手を進む。先頭の1000m通過が1:01:3のペース。このあたりではペースが落ちて縦長も解消するが、5F過ぎで最後方9番手に下がる。残り600mでは馬群が一団となり、4コーナーは大外最後方9番手でまわる。直線に入ると外からグングンと伸びて、残り200mで先頭から2馬身差の5番手に上がる。そして、残り100mで逃げ馬をかわして先頭に立つ。アーザムブルーが2番手に上がるが、最後の20mは手綱を抑えて2馬身差でゴールした。
単勝2.0倍の1番人気に応えた。道中8〜9番手から4コーナーは最後方9番手。直線大外を鋭く伸びて残り100mで先頭に立ち、最後は2馬身差離しての圧勝だった。
レースの上り3Fは12:0-11:8-11:5と、加速する上りの中を差し切っている。本馬はラスト1Fを11:2〜11:3程度で走っただろう。
後方待機から直線はしっかりと伸びた。単勝2.0倍の人気を背負いながら、最後方でも直線まで慌てずに抑えて、直線はしっかりと伸びた。田辺裕信騎手は自信を持った乗り方をした。2馬身差だが着差以上の能力差で、強い競馬だったと思う。加速する上りの中を差し切ったのは素晴らしく、ゴール前も余裕があった。ただ、500万特別でもメンバーが小粒だったことは確かである。牝馬が芝2000mでこれだけのレースをしたのだから、オークスに向けて楽しみである。2000mを超える牝馬の重賞がフローラSまでないのは残念だが、次走が重賞でも上位争いは可能だろう。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は新潟の芝1800m戦(勝ち馬:ランガディア)で、0:1差の3着。2戦目の前走は東京の芝2000m戦。道中外8〜9番手から4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り200mで先頭に立ち、1馬身半差での快勝だった。
前走時、『勝ちきるまでは数戦必要かもしれない』と書いたが、大ハズレだった。
期待度70(up)

●1京2 6R 3歳新馬・牝 芝1600 良
ワールドフォーラブ (牝・栗東・音無秀孝)
父ディープインパクト 母ユニバーサル(ブライアンズタイム)
1:36:4(上3F35:1)
絶好のスタートからハナに立ち、道中は1馬身弱の差で逃げる。4Fは48:7で通過し、その後も1馬身弱の差で逃げて、4コーナーは1馬身差の先頭でまわる。直線に入ると後続を引き離し、残り200mは2馬身弱の差で通過する。残り100mは追ってくるキャンディストームに1馬身半差で通過するが、この後グングンと詰められて、最後はクビ差まで迫られてゴールした。
単勝2.3倍の1番人気に応えた。好スタートから1馬身弱の差で逃げて、4コーナーは1馬身差の先頭。直線は一旦2馬身近くまで離したものの、最後はクビ差まで詰められての逃げ切り辛勝だった。
上り3Fは12:2-11:4-11:5と、直線は11秒台の中盤でまとめた。このラスト2Fの時計なら、詰めてきた2着馬を褒めるべきだろう。
4コーナーでスパートし、そのまま2馬身程度での逃げ切りかと思ったが、最後に詰められた。道中1馬身弱でマークされながらも力を余して、直線で引き離した。逃げ馬がラスト1Fを11:5でまとめたのだから、詰められたことは気にする必要はないだろう。ただ、1:36:4-35:1は、時計の出ている京都の馬場では物足りない気がする。2戦目で大きく良くならなければ、500万は苦戦レベルだろう。
母は36戦3勝。芝2000m2勝とダート1800mで勝っているが、重賞には出走していない。母(本馬の祖母)がオークス馬エリモエクセルという良血で、オークスGTの他、中京記念GV・マーメイドSGV・府中牝馬SGVを勝ち、阪神牝馬特別GU3着など重賞で活躍した。繁殖に上がり 本馬が第5仔だが、初仔は地方1勝。第2仔は地方で3勝している。
本馬は、1歳時のセレクトセールにて3240万円で取引された。
期待度45

●1京2 9R 福寿草特別(500万下) 芝2000 良
サトノリュウガ (牡・栗東・平田修)
父ハービンジャー 母サトノユリア(ディープインパクト)
2:00:3(上3F34:7)
まずまずのスタートから1コーナーは内4番手でまわる。向正面に入ると前2頭が後続を大きく離す展開となり、中団より後方よりの6番手を進む。先頭の1000m通過が59:7のペース。本馬は1:01:6程度で通過する。この後、内を通り押し上げて、残り800mは4番手で通過する。ここでは前2頭の差がだいぶ縮まり、残り600mでは一団となる。4コーナーは先頭にクビ差程度の内3番手でまわる。直線に入ると3頭の争いになるが、残り250mあたりで僅かながら先頭に立つ。残り200mはクビ差の先頭だが、ここから伸びて残り100mは1馬身差とする。外から2番手に上がったエアウィンザーが差を詰めて来るが、最後は3/4馬身差でゴールした。
単勝33.0倍の8番人気からの勝利。道中6番手から4コーナーは3番手。直線内から伸びて残り250mあたりで先頭に立ち、一旦は1馬身以上離すが、最後は3/4馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは12:1-11:3-11:7と、ラストが若干落ちた。前が飛ばしてのややハイペースの競馬だったので、ラスト11:7は問題ないだろう。
ペースが速くなったので後方に控えて、3コーナー手前から進出した。内の経済コースをまわり、直線も内から伸びたのだが、単勝8番人気馬とは思えない堂々とした勝ちっぷりだった。2着のエアウィンザーも3着のプラチナムバレットも、そこそこのレースをして勝ち上がってきた馬で、これを蹴散らしたのだから価値があるだろう。勝ち時計2:00:3-34:7も優秀で、次走が重賞でも上位争い可能だと思う。
父ハービンジャーで母父ディープインパクトという血統である。この先、この組み合わせは増えるだろうが、現在は4歳馬が2頭、3歳馬が3頭登録され、本馬が初勝利馬である。
これで4戦2勝となった。デビュー戦は札幌の芝1800m戦(勝ち馬:コリエドール)で、0:9差の4着。2戦目は札幌の芝2000m戦(勝ち馬:ユノディエール)で、0:7差の5着。3戦目の前走は京都の芝1800m戦で、2着に半馬身差で勝った。
母は4戦1勝。芝1800mを勝っているが重賞には出走していない。祖母(本馬の曾祖母)がエアグルーヴであり、現在最も活力のある牝系の出である。ただし、母(本馬の祖母)ソニックグルーヴの系統からは重賞勝ち馬は出ていない。繁殖に上がり本馬が初仔である。
期待度70
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2017年1月5日(木)3歳戦

2017/01/05 20:42
あけましておめでとうございます。
本年も「natsuryoのダービーへの道」をよろしくお願いします。

本日、イキモノガカリが放牧・休養というニュースがありました。
放牧明けでガラリ一変があるのか。それとも、このまま引退なのか。
復帰戦を楽しみに待ちましょう。


●1中1 9R ジュニアC(オープン) 芝1600 良
ナイトバナレット (牡・栗東・矢作芳人)
父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー(Favorite Trick)
1:34:7(上3F35:3)
出遅れて半馬身程度の不利。無理せず最後方16番手に控える。3F手前から押し上げて、3F過ぎで15番手に上がる。先頭の4F通過が45:9のペース。このあたりは12番手を進み、4コーナーは外から3頭目の12番手でまわる。直線に入ると外を伸びて、残り200mは9番手で通過する。残り100mは外6番手だが、先頭までは3馬身以上差がある。ここからも鋭く伸びて、最後は内で粘るディバインコードをクビ差差し切ってゴールした。
単勝6.2倍の3番人気からの勝利。出遅れて最後方16番手から道中は徐々に上がり、4コーナーは12番手。直線外から伸びて、ゴール前で追いつきクビ差での差し切り勝ちだった。
レースの上り3Fは12:4-12:0-12:1と、12秒台ながらそれ程落ちていない。この中を差し切った。
出遅れて最後方からの競馬。直線は外から良く伸びた。レースが45:9-58:2とハイペースだったため、上り35:3でも鮮やかに差し切る事ができた。着差はクビ差だが脚色が違っていて、更に距離があればもう少し離していただろう。ただ、接戦となった2着・3着馬はこのハイペースを2〜4番手で進めた馬であり、それでも粘るのだから立派である。また、展開には恵まれたが勢い良く差し切った本馬も優秀で、直線の長い競馬場ならば、十分に能力を発揮できそうである。スタートが課題の馬で、全5戦のうち2戦目だけがまずまずのスタートだった。出遅れたりダッシュがつかなかい競馬ばかりなので、重賞で好走するためには、ここの矯正が必要だろう。
これで5戦2勝となった。デビュー戦は阪神の芝1800m戦(勝ち馬:ムーヴザワールド)で、0:6差の4着。2戦目は京都の芝1600m戦(勝ち馬:ハムレット)で、0:8差の3着。3戦目は新潟の芝1400m戦で、2着に半馬身差で勝った。4戦目の前走はひいらぎ賞(勝ち馬:アウトライアーズ)で、0:4差の3着だった。
母はアメリカ産の外国産馬として日本で走り23戦3勝。芝1200m2勝とダート1200mで勝っている。重賞はクイーンC(8着)に出走した。繁殖に上がり本馬が第7仔だが、初仔は1勝。第2仔は地方3勝。第3仔は3勝。第4仔は1勝。第6仔アルジャンテ(牝4歳)は現役で3勝と活躍中だ。
期待度60

●1京1 6R 3歳新馬 芝2000 良
スズカメジャー (牡・栗東・橋田満)
父ダイワメジャー 母スプリングサンダー(クロフネ)
2:05:6(上3F35:0)
好スタートから1コーナーは内4番手でまわる。2コーナーで行きかけたので抑えると、口を割る場面があり。向正面に入ると5番手で落ち着く。先頭の1000m通過が1:04:8のペース。残り4Fからペースが上がり、4コーナーは馬群が一団となる中、先頭から1馬身半差の最内5番手でまわる。直線に入ってもしばらく1馬身半差だが、残り200mは3番手で通過する。この後、内から2頭目の位置を伸びて、残り80mあたりで先頭に立つ。外にいたロードアルバータが2番手に上がるが、これに1馬身差でゴールした。
単勝5.0倍の3番人気からの勝利。道中4〜5番手から4コーナーは5番手。直線内から2頭目の位置を抜けて残り80mあたりで先頭に立ち、1馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは12:2-11:8-11:3と、加速した。本馬はラスト1Fを11:1程度で走っただろう。
終始内々をまわり、直線は上手く抜けて伸びた。スローペースだが、直線に入るまでは12秒台だったため上り3Fもあまり速くはなく、ラスト1Fがレース中最速のラップだった。直線は2・3着馬を追い抜いての勝利であり完勝なのだが、2:05:6-35:0は平凡である。今日の馬場は、11R京都金杯で1:32:8が出ている通り、遅い馬場ではない。直線だけの競馬ならば10秒台が出ていてもおかしくはないだろう。やや低レベルの新馬だったようで、大きく良化しなければ500万では苦戦すると思う。
母スプリングサンダー(2007年産・期待度55)は30戦5勝。8月の新潟芝1400m新馬戦を快勝後、新潟2歳SGV5着・ファンタジーSGV8着と負けて、その後3戦着外後、4月の500万下芝1200mで2勝目をあげたがオークスには出走しなかった。古馬になり芝1400mを3勝し、重賞は阪急杯GV2着・CBC賞GV2着・阪神牝馬SGU3着など好走した。兄(本馬の伯父)が種牡馬スズカマンボという良血馬である。繁殖に上がり本馬が初仔だ。
本馬は、当歳時のセレクトセールにて3024万円で取引された。
期待度45
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年まとめ(6)おもむくまま飾らぬまま

2016/12/31 18:01
「ガッキーと有村、どっちが好き?」
で始まる本ブログ、昨年の大みそかの記事。2016年の前半は有村さん。後半はガッキーが好きだった。
フジテレビのドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」を見ていた1月〜3月。『やっぱり有村だろ〜』って感じだった。このドラマ、月9なのに視聴率が取れないなどと散々な評価だったが、ダメなドラマとは思わなかった。ただ、突っ込みどころは満載だった。
今年の10月16日。東京競馬場でボ〜っと競馬の予想をしていたところ、ターフビジョンに来賓席から手を振る有村さんの笑顔が映し出された。「えっ、どこ?有村来てんの??」と慌てて一緒にいた連中に聞いたが、良く考えたら京都競馬場(秋華賞)の映像だった。

TBSのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」は大人気だった。
今年の後半は『やっぱガッキーだろ〜』ってな感じだった。
家内に「みくりって、モテない男には理想的な性格の子だよな。実際にはいないけど」と言うと、「契約結婚しましょうとか、火曜日はハグの日にしましょうとか、あそこまでグイグイ行けるのはカワイイ子だからでしょ。私なんか同じ事言ったら、バ〜ンってぶん殴られるよ」と言った。
『そんなことないよ』とは言わなかった。もし言ったなら「なめてんの?」と言って、バ〜ンってぶん殴られるから。

昨年の紅白。『何だか、さえない顔した歌手が出てるな』と思った男性歌手がいた。
大河ドラマ「真田丸」。『徳川秀忠、重要な役だろ。何でさえない顔した俳優使ってるの?』と思った。
逃げ恥。初めて見たとき『ガッキーの相手役。こんな、さえない顔したやつしかいなかったの?』と思った。
実は、この3人が同一人物だと知ったのは11月になってからだ。
しかし、今はもう覚えた。星野源、マルチなやつだ。素晴らしい才能の持ち主だ。『さえない顔』と思って申し訳ない。

さて、来年は4月からの朝ドラ『ひよっこ』、当然見なくてはならない。3年前の『あまちゃん』が大好きで忘れられないのだが、それ以上に面白い作品だったらいいなと期待している。

毎年毎年紅白歌合戦のことを書いているが、昨年も書いた通り、普段は歌番組を見ないし、紅白の出場歌手もあまり把握していない。
ただ、司会は有村さん。審査員にガッキー。これは素晴らしい。NHK偉い。
ファンとしては、司会で失敗しないかドキドキしそうだ。

失敗しないかドキドキと言えば、川崎フロンターレの選手が日本代表として試合に出場したときがそれである。
私は川崎フロンターレのファンである(2011年5月29日の記事2016年4月30日の記事参照)。ただし、川崎市民ではない。更に、クラブにほとんどお金(入場料およびグッズ)を落としていないので、サポーターではない。
フロンターレの大島僚太選手は、リオデジャネイロオリンピックで素晴らしいプレーを随所に見せた。そのまま日本代表でも活躍できると思ったが、W杯最終予選の初戦UAE戦で先発に抜擢され、残念な結果に終わった。ただ、とても上手な選手なので、チャンスがあれば次はやってくれると思う。
多くのチームからオファーを受けた小林悠選手がフロンターレに残ってくれたのは、ファンとして嬉しかった。今は『ミスターフロンターレ』と言っても過言ではない大事な選手である。
「ミスタージャイアンツの長嶋茂雄が阪神とかに移籍したらおかしいだろ。小林悠がガンバに行くなんて、それと一緒だ」と言ったら、家内は呆れていた。

今年のフロンターレは、年間勝ち点2位。チャンピオンシップで鹿島に負けて悔しい思いをしたが、天皇杯で決勝に進出。明日の元日、クラブワールドカップ準優勝の鹿島アントラーズと対戦する。
チケットが手に入れば大阪(吹田)まで見に行ったのだが、残念ながら明日はTV観戦である。風間監督と大久保選手がラストゲームなので、選手たちは決勝で緊張するのではなく、移籍する2人を勝利で送り出していただきたい。

一方、日本代表だが、試合に出ていない過去の選手をいつまでも使うのは、いい加減やめていただきたい。
CMに使っている選手がベンチではスポンサーに申し訳ないのだろうし、海外経験のないJリーガーじゃ心もとないのかもしれない。でも、レアル・マドリードとの試合を見て、『鹿島アントラーズがそのまま日本代表になったほうが強いんじゃね』と、多くの人が思っただろう。
ハリルホジッチ監督は、まず試合に出ていない選手をバッサリ切ることから始めていただきたい。そして、少なくとも鹿島アントラーズより強い日本代表を作ってほしい。3月からのW杯最終予選の後半戦。強い日本が見たい。

ただ、スポーツも『華』がないと見てて面白くないのも事実だ。
先日、全日本フィギュアスケート選手権を見て思ったこと。
『何だよ。羽生結弦出ねぇのかよ。浅田真央は絶不調で女子は世代交代だな』
そういえば、高橋大輔選手や浅田真央選手、韓国のキム・ヨナ選手には『華』があった。見ていて楽しかったし、羽生結弦選手も『華』がある。
ただ、女子の上位3人は申し訳ないけどイマイチで、『華』がある若い女子選手は本田真凛選手だなと思った。さすが、女優の姉。15歳ながら、見ていて楽しい選手だ。将来はキム・ヨナのような選手になれるのではと思った。是非、オリンピックに出てほしい。

競馬だって『華』のある馬と、ない馬がいる。
ハイセイコー・オグリキャップ・ディープインパクト。誰もが知っている3頭に加え、トウショウボーイ・テンポイント・ミスターシービー・シンボリルドルフ・ナリタブライアン・オルフェーヴル。
『華』がある馬と言えば、こんなところだろうか。
毎年書くが、競馬人気復活のためにはどうしても『華』のあるアイドルホース的な存在が必要である。
上記以外にも強い馬は沢山いたのだが、思い浮かばないということは『華』がないのだ。さて、実力以外に何が必要なのだろう。
やはり、海外か。それも、海外で敵なし状態になって凱旋するしかないのかなとも思う。

今年、海外の重賞を勝った馬は下記の通りである。
・ラニ(牡3歳)UAEダービーUAEGU
・リアルスティール(牡4歳・期待度90・年末推奨馬)ドバイターフUAEGT
・モーリス(牡5歳・期待度70)チャンピオンズマイル香GT・香港カップ香GT
・エイシンヒカリ(牡5歳)イスパーン賞仏GT
・マカヒキ(牡3歳・期待度105・年末推奨馬)ニエル賞仏GU
・ヌーヴォレコルト(牝5歳・期待度65)レッドカーペットH米GV

エイシンヒカリのイスパーン賞の圧勝劇は衝撃的だった。続くプリンスオブウェールズSの失速も衝撃的だった。日本馬は強いのか弱いのか。
そして、凱旋門賞でのマカヒキ惨敗を見て、『あぁ、弱いんだな』と納得した。
ただ、来年こそは是非、欧州GTを連勝するか凱旋門賞を勝って、ジャパンCまたは有馬記念に出てきてほしい。サトノダイヤモンドには期待している。

今年のJRAの年間売り上げ(速報値)は、対前年比103.4%の2兆6708億円で、5年連続の売り上げ増となった。2011年の震災で売り上げは大きく落ちたが、その後回復。2014年は震災前の2010年(2兆4276億円)を超えて、昨年・今年と売り上げを伸ばした。もちろん、ピーク時の1997年(4兆6億円)には遠く及ばないものの、JRAの皆さんの努力に感謝である。
海外馬券の発売や藤田菜七子騎手のデビュー、エイシンヒカリ・モーリスの海外での活躍など、話題は多かった。来年も更なる売り上げ増を目指して頑張ってほしい。

12月11日(日)。出資馬の応援で、阪神競馬場まで一人で行ったのだが、『なんだか(一人での遠出は)久しぶりだな』と思った。
若い頃は一人でフラフラと関西へ行ったり、九州へ行ったり、北海道へ行ったりしていたが、結婚して子供が生まれた頃から、仕事以外で一人で行動することがほとんどなくなったのだ。
ただ、来年は海外へ、一人で旅行に行く計画をしている。
実は、家内や息子(浪人中)を誘ったのだが、「そんなところ行きたくない」と断られてしまった。「じゃぁいいよ。俺一人で行ってくる」と言って、さっさと航空券とホテルの予約をした。
海外へ一人で行くのは初めてだ。しかも、私は英語がサッパリ出来ない。おそらく中学1年生レベルである。
よくある高齢者向け添乗員付きツアーだったら、一人でも何も問題ないだろう。ただ、私の旅行は航空券と宿だけを安く手配して、それ以外は現地で何とかするのが基本である。
現地に知り合いでもいれば問題ないのだろうが、そんなのまったくなし。
したがって、自分にとっては大冒険である。ただ、治安の悪いところではないので『何とかなるだろう』とは思っている。この年になっての冒険の旅。とても楽しみなのだ。

今年も取りとめのないことを書き連ねている間に日が暮れて、紅白歌合戦の時間が近づいてきた。
『ダービーの価値が下がると競馬が衰退する』と、今まで何度も書いてきたが、『紅白歌合戦の価値が低下すると、日本の歌謡曲が衰退する』とも思っている。
でも、価値観の多様化により、もう何年も前から日本の歌謡曲は衰退している。NHKは、あと何年紅白歌合戦を出来るのだろう。
それでも、歌手たちは出場することを名誉と思い、自分の持てる力全てを出して歌う。緊張感が随所に見られ、その一生懸命さに、見ている側も感動する。世間の注目が高ければ、マスコミも話題にする。だから歌手たちは出場を目標にする。
このような、インフレーション的なスパイラルが続く限り番組は安泰だが、デフレのようにすべてがマイナス方向に向かったとき、番組は終わる。
日本ダービーも同じで、ダービー馬・ダービージョッキー・ダービーオーナーという称号に価値がなくなったとき、競馬の終わりである。だから、我々ファンも『距離適性がないのだからダービーなど出るな』などと、むやみやたらに言わないことが大事だと思うのだ。

スポーツ新聞の紅白の曲順を見た。
和田アキ子は落選。SMAPは解散(辞退)。その他、「あの歌手の名前がない」などと気が付く。
『なつメロ』枠がチラホラいる。PUFFYとX JAPAN。あれ、X JAPANって昨年も出てなかったっけ。石川さゆりは『天城越え』。何だか『津軽海峡冬景色』と交互に歌っているような。
いきものがかりは『SAKURA』。昨年の『ありがとう』に続き『なつメロ』枠だ。

以上。
時の経つのは速すぎて、ついこの間正月だった気がします。
表題は、いきものがかりの「いこう」より。CMでよく耳にしましたね。
今年も1年ありがとうございました。
来年も「natsuryoのダービーへの道」よろしくお願いします。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年まとめ(5)2歳リーディングサイヤー

2016/12/30 19:32
【JRA2歳リーディングサイヤー】
賞金順(賞金=本賞+付加賞)
@ディープインパクト 5億0057万 
 出走頭数82 勝利頭数30 勝利数35
Aダイワメジャー 4億5438万
 出走頭数86 勝利頭数29 勝利数30
Bハーツクライ 3億5162万
 出走頭数96 勝利頭数20 勝利数24
Cハービンジャー 2億7254万
 出走頭数72 勝利頭数23 勝利数25
Dルーラーシップ 2億3626万
 出走頭数70 勝利頭数18 勝利数20
Eステイゴールド 2億3573万
 出走頭数88 勝利頭数15 勝利数15
Fクロフネ 2億2848万
 出走頭数67 勝利頭数13 勝利数16
Gキングカメハメハ 2億2645万
 出走頭数35 勝利頭数12 勝利数14
Hキンシャサノキセキ 1億8144万
 出走頭数50 勝利頭数5  勝利数6
Iマンハッタンカフェ 1億7952万
 出走頭数53 勝利頭数14 勝利数17

JRA2歳リーディングサイヤーは、ディープインパクトが昨年首位のダイワメジャーを抑えて、再び首位へと返り咲いた。
昨年はダイワメジャーが出走頭数115頭という『数の力』でディープインパクトの6年連続を阻止したが、今年は86頭と通常頭数に戻ったため負けてしまった。それでも2位を確保したのは立派だと思う。
新種牡馬ルーラーシップが、その父キングカメハメハ(8位)を抑えて5位に入った。種牡馬としてディープインパクトとキングカメハメハはライバル同士だが、今年の新種牡馬はこの2頭の産駒が共に初めて種牡馬としてデビューしている。この対決にも注目していたが、ディープインパクトの産駒ディープブリランテは14位であり、種牡馬の父対決ではキングカメハメハに軍配が上がった。

2歳リーディングサイヤーの1位ディープインパクトは、本ブログで「期待度」をつけた産駒は28頭である。
牡馬では、朝日杯フューチュリティSGTを勝ったサトノアレス(期待度85・5戦3勝)が牡馬戦線主役の1頭になりそうだ。また、カデナ(期待度80・4戦2勝)は京都2歳SGVを勝っている。シクラメン賞圧勝のサトノアーサー(期待度85・2戦2勝)には、サトノダイヤモンドに負けない程の活躍を期待したい。アルアイン(期待度70・2戦2勝)は、シンザン記念GVでどんなレースをするのか。インウィスパーズ(期待度65・1戦1勝)も楽しみである。年明けデビュー組からは、アパパネの初仔モクレレに注目だ。
牝馬は、残念ながら2勝馬がいない。1勝馬ではハナレイムーン(期待度60・1戦1勝)と、サロニカ(期待度60・1戦1勝)あたりが期待だろうか。阪神ジュベナイルフィリーズGT出走馬がゼロだったように、来年の牝馬クラシック戦線は苦戦するかもしれない。

2位はダイワメジャー。「期待度」をつけた産駒は9頭である。
小倉2歳SGVを6馬身差で圧勝したレーヌミノル(期待度60・4戦2勝)は、その後、京王杯2歳SGU2着・阪神ジュベナイルフィリーズGT3着と能力を示している。母父がタイキシャトルなので、オークスよりもNHKマイルCに向かいそうだ。オークス馬シンハライトの妹ミリッサ(期待度60・1戦1勝)は、エルフィンSでの走りに注目だ。

3位はハーツクライ。「期待度」をつけた産駒は15頭である。
阪神ジュベナイルフィリーズGTで大外から伸びてきたリスグラシュー(期待度85・4戦2勝)は、ソウルスターリングには追いつかなかったものの負けて強しのレースをした。当然、牝馬クラシック戦線の主役の1頭である。百日草特別で後の重賞勝ち馬カデナをやぶったアドマイヤミヤビ(期待度65・3戦2勝)も牝馬である。きさらぎ賞で再び牡馬を蹴散らすだろうか。牡馬では、東京スポーツ杯2歳SGVでクビ差の2着だったスワーヴリチャード(期待度65・3戦1勝)が、共同通信杯でどのようなレースをするのか注目だ。

4位はハービンジャー。「期待度」をつけた産駒は15頭である。
中京のこうやまき賞で、出遅れながらマクリを決めたペルシアンナイト(期待度70・3戦2勝)は、シンザン記念でどのようなレースをするのか。また、エアグルーヴの曾孫アドマイヤローザ(期待度60・2戦1勝)など、本ブログの推奨馬に注目だ。

5位はルーラーシップ。「期待度」をつけた産駒は11頭である。
これも、本ブログの推奨馬キセキ(期待度65・1戦1勝)に注目である。

ちなみに、6〜10位の種牡馬で「期待度」をつけた産駒数を書くと、ステイゴールド6頭・クロフネ7頭・キングカメハメハ10頭・キンシャサノキセキ2頭・マンハッタンカフェ9頭である。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年まとめ(4)牡馬

2016/12/29 20:03
【牡馬】
今年の2歳牝馬は役者が揃った印象だが、その分、牡馬が小粒に思えてならない。
朝日杯フューチュリティSにてミスエルテを4着に沈めて牡馬の面目は保ったものの、今の段階では各競馬関係者が『牝馬のダービー馬が誕生する』と予想しても驚かないほど、牡馬の影が薄い。
ただ、これも2歳までで、おそらく皐月賞の頃には強力な3歳牡馬がダービー候補に君臨しているだろう、とも思っている。

本ブログの年末推奨馬は、オークス同様、ダービーも2年連続で勝っている。
10年目を迎える『natsuryoのダービーへの道』だが、この節目の年も何とか年末推奨馬からダービー馬を出したいところだ。

2歳チャンピオンを決める2つのレースであるホープフルSGUも、朝日杯フューチュリティSGTも、藤沢和雄厩舎の馬が勝った。
GT格付け申請をするらしいホープフルSGUはレイデオロが勝ち、3戦3勝で2歳戦を終えた。時計の出ていない中山の馬場で2:01:3-35:7は立派であり、来年のクラシックの主役となり得るパフォーマンスを見せた。
朝日杯フューチュリティSGTはサトノアレスが勝った。直線力強く伸びて「強い」というような競馬をしたが、最後に2着馬に迫られたのが残念で、クラシックに向けての課題を残した。
この2頭が来年の牡馬戦線の中心になるだろうが、下記の重賞勝ち馬も、あまり差は無いと思う。
ブレスジャーニーは、サウジアラビアロイヤルCGVに続き東京スポーツ杯2歳SGVも勝ち、重賞連勝中だ。父バトルプランはエンパイアメーカー産駒で、マイナー種牡馬の部類である。クラシックでどこまでやれるだろうか。
京都2歳SGVを勝ったカデナは、全4戦ともメンバー中最速の上りを記録しているように、末脚が大きな武器である。

この4頭が今後どのような戦いをするのか注目だが、牝馬とは違い牡馬戦線は混戦と思える。上記4頭だけではなく、現1勝馬や未勝利馬、または年明けにデビューする馬にもチャンスはありそうで、そうなると下記の推奨馬にも十分チャンスはあると思う。

それでは、今年も重賞未出走馬から、本ブログの推奨馬を書きたいと思う。
今年の2歳馬は藤沢和雄厩舎の年だというのに、下記推奨馬5頭中3頭が池江泰寿厩舎の馬になってしまった。

【推奨牡馬】
サトノアーサー(父ディープインパクト)
アルアイン(父ディープインパクト)
ペルシアンナイト(父ハービンジャー)
キセキ(父ルーラーシップ)
インウィスパーズ(父ディープインパクト)

12月4日(日)のシクラメン賞で、2着に3馬身半差をつけて圧勝したサトノアーサーには驚いた。
出遅れた後、2Fあたりで口を割った。直線残り200mからの走りは素晴らしく、先頭に立つと川田将雅騎手は周囲を確認して手綱を抑え、それでも勢いで引き離した。ゴール前は飛ぶように走ってゴール。『これは強い』というような競馬だった。しかも、上り3Fは32:7である。デビュー戦は苦しんで同着での勝利だったが、その鬱憤を見事に晴らした。
同馬主同厩舎で2億円馬の先輩サトノダイヤモンドは有馬記念を勝ったが、その先輩に勝るとも劣らない素質を秘めていると思う。次走はダイヤモンドと同様きさらぎ賞らしいが、ここで牡馬の勢力図を一気に変えてしまうかもしれない。

阪神の最終週、千両賞を勝って2戦2勝のアルアインは、新馬−特別とマイル戦を連勝した。
デビュー戦は大分太め残りで、2戦目はそれよりも絞れていたが、まだまだ余裕があった。それで連勝なのだから能力は高いだろう。千両賞は終始内を通っての勝利で、最後に2着馬に詰められたので印象は良くない。ただ、まだ良くなる馬体で勝っているので、次も好勝負だと思う。
1月8日(日)のシンザン記念GVに登録していて、順調ならば出てくるだろう。ただ、このままマイル路線というのだけはやめていただきたい。

12月11日(日)、中京のこうやまき賞を快勝したペルシアンナイトは3戦2勝である。1番人気で迎えた2戦目のアイビーSでは、牝馬に負けてしまった。ただ、この牝馬がのちのGT馬ソウルスターリングである。
こうやまき賞は出遅れたが、残り700mからマクって、直線残り300m過ぎで先頭。1馬身1/4差での快勝だった。3戦とも1番人気で出走し、メンバー中最速で上っている。末脚はしっかりしているが、問題はスタートである。大きく遅れたわけではないが、3戦ともあまり良くはない。
種牡馬ゴールドアリュールの甥という良血で、まだまだ奥もあるだろう。次走はシンザン記念に登録していて、出走すれば上記アルアインとの対決である。

阪神ジュベナイルフィリーズの日。阪神競馬場にいた私の前で、強烈なインパクトを残した新馬がキセキである。
自分が生で見たという贔屓目もあるが、1着〜5着の着差が3馬身半−2馬身半−2馬身半−3馬身半である。着差だけ見ると、『モノが違う』のだ。ただ、2着のグラニーズチップスは2戦目で6着に惨敗したように、メンバーのレベルに問題があったようだ。したがって、キセキが推奨馬に値するのかどうか半信半疑なのだが、相手が弱いから勝ち馬まで弱いとはいえない。デビュー戦としては時計も上々で、奇跡を起こせる下地はあると思う。
次走は若竹賞との情報もあるが、実際はどこを使うのか。次走で、だいたいの実力はわかると思う。

時計の出ない5回阪神で、上記キセキよりも更に良い時計で走ったのがインウィスパーズだ。
最終週の稍重で1:49:4-34:8である。2着に3馬身半差をつけて、2〜3着は2馬身離れた。後続を引き離してからも、C.ルメール騎手は最後までしっかりと追った。これは、レースを教え込むためだろうか。
シンコウラブリイの孫であり、血統的にもしっかりとしている。次走はシンザン記念に登録しているが、回避との情報もある。芝1800mでのデビュー勝ちなので、距離は同じか延長してもらいたい。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年まとめ(3)牡馬

2016/12/28 20:12
期待度上位馬を並べました。今日は牡馬です。
わかる範囲での次走予定と記事へのリンクをはりましたので是非ご覧下さい。

【牡馬】〔 〕・・・次走予定
レイデオロ〔次走不明〕
   期待度90 3戦3勝(新馬葉牡丹賞ホープフルSGU
サトノアレス〔次走弥生賞を予定〕
   期待度85 5戦3勝(ベゴニア賞朝日杯フューチュリティSGT
サトノアーサー〔次走きさらぎ賞を予定〕
   期待度85 2戦2勝(新馬シクラメン賞
ブレスジャーニー〔次走弥生賞か〕
   期待度80 4戦3勝(サウジアラビアロイヤルCGV東京スポーツ杯2歳SGV
カデナ〔次走弥生賞を予定〕
   期待度80 4戦2勝(未勝利京都2歳SGV
トラスト〔シンザン記念に登録〕
   期待度75 4戦1勝・地方2戦2勝(札幌2歳SGV
アルアイン〔シンザン記念に登録〕
   期待度70 2戦2勝(新馬千両賞
プラチナヴォイス〔次走きさらぎ賞か〕
   期待度70 5戦2勝(未勝利萩S
タガノアシュラ〔次走不明〕
   期待度70 4戦2勝(新馬黄菊賞
アウトライアーズ〔次走スプリングSを予定〕
   期待度70 4戦2勝(未勝利ひいらぎ賞
ペルシアンナイト〔シンザン記念に登録〕
   期待度70 3戦2勝(新馬こうやまき賞
ヴァナヘイム〔次走若駒Sを予定〕
   期待度65 3戦1勝(新馬
キセキ〔次走若竹賞か〕
   期待度65 1戦1勝(新馬
インウィスパーズ〔シンザン記念に登録〕
   期待度65 1戦1勝(新馬
ムーヴザワールド〔次走共同通信杯か〕
   期待度65 2戦1勝(新馬
スワーヴリチャード〔次走共同通信杯か〕
   期待度65 3戦1勝(未勝利
グローブシアター〔次走不明〕
   期待度65 2戦1勝(新馬
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年まとめ(2)牝馬

2016/12/27 19:51
【牝馬】
2015年のオークス馬はミッキークイーン。2年前の年末は、未勝利戦を勝ったばかりの2戦1勝。
2016年のオークス馬はシンハライト。昨年末は、新馬戦を勝った後、休養中の1戦1勝。
本ブログの年末推奨馬が、2年連続でオークスを勝っている。
「さぁ3年連続」と行きたいところだが、今年は無理そうである。なぜならば、年末推奨馬は例年『重賞未出走馬』から選んでいるため、2歳時の重賞出走馬がオークスを勝つようならば、自動的にダメということになるからだ。

何度か繰り返し書いたことだが、『今年は牝馬戦線が面白い』。
牝馬ながら朝日杯フューチュリティSに挑戦したミスエルテが4着に負けてしまったことは残念だったが、2歳牝馬は役者が揃っていることは確かで、現在重賞未出走馬が、今後クラシックの有力馬に割って入ることはとても難しいと思われる。

ハイレベルといわれている牝馬戦線も、ある程度序列が見えてきた。
やはり主役は阪神ジュベナイルフィリーズGTを勝ったソウルスターリングだろう。欧州の怪物Frankel(フランケル)産駒で、阪神ジュベナイルフィリーズで荒れた内を力強く伸びてきた脚は圧巻だった。『皐月賞・ダービーを目指してもよいのでは』とも思ったが、次週のミスエルテの敗戦で牡馬の壁も感じた。
このミスエルテも、牝馬同士ならば力は上位で、ソウルスターリングとのFrankel産駒対決が今から楽しみである。
また、阪神ジュベナイルフィリーズで2着に敗れたリスグラシューの巻き返しも注目だ。外をまわりながらゴール前はしっかりと差を詰めている。
来年の牝馬クラシック戦線はこの3頭を中心に進みそうで、阪神ジュベナイルフィリーズ3着のレーヌミノル、4着のディーパワンサ、5着のヴゼットジョリーなど能力の高い馬も多いが、これらは伏兵である。

今年のオークスも、昨年同様、上位馬は2歳時重賞未出走馬であった。
オークス1〜5着馬の昨年末の状況は、1着シンハライトが1戦1勝。2着チェッキーノは2戦1勝。3着ビッシュは未出走。4着ジェラシーは4戦0勝。5着ペプチドサプルは3戦1勝で、アルテミスSGV(4着)・阪神ジュベナイルフィリーズGT(4着)に出走している。
ただ、来年はその状況が一変しそうで、2歳時の活躍馬がそのままクラシックでも活躍すると思われる。
したがって、『下記の推奨馬がオークス馬になる』とは、今の時点ではあまり想像できない。ただし、何が起こるかわからないのも競馬である。

3年連続オークス馬が出ることを目指して、今年も重賞未出走馬から、本ブログの推奨馬を書きたいと思う。

【推奨牝馬】
コロナシオン(父キングカメハメハ)
ミリッサ(父ダイワメジャー)
ハナレイムーン(父ディープインパクト)
アドマイヤローザ(父ハービンジャー)
デアレガーロ(父マンハッタンカフェ)

名牝ブエナビスタ(2006年産・期待度115)の初仔コロナシオンは、10月16日(日)にデビューした。
単勝1.8倍と人気を集め、人気の高さに負けない衝撃的なデビューだった。4コーナーをまわったときは後方過ぎてヒヤヒヤしたが、残り100m過ぎからの脚は圧巻で、さすが良血馬という走りをした。ところが、2戦目の黄菊賞は逆の意味で衝撃的なレースで、デビュー戦で見せた末脚は不発のまま終わった。この敗戦で、高レベル有力牝馬の一角から、完全に滑り落ちた。
ただ、秘めたポテンシャルは高いはずで、まだ見限るのは早い気がする。エルフィンSあたりから復帰しそうだが、このレースで強いのか弱いのかが見えそうである。

ダイワメジャー産駒は、オークス芝2400mは厳しいかもしれない。実際、昨年・今年と出走馬はゼロである。ただ、まったくダメだとも思えない。
今年のオークス馬シンハライト(牝2013年産・期待度90・年末推奨馬)の妹ミリッサは、ダイワメジャー産駒だ。ディープインパクト産駒の姉からダイワメジャーに変わり、オークスよりも桜花賞狙いとなるのだろうが、姉同様強烈な末脚でデビュー戦を差し切った。父よりも母に注目で、産駒7頭で17勝。重賞5勝(内GT1勝)という大変優秀な繁殖牝馬である。Singspielの底力を確実に伝えているように思う。
414kgという小柄な馬体が気になるが、姉シンハライトもオークス出走時は422kgである。次走はエルフィンSを予定しているようで、そうなると上記コロナシオンとの対戦となるかもしれない。

ここ最近の推奨馬はディープインパクト産駒だらけになっているが、今年の牝馬はハナレイムーンのみである。
11月20日(日)の新馬戦を勝った1戦1勝馬だが、3馬身差の圧勝だった。ノースフライトの孫でディープインパクト産駒であり、厩舎の期待馬なのだろう。新馬戦の同日に行われた赤松賞にも登録があった。
ただ、この馬も上記ミリッサ同様、416kgという華奢な馬体である。現在は休養中で、馬体の成長を促しているのだろう。復帰戦は不明だが、デビュー戦よりも更に成長した姿で戻れば、高レベルの牝馬戦線でも戦えると思う。

エアグルーヴの曾孫でアドマイヤグルーヴの孫。種牡馬ドゥラメンテの姪であるアドマイヤローザはハービンジャー産駒だ。
11月20日(日)の未勝利戦を快勝したが、ダートが重馬場になっている稍重の馬場で2:02:6-34:7の時計内容で、2馬身差での圧勝だった。現在、最も活力のある牝系の出であり、成長を見込めば来春には十分勝負になりそうだ。
この馬も次走はエルフィンSを予定しているようで、そうなると上記コロナシオン・ミリッサと対戦するかもしれない。

有馬記念の当日。中山の芝2000m新馬戦を、馬なりで3馬身差ちぎって逃げ切ったデアレガーロはマンハッタンカフェ産駒である。
例年、5回中山の新馬戦はレベルが低下するので要注意だが、余裕たっぷりのレース振りで圧勝。このひと叩きで更に良くなることを見込んでの推奨である。ただ、2:05:6-35:8と時計は平凡で、同日のホープフルSGUの勝ち馬が2:01:3-35:7なので一線級とは大きく差がある。この先、惨敗続きということも有り得るが、母も兄も姉も重賞で好走しているので、この先、更に良くなると思う。
2戦目はどこを使うのか。動向に注目だ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年まとめ(1)牝馬

2016/12/26 14:36
期待度上位馬を並べました。今日は牝馬です。
わかる範囲での次走予定と記事へのリンクをはりましたので是非ご覧下さい。

【牝馬】〔 〕・・・次走予定
・ソウルスターリング〔次走トライアル、チューリップ賞有力〕
   期待度90 3戦3勝(新馬アイビーS阪神ジュベナイルフィリーズGT
・ミスエルテ〔次走不明〕
   期待度90 3戦2勝(新馬ファンタジーSGV
・リスグラシュー〔次走チューリップ賞を予定〕
   期待度85 4戦2勝(未勝利アルテミスSGV
・ジューヌエコール〔次走フィリーズレビューを予定〕
   期待度70 4戦3勝(新馬ききょうSデイリー杯2歳SGU
・コロナシオン〔次走エルフィンSか〕
   期待度70 2戦1勝(新馬
・コーラルプリンセス〔フェアリーSに登録〕
   期待度65 3戦2勝(赤松賞
・アドマイヤミヤビ〔次走きさらぎ賞を予定〕
   期待度65 3戦2勝(未勝利百日草特別
・ヴゼットジョリー〔次走不明〕
   期待度65 3戦2勝(新馬新潟2歳SGV
・レーヌミノル〔次走チューリップ賞かフィリーズレビュー〕
   期待度60 4戦2勝(小倉2歳SGV
・フローレスマジック〔次走クイーンCを予定〕
   期待度60 3戦1勝(未勝利
・ゴールドケープ〔次走不明〕
   期待度60 7戦2勝(白菊賞
・アンバーミニー〔次走不明〕
   期待度60 3戦1勝(新馬
・アロンザモナ〔次走菜の花賞か〕
   期待度60 2戦1勝(新馬
・アピールバイオ〔フェアリーSに登録〕
   期待度60 6戦1勝(新馬
・トーホウアイレス〔次走クイーンCか〕
   期待度60 3戦2勝(新馬サフラン賞
・サトノアリシア〔次走不明〕
   期待度60 5戦2勝(未勝利コスモス賞
・ディーパワンサ〔次走不明〕
   期待度60 4戦2勝(新馬中京2歳S
・ミリッサ〔次走エルフィンSか〕
   期待度60 1戦1勝(新馬
・ハナレイムーン〔次走不明〕
   期待度60 1戦1勝(新馬
・アドマイヤローザ〔次走エルフィンSを予定〕
   期待度60 2戦1勝(未勝利
・デアレガーロ〔次走不明〕
   期待度60 1戦1勝(新馬
・サロニカ〔次走白梅賞を予定〕
   期待度60 1戦1勝(新馬
・ハーツブライト〔フェアリーSに登録〕
   期待度60 2戦1勝(新馬
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年12月25日(日)2歳戦

2016/12/25 18:46
●5中9 5R 2歳新馬 芝2000 良
デアレガーロ (牝・美浦・大竹正博)
父マンハッタンカフェ 母スーヴェニアギフト(Souvenir Copy)
2:05:6(上3F35:8)
好スタートからハナに立ち、1コーナーは2馬身差の先頭でまわる。向正面に入ると1馬身半差で逃げて1000mを1:05:1で通過する。この後も1馬身半差で逃げて、4コーナーは1馬身差の先頭でまわる。直線に入ると後続を引き離し、残り200mは2馬身差とする。残り100mで3馬身差とし、ここから田辺裕信騎手は手綱を抑える。後続ではフライベルクが2番手に上がり追いかけてくるが、最後は馬なりのまま3馬身差でゴールした。
単勝8.5倍の3番人気からの勝利。好スタートから道中は1馬身半〜2馬身差の逃げ。4コーナーは1馬身差だが、直線で後続を引き離し最後は手綱を抑え、3馬身差での逃げ切り圧勝だった
上り3Fは12:1-11:5-12:2と、逃げ切り勝ちで最後は馬なりでも、ラストは大きく落ちていない。
道中は楽に逃げて、5Fからペースを上げた。上り35:8はメンバー中最速であり、逃げ馬に最速で上られては後続は手も脚も出ない。2着フライベルクに人気が被ったレースで、単勝8.5倍と低評価だったが、能力は抜けていた。2:05:6-35:8と時計は平凡だが、余裕たっぷりのレース振りで、このひと叩きで更に良くなれば500万でも好走は可能だろう。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り5戦3勝。ランダルースS米GVを勝ち、デルマーデビュタントS米GT2着・ソレントS米GV2着など重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が日本での第8仔だが、初仔は1勝。第2仔シュプリームギフト(牝2008年産)は5勝。函館スプリントSGV2着・京阪杯GV3着・キーンランドCGV3着など重賞で好走した。第3仔はJRA2勝(内障害2勝)・地方3勝。第4仔ベステゲシェンク(牡2010年産・期待度60)は6勝。オーシャンSGV3着など重賞で好走した。第5仔スペシャルギフト(騸5歳)は現役で3勝。第6仔は地方3勝。第7仔ロワアブソリュー(牡3歳・期待度65)は現役で3勝。アーリントンCGV3着など重賞で活躍中だ。
期待度60

●5中9 9R ホープフルS(GU) 芝2000 良
レイデオロ (牡・美浦・藤沢和雄)
父キングカメハメハ 母ラドラーダ(シンボリクリスエス)
2:01:3(上3F35:7)
まずまずのスタートから徐々に後方へ。1コーナーは後方から3頭目の12番手でまわり、向正面に入っても12番手を進む。先頭の1000m通過が1:00:3のペース。この後11番手に上がり、3コーナーから馬群の中を押し上げていく。4コーナーは馬群の中のやや外目8番手でまわる。直線に入ると前が開き、ここを突いて伸びる。残り200mは先頭から1馬身半差の4番手で通過し、この後一気の脚で残り150m手前で先頭に立つ。内からマイネルスフェーンが伸びるがこれを振り切って、最後は1馬身1/4差でゴールした。
単勝1.5倍の1番人気に応えた。道中12〜13番手から4コーナーは8番手。直線馬群の外目から伸びて残り150m手前で先頭に立ち、内から伸びた2着馬に1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:1-12:0-12:5と、ラストが大幅に落ちた。2F目のラップが10:9以外は全て12秒台の息のつけない流れだったため、ラストが落ちてしまった。
後方からの競馬だったが、前が速くなり展開としては有利だった。直線向いてから前が開いたのもラッキーだったが、そのようなことがなくても勝っていたと思われるほどの完勝だった。ラスト1Fが12:5と落ちていても、後続に詰められたわけではなく、むしろ離しながらのゴールなので問題はない。それよりも、時計の出ていない中山の馬場で2:01:3-35:7は立派であり、来年のクラシックの主役となり得るパフォーマンスを見せた。デビュー以来3連勝の3戦とも1倍台の1番人気で、上り3Fはいずれも最速である。3戦とも芝2000m戦で、馬体重は476sだ。前走時『次もあっさり勝つようならば、来春のクラシックの中心馬になるだろう』と書いているが、今後は『クラシックの中心馬』として王道を行くだろうから、春は弥生賞から皐月賞という路線が濃厚だと思う。朝日杯フューチュリティSGTを勝ったサトノアレスも藤沢和雄厩舎。本馬も藤沢和雄厩舎。ついでに言えば 阪神ジュベナイルフィリーズGTを勝ったソウルスターリングも藤沢和雄厩舎である。来年のクラシックは、牡馬も牝馬も藤沢和雄厩舎の馬が中心になりそうだ。
これで3戦3勝となった。デビュー戦は東京の芝2000m戦。道中5〜6番手から4コーナーは5番手。直線残り200m過ぎで先頭に立ち、粘る2着馬を振り切って1馬身1/4差での勝利だった。2戦目の前走は葉牡丹賞。道中11番手から4コーナーも11番手。直線大外から豪快に伸びて残り150mあたりで先頭に立ち、1馬身半差での快勝だった。
母がディープインパクトの姪という血統である。活力のある一族の出の本馬が、クラシックの中心になる。藤沢和雄厩舎、牡馬クラシック制覇なるか。まずは春初戦、どのようなレースをするのか楽しみだ。
期待度90(up)

●5阪9 5R 2歳新馬 芝1600 良
ディヴァインハイツ (牝・栗東・石坂正)
父ハーツクライ 母ドバウィハイツ(Dubawi)
1:36:9(上3F35:0)
好スタートから先行争いは避けて馬群の中6番手につけるが、3Fで5番手に上がる。先頭の4F通過が49:1のペース。4コーナーは先頭から2馬身差の馬群の中5番手でまわる。直線に入ってすぐ、前の狭い所を抜け出ようとするが、狭まり一旦引く。それでも怯まずもう一度同じ位置を突いて伸び、残り200m過ぎでエイシンルークをかわして先頭に立つ。エイシンルークも粘り、残り100mはクビ差の先頭で通過する。この後差をひろげ、最後に2番手に上がったハリーレガシーに1馬身1/4差をつけてゴールした。
単勝17.2倍の5番人気からの勝利。道中5〜6番手から4コーナーは5番手。直線狭くなったところを抜けて残り200m過ぎで先頭。1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:0-11:6-11:7と、直線は11秒台でまとめた。11秒台後半だが最後までしっかりと走れた印象である。
終始馬群の中で揉まれて、直線に入ると前が壁になった。それでも抜け出してくるのだから勝負根性は立派であり、混戦になれば力を発揮するだろう。最後に粘るエイシンルークを振り切り、2着馬も寄せ付けない快勝だったので500万でも期待できるだろうが、勝ち切るにはもうワンパンチ必要だと思う。このひと叩きでどこまで良くなるかが鍵だろう。
母はイギリス産の輸入繁殖牝馬。アメリカ・イギリスで走り、米9戦5勝・英6戦0勝。イエローリボンS米GT・ゲイムリーS米GT・ウィルシャーH米GVを勝ち、ビヴァリーディS米GT2着・ローザーS英GU3着の実力馬だ。弟(本馬の叔父)Make Believeは仏2000ギニー仏GT・フォレ賞仏GTを勝ち、ジェベル賞仏GV2着の実力馬だ。繁殖に上がり本馬が日本での第2仔だが、初仔は未勝利で引退した。
期待度55

●5阪9 6R 2歳500万下 芝2000 良
ダノンディスタンス (牡・栗東・佐々木晶三)
父ルーラーシップ 母アゲヒバリ(クロフネ)
2:05:0(上3F35:6)
まずまずのスタートだが、押して勢いをつけて先手を奪い、1コーナーは半馬身差の先頭でまわる。向正面に入ると1馬身差で逃げて、1000mを1:04:6で通過する。このあたりは半馬身差となり、この後クビ差まで詰められるが、4コーナーで再び1馬身差とする。直線に入るとまたまた詰められて、残り200mはクビ差の先頭で通過する。ところが再び差をひろげて、残り100mは1馬身差とする。ここで2番手に上がったベストアプローチが差を詰めるが、最後は1/2差押し切ってゴールした。
単勝9.2倍の4番人気からの勝利。半馬身〜1馬身差で逃げて、4コーナーは1馬身差の先頭。直線は迫られては差をひろげ、また詰められて、最後は半馬身差での逃げ切り勝ちだった。
上り3Fは11:8-11:4-12:4と、ラストは大きく落ちた。それでも、最後までしっかりと走って粘りきっている。
クビ差まで詰められては離し、詰められては離しの繰り返しで、最後は半馬身差で逃げ切った。なかなかしぶといところを見せたのだが、3戦目にして初めて逃げたのである。デビュー戦は中団から伸びての勝利で、前走は最後方からの競馬だった。今回思い切って逃げたのだろうが、うまくハマったというところだろう。阪神最終週の平場の500万下芝2000m戦は、昨年はサトノダイヤモンド(牡3歳・期待度100)が勝っている。このサトノダイヤモンドは本日有馬記念GTを快勝し、日本一へと上り詰めた。昨年は稍重で2:03:8-33:9。今年は良馬場で2:05:0-35:6である。のちの有馬記念優勝馬と比較してはかわいそうだが、500万としては平凡な時計である。重賞では、前走同様苦戦すると思う。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は京都の芝2000m戦。道中7〜8番手だが向正面で押し上げ4〜5番手。4コーナー4番手から直線残り50mで先頭に立ち、クビ差での勝利だった。2戦目の前走は京都2歳SGV(勝ち馬:カデナ)で、1:2差の8着だった。
名牝トゥザヴィクトリーの孫という良血馬なので、今後大きく変わって来ることもあるだろう。今回は良血の片鱗を見せたというレースだった。
期待度60(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年12月24日(土)2歳戦

2016/12/24 20:04
●5中8 3R 2歳未勝利 芝2000 良
アダマンティン (牡・美浦・大竹正博)
父ハービンジャー 母キラリダイヤモンド(フジキセキ)
2:04:4(上3F36:7)
好スタートから前には行かず、1コーナーは馬群の中6番手でまわる。向正面に入ると5番手を進む。先頭の1000m通過が1:03:2のペース。3コーナーで各馬スパートし、ペースが上がったため8番手に下がり、4コーナーは馬群の中8番手でまわる。直線に入ると前が詰まり、馬群の中を内に入り、内から2頭目の狭い所をついて伸びる。残り200mは2馬身差の5番手で通過し、この後内ラチ沿いを鋭く伸びて、残り100mはクビ差の2番手まで迫る。しかし、逃げたエスティームが粘り、なかなか抜けない。そして、ゴール前でなんとかかわして頭差でゴールした。
単勝19.7倍の7番人気からの勝利。道中5〜6番手から4コーナーは8番手。直線内から鋭く伸びて、ゴール前で逃げ馬をとらえて頭差での差し切り勝ちだった。
レースの上り3Fは11:9-12:4-12:8と、減速している。中山も時計が出ない馬場になっていて、5F63:2でもハイペースだった。
直線向いたところでは前が塞がり、抜け出す場所がなかった。内を選択し、内から2頭目の狭い所を抜けた。更に内ラチ沿いを伸びてゴール前で差し切ったのだが、この勝負根性は立派だったと思う。ただ、時計が出ない馬場でも経験馬が2:04:4-36:7は平凡で、500万では苦戦レベルだろう。数戦して力をつけて、勝負強さを発揮できれば2勝目というパターンだと思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は中山の芝2000m戦(勝ち馬:ビートマッチ)で、0:9差の3着だった。
母は26戦3勝。芝1200mで2勝と芝1600mで勝っているが重賞には出走していない。姉(本馬の伯母)ジェミードレスは、府中牝馬SGV2着・クイーンCGV3着・エプソムCGV3着など重賞で好走した。その産駒(本馬の従兄弟)コティリオン(牡2008年・期待度60)は、NHKマイルC(GT2着・毎日杯GV2着・ラジオNIKKEI杯2歳SGV3着など重賞で好走した。弟(本馬の叔父) タスカータソルテは京都新聞杯GU・札幌記念GU・中京記念GVを勝ち、中京記念GV2着・中日新聞杯GV3着など重賞で活躍した。妹(本馬の叔母)テイラーバートン(牝2007年産・期待度80・年末推奨馬)は、フェアリーSGV3着・クイーンCGV3着など重賞で好走。甥(本馬の従兄弟)ネオヴァンドーム(牡2007年産・期待度80)は、きさらぎ賞GVを勝っている。繁殖に上がり本馬が第6仔がだ、第2仔は2勝。第3仔は地方1勝。第4仔スターファセット(牝4歳)は現役で2勝と活躍中だ。
期待度45

●5中8 6R 2歳新馬 芝1600 良
サウンディングベル (牡・美浦・南田美知)
父スクリーンヒーロー 母メダーリア(アフリート)
1:40:0(上3F35:9)
好スタートから外3番手につける。道中は先頭から1馬身〜1馬身半差の位置を進む。先頭の4F通過が51:1のペース。4コーナーは先頭から1馬身半差の外目3番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り250m過ぎで先頭に立つ。そして後続を引き離し、残り100mは2馬身差で通過する。後続からアイアムビューティが伸びてくるが、最後は1馬身1/4差でゴールした。
単勝43.1倍の9番人気からの勝利。道中3番手から4コーナーも3番手。直線残り250m過ぎで先頭に立ち、一旦は2馬身離すが、最後は1馬身1/4差での勝利だった。
レースの上り3Fは12:5-11:8-11:8と、直線は11秒台でまとめた。11秒台後半ながら落ちないのは良かった。
道中は好位につけて、直線はしっかりと伸びた。人気薄だったが堂々たる勝利で、能力は抜けていたのだろう。ただ、1:40:0-35:9は平凡で、低レベルの新馬戦だったと思われる。500万では苦戦するだろう。
母はJRA30戦3勝・地方8戦4勝。JRAでは芝1000mで3勝したが、重賞には出走していない。繁殖に上がり本馬が第4仔だが、第2仔は地方で3勝している。
期待度35

●5阪8 5R 2歳新馬 芝1800 稍重
インウィスパーズ (牡・栗東・音無秀孝)
父ディープインパクト 母サムワントゥラブ(シンボリクリスエス)
1:49:4(上3F34:8)
絶好のスタートから2番手につける。道中は、先頭から2馬身半〜3馬身差で追走する。先頭の1000m通過が1:02:0のペース。このあたりは2馬身半差だが、この後差を詰めて、4コーナーは1馬身差の2番手でまわる。直線に入ると馬なりのまま差を詰めて、残り400m過ぎで先頭に立つ。そして後続を引き離して、残り200mは2馬身半差とし、残り100mは3馬身差とする。ここで2番手に上がったアドマイヤアゼリが追いかけてくるが、これに3馬身1/2差をつけてゴールした。
単勝5.0倍の3番人気からの勝利。道中2番手から4コーナーも2番手。直線残り400m過ぎで先頭に立ち、後続を離して最後は3馬身半差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:6-11:2-12:2と、ラストが落ちた。ラスト1Fは単走になってのものだが、あと0:2速ければよかったと思う。
終始2番手を進み、手応え良く先頭に立った。後続を引き離してからもC.ルメール騎手は最後までしっかりと追った。これは、レースを教え込むためだろうか。444sの牡馬だが馬体を大きく見せる馬で、全兄に続いて新馬勝ちである。兄は現在500万条件にいるが、好レースを続けている。本馬の方が一まわり小さいながらも大物感がある。稍重の今日の馬場でデビュー戦から1:49:4-34:8は優秀で、500万でも勝ち負けできるだろう。
母は17戦1勝。芝1800mで1勝しているが重賞には出走していない。母(本馬の祖母)は名牝シンコウラブリイで、兄(本馬の伯父)ロードクロノスは中京記念GVを勝ち、七夕賞GV2着など重賞で活躍した。姉(本馬の伯母)レディミューズはチューリップ賞GV2着。その産駒(本馬の従姉弟)シンメイフジ(牝2007年産・期待度70)は関東オークス川崎GU・新潟2歳SGVを勝っている。兄(本馬の伯父)トレジャーは、セントライト記念GU2着・目黒記念GU2着・ダービー卿チャレンジTGV2着・小倉大賞典GV3着・ダービー卿チャレンジTGV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第2仔だが、初仔レトロロック(牡4歳・期待度65)は現役で2勝と活躍中だ。
期待度65
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年12月23日(金)2歳戦

2016/12/23 18:19
●5阪7 4R 2歳未勝利 芝1800 重
マイスタイル (牡・栗東・昆貢)
父ハーツクライ 母ファーストナイナー(フォーティナイナー)
1:49:0(上3F35:0)
好スタートから内3番手につける。道中は先頭から1馬身半〜2馬身差の内3番手を進む。先頭の1000m通過が1:01:2のペース。4コーナーは先頭から2馬身弱の差の内3番手でまわる。直線に入ると前2頭より外に出して伸び、残り300mで2番手、残り200mで先頭に立つ。マスターコードが粘るが、残り100mは1馬身差とし、最後は1馬身3/4差をつけてゴールした。
単勝6.3倍の4番人気からの勝利。道中3番手から4コーナーも3番手。直線残り200mで先頭に立ち、1馬身3/4差での完勝だった。
レースの上り3Fは11:4-11:8-12:0と、減速した。ただ、重馬場で1分49秒を切ろうかという時計なので、ラスト12:0ならば十分だろう。
内3番手でジッと我慢をして、直線は福永祐一騎手の指示通り外に出してスッと伸びた。2着とは1馬身3/4差だが、2〜3着も1馬身3/4差で、後続に差をつけての勝利だった。まさに完勝で、勝ち時計も時計の出なくなっている阪神の、それも重馬場で1:49:0ならば優秀だろう。最後まで競っていればラストも11:9になっただろうし、そうなると1:48:9-34:9である。今日の阪神は、重馬場でも大きく時計は落ちないが、それでも優秀だと思う。500万でも好勝負可能だろう。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は京都の芝1600m戦(勝ち馬:ミリッサ)で、0:5差の3着だった。
母は15戦2勝。芝1200mで2戦しているが重賞には出走していない。祖母(本馬の曾祖母)Lady's Secretは米GT11勝の名牝で、The Iron Lady(鉄の女)といわれた馬だ。繁殖に上がり本馬が第3仔である。
期待度60

●5阪7 5R 2歳新馬 芝2000 重
シャイニーゲール (牡・栗東・石坂正)
父キングカメハメハ 母クリスタルコースト(サンデーサイレンス)
2:05:4(上3F36:2)
好スタートから1コーナーは外2番手でまわる。向正面に入るとクビ〜半馬身差の2番手を進む。先頭の1000m通過が1:04:2のペース。残り4FあたりからC.ルメール騎手の手綱が動き、4コーナーで逃げ馬をかわして先頭に立つ。直線に入ると後続を引き離し、残り200mは2馬身差とする。残り100mは2馬身半差とし、最後に2番手に上がったエイシンスレイマンに3馬身1/2差をつけてゴールした。
単勝4.8倍の2番人気からの勝利。道中2番手から4コーナーで先頭。直線は後続を引き離し、最後は3馬身半差での圧勝だった。
レースの上り3Fは12:3-11:6-12:4と、ラストは12:4とかかってしまった。単走になったので仕方がないが、もう少し速くても良かっただろう。
逃げ馬をマークするように進み、4コーナーで先頭。直線は引き離した。残り800mからは手が動いてもなかなか先頭に並べなかったが、4コーナーで先頭に立つと、スッと引き離した。ややズブイ面もあるようだが、3馬身半差の圧勝は立派である。ただ、5回阪神の重馬場でも2:05:4は平凡で、上記未勝利戦芝1800mより16:4も遅い。普通に考えれば2戦目で大きく良くならなければ500万では厳しいレベルだろうが、3馬身半離したレース振りは圧巻で、ガラリと良化し500万でも勝ち負けになる可能性もあるだろう。
母は9戦1勝。芝2000mで勝っているが重賞には出走していない。兄(本馬の伯父)ホオキパウェーブはオールカマーGUを勝ち、菊花賞GT2着・青葉賞GU2着・セントライト記念GU2着など重賞での活躍馬だ。繁殖に上がり本馬が第4仔だが、初仔は地方3勝。第2仔地方5勝。第3仔シャイニービーム(牡4歳)はJRA2勝・地方3勝で、JRA所属の現役だ。
期待度55

●5阪9 9R 千両賞(500万下) 芝1600 重
アルアイン (牡・栗東・池江泰寿)
父ディープインパクト 母ドバイマジェスティ(Essence of Dubai)
1:36:5(上3F35:1)
まずまずのスタートから内6番手につけるが、3Fあたりで7番手に下がる。先頭の4F通過が48:7のペース。このあたりは15頭が凝縮し、内8番手を進む。この後、内から徐々に押し上げて、4コーナーは先頭から2馬身差の内5番手でまわる。直線に入ると内から伸びて、残り300mで先頭に立つ。残り200mは1馬身差の先頭で通過し、残り100mは2馬身差とする。この後、外からキョウヘイがグングンと伸びてゴール前で2番手に上がる。そして、差を詰めて来るが、最後は1馬身差抑えてゴールした。
単勝2.2倍の1番人気に応えた。道中6〜8番手から4コーナーは最内5番手。直線内から伸びて残り300mで先頭に立ち、1馬身差の勝利だった。
レースの上り3Fは11:4-11:9-12:2と、減速した。ラスト12:2だが、ゴール前で2着馬に迫られたように、少しバテたかもしれない。
終始内を通り、直線も内ラチ沿いをしっかりと伸びた。一旦は2馬身差とし、圧勝するかと思ったが、最後に2着馬に詰められたのは残念だった。ただ、2ヵ月弱ぶりのレースでも問題なく勝って2連勝である。1:36:5-35:1も、今日の馬場ならばまずまずだろう。518sという馬体重だが、今回は±0sで出走。デビュー戦は大分太め残りで、今回はそれよりも絞れていたが、まだまだ余裕があるので、絞れればもっと動けるだろう。今日のレース振りだけでは重賞では厳しそうだが、良化を見込んで重賞でも上位争い可能だと思う。
これで2戦2勝となった。デビュー戦の前走は京都の芝1600m戦。道中9〜10番手から4コーナーは7番手。直線残り200m過ぎで先頭に並び、残り100mで前に出て、最後は半馬身差での快勝だった。
米GT馬の母に、父はディープインパクト。この良血馬が、来年のクラシック戦線に乗ってくるだろうか。
期待度70(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年12月18日(日)2歳戦

2016/12/18 18:42
●5中6 6R 2歳新馬・牝 芝1600 良
コマノレジーナ (牝・美浦・菊川正達)
父ドリームジャーニー 母コマノラミア(スペシャルウィーク)
1:37:7(上3F35:0)
好スタートから抑えて後方へ。後方から3頭目の14番手につける。先頭の4F通過が49:1のペース。このあたりは外15番手を進む。残り600m手前から押し上げて、4コーナーは大外9番手でまわる。直線に入ると外から鋭く伸びて、残り200mは半馬身差の3番手で通過する。残り150m手前で先頭に立ち、残り100mは1馬身差とすると、ここから一気に引き離してヴァントネールに3馬身差でゴールした。
単勝6.5倍の3番人気からの勝利。道中14〜15番手から4コーナーは9番手。直線大外を伸びて残り250m手前で先頭に立ち、3馬身差での圧勝だった
レースの上り3Fは12:2-12:0-11:8と、12秒前後ながら加速した。単走になりながらも最後までしっかりと走った。
前半抑えて、後半は良い脚を使った。4コーナーは大外をぶん回したという印象だが、直線向いてもしっかりと伸びて、残り200m過ぎで早くも先頭グループに追いついていた。3馬身差の圧勝だが、引き離しながらのゴールなので能力差はまだまだあるだろう。414kgの小柄な牝馬だが、回転の速いフットワークで直線は小気味良く伸びて来た。これならば500万でも好勝負になりそうだが、1:37:7-35:0の時計がやや平凡だと思うので、そのあたりがどうだろうか。
母は4戦0勝。祖母(本馬の曾祖母)リンデンリリーはエリザベス女王杯GT・ローズSGUを勝っている。繁殖に上がり本馬が第5仔だが、第4仔コマノドリーム(牝3歳)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度55

●5阪6 4R 2歳未勝利 芝2000 良
シャドウマリア (牝・美浦・角居勝彦)
父ヴィクトワールピサ 母パールシャドウ(クロフネ)
2:04:4(上3F36:6)
気持ち出遅れたがすぐに流れに乗り、1コーナーは8番手でまわる。向正面に入っても8番手を進む。先頭の1000m通過が1:02:0のペース。4コーナーも馬群の中8番手でまわる。直線に入ると外目から馬群を抜けて伸び、残り200mは2馬身半差の4番手で通過する。残り100mで2番手に上がり、先頭のダノンオブザイヤーを追いかける。そして、ゴール前でかわして先頭に立ち、最後はクビ差でゴールした。
単勝1.4倍の1番人気に応えた。道中8番手から4コーナーも8番手。直線外目から伸びて、ゴール前で2着馬をとらえてクビ差での差し切り勝ちだった。
レースの上り3Fは12:5-12:4-12:5と、12秒台中盤ながら落ちていない。この中を差し切った。
後方待機で直線はしっかりと伸びた。前半62秒のペースだが、この馬場では少々速かったのかもしれない。後方からの追い込みが決まったのもこのためだろう。ただ、時計が出ないといえど2:04:4-36:6はレース経験馬としては平凡だと思う。500万を勝つには少し時間がかかると思われる。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は京都の芝2000m戦(勝ち馬:ポポカテペトル)で、クビ差の2着だった。
母パールシャドウ(2006年産・期待度80・年末推奨馬)はJRA28戦5勝・地方3戦0勝。新馬戦を4馬身差で圧勝後、ベコニア賞も勝ちデビューから2連勝。その後、フェアリーSGV9着・クイーンCGV8着・フィリーズレビューGU11着と重賞では力不足で、クラシックには出走しなかった。秋に1000万特別(芝1800m)を勝ち秋華賞GT(13着)に出走。古馬になってからはダートで活躍した。ダート1800m・ダート2100mで勝ち、クイーン賞船橋GV(4着)・TCK女王盃大井GV(5着)にも出走し、中山牝馬SGV(12着)を最後に引退した。種牡馬Heza Gone Westの姪という血統である。繁殖に上がり本馬が第2仔だが、初仔サウスオブボーダー(牡3歳)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度50

●5阪6 5R 2歳新馬 芝1800 良
プラチナムバレット (牡・栗東・河内洋)
父マンハッタンカフェ 母スノースタイル(ホワイトマズル)
1:50:7(上3F34:5)
絶好のスタートから行きたい馬を行かせて外3番手につけるが、3Fで2番手に上がる。道中は先頭から1馬身半差の位置を進む。先頭の1000m通過が1:03:6のペース。4コーナーで逃げたフェアリーパウダーがスパートし、2馬身弱の差の2番手でまわる。直線に入るとやや離されて、残り300mは2馬身差で通過する。残り200mも2馬身差だが、ここからジワジワと盛り返して、残り100mは1馬身弱の差で通過する。そして残り50m手前でフェアリーパウダーをかわして先頭に立ち、最後に外から伸びてきたサトノクロニクルに3/4馬身差でゴールした。
単勝5.3倍の3番人気からの勝利。道中2〜3番手から4コーナーは2番手。直線しばらく2馬身差の2番手だが、残り50m手前で追いつき先頭。3/4馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:5-11:1-12:2と、ラストが落ちた。ただ、残り200mで2馬身差の位置にいた本馬は、ラスト1Fを11秒台で走っただろう。
2番手を進み、直線で何とか追いついた。ゴール前は1番人気サトノクロニクルが猛然と追い込んで来たが、3/4馬身差抑えた。僅差での勝利だが、時計の出ない馬場でそれもデビュー戦で1:50:7-34:5ならば上々で、このひと叩きで更に良くなるだろうから、500万でも上位争いは可能だろう。
母はJRA30戦2勝・地方2戦1勝。JRAでは芝1200mと芝1400mで勝っているが重賞には出走していない。繁殖に上がり本馬が第7仔だが、初仔は4勝(内障害1勝)。第2仔は1勝。第3仔も1勝。第4仔スマートレイアー(牝6歳)は現役で8勝。阪神牝馬SGU2勝・東京新聞杯GVを勝ち、 秋華賞GT2着・府中牝馬SGU2着2回3・府中牝馬SGU3着・クイーンSGV3着など重賞で活躍中だ。第5仔インスタイル(騸5歳)はJRA1勝・地方3勝、JRA所属の現役だ。
期待度60

●5阪6 11R 朝日杯フューチュリティS(GT) 芝1600 良
サトノアレス (牡・美浦・藤沢和雄)
父ディープインパクト 母サトノアマゾネス(Danehill)
1:35:4(上3F34:1)
まずまずのスタートから抑えて後方へ。13番手につける。道中は12頭の集団から1馬身置いた位置、単独で13番手を進む。先頭の4F通過が48:3のペース。このあたりでは前の集団に追いついている。このあと外から差を詰めて、4コーナーは大外12番手でまわる。直線に入ると外からグングンと追い上げて、残り300mで4番手に上がる。残り200mで先頭に立ち、残り100mは1馬身差の先頭で通過する。後方からモンドキャンノが伸びて来て2番手に上がり迫ってくるが、これを1/2馬身差抑えてゴールした。
単勝14.2倍の6番人気からの勝利。道中13番手から4コーナーは外12番手。直線残り200mで先頭に立ち、追いかけてくる2着馬を半馬身差振り切っての快勝だった。
レースの上り3Fは11:5-11:2-12:1と、ラストが落ちた。これで2着馬の追い上げを許したのだろうが、バテたという感じはなかった。
17番枠から、道中は中団より後方につけて、残り600mあたりから進出。直線は良く伸びた。直線半ばで1番人気のミスエルテをかわした場面があったが、脚色はまったく違った。ここまでは「強い」というイメージだったが、最後にモンドキャンノに迫られたのが残念で、ラスト1Fは今後の課題だろう。母はStorm Catの従兄妹にあたり、ディープインパクト×母父Storm Catではないものの、基本的には相性のよい組み合わせだろう。3戦目の未勝利勝ちから3連勝でGT制覇。前走時『・・・レース内容は上々だと思う。ただ、重賞で通用するには、もうワンパンチ必要だろう』と書いているが、完全にハズレてしまった。2歳牡馬チャンピオンとして来年のクラシックに向かうのだが、道中は折り合いもつくので距離は大丈夫だと思う。まさか、マイル路戦とか馬鹿なことは言わないと思うが、皐月賞をパスしてNHKマイルCからダービーを狙うということはあるかもしれない。藤沢和雄厩舎は先週のソウルスターリングに続き2歳GT連勝。Frankel産駒の連勝ではなく、藤沢厩舎の連勝とは恐れ入った。
ディープインパクト産駒は、先週の阪神ジュベナイルフィリーズの出走はなし。朝日杯フューチュリティSは本馬(6番人気)とクリアザトラック(3番人気)の2頭出走だったが、下馬評ではパッとしなかった。ところが、キッチリと勝つところが素晴らしく、先週から続く『Frankelブーム』を沈静化させた形である。
これで5戦3勝となった。デビュー戦は札幌の芝1800m戦(勝ち馬:コリエドール)で、クビ差の2着。2戦目も札幌の芝1800m戦(勝ち馬:サングレーザー)で、1馬身1/4差の2着。3戦目は中山の芝1800m戦で、2着にハナ差で勝った。4戦目の前走はベコニア賞。道中7〜8番手から4コーナーは7番手。直線内目から伸びて残り300mで先頭。1馬身半差での快勝だった。
先週の阪神ジュベナイルフィリーズが1:34:0-34:8。今週が1:35:4-34:1。勝ち時計で1:4差となったが、馬場差とペース差があるので単純に比較は出来ない。牝馬だけならば十分上位争いをすると思われるミスエルテは4着で、1:35:8-34:7だった。では、この時計のミスエルテが阪神ジュベナイルフィリーズに出ていたら勝てていたかというと疑問である。馬場差・ペース差を考慮した上、時計で判断すると、ソウルスターリングなど牝馬の上位組みは、牡馬と同等かそれ以上のレベルだと思われる。
期待度85(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年12月17日(土)2歳戦

2016/12/17 20:34
●5中5 5R 2歳新馬 芝1800 良
カリンバ (牝・美浦・田中剛)
父ルーラーシップ 母アフリカンピアノ(ディープインパクト)
1:52:5(上3F34:7)
好スタートから1コーナーは外5番手でまわる。向正面に入っても外5番手を進む。先頭の1000m通過が1:04:6のペース。このあたりは6番手で通過するが、3コーナーで押し上げて、4コーナーは絶好の手応えのまま先頭に立つ。直線に入ると後続を離し、残り200mは1馬身半差の先頭で通過する。後続からアオイシンゴが伸びて残り100mは1馬身半差だが、この差を最後まで保ち1馬身1/4差でゴールした。
単勝7.1倍の4番人気からの勝利。道中5番手から4コーナーで先頭。直線で離し、1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:0-11:4-11:5と、直線は速い時計でまとめた。スローペースなので当然だが、ラストの坂でもそれ程落ちなかった。
4コーナーでの手応えはなかなかで、直線ちぎりそうな雰囲気もあったが、それほどでもなかった。ただ、直線は終始1馬身半差を保ち、抜かれる感じはなかった。メンバー中では抜けていたのだろう。今日の中山競馬場はそこそこ時計は出ているので、1:52:5-34:7は平凡である。これだけの完勝でも、相当良くならなければ500万ではなかなか勝てないだろう。
母は未登録馬である。入厩前に故障して競走馬にはなれなかった。種牡馬Manduroの姪という良血で、母(本馬の祖母)マンデラ(Mandela)は、独オークス独GT3着・サンタバーバラH米GU3着・ポモーヌ賞仏GU3着など重賞で好走した。兄(本馬の伯父)ワールドエース(牡2009年産・期待度100・年末推奨馬)も種牡馬である。繁殖に上がり本馬が初仔である。
期待度50

●5中5 9R ひいらぎ賞(500万下) 芝1600 良
アウトライアーズ (牡・美浦・小島茂之)
父ヴィクトワールピサ 母ウィストラム(フレンチデピュティ)
1:34:8(上3F34:5)
ゲート出はまずまずだがダッシュが悪く後方へ。一旦最後方に下がり、2F手前でやや位置を上げて11番手につける。先頭が後続を5馬身程離す展開で、4Fを46:8で通過する。残り600mから外を通り差を詰めて、4コーナーは大外10番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り200mは1馬身差の2番手で通過する。残り150m過ぎで先頭に立ち、後続を離すが、4コーナーで並んでいたウインブライトが追いかけてくる。しかし、これに1馬身1/2差をつけてゴールした。
単勝1.6倍の1番人気に応えた。スタートダッシュが悪く後方11番手につけ、4コーナーは10番手。直線外から一気に伸びて残り150m過ぎで先頭に立ち、1馬身半差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:2-11:8-11:7と、加速する中を差し切った。先頭が飛ばして速いペースとなり、後方有利の展開だった。
残り600mから上がって行き、直線に入ると一気に差を詰めて勝負を決めた。単勝1.6倍と人気を集めたが、後方からの競馬となってしまった。ただ、前が速くなり、ラッキーな面もあったと思う。新潟・東京で負けて、中山で2勝。右回りが良いのかもしれないが、前走はのちに京都2歳SGVを勝つカデナとハナ差だったので、重賞で勝負になる能力は持っていると思う。更に今回の好レースをしたので、次走が重賞でも上位争い可能だろう。
これで4戦2勝となった。デビュー戦は新潟の芝1600m戦(勝ち馬:サンライズソア)で、3/4馬身差の2着だった。2戦目は中山の芝2000m戦。道中8〜9番手から4コーナーは4番手。直線外から伸びて残り200m過ぎで先頭。その後は引き離し、ラストは手綱を抑えて2馬身半差での圧勝だった。3戦目の前走は百日草特別(勝ち馬:アドマイヤミヤビ)で、0:1差の3着だった。
4戦中3戦がメンバー中最速の上りであり、前走は2番目だった。短い中山の直線も関係なく伸びてくる強烈な末脚を武器に、どこまで活躍できるだろうか。
期待度70(up)

●5阪5 4R 2歳未勝利 芝1800 良
スパークルメノウ (牡・栗東・角居勝彦)
父ディープインパクト 母スパークルジュエル(Unbridled's Song)
1:50:1(上3F34:4)
まずまずのスタートから抑えて後方へ。後方から3頭目の14番手につけるが、3Fあたりで13番手に上がる。先頭の1000m通過が1:01:8のペース。やや縦長だった馬群が徐々に一団になっていき、4コーナーは大外12番手でまわる。直線に入ると大外から伸びて、残り300mは8番手で通過する。残り200mは先頭から2馬身弱に差の4番手で、残り100mは半馬身差の3番手で通過する。そして、残り50mあたりでユイフィーユをかわして先頭に立ち、最後は1馬身1/4差離してゴールした。
単勝3.2倍の2番人気からの勝利。道中13〜14番手から4コーナーは大外12番手。直線伸びて残り50mで先頭に立ち、1馬身1/4差引き離しての差し切り勝ちだった。
レースの上り3Fは12:0-11:4-11:9と、ラストが落ちた。このためにラストで差し切れたのだが、11秒台のラップの中を差し切ったのだから十分だろう。
後方待機で、長い直線を一杯に使って差し切った。長く良い脚を使う馬で、2着3着を経験している1番人気馬を、差し切ったうえ引き離している。1:50:1-34:4は平凡のようにも感じるが、だんだんと時計の出なくなっていう阪神競馬場なので、この時計でも十分である。12Rの古馬1000万でも6着に入る時計なので、未勝利馬ならば立派だろう。500万でも上位争い可能だと思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は京都の芝1800m戦(勝ち馬:カワキタエンカ)で、クビ差の2着だった。
母はアメリカ産の外国産馬として日本で競走馬登録されたが未出走だった。姉(本馬の伯母)Golden Balletはサンタアニタオークス米GT・ラスヴィルヘネスS米GT・レイルバードS米GU・サンタイネスS米GUを勝ち、アシュランドS米GT2着の実力馬だ。その産駒(本馬の従兄弟)Drosselmeyerは種牡馬である。妹(本馬の叔母)Gilded GemはラスフローレスS米GVを勝ち、サンタモニカS米GT2着など重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が第7仔だが、初仔クリーンエコロジー(牡2008年産・期待度55)はJRA5勝・地方4勝。第3仔は2勝している。
本馬は、当歳時のセレクトセールにて6480万円で取引された。
期待度60

●4中京5 10R つわぶき賞(500万下・牝) 芝1400 良
エントリーチケット (牝・栗東・宮徹)
父マツリダゴッホ 母コスモエンドレス(スターオブコジーン)
1:22:5(上3F34:6)
まずまずのスタートからダッシュ良く上がり、A.シュタルケ騎手が内の各馬の出方を確認しつつ2番手につける。ただ、1Fあたりで首を上げて口を割って掛かる場面があり、2F過ぎでなんとか治まる。道中は1馬身弱の差で追走し、4コーナーは1馬身差の2番手でまわる。直線に入ると先頭との差を詰めて、残り250mあたりで先頭に立つ。残り200m過ぎて逃げ馬を振り切り、残り100mは2馬身弱の差の先頭で通過する。しかし、外から4頭が伸びて来て、グングンと差が詰まるものの、最後はキャスパリーグに1/2差粘り切ってゴールした。
単勝5.2倍の3番人気からの勝利。前半掛かっての2番手から4コーナーも2番手。直線残り250mあたりで先頭に立つが、最後に詰められて半馬身差での辛勝だった。
レースの上り3Fは11:6-11:5-11:7と、11秒台を並べた。ラストは詰められたものの、11:7で走っている。
4ヵ月の休養明けで+14s。これは成長分だとしても、道中は折り合いを欠いた。普通の馬ならば直線は失速するのだろうが、残り100mまではしっかりと伸びた。ゴール前だけ見ると、あと数mあれば抜かれていた勢いだったので、評価は低くなるだろうが、前半に頭を上げるなど大きなロスがあったにもかかわらず勝つのだから、能力は高いと思う。前走負けたディーパワンサはハイレベルなGTを4着。本馬は成長し、次走も上積みが見込めるので、重賞でも上位争い可能だと思う。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は阪神の芝1600m戦。道中2番手から4コーナーも2番手。直線に入るとすぐに先頭に立ち、一旦2着馬に迫られるが、その後振り切って1馬身3/4差での完勝だった。2戦目の前走は中京2歳S(勝ち馬:ディーパワンサ)で、半馬身差の2着だった。
初戦は道悪で、3馬身差で圧勝しても正当な評価をしなかった。今回は500万特別を辛勝。再度低評価にしたいところだが、マイナス面を跳ね除けての勝利で価値があると思う。ただ、芝1400mでの勝利なので期待度は(オークスへの期待度なので)抑えたい。
期待度55(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年12月11日(日)2歳戦

2016/12/11 23:22
本日、日帰りで阪神競馬場に行ってきた。往路は羽田空港から飛行機で伊丹空港へ。復路は新幹線で帰ってきた。
私が出資しているスズカゼ(牝2歳)が、阪神ジュベナイルフィリーズGTに出走したのだ。
阪神競馬場は24年ぶりの遠征。
バスで行く、自動車で行く、LCCで行く。貧乏な私は色々安く行く方法を考えたが、どれも面倒で、結局一番楽な方法を選んだ。

スズカゼは、7月17日の未勝利戦を勝った後、3ヵ月半の休養明けで京王杯2歳SGVに挑戦。13頭中12着だった。その2週間後、赤松賞に出走。直線よく粘り、5着ながら0:1差だった。

私は一口歴29年目のベテランである(2012年5月18日の記事参照)(2012年9月24日の記事参照)。
ただし、貧乏なので基本的には1頭ずつしか出資できない。出資馬が引退したら次の馬に出資するというパターンで細々と続けている。そのため、29年目で16頭しか出資していない。
ただ、現1歳牡馬にも出資したので、現在はたまたま2頭持ちで、スズカゼは15頭目の出資馬ということになる。
この15頭目にして初のGT出走。今後もおそらくGT出走は難しいだろう。一生に一度のことと思い、阪神競馬場まで見に行ったのだ。
画像
スタートを決めて、4コーナーまでは良かったのだが、直線伸びず10着。
18頭立ての17番人気。単勝288.8倍の馬がよく走った。頑張ったと思う。阪神まで見に行って満足したのだが、一流馬との差に愕然とし、脱力感もあった。
満足感と脱力感が入り混じる中、阪神競馬場を後にしたのだが、仁川の駅で気がついた。
『あっ・・・払い戻しするの忘れた』
有効期限は60日である。
画像
パトロールビデオを見ると、直線に入ってすぐにレーヌミノルが外に斜行し、ジューヌエコールにぶつかっている。弾かれたジューヌエコールがスズカゼにぶつかった。他馬を気にするスズカゼにとって、ぶつけられるのは致命的で、そのため直線は伸びなかった??と思いたい。
画像
24年前に阪神競馬場へ行ったのも、出資馬の応援だった。記録を調べると、そのときも10着。
旧スタンドの頃にも何度か訪れたことがあり、前回の24年前は改装されてすぐだったと思う。仁川駅から一般の道を歩いて行った記憶があるが、今は駅から専用の歩道が整備されていて驚いた。ただ、24年前にも専用の歩道はあったのかもしれないが、忘れてしまった。

            
●5中4 5R 2歳新馬 芝1800 良
ゴールドスミス (牡・美浦・二ノ宮敬宇)
父ステイゴールド 母ザミリア(Cape Cross)
1:52:9(上3F35:8)
好スタートから1コーナーは3番手でまわる。向正面に入ると前2頭が飛ばす展開となり、4馬身差の3番手を進む。先頭の1000m通過が1:04:4のペース。このあたりでは先頭まで2馬身半差に詰めている。3コーナーからやや仕掛け気味に差を詰めて、4コーナーは1馬身差の3番手でまわる。直線に入ると先頭に迫り、残り250mあたりで一気に前2頭を抜き去り先頭に立つ。残り200mは外から伸びたスカーレットラバーに1馬身弱の差の先頭で通過する。残り100mでクビ差まで迫られるが、ここから粘って抜かせず、大外からホッコーライデンもこの争いに加わってくるが、最後はスカーレットラバーにクビ差でゴールした。
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中3番手から4コーナーも3番手。直線残り250mで先頭に立つが、この後2着馬に迫られて何とかクビ差凌いでの勝利だった。
レースの上り3Fは12:3-11:9-11:9と、直線は11秒台にまとめた。接戦になったこともあったが、落ちていないのは良かったと思う。
直線で先頭に立ったときは突き抜けるかと思ったが、外の2頭に迫られて、クビ差での辛勝だった。印象はあまり良くないが、2着馬に迫られてからは本馬も負けじと伸びていて、着差ほどは危ないレースではなかった。ただし、1:52:9-35:8は平凡であり、2勝目までは時間がかかるレベルだと思う。
母はアイルランド産の輸入繁殖牝馬。イギリスで走り7戦2勝。姉(本馬の伯母)SeraphinaはローザーS英GU2着。妹(本馬の叔母)Chicago Girlは愛パークS愛GV2着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が日本での第5仔だが、アイルランドでの初仔Serious Attitude(シリアスアティテュード・牝2006年産)はチヴァリーパークS英GT・ニアークティックS米GT・ヨークサマーS英GVを勝っている。日本での第2仔ザマンダ(牝5歳)は現役で4勝と活躍中だ。
期待度45

●5阪4 5R 2歳新馬 芝1800 良
キセキ (牡・栗東・角居勝彦)
父ルーラーシップ 母ブリッツフィナーレ(ディープインパクト)
1:49:5(上3F34:5)
気持ち出遅れるがすぐに流れに乗って外5番手につける。3F手前から動いて、3F過ぎで3番手に上がる。先頭の1000m通過が1:03:0のペース。4コーナーは先頭から1馬身半差の外3番手でまわる。直線に入ると手応え良く差を詰めて、残り350mあたりでグラニーズチップスをかわして先頭に立つ。グラニーズチップスが粘りなかなか離せないが、残り200mで1馬身差とすると、ここからグングンと引き離す。残り100mは2馬身半差として、最後は3馬身1/2差をつけてゴールした。
単勝2.4倍の2番人気からの勝利。道中5番手から3番手に上がり、4コーナーは3番手。直線残り350mあたりで先頭に立ち、最後は引き離して3馬身半差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:5-10:9-12:3と、ラストが大きく落ちた。10:9の後ということと、単走になったためだろう。
5F過ぎからペースが上がり、11:8-11:5-10:9と加速した。1600mのレースならば1:37:2-34:2である。この後、もう1Fあったと考えれば12:3も仕方がないだろう。1〜5着までは離れて入線し、着差は3馬身1/2−2馬身1/2−2馬身1/2−3馬身1/2である。本馬の力が抜けていたことがわかる。4コーナーをまわった後、楽な手応えで先頭に並び、残り200mから2着馬を突き放した。時計の出難くなっている阪神の馬場で、デビュー戦から1分49秒台は立派であり、500万でも好勝負可能だろう。このひと叩きで更に良くなれば、いきなり重賞でも上位争いすると思う。母父ディープインパクトは、まだ数が少ないので、京都2歳SGV2着のヴァナヘイム(牡2歳・期待度65)の活躍が目立つ程度だが、来年再来年と活躍馬が続々と出てくるだろう。本馬はその先駆けになれるかもしれない。
父ルーラーシップ(2007年産・期待度105・年末推奨馬)は新種牡馬である。本日の阪神3R未勝利戦でプリンセスルーラーも勝ったので、これで15勝目(14頭)である。
母は未登録馬。母(本馬の祖母)ロンドンブリッジはファンタジーSGVを勝ち、桜花賞GT2着の活躍馬だ。姉(本馬の伯母)ダイワエルシエーロはオークスGT・クイーンCGV・京阪杯(GV・マーメイドSGVを勝ち、阪神牝馬SGU3着の実力馬だ。兄(本馬の伯父)ビッグプラネットはアーリントンCGV・京都金杯GVを勝っている。 同じく兄(本馬の伯父)ダイワディライトは、カペラSGV2着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第3仔だが、初仔は地方2勝、第2仔ファントムグレイ(牡3歳)は現役で未勝利だ。
期待度65

●5阪4 11R 阪神ジュベナイルフィリーズ(GT・牝) 芝1600 良
ソウルスターリング (牝・美浦・藤沢和雄)
父Frankel 母スタセリタ(Monsun)
1:34:0(上3F34:8)
まずまずのスタートから一旦内5番手につけるが、1Fから2Fにかけて内をスルスルと上がり3番手につける。先頭のアリンナが2馬身以上離して逃げる展開となり、先頭は4Fを46:7で通過する。このあたりは4番手を進み、4コーナーは先頭から2馬身差の内ラチ沿い4番手でまわる。直線に入ると内から伸びて、残り300mで2番手に上がる。残り200m手前で内からアリンナをかわして先頭に立ち、後続を引き離す。残り100mは2番手レーヌミノルに2馬身差の先頭で通過するが、外からリスグラシューが良い脚で追い上げて、残り70mあたりで2番手に上がる。ここでは2馬身半の差があるが、この後グングンと差が詰まり、最後は1馬身1/4差でゴールした。
単勝2.8倍の1番人気に応えた。道中3〜4番手から4コーナーは4番手。直線内から伸びて残り200m手前で先頭に立ち後続を引き離す。最後は2着馬に詰められて1馬身1/4差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:5-11:5-12:2と、ラストが落ちた。ハイペースの競馬を3〜4番手で進めたので、ラストはかかってしまった。
終始内々の経済コースをまわってきたが、内が荒れているので大きな有利でもないだろう。残り200m過ぎてから後続を離し、残り100m過ぎでは3馬身近く離した。最後は2着馬に迫られたが、1馬身1/4差の堂々たる勝利で、無敗で2歳牝馬チャンピオンに輝いた。最後にリスグラシューに詰められたのは残念だが、後方待機馬が有利な展開となったので問題はないだろう。外をまわってきたリスグラシューとは走った距離の違いはあるだろうが、荒れた内の馬場をしっかりと伸びた本馬の強さとたくましさは強烈で、楽しみなスター候補の誕生というレースだった。
マスコミでは『怪物の娘』などとFrankel(フランケル)産駒という事を強調していたが、Sadler's Wells系Galileo産駒のFrankelの血が、ここまで日本の馬場に適応するとは驚きである。来週は、もう1頭の強いFrankel産駒ミスエルテが牝馬ながら朝日杯フューチュリティSに出走予定である。もしこれも勝つようなら、日本競馬もちょっとした『Frankelブーム』が起こると思う。ただ、種付け数は意図的に抑えられているようなので、思うようにはその血を導入できないと思われる。世界に先駆けてFrankel産駒のGT初勝利で、来年の牝馬クラシック戦線が本当に楽しみになってきた。来週のミスエルテの走り次第では、オークスではなくダービーでFrankel産駒の対戦なんてことがあるかもしれない。
これで3戦3勝となった。デビュー戦は札幌の芝1800m戦。道中5番手から4コーナーは4番手。直線伸びて残り200m過ぎから2着馬との争いとなり、残り20mあたりでかわりクビ差での勝利だった。2戦目の前走はアイビーS。道中4〜5番手から4コーナーは4番手。直線外目から伸びて残り200mで先頭に立ち、1馬身3/4差での完勝だった。
今年の阪神ジュベナイルフィリーズはハイレベルといわれ、レーヌミノル・ジューヌエコール・ヴゼットジョリー・リスグラシューなど重賞勝ち馬の他、能力の高い馬が多数出走していた。ミスエルテ以外の有力牝馬はほぼ出ていただろう。ただ、脚を余して負けたリスグラシュー以外は勝負付けが済んだ格好で、今後成長する馬や、これから頭角を現す1勝馬や未出走馬がいなければ、牝馬路線はソウルスターリング・リスグラシュー・ミスエルテ中心に進みそうだ。
期待度90(up)

●4中京4 5R 2歳新馬 芝2000 良
ダノンキングダム (牡・栗東・安田隆行)
父ステイゴールド 母ヴィヤダーナ(Azamour)
2:04:8(上3F34:0)
出遅れて1馬身以上の不利。後方からの競馬となり、1コーナーは後方から2頭目の8番手でまわる。向正面に入っても8番手を進む。先頭の1000m通過が1:05:1のペース。このあたりで7番手に上がり、3コーナーで6番手。4コーナーで2馬身差の3番手に上がる。直線に入ると外目から伸びて、残り200mは先頭スズカアカデミーに半馬身差の2番手で通過する。スズカアカデミーが粘りなかなか抜けないが、残り100m手前でかわして先頭に立つと一気に加速するように突き放す。そして、最後は手綱を抑えて2馬身1/2差でゴールした。
単勝1.5倍の1番人気に応えた。出遅れて道中8番手から6番手へ。4コーナー3番手から直線伸びて残り100m手前で先頭に立つと一気に引き離して2馬身半差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:6-11:4-11:5と、11:5前後の速い上りだった。スローペースだったので速い時計は当然だが、ラスト1Fの脚は素晴らしかった。
大きく出遅れながらも、徐々に位置を上げていき、4コーナーでは先頭を射程圏におさめた。ゴール前の伸び脚は圧巻で、最後も手綱を抑える余裕の勝利。能力の差を見せつけた。中京もあまり速い時計は出ていないので、勝ち時計が2:04:8でも、上り3Fが34:0ならば十分だろう。ただ、勝ちっぷりが素晴らしいのは、最後に逃げ馬が失速したためと見ることも出来る。3着馬との脚色はあまり変わらないのだ。更に、ローカル開催の中京競馬なので、メンバー的には落ちるだろう。出遅れながらも圧勝した実力を素直に評価できないのは、その辺のところである。数戦すれば500万は勝てると思うが、次走もあっさり勝てるかどうかは疑問である。
母はフランス産の輸入繁殖牝馬。未出走馬である。兄(本馬の伯父)Visionaryは、仏2000ギニー仏GT3着・ドラール賞仏GU3着・アンドレバボワン賞仏GV3着。姉(本馬の伯母)Visionnaireは、クロエ賞仏GV2着・グロット賞仏GV2着・仏オークス仏GT3着・サンタラリ賞仏GT3着。兄(本馬の伯父)Visorhillは、ラクープドメゾンラフィット仏GV2着。姉(本馬の伯母)Visoramaはフロール賞仏GVを勝ち、コリーダ賞仏GU2着・サンクルー大賞仏GT3着の活躍馬だ。兄(本馬の伯父)Visindarはグレフュール賞仏GUを勝っている。更に、兄(本馬の伯父)Varenarはフォレ賞仏GTを勝ち、パン賞仏GV2着・ポルトマイヨ賞GV2着の活躍馬だ。その他、甥(本馬の従兄弟)にも重賞勝ち馬がいるように、とても優秀な一族の出である。繁殖に上がり本馬が日本での第3仔だが、初仔ダノンメジャー(牡4歳・期待度70)は現役で4勝。京都2歳SGV2着など重賞で好走し、ダービー(11着)にも出走した。第2仔オーパ(騸3歳)は現役で1勝と活躍中だ。
本馬は、当歳時のセレクトセールにて5400万円で取引された。
期待度55

●4中京4 10R こうやまき賞(500万下) 芝1600 良
ペルシアンナイト (牡・栗東・池江泰寿)
父ハービンジャー 母オリエントチャーム(サンデーサイレンス)
1:35:4(上3F33:9)
出遅れて半馬身程度の不利。すぐに流れに乗り、7番手につける。先頭の4F通過が48:6のペース。このあたりは6番手を進み、残り700m過ぎからマクるように一気に押し上げて、4コーナーは先頭に頭差程度の2番手でまわる。直線に入ると馬なりのまま先頭に並び、残り300m過ぎで先頭に立つ。外からジュンヴァリアスが迫ったところで追い出し、残り200mは1馬身差とする。残り100mも1馬身差だが、3番手以下は離れていく。そして、最後はジュンヴァリアスに1馬身1/4差でゴールした。
単勝1.3倍の1番人気に応えた。出遅れて道中は6〜7番手。残り700mからマクッて4コーナーは2番手。直線残り300m過ぎで先頭に立ち、1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:8-11:0-11:2と、直線は11秒そこそこにまとめた。2着馬をなかなか引き離せなかったが、この時計なら十分だろう。
出遅れてもダッシュが良いので大きな不利にはならなかった。3コーナーから4コーナーにかけて一気に押し上げたが、直線向いても余力は十分だった。今回含めた過去3戦ともメンバー中最速で上っている通り、しっかりとした末脚を持っている。前走は2着だが、負けた相手が上記ソウルスターリングなので、ローカル開催の500万特別では負けられないだろう。更に、前走はソウルスターリングを抑えて1番人気に推された馬である。来週の朝日杯フューチュリティSに挑戦してもよかったような馬だが、確勝を期してここを使ったと思われる。そして、見事圧倒的人気に応えた。これならば重賞でも好勝負できるだろう。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は小倉の芝1800m戦。道中4〜6番手から4コーナーは3番手。直線残り200mで先頭に立ち、楽な手応えのまま後続を離して、最後は3馬身差での圧勝だった。2戦目の前走はアイビーS(勝ち馬:ソウルスターリング)で、1馬身3/4差の2着だった。
種牡馬ゴールドアリュールの甥という良血で、まだまだ奥もありそうだ。前走は牝馬に負けて評価を落としたが、その牝馬が本日GT馬になった。スタートを矯正すれば、重賞勝ちも夢ではないと思う。
期待度70(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年12月10日(土)2歳戦

2016/12/10 18:46
●5中3 3R 2歳未勝利 芝2000 良
レッドジェノヴァ (牝・美浦・小島茂之)
父シンボリクリスエス 母コロンバスサークル(ホワイトマズル)
2:02:3(上3F36:8)
まずまずのスタートからジワジワと上がり、1コーナーは外3番手でまわる。向正面に入っても外3番手を進む。先頭の1000m通過が1:01:6のペース。残り600mあたりから仕掛け気味に差を詰めて、4コーナーは1馬身差の2番手でまわる。直線に入ると徐々に差を詰めて、残り200mはクビ差の2番手で通過する。残り150m手前で先頭に立ち、残り50mで2番手に上がったスターライトブルーに1馬身1/4差をつけてゴールした。
単勝4.0倍の2番人気からの勝利。道中3番手から4コーナーは2番手。直線残り150m手前で先頭に立ち、1馬身1/4差での勝利だった。
レースの上り3Fは12:0-12:2-12:9と、減速した。5F過ぎてからラップが11秒台になるようなレースだったので、ラストが大幅に落ちでも仕方がないだろう。
本馬を含めて3着経験馬が何頭かいて、2着経験馬もいる、未勝利としてはまずまずのレベルのレースだった。道中は3番手を進み、直線抜け出す危なげのない競馬をした。13秒台のない澱みのない流れで、5F過ぎてからは11:9-11:7とペースが上がっている。1800m通過が1:49:4なので、ラスト1Fは12:9になってしまった。ラストにもうひと踏ん張りできれば、500万でも即勝ち負けだろうが、いずれ500万は勝てるレベルだと思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は東京の芝1600m戦(勝ち馬:ハナレイムーン)で、0:6差の3着だった。
母は32戦5勝。芝1800mで3勝、芝2000mで2勝し、重賞は11戦しているがオールカマー4着が最高着順である。種牡馬マンハッタンカフェの姪という良血で、妹(本馬の叔母)アプリコットフィズ(牝2007年産・期待度80・年末推奨馬)はクイーンCGV・クイーンSGVを勝ち、フェアリーSGV2着・京成杯オータムHGV2着・富士SGV2着・秋華賞GT3着など重賞で活躍した。 弟(本馬の叔父)クレスコグランド(牡2008年産・期待度80)は、京都新聞杯GUを勝っている。同じく弟(本馬の叔父)ダービーフィズ(牡6歳・期待度70・現役)は 函館記念GVを勝ち、セントライト記念GU2着・札幌記念GU3着など重賞で活躍中だ。繁殖に上がり本馬が第2仔だが、初仔は未勝利で引退した。
期待度50

●5中3 5R 2歳新馬 芝1600 良
アーザムブルー (牡・美浦・戸田博文)
父ディープインパクト 母エレンウィルモット(ブライアンズタイム)
1:38:1(上3F36:3)
まずまずのスタートから8番手につけるが、2F過ぎでやや押し上げて6番手に上がる。先頭の4F通過が49:2のペース。このあたりは外目5番手だが、残り600mで3番手に上がり、4コーナーは先頭から半馬身差の3番手でまわる。直線に入ると4頭が並ぶ形となるが、外から2頭目の位置を伸びて、残り250m過ぎで先頭に立つ。残り200mで半馬身差とし、残り100mは1馬身半差とする。この後、外からヒノアカツキが2番手に上がり差を詰めて来るが、最後は1馬身1/4差でゴールした。
単勝1.7倍の1番人気に応えた。道中5〜6番手から4コーナーは3番手。直線残り250m過ぎで先頭に立ち、最後は1馬身1/4差での勝利だった。
レースの上り3Fは12:2-11:9-12:4と、ややかかってしまった。それ程速いペースでもない中でのこの時計は残念である。
馬群の中から徐々に位置を上げて行き、4コーナーでは先頭グループに取り付いた。直線もしっかりと伸びての快勝で申し分ないのだが、1:38:1-36:3は平凡すぎる。レベルの低い新馬戦だった可能性が高く、500万をでは苦戦しそうである。
母は5戦0勝。姉(本馬の伯母)ファレノプシスは桜花賞GT・秋華賞GT・エリザベス女王杯GT・ローズSGUを勝った名牝で、札幌記念GU2着・オークスGT3着などの実力馬だ。その産駒(本馬の従姉弟)アディアフォーン(牝2006年産・期待度65)はファンタジーSGV3着、(本馬の従姉弟)ラナンキュラス(牝2007年産・期待度75)はフィリーズレビューGU2着など重賞で好走した。兄(本馬の伯父)サンデーブレイクはピーターパンS米GUを勝ち、ベルモントS米GT3着・ウッドメモリアルS米GT3着・アルカディアH米GU3着などアメリカの重賞で活躍した。また、弟(本馬の叔父)キズナ(牡2010年産・期待度105)は種牡馬である。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、第4仔が地方で2勝している。
期待度45

●5阪3 5R 2歳新馬 芝1400 稍重
ラプソディーア (牝・栗東・友道康夫)
父ディープブリランテ 母ハルーワソング(Nureyev)
1:23:5(上3F35:4)
好スタートから先頭に立つが、150mあたりで先頭を譲って2番手につける。道中は半馬身差の2番手を進み、4コーナーも半馬身差の2番手でまわる。直線に入ると楽な手応えのまま残り300mあたりで先頭に立ち、残り200mは1馬身差とする。残り100mは2馬身差として、最後はアタックバイオに2馬身差でゴールした。
単勝1.5倍の1番人気に応えた。道中2番手から4コーナーも2番手。直線残り300mで先頭に立ち、最後は2馬身差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:9-11:3-12:3と、ラストが落ちてしまった。単走になり余裕もあったので仕方がないだろう。
直線に向いてからの走りが素晴らしく、残り80mあたりではC.ルメール騎手が後ろを振り返る余裕もあった。なかなかの勝ちっぷりだったが、稍重にしても1:23:5-35:4はどうだろうと思ってしまう。5回阪神競馬で、徐々に時計が出難くなっているのかもしれない。414kgの小柄な牝馬で、仕上がりが良かったのだろう。そうなると、上積みは薄そうなのだが、牝馬同士のこのくらいの距離ならば500万でも好走可能だと思う。
父ディープブリランテは新種牡馬である。ディープインパクト産駒初のダービー馬で、ディープインパクト産駒初の種牡馬デビューとして注目していたが、先週までは10勝(9頭)だった。本日は、本馬と中山6Rのダート1800m新馬戦でセダブリランテスが勝ったので2勝をプラスし、12勝(11頭)となった。新種牡馬として合格点に近づいてきているが、まだインパクトが足りない。明日の阪神ジュベナイルフィリーズGTに、ディーパワンサ・ジャストザマリン・スズカゼと3頭の産駒が出走する。ここでGT制覇となれば、一気に評価は上がるだろうが、やはりFrankel産駒にはかなわないのだろうか。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。未出走馬である。妹(本馬の叔母)Mezzo Sopranoはヴェルメイユ賞仏GTを勝ち、リブルズデイルS英GU3着・プシシェ賞仏GV3着などの実力馬だ。その産駒(本馬の従兄妹)Claremontは リス賞仏GVを勝ち、ジョッキークラブS英GU3着・オカール賞仏GU3着・ジョンポーターS英GV3着など重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が日本での第12仔だが、初仔ハルーワスウィート(牝2001年産)は5勝。このハルーワスウィートの産駒(本馬の姪)ヴィルシーナ(牝2009年産・期待度85・年末推奨馬)はヴィクトリアマイルGT2勝・クイーンCGVを勝ち、桜花賞GT2着・オークスGT2着・秋華賞GT2着・エリザベス女王杯GT2着・ローズSGU2着・宝塚記念GT3着などの実力馬だ。(本馬の甥)シュヴァルグラン(牡4歳・期待度55・現役)は阪神大賞典GU・アルゼンチン共和国杯GUを勝ち、日経新春杯GU2着・天皇賞春GT3着・ジャパンCGT3着・京都2歳SGV3着など重賞で活躍中だ。(本馬の姪)ヴィブロス(牝3歳・期待度60・年末推奨馬・現役)は秋華賞GTを勝ち、紫苑SGV3着の実力馬である。第2仔は1勝。第3仔も1勝。第5仔フェストシュピール(牡2006年産・期待度60)は1勝。第6仔は地方1勝。第7仔フレールジャック(牡2008年産)は4勝。ラジオNIKKEI賞GVを勝ち、神戸新聞杯GU3着など重賞で活躍した。第8仔マーティンボロ(牡7歳)は現役で7勝。中日新聞杯GV・新潟記念GVを勝ち、小倉記念GV2着など重賞で活躍中だ。第9仔は地方1勝。第10仔ベルディーヴァ(牝4歳)は現役で1勝と活躍中である。
期待度55
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年12月4日(日)2歳戦

2016/12/04 22:05
●5中2 4R 2歳未勝利 芝1800 良
サンティール (牝・美浦・鹿戸雄一)
父ハービンジャー 母サンヴィクトワール(サンデーサイレンス)
1:49:5(上3F35:8)
まずまずのスタートから1コーナーは内3番手でまわる。向正面に入ると内4番手を進む。先頭の1000m通過が1:01:3のペース。このあたりで3番手に並びかけ、4コーナーは先頭から1馬身半差の内目3番手でまわる。直線に入ると前2頭の間を突いて伸び、残り250mあたりで先頭に立つ。そして後続に差をつけていき、残り100mは1馬身半差とする。エスティームが追いかけてくるが差は更に開き、最後は2馬身差でゴールした。
単勝6.1倍の2番人気からの勝利。道中3〜4番手から4コーナーは3番手。直線残り250mあたりで先頭に立ち、2馬身離す完勝だった。
レースの上り3Fは12:1-11:8-12:2と、12秒前後だった。やや速いペースだったが、ラスト12:2は、単走になったことを考えても少々残念である。
内でじっと我慢をして、直線で伸びた。2着馬にも差をつけながらのゴールで、完勝である。スタート直後の12:7以外は、すべて12:5以内のラップであり、息のつけない流れだった。したがって、ラストは12:2と落ちてしまったのだろう。後続を離しながらのゴールなので問題はないだろうが、500万で好走するにはもうワンパンチ必要で、2勝目までは少し時間がかかると思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は中山の芝1800m戦(勝ち馬:アルミューテン)で、0:7差の2着だった。
母は9戦2勝。芝2000mとエルフィンS(芝1600m)で勝ち、重賞はフィリーズレビュー(12着)・ローズS(13着)に出走した。母(本馬の祖母)ヴィクトリーバンクは、マーメイドSGV2着・中京記念GV3着など重賞で好走した。弟(本馬の叔父)ユニバーサルバンクは、京都新聞杯GU2着・ステイヤーズSGU2着・共同通信杯GV2着・オールカマーGU3着など重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、初仔は2勝。第3仔サンソヴール(牝5歳)はJRA3勝・地方3勝で、JRA所属の現役だ。第4仔は1勝。第5仔サンクロワ(牡3歳)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度50

●5中2 6R 2歳新馬 芝2000 良
ビートマッチ (牝・美浦・萩原清)
父ルーラーシップ 母パーフェクトマッチ(サンデーサイレンス)
2:05:9(上3F34:5)
好スタートから押し出されるように先頭に立ち、1コーナーは1馬身半差の先頭でまわる。向正面に入るとスローに落として逃げて、1000mを1:05:5で通過する。この後、徐々にペースが上がり、4コーナーでスパートして2馬身差の先頭でまわる。直線に入ると後続を引き離し、残り200mは3馬身差の先頭で通過する。後続からはコスモノーズプレスが追ってくるが、残り100mでは3馬身以上の差があり、最後は4馬身差をつけてゴールした。
単勝3.5倍の2番人気からの勝利。好スタートから無理なく先頭に立ち、道中は1馬身半〜2馬身差での逃げ。4コーナーは2馬身差で、直線は後続を離し4馬身差での逃げ切り圧勝だった。
上り3Fは11:7-11:2-11:6と、11秒台を並べた。超スローだったので当然と言えば当然だが、ラスト11:6と落ちたのは残念である。
誰も行かないので逃げて、誰も追って来ないので4F目などは14秒台までペースを落とした。34:5で上っての逃げ切り勝ちだが、メンバー中最速の上りだった。2番目が34:8なので、4馬身差でも他馬のレベルに問題があったと思われる。したがって、過大評価は禁物だろう。536sという牝馬らしからぬ雄大な馬体であり、ひと叩きされてどこまで良くなれるかが500万での戦いの鍵だろう。
母は18戦2勝。芝1800mで2勝しており、重賞はクイーンC(4着)・フローラS(5着)に出走した。弟(本馬の叔父)マッチレスバローは、共同通信杯GV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第5仔だが、初仔は地方2勝。第2仔は2勝。第4仔アフィニータ(牝3歳)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度50

●5阪2 3R 2歳未勝利 芝1800 良
アウステルリッツ (牡・栗東・高野友和)
父ハービンジャー 母マリアヴァレリア(サンデーサイレンス)
1:48:4(上3F34:7)
好スタートから外目7番手につけるが、2F過ぎで6番手に上がる。先頭の1000m通過が1:00:6のペース。このあたりで外5番手に上がり、4コーナーは先頭から2馬身半差の外5番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り200mは1馬身差の3番手で通過する。残り100mで逃げたマイネルブロッケンをかわして先頭に立ち、ここから突き放して、最後は2馬身差でゴールした。
単勝3.0倍の1番人気に応えた。道中5〜6番手から4コーナーは5番手。直線外から伸びて残り100mで先頭に立ち、この後引き離して、2馬身差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:5-11:3-12:5と、ラストが大幅に落ちた。本馬は12:3〜12:4程度で走っただろうが、少々物足りない時計である。
ラストが落ちたといっても、出走各馬全体的に落ちているので、本馬は伸びている。仮にあまり落ちずに12:0で走ったとすると、1:47:9-34:2であり、そのまま500万を勝てる時計となる。今回2戦目で2馬身差の圧勝、3ヵ月の休養明けで+14sで出走した。パドックの映像を見ると余裕のある馬体であり、良化の余地は十分にありそうだ。次走は絞れるだろうから、500万でも好勝負になると思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は阪神の芝2000m戦(勝ち馬:メリオラ)で、0:3差の4着だった。
母はJRA11戦4勝・地方1戦1勝。JRAでは芝1800mで2勝、芝2000mで2勝しており、重賞はマーメイドS(6着)に出走した。姉(本馬の叔母)フサイチエアデールは報知杯4歳牝馬特別GU・シンザン記念GV・ダービー卿チャレンジTGV・マーメイドSGVを勝ち、GT2着3回・GU2着2回・GV3着1回などの活躍馬だ。 その産駒(本馬の従姉弟)ライラプスはクイーンCGVを勝ち、(本馬の従兄弟)フサイチリシャールは種牡馬になっている。兄(本馬の伯父)ベラージオはマーチSGV3着。甥(本馬の従兄弟)アドマイヤエイカン(牡3歳・期待度75・現役)は札幌2歳SGVを勝ち、京都2歳SGV3着など重賞で活躍中だ。繁殖に上がり本馬が第5仔だが、初仔は2勝。第4仔サーサルヴァトーレ(牡4歳)は現役で2勝と活躍中だ。
期待度55

●5阪2 5R 2歳新馬 芝1600 良
サロニカ (牝・栗東・角居勝彦)
父ディープインパクト 母サロミナ(Lomitas)
1:37:2(上3F33:8)
絶好のスタートから外2番手につける。道中は1馬身〜1馬身半差で追走する。先頭の4F通過が50:7のペース。この後ペースが上がり、4コーナーは2馬身弱の差の2番手でまわる。直線に入ると逃げるテンペストになかなか追いつけず、残り200mは1馬身差の2番手で通過する。この後、テンペストの脚が鈍り、残り100m手前でかわして先頭に立つ。外からレッドリボンが追いかけてくるが、これに1馬身1/2差をつけてゴールした。
単勝2.2倍の1番人気に応えた。道中2番手から4コーナーも2番手。直線なかなか差が詰まらないが、残り100m手前で先頭に立ち、追い上げてきた2着馬に1馬身半差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:3-11:0-11:7と、ラストがやや落ちた。ただ、上り3Fは33:8で走ったので十分だろう。
スタート良く飛び出すが抑えて、道中は2番手で折り合った。直線なかなか追いつけなかったが、逃げ馬が11:0で走ったので仕方がないだろう。ここを本馬は10秒台で走っている。勝ち時計1:37:2は平凡でも、デビュー戦から上り33:8で走ったので能力は示したと思う。ドイツオークス馬の初仔で、父はディープインパクト。生産者の期待も大きいだろう。センスの良い走りをしたので、この後更に良化すれば500万でも好勝負できるだろう。
母はドイツ産の輸入繁殖牝馬。ドイツ・フランスで走り、独4戦4勝・仏1戦0勝。独オークス独GT・ハンブルク牝馬賞独GVを勝っている。母(本馬の祖母)Saldentigerinはバーデンヴュルテンベルクトロフィ独GVを勝ち、オイロパ賞独GT2着・独オークス独GT3着の他、独GU3着1回・独GV2着4回など重賞で活躍した。兄(本馬の伯父)Salutは、伊セントレジャー伊GV2着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が日本での初仔である。
期待度60

●5阪2 9R シクラメン賞(500万下) 芝1800 良
サトノアーサー (牡・栗東・池江泰寿)
父ディープインパクト 母キングスローズ(Redoute's Choice)
1:50:8(上3F32:7)
出遅れて半馬身程度の不利。後方からの競馬となり7番手につける。先頭の1000m通過が1:05:3のペース。このあたりで6番手に上がり、4コーナーは外目5番手でまわる。直線に入ってもしばらく5番手だが、残り200mで2番手に上がる。ここでは先頭のシゲルボブキャットまで1馬身半差以上あるが、この後グングンと差を詰めて残り100m手前で先頭に立つ。そして一気に突き放し、最後は手綱を抑えてシゲルボブキャットに3馬身1/2差でゴールした。
単勝1.6倍の1番人気に応えた。道中6〜7番手から4コーナーは5番手。直線残り100m手前で先頭に立つと、手応え良くグンと引き離し3馬身半差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:4-10:8-11:3と、速い上りを差し切った。特に、ラスト100mが圧巻の伸び脚だった。
出遅れた後、行き脚ついた2Fあたりで抑えると口を割った。直線は前が10:8で走ったので、なかなか差が詰まらなかったが、残り200mから走りは素晴らしかった。先頭に立つと川田将雅騎手は右を確認、左を確認、そして右を確認して、最後は手綱を抑えても勢いで引き離した。ゴール前は飛ぶように走ってゴール。『これは強い』というような競馬だった。しかも、上り3Fは32:7であり、5回阪神ではなかなか出ない時計で走った。1歳のセレクトセールで2億円の値がついた馬で、値段通りの走りだったと思う。前走の新馬戦は同着というデビューだったが、今回はその鬱憤を晴らすような走りで快勝。次走は重賞だろうが、勝ち負けになると思う。ホープフルSを使うのか。それとも間隔を空けるのか。同馬主同厩舎2億円馬の先輩サトノダイヤモンドのように、3戦目はきさらぎ賞という情報もあるが、どうだろう。いずれにしても次走どのような走りをするのか、注目である。
これで2戦2勝となった。デビュー戦は阪神の芝2000m戦。道中7番手から4コーナーも7番手。直線大外から伸びて、最後にスズカフロンティアに追いついて同着での辛勝だった。
『先輩』は、きさらぎ賞も圧勝後、皐月賞3着・ダービー2着。春は今一歩だったが、菊花賞を勝ってGT馬になっている。『後輩』の本馬はどのような道を歩むのか。今日のレースを見たかぎりは、クラシックの中心になり得る存在だと思った。
期待度85(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年12月3日(土)2歳戦

2016/12/03 23:27
●5中1 9R 葉牡丹賞(500万下) 芝2000 良
レイデオロ (牡・美浦・藤沢和雄)
父キングカメハメハ 母ラドラーダ(シンボリクリスエス)
2:01:0(上3F34:7)
まずまずのスタートから抑えて、1コーナーは10番手でまわる。向正面に入ると最後方から2頭目の11番手を進む。先頭の1000m通過が1:01:0のペース。残り600m手前から仕掛け気味に押し上げて、4コーナーで右ムチが1発入り、大外11番手でまわる。直線に入ると外からグングンと伸びて、残り200mは4番手で通過する。前3頭を残り150mあたりで一気にかわして先頭に立ち、後続を引き離す。コマノインパルスが追いかけてくるが、これに1馬身1/2差をつけてゴールした。
単勝1.7倍の1番人気に応えた。道中11番手から4コーナーも11番手。直線大外から豪快に伸びて残り150mあたりで先頭に立ち、1馬身半差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:9-12:1-11:9と、12秒前後だった。レース自体はハイペースとなり、後方から進めた馬が有利な流れだった。
4コーナーでは気を抜いたのか動きが悪く、C.ルメール騎手のムチが飛んだ。それに応えるように、短い中山の直線でもしっかりと伸びて快勝した。2着が粘ったので1馬身半差だが、2〜3着は3馬身半離れたので、3着馬には5馬身程度離したことになる。残り600mあたりからのゴーサインに即座に反応できないなど、2戦目でまだまだ若さも見せたが、直線の伸びは圧巻で、これならば重賞でも好勝負出来ると思う。前走時、『500万で好走するには更に大きく変わる必要があるだろう。ただ、次走もあっさりと勝つようなら、来年に向けて楽しみな馬になると思う』と書いているが、『あっさり』と勝ってしまった。ということは、『来年に向けて楽しみな馬』であり、暮れのホープフルSGUに出てくれば、同距離同コースを圧勝した馬として注目されると思う。重賞でどんなレースを見せるのか。楽しみだ。
これで2戦2勝となった。デビュー戦は東京の芝2000m戦。道中5〜6番手から4コーナーは5番手。直線残り200m過ぎで先頭に立ち、粘る2着馬を振り切って1馬身1/4差での勝利だった。
母がディープインパクトの姪という血統である。活力のある一族の出の本馬が、重賞でどこまでやれるのか。次もあっさり勝つようならば、来春のクラシックの中心馬になるだろう。
期待度75(up)

●5阪1 5R 2歳新馬 芝2000 良
ダノンロマン (牡・栗東・藤原英昭)
父ディープインパクト 母イマーキュレイトキャット(Storm Cat)
2:05:0(上3F34:3)
まずまずのスタートから、1コーナーは内4番手でまわる。向正面に入っても4番手を進むが、前2頭が離して進み、7頭が縦長となる。先頭の1000m通過が1:05:2のペース。残り800mあたりで川田将雅騎手の手綱が動き、残り600mあたりから差を詰めていく。そして、4コーナーは3馬身差の3番手でまわる。直線に入ると前2頭との差を詰めて、残り200mは2馬身差の3番手で通過する。残り100mで2頭をかわし先頭に立ち、最後は1馬身1/4差でゴールした。
単勝1.6倍の1番人気に応えた。道中4番手から4コーナーは3番手。直線残り100mで先頭に立ち、1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:4-11:8-11:8と、直線は11秒台後半だった。スローペースでこの時計は物足りないが、本馬はラスト1Fを11:5程度で走っただろう。
スローペースの競馬を4番手で進めたが、先頭から大分離れていたので展開的には不利だったと思う。3コーナーあたりから手綱をしごいたがなかなか動かず、ズブイ面を見せた。それでも残り3Fから差を詰めて、直線はしっかり伸びてきた。最後は離しながらのゴールであり、能力は抜けていただろう。荒削りな走りだったので、まだまだ上積みもありそうだ。良くなれば500万でも上位争い可能だと思う。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り4戦1勝。祖母(本馬の曾祖母)が名牝Miesque(欧米GT10勝)で、種牡馬Kingmamboの姪という良血馬だ。繁殖に上がり本馬が日本での第2仔だが、持込の初仔は未勝利で引退した。
本馬は、1歳時のセレクトセールにて1億584万円で取引された。
期待度55

●5阪1 9R 万両賞(500万下) 芝1400 良
カラクレナイ (牝・栗東・松下武士)
父ローエングリン 母バーニングレッド(アグネスタキオン)
1:22:1(上3F35:6)
まずまずのスタートから外7番手につけるが、2F過ぎで8番手に下がる。4コーナーで1頭かわして、外7番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り200m手前で2番手に上がる。そして、残り100mで先頭に立ち、後方から伸びて2番手に上がったブリラーレに1馬身差をつけてゴールした。
単勝2.2倍の1番人気に応えた。道中7〜8番手から4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り100mで先頭。1馬身差での完勝だった。
レースの上り3Fは11:6-11:8-12:7と、ラストが大幅に落ちた。57:6-69:4のハイペースだったので仕方がないが、落ちすぎかもしれない。
馬群から離れず、集団の後方を進んだ。ハイペースだったので展開は向いたと思う。それでも前が粘る中、直線はしっかりと伸びた。1番人気で完勝したので重賞でも期待できそうだ。ただ、今日の相手はやや小粒だったと思う。
『カラクレナイ』と聞くと、『千早ぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは』という百人一首の歌を思い出した。ただ、学のない私は、『からくれない』っていったい何だ?と思った。馬名の由来を見ると、『唐紅。濃い紅色』と書いてある。なるほど、大陸から渡って来た素晴らしい濃紅ということだ。勉強になった。母バーニングレッド(燃え上がる赤)から連想した素敵なネーミングだと思った。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は京都の芝1400m戦(勝ち馬:メイショウベルボン)で、0:2差の4着。2戦目の前走も京都の芝1400m戦で、2着に1馬身半差で勝った。
母は5戦1勝。ダート1000mで勝っているが重賞には出走していない。母(本馬の祖母)レッドチリペッパーは富士SGV・中山牝馬SGVを勝ち、クイーンCGV2着・フラワーCGV2着・NHKマイルCGT3着の活躍馬だ。繁殖に上がり本馬が第4仔だが、第2仔は1勝。第3仔は地方で4勝している。
期待度50
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

natsuryoのダービーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる