アクセスカウンタ

natsuryoのダービーへの道

プロフィール

ブログ名
natsuryoのダービーへの道
ブログ紹介
勢いで始めてしまったブログです。「自分の性格上、続かないだろうな」と半信半疑で書き始めたのですが、10年目に突入しました。
2歳戦(3歳戦)の解説を毎週行い、2017年のダービー馬を探して行きたいと思います。
もちろんオークス馬も。
これからもよろしくお願いします。
尚、「期待度」とは、「ダービー・オークスへの期待度」です。最高値は100のつもりはありません。
zoom RSS

2016年9月25日(日)2歳戦

2016/09/25 17:19
●4中6 5R 2歳新馬 芝2000 良
キャナルストリート (牝・美浦・大竹正博)
父マンハッタンカフェ 母フィラストリート(Cozzene)
2:02:9(上3F35:0)
伸び上がるようなスタートだったが出の速さはまずまずで、1コーナーは7番手でまわる。向正面に入っても7番手を進む。先頭の1000m通過が1:02:7のペース。残り800m過ぎで6番手に上がり、ここから仕掛け気味に押し上げる。残り600mで5番手に上がり、4コーナーは先頭から1馬身半差の外3番手でまわる。直線に入ってもしばらく3番手で、残り200mも1馬身半差の3番手で通過する。残り100mで先頭のベストリゾートに1馬身差に迫り、この後も徐々に差を詰める。2頭が抜ける形になる中、差を詰めていき、最後に追いつき並んでゴール。ハナ差、差し切っていた。
単勝2.2倍の1番人気に応えた。道中7番手だが3コーナーから上がり4コーナーは3番手。直線残り200mより差を詰めて、最後は差し切り、ハナ差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:7-11:8-12:1と、減速している。ラストで落ちたために差し切る事が出来た。
直線に入ってから、しばらくは差を詰められなかった。ラスト1Fで追い込んだが、2着馬の脚が衰えたことも大きな要因だろう。ただ、本馬はラストを11:9前後で走ったのだから、最後までしっかりと走ったことが勝因とも言える。着差はハナでも、2〜3着は2馬身、3〜4着は3馬身半離れた。2頭の能力が抜けていたようで、もっと距離があればもう少し離したと思われるので、辛勝とは言えないと思う。昨日の雨の影響でダートは重馬場になっているように、水を含んだ良馬場だった。その中で2:02:9-35:0は新馬戦としては十分で、下記芙蓉Sよりも1:3も速い。この後、大幅に良くなれば、500万でも上位争いできるだろう。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り4戦1勝。母(本馬の祖母)Phydillaはクインシー賞仏GV・エクリプス賞仏GVを勝ち、アスタルテ賞仏GV2着・カルヴァドス賞仏GV2着・パレロワイヤル賞仏GV3着など重賞で活躍した。姉(本馬の伯母)MysteriesはミュージドラS英GV3着など重賞で好走し、その産駒(本馬の従兄妹)ヒシアケボノ・アグネスワールドは種牡馬になっている。繁殖に上がり本馬が日本での第14仔だが、初仔はJRA1勝・地方4勝。第2仔は6勝。第3仔は1勝。第4仔は地方1勝。第5仔も地方1勝。第7仔フィニステール(牡2004年産)は3勝。青葉賞GU3着と好走し、ダービー(15着)にも出走した。第8仔は4勝。第9仔ブロードストリート(牝2006年産・期待度90・年末推奨馬)は4勝。ローズSGUを勝ち、秋華賞GT2着・愛知杯GV2着2回・マーメイドS(GV2着など重賞で活躍し、オークス(4着)にも出走した。第10仔は3勝。第11仔は地方2勝。第12仔ドラゴンストリート(牡5歳)は現役で4勝。第13仔ロイヤルストリート(牝4歳)は現役で4勝と活躍中だ。
上記の通り大変優秀な母だが、本馬は母が20歳時の産駒であり、高齢出産の産駒としてどこまで活躍できるか。
期待度55

●4中6 9R 芙蓉S(オープン) 芝2000 良
キングズラッシュ (牡・美浦・久保田貴士)
父ルーラーシップ 母リコリス(シンボリクリスエス)
2:04:2(上3F35:0)
まずまずのスタートから1コーナーは3番手でまわる。向正面に入ると4番手を進む。先頭の1000m通過が1:03:3のペース。この後3番手に上がり、4コーナーは先頭からクビ程の差の外3番手でまわる。直線に入ると3頭の争いとなり、残り200m手前で僅かながら先頭に立つ。残り100mはクビ程の差の先頭で通過し、この後競っていた2頭を振り切るが、外からレジェンドセラーが伸びてくる。残り50mでは1馬身程差があるが、この差がグングンと詰まり、最後は頭差でゴールした。
単勝3.5倍の2番人気からの勝利。道中3〜4番手から4コーナーは僅差の3番手。直線3頭の争いを競り勝ち、残り200m手前で先頭。2着馬の猛追を頭差退けての勝利だった。
レースの上り3Fは12:0-11:3-11:8と、直線は11秒台だった。ラストが落ちて2着馬に迫られたというところだろう。
出走8頭中未勝利馬が2頭含まれ、やや寂しいメンバーとなった。オープン特別だが、戦前からレベルは高く無さそうな感じであった。昨日の雨の影響でダートは重馬場になっていて、水を含んだ良馬場だった。それでも2:04:2-35:0は平凡であり、上記新馬戦よりも1:3遅い。ペースの差はあるが、勝ち馬の上り時計は同じである。これはオープン特別として恥ずかしい時計だろう。新馬−特別連勝で2戦2勝の負け知らずだが、重賞では苦戦レベルだと思う。
これで2戦2勝となった。デビュー戦の前走は福島の芝2000m戦。道中10〜12番手から4コーナーは4番手。直線外から伸びて残り200mで先頭に立つが、後方から伸びた2着馬に迫られて、クビ差での勝利だった。
父ルーラーシップ(2007年産・期待度105・年末推奨馬)は新種牡馬であり、これで産駒8勝目(7頭)だ。このレースの2着レジェンドセラーもルーラーシップ産駒なので、産駒ワンツーのレースとなった。
期待度60(up)

●4阪6 5R 2歳新馬 芝1800 良
ムーヴザワールド (牡・栗東・石坂正)
父ディープインパクト 母リッスン(Sadler's Wells)
1:47:8(上3F34:0)
出遅れて半馬身程の不利。ダッシュ良く盛り返して4番手につけるが、3F手前で5番手に下がる。先頭の1000m通過が1:01:3のペース。4コーナーは先頭から2馬身半差の馬群の中5番手でまわる。直線に入ると外の馬を押しのけて、狭くなりそうな進路を開ける。そこを伸びて、残り200mは1馬身半差の4番手で通過するが、再び前が狭くなる。それでも前2頭の間を突いて伸び、残り100mで2番手に上がる。そして、残り50mあたりでエアウィンザーをかわして先頭に立ち、最後はクビ差でゴールした。
単勝4.2倍の2番人気からの勝利。道中4〜5番手から4コーナーは5番手。直線狭い所を2回抜けて伸び、クビ差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:3-11:2-11:8と、ラストが落ちた。それでも1分47秒台の勝ち時計なので十分だろう。
デビュー戦からなかなかの勝負根性を見せた。直線入口では外の馬を押しのけて、最後は2頭の間をすり抜けた。馬ごみを怯まない性格は、皐月賞やダービーで大きな力となるが、そこまで出世するかはわからない。特に、残り400mで狭い所を抜けた後はモタモタしてしまい、外の馬達に抜かれてしまった。それが原因で最後が再び狭くなっている。残り400mでスパッと伸びていれば、もっと楽に勝てたのだろう。今回は何とか差し切れたが、このひと叩きで大きく良くならないと重賞では苦戦するだろう。ただ、1:47:8-34:0と、新馬戦としては上々の時計で走ったので、500万では勝ち負けできると思う。
母はアイルランド産の輸入繁殖牝馬。アイルランド・イギリスで走り、愛4戦1勝・英2戦1勝。フィリーズマイル英GTを勝ち、モイグレアスタッドS愛GT2着・デビュターントS愛GU2着の活躍馬だ。姉(本馬の伯母)SequoyahはモイグレアスタッドS愛GTを勝ち、レイルウェイS愛GV3着の実力馬で、その産駒(本馬の従姉弟)Queen Cleopatraは愛1000ギニーTR愛GVを勝ち、仏オークス仏GT3着・愛1000ギニー愛GT3着など重賞で活躍した。同じく姉の産駒(本馬の従兄弟)Henrythenavigatorは英2000ギニー英GT・愛2000ギニー愛GT・セントジェイムズパレスS英GT・サセックスS英GT・コヴェントリーS英GUを勝ち、BCクラシック米GT2着・クイーンエリザベスU世S英GT2着・フィーニクスS愛GT2着・愛フュチュリティS愛GU3着の実力馬である。繁殖に上がりアイルランドで生んだ産駒が1頭いるが未勝利。本馬は日本での第4仔だが、持込の初仔アスコルティ(牝2011年産・期待度65・年末推奨馬)は2勝。第2仔タッチングスピーチ(牝4歳・期待度55)は現役で3勝。ローズSGUを勝ち、京都記念GU2着・エリザベス女王杯GT3着など重賞で活躍中だ。第3仔New World Power(牡3歳)は、2014年セレクトセールにて2億8080万円でカタールレーシング社のDavid Redvers氏が落札した。その後輸出され、今年の5月、英国でデビューした。初戦2着で、6月の2戦目は3着。9月の3戦目は4着だったようだ。
期待度65
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年9月24日(土)2歳戦

2016/09/24 21:05
●4中5 5R 2歳新馬 芝1600 稍重
ライジングリーズン (牝・美浦・奥村武)
父ブラックタイド 母ジョウノファミリー(キングカメハメハ)
1:36:0(上3F34:7)
好スタートから抑えて8番手につけるが、2F過ぎで9番手に下がる。3F過ぎから上がって行き、4Fは再び8番手で通過する。先頭の4F通過は48:3のペース。残り600mで7番手に上がり、4コーナーは外6番手でまわる。直線に入ると外をグングンと伸びて、残り200mは内先頭のミステリーモリオンに1馬身半差の2番手で通過する。残り100mは半馬身差とし、残り50mあたりでかわして先頭に立つ。共に伸びたコスモディライト・アルチレイロも1馬身以内についてきているが、最後は内で粘るミステリーモリオンに3/4馬身差でゴールした。
単勝5.0倍の2番人気からの勝利。道中7〜9番手から4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り50mあたりで先頭に立ち、3/4馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:7-11:8-12:0と、減速した。ただ、稍重の平均ペースの競馬なのでラスト12:0ならまずまずだろう。
中団から、4コーナーでは先頭を射程圏内にとらえた。直線もしっかりと伸びて完勝。デビュー戦としてはしっかりとした走りだったが、ややインパクトにかける走りでもあった。この後、相当良くならないと500万では苦戦しそうなレベルだろう。メンバーに恵まれれば上位争いするかもしれない。
母は未出走である。兄(本馬の伯父)ブルーコンコルドはJBCスプリント名古屋GT・マイルチャンピオンシップ南部杯盛岡GT3勝・JBCマイル川崎GT・東京大賞典大井GT・かしわ記念船橋GT・京王杯2歳SGU・プロキオンSGV・シリウスSGV・黒船賞高知GVを勝ち、フェブラリーSGT2着2回・かしわ記念船橋GT2着・帝王賞大井GT2着・小倉2歳SGV2着・ガーネットSGV2着・名古屋大賞典名古屋GV3着などの実力馬だ。繁殖に上がり本馬が第4仔だが、初仔はJRA1勝・地方3勝である。
本馬は、1歳時の北海道サマーセールにて550.8万円で取引された。
期待度40

●4阪5 1R 2歳未勝利・牝 芝1600 稍重
アドマイヤミヤビ (牝・栗東・友道康夫)
父ハーツクライ 母レディスキッパー(クロフネ)
1:34:8(上3F33:7)
まずまずのスタートから内11番手につけるが、3Fあたりで10番手に上がる。先頭の4F通過が48:1のペース。4コーナーでややモタつき、外目11番手でまわる。直線に入ると外目をジリジリと伸びるが、残り300mからは加速するように伸びて、残り200mは1馬身半差の4番手で通過する。そして、残り100mあたりで前3頭をまとめてかわして先頭に立ち、伸びた勢いのまま差を広げて、最後はベルカプリに1馬身3/4馬身差でゴールした。
単勝1.3倍の1番人気に応えた。道中10〜11番手から4コーナーは11番手。直線外目から伸びて残り100mで先頭に立ち、1馬身3/4差での完勝だった。
レースの上り3Fは11:7-11:0-11:6と、速い上りの中を差し切った。本馬はラスト1Fを11:3前後で走っただろう。
4コーナーでモタつき、直線に入ってもしばらく伸びが怪しかったが、残り300m過ぎからは素晴らしい脚で伸びた。能力は1枚も2枚も上という勝ち方で、時計も稍重で1:34:8-33:7である。2戦目での時計なので、次走で大きく詰めるのは難しいだろうが、道中の走りはまだまだ修正の余地もあり、500万でも好勝負できそうだ。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は中京の芝1600m戦(勝ち馬:クライムメジャー)で、1馬身1/4差の2着だった。
母は8戦0勝。種牡馬ディープインパクトの姪という良血馬だ。繁殖に上がり本馬が第3仔だが、初仔グランアルマダ(牡4歳)は現役で4勝。第2仔ミッキーシャンティ(牡3歳)は現役で1勝と活躍中だ。
本馬は、当歳時のセレクトセールにて4428万円で取引された。
期待度55

●4阪5 2R 2歳未勝利 芝1800 稍重
ガウディウム (牡・栗東・吉田直弘)
父ハービンジャー 母パーフェクトジョイ(ステイゴールド)
1:48:9(上3F34:5)
まずまずのスタートから9番手につけるが、3Fあたりで7番手に上がる。先頭の1000m通過が1:01:4のペース。4コーナーで馬群の中から外目に出して、先頭から4〜5馬身差の7番手でまわる。直線に入ると外から差を詰めて、残り200mは先頭から2馬身弱の差の7番手で通過する。この後前6頭を抜いて残り100mで先頭に立つが、すぐ内で共に伸びたタガノヴァンが食い下がる。ラスト100mはタガノヴァンと、更に内のユイフィーユとの争いになるが、最後はタガノヴァンをクビ差振り切ってゴールした。
単勝10.3倍の5番人気からの勝利。道中7番手から4コーナーも7番手。直線外から伸びて残り100mで先頭に立ち、粘る2着馬を振り切ってクビ差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:7-11:4-12:0と、ラストが落ちてしまった。ただ、稍重で1分48秒台の勝ち時計なので、ラスト12:0ならば十分だろう。
長い直線をジリジリと伸びて、最後は2着馬を振り切った。派手さはないが堅実に伸びたという印象だ。2ヵ月の休養明けでデビュー戦から+14sでの出走だったが、デビュー戦のパドックは細く映り、今回の方が馬体が力強くなった感じがした。大分良化しての出走で結果を出したのだが、インパクトの欠けるレースであり、2勝目までは時間がかかるレベルだろう。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は中京の芝1600m戦(勝ち馬:アメリカズカップ)で、0:8差の7着だった。
母は23戦5勝。阪神牝馬SGU3着など重賞で好走した。兄(本馬の伯父)アルアランはオグリキャップ記念笠松GU・ブリーダーズゴールドC旭川GUを勝ち、アンタレスSGV2着・東海SGU3着など重賞で活躍した。また、甥(本馬の従兄弟)メトロノースは北海道2歳優駿門別GVを勝ち、同じく甥(本馬の従兄弟)ケイアイチョウサン(牡6歳・現役)はラジオNIKKEI賞GVを勝ち、京成杯GV3着など活躍中だ。同じく甥(本馬の従兄弟)オジュウチョウサン(牡5歳・現役)は中山グランドジャンプJGT・東京ジャンプSJGVを勝っている。繁殖に上がり本馬が第4仔だが、本馬が産駒初勝利だ。
期待度45

●4阪5 5R 2歳新馬・牝 芝1600 稍重
ミスエルテ (牝・栗東・池江泰寿)
父Frankel 母ミスエーニョ(Pulpit)
1:37:2(上3F33:7)
まずまずのスタートから馬群の中7番手につけるが、2F過ぎで6番手に上がる。先頭の4F通過が50:2のペース。4コーナーは先頭から4馬身差の馬群の中6番手でまわる。直線に入ると外にいた馬を押しのけるように進路を開けて、馬なりのまま上がっていく。残り300mで3番手に上がり、残り200mで先頭に立つ。この後も川田将雅騎手の手綱は軽く動くのみで後続を引き離し、残り100mは1馬身半差とする。そして、最後まで持ったままでデルマコイウタを2馬身離してゴールした。
単勝1.3倍の1番人気に応えた。道中6番手から4コーナーも6番手。直線馬なりで上がり、残り200mで先頭。その後も馬なりのまま、2馬身差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:7-11:5-11:5と、スローペースだったため速い上りとなった。これを馬なりでマークするのだから驚きである。
話題の良血馬のデビュー戦で、評判以上の勝ち方をした。直線は持ったままで圧勝。しっかり追っていたらどこまで引き離したのだろうというような勝利だった。スタートは他馬が速かった分遅く見えたが、スタート後のダッシュも悪くはなく、道中もしっかりと折り合った。勝ち時計は1:37:2と平凡で、上記1Rの未勝利戦より2:4も遅いが、馬なりでマークした上り33:7は圧巻である。良血馬のデビュー戦圧勝で、相当な出世が見込めるだろう。464sの牝馬で馬体のバランスも素晴らしく、500万または次が重賞でも勝ち負けになると思う。追ってからサッパリという馬がいないわけでもないし、緩い馬場が味方したとも考えられるが、スタート直後から周囲とはオーラの違う走りをしていた。この馬、来年のクラシックを賑わせそうだ。
父Frankel(フランケル)は14戦14勝(GT10勝)という近年の欧州の怪物であり、現2歳が初年度産駒である。種付け数は意図的に抑えられているようで、初年度は133頭に種付けされた。欧州では、産駒のFair EvaがプリンセスマーガレットS英GVを勝ち、Queen KindlyがローザーS英GUを勝ち、Toulifautがオマール賞仏GVを勝っていて、早くも重賞3勝である。Sadler's Wells系Galileo産駒であり、日本の馬場の適性がどうなのか気になるところだが、これでソウルスターリング(牡2歳・期待度60)に続き日本では2勝目である。産駒は、現在まで本馬を含めて4頭登録されている。勝ち馬2頭以外では、外国産馬ライズイーグル(牡2歳)がデビュー戦5着に負けた後、現在は休養中。1億円馬(税込)ファヴォーラ(牝2歳)は栗東に入厩し、デビューに向けて調整中だ。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り4戦2勝。デビュターントS米GT・ソレントS米GVを勝っている。母(本馬の祖母)Madcap EscapadeはアシュランドS米GT・プリンセスルーニーH米GU・シャーリージョーンズH米GU・フォワードギャルS米GU・マディソンS米GVを勝ち、ケンタッキーオークス米GT3着の実力馬だ。繁殖に上がり米国で産駒を2頭を生み、第3仔の本馬を受胎して、2013年ファシグティプトン・ノベンバーセールに上場された。そして、吉田勝己氏が190万ドルで落札し輸入された。本馬が日本での初仔だが、米国産の2頭は未勝利である。
期待度70

●4阪5 9R ききょうS(オープン) 芝1400 稍重
ジューヌエコール (牝・栗東・安田隆行)
父クロフネ 母ルミナスポイント(アグネスタキオン)
1:22:3(上3F34:0)
ゲートを出てややバランスを崩したのかダッシュが悪く後方へ。最後方9番手からの競馬となるが、2F過ぎで8番手に上がる。残り600m過ぎで7番手に上がり、4コーナーは外目7番手でまわる。直線に入ると大外に出して伸び、残り200mは先頭から1馬身差の5番手で通過する。この後、すぐ内にいるマルモレイナと真ん中から伸びたオールポッシブルとの争いとなるが、残り100mあたりで僅かに先頭に立つ。そして、最後はマルモレイナに3/4馬身差でゴールした。
単勝2.6倍の1番人気に応えた。道中7〜9番手から4コーナーは7番手。直線外から伸びて残り100mで先頭に立ち、3/4馬身差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:1-11:4-11:3と、加速する中を差し切った。本馬はラスト1Fを11:1程度で走っただろう。
スタートでバランスを崩して後方からの競馬となったが、慌てず末脚を温存した。直線は速い上りとなったものの、残り100mで前をとらえて、僅かずつ差を開きながらの完勝だった。なかなかのレースをしてデビューから2連勝。今回は2ヵ月半の休み明けで+12sで出走したが、太くはなく増加したのは成長分だろう。次走は重賞だろうが、休み明けをひと叩きされて、まだ良くなれば上位争いは可能だと思う。ただ、上積みが薄ければ、掲示板が精一杯のレベルだろう。
これで2戦2勝となった。デビュー戦の前走は中京の芝1400m戦。道中3番手から4コーナーも3番手。直線外目から伸びて残り200m手前で先頭。1馬身3/4差での快勝だった。
従兄妹が種牡馬ロジユニヴァースという血統で、近親には重賞好走馬が多い。血統的な裏付けのある本馬が重賞でどんなレースを見せるのだろうか。
期待度55(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年9月18日(日)2歳戦

2016/09/19 14:55
●4中4 2R 2歳未勝利 芝2000 良
アウトライアーズ (牡・美浦・小島茂之)
父ヴィクトワールピサ 母ウィストラム(フレンチデピュティ)
2:03:7(上3F34:9)
大外18番枠から好スタートを切り、1コーナーは外10番手でまわる。向正面に入ると9番手を進む。先頭の1000m通過が1:03:5のペース。このあたりで8番手に上がり、3コーナーから外を通り押し上げて、4コーナーは先頭から2馬身差の外4番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り200m過ぎで先頭に立つ。そして引き離し、残り100mは2馬身弱の差とすると、ラスト80mあたりで田辺裕信騎手は手綱を緩める。それでも、勢いで更に差を開いて、最後はワンナイトインパリに2馬身1/2差での勝利だった。
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中8〜9番手から4コーナーは4番手。直線外から伸びて残り200m過ぎで先頭。その後は引き離し、ラストは手綱を抑えて2馬身半差での圧勝だった。
レースの上り3Fは11:8-11:9-11:6と、11秒台を並べた。特にラスト1Fは流して11:6なので立派だと思う。
好スタートから中団につけて3コーナーから進出。直線で先頭に立つと引き離し、最後の80mは手綱を抑えて引き離した。時計も11:6であり、力の違いを見せ付けた競馬だった。2着経験馬が本馬を含めて2頭、3着経験馬が3頭と、レベルは低くないメンバーでこれだけのレースをしたのだから、能力は高いだろう。デビュー戦は上り32:9の脚でも届かないという競馬をしたが、今回はキッチリと勝った。2:03:7-34:9と時計は平凡だが、雨の中の競馬でダートは稍重になっている水を含んだ良馬場である。デビュー戦で速い上りで走った馬なので時計も問題ないだろう。500万でも勝ち負けできると思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は新潟の芝1600m戦(勝ち馬:サンライズソア)で、3/4馬身差の2着だった。
母は29戦3勝。芝1200m・ダート1200m・ダート1400mで勝っているが、重賞には出走していない。母(本馬の祖母)リュドゥパーム(Rue de Palm)はデルマーデビュタントS米GUを勝ち、デルマーフュチュリティ米GT2着など重賞で活躍した。姪(本馬の従姉弟)ダイワミストレス(牝2009年産)は、フェアリーSGV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、第2仔は2勝。第3仔マレーナ(牝5歳)は現役で3勝。第4仔は地方5勝。第5仔フラワーファースト(牝3歳)は地方1勝で、JRA所属の現役だ。
本馬は、1歳時のセレクトセールにて2700万円で取引された。
期待度60

●4中4 5R 2歳新馬・牝 芝1600 良
ヒストリア (牝・美浦・栗田徹)
父ハーツクライ 母アルヴィス(Mr. Greeley)
1:39:2(上3F34:8)
気持ち出遅れたが同様な馬も多く、1Fあたりで行き脚がついて上がり、外5〜7番手につける。先頭の4F通過が51:2のスローペース。このあたりは7番手で通過し、4コーナーは先頭から3〜4馬身差の外目7番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り200mは2馬身半差の7番手で通過する。残り100mは1馬身半差の4番手で通過し、先頭争いをする2頭を追いかける。残り50mから鋭い伸び脚で前2頭に迫り、ゴール前で差し切り、最後はベストティアーズに3/4馬身差をつけてゴールした。
単勝3.2倍の1番人気での勝利。道中5〜7番手から4コーナーは7番手。直線外目を伸びてゴール前で差し切り、3/4馬身差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:1-11:6-11:4と、加速している。スローペースとはいえ直線は11秒台中盤で、ラスト1Fは11:4の中を差し切った。
残り200mでは2馬身半差あったので、本馬はラスト1Fを11:0程度で走っただろう。スローペースの直線勝負の競馬で、雨のため馬場は緩かった。その中で、坂のある中山のラスト1Fを、デビュー戦から11:0(推定)とは素晴らしいと思う。1:39:2-34:8と、時計は平凡すぎるほど平凡だが、ラストの伸びが圧巻で、この後更に良くなれば500万でも上位争い可能だろう。
母はアメリカ産の外国産馬として日本で走り、JRA23戦3勝・地方1戦0勝。川崎の関東オークスGU3着と重賞で好走し、JRAではダート1200m2勝、ダート1300mで勝っている。種牡馬ジャッジアンジェルーチ(Judge Angelucci)・種牡馬Warの姪という良血で、兄(本馬の伯父)マチカネイサリビは、京王杯3歳SGU3着など重賞で活躍した。また、妹(本馬の叔母)RadharcnafarraigeはバリーオーガンS愛GV・ナーススプリントS愛GVを勝っている。繁殖に上がり本馬が第3仔だが、初仔ヴィスビー(牝5歳・期待度40)は現役で3勝と活躍中だ。
本馬は、1歳時のセレクトセールにて4860万円で取引された。
期待度55

●4阪4 5R 2歳新馬 芝1800 重
ワンダープチュック (牡・栗東・河内洋)
父ハーツクライ 母ウイングドキャット(Storm Cat)
1:50:5(上3F34:9)
まずまずのスタートから内3番手につけるが、3コーナーで5番手に下がる。先頭の1000m通過が1:02:8のペース。このあたりは4番手に上がり、4コーナーは先頭から2馬身差の内3番手でまわる。直線に入ると前2頭より外に出し、ジリジリと差を詰める。残り200mで2番手に上がり、残り100mはクビ差の2番手で通過する。そして、残り50mで先頭に立ち徐々に差をつけて、最後はスティッフェリオに1/2馬身差でゴールした。
単勝5.1倍の3番人気からの勝利。道中3〜5番手から4コーナーは3番手。直線伸びて残り50mで先頭に立ち、半馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:9-11:3-12:0と、ラストは12:0と落ちてしまった。雨で重馬場での競馬なので、ラスト12:0でも十分だろう。
2頭が後続を離し、2〜3着が3馬身差。3〜4着は5馬身差だった。したがって、半馬身差での勝利でも2着馬を褒めるべきで、2頭の能力が抜けていたと思われる。良馬場なら1分50秒を切っていたと思うので、時計的にも十分だろう。ただ、8頭立てという少頭数で、もしかするとレベルは高くなかったかもしれない。1億5千万円のディープインパクト産駒が1番人気で出走していたが、5着に負けている。上位争いをして勝ったというなら別だが、1番人気馬が凡走しての勝利なので、多少の割引も必要だろう。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。未出走馬である。母(本馬の祖母)WingletはプリンセスS米GUを勝ち、ラカニャーダS米GU2着・リンダヴィスタH米GV3着など重賞で活躍した。姉(本馬の伯母)AjinaはBCディスタフ米GT・マザーグースS米GT・CCAオークス米GTとGT3勝の他、米GU1勝・米GV2勝の実力馬である。兄(本馬の伯父)Rob's SpiritはサラナクH米GV・ベルモントレキシントンS米GVを勝ち、ヒルプリンスS米GV2着など重賞で活躍した。また、甥(本馬の従兄弟)Quality Roadは種牡馬である。繁殖に上がり本馬が日本での第8仔だが、第2仔は2勝。第3仔は1勝。第4仔は地方2勝。第5仔は6勝。第7仔ホッコーエイコウ(牡5歳)は地方3勝でJRA所属の現役だ。
期待度55
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年9月17日(土)2歳戦

2016/09/17 21:59
●4中3 5R 2歳新馬 芝1800 良
アルミューテン (牝・美浦・南田美知)
父スクリーンヒーロー 母デラセーラ(Maria's Mon)
1:52:1(上3F34:7)
好スタートから押して押して先頭に立ち、1コーナーは1馬身差でまわる。向正面に入っても1馬身差で逃げる。1000mを1:05:4で通過するが、このあたりは半馬身差に詰められる。残り600mからややスパートし、4コーナーは1馬身半差の先頭でまわる。直線に入ると差を広げて、残り200mは2馬身半差とする。残り100mは3馬身近い差とし、最後は手綱を抑えてゴール。内から伸びたウィンガーランドに3馬身差での勝利だった。
単勝13.4倍の6番人気からの勝利。好スタートから1馬身差の逃げ。4コーナーは1馬身半差の先頭でまわり、直線は差を広げて3馬身差での逃げ切り圧勝だった。
上り3Fは11:7-11:7-11:3と、11秒台を並べた。直線は加速してラスト1Fは11:3と速い上りとなった。
スローペースで逃げて直線は離しラストは11:3である。逃げ馬にラスト11:3で走られては、どの馬も追いつけないだろう。上り34:7もメンバー中最速タイの完勝だった。1:52:1-34:7は平凡な勝ち時計だが、ラストの伸びは素晴らしく、まだ余裕もあった。時計だけで能力を判断してはいけないと思う。ただ、スタート後、1コーナーまで争って苦労して先手を奪った割りには13:0-13:4と遅く、もしかするとメンバーのレベルは低かったかもしれない。500万では、すんなり先手を取れるかどうかが鍵となるだろう。
母はアメリカ産の外国産馬として日本で走り8戦0勝。母(本馬の祖母)は桜花賞馬プリモディーネ(Primo Ordine)である。桜花賞GTの他、ファンタジーSGVを勝ち、オークスGT3着の実力馬だ。繁殖に上がり本馬が第2仔だが、初仔は地方で2勝している。
期待度55

●4阪3 2R 2歳未勝利 芝2000 良
エリンソード (牡・栗東・笹田和秀)
父ルーラーシップ 母エリンコート(デュランダル)
2:02:2(上3F35:0)
まずまずのスタートから1コーナーは外10番手でまわる。向正面に入っても10番手を進むが、行きっぷりが悪くM.デムーロ騎手の手綱が動く。逃げたハンズスミスが後続に10馬身近く離す展開となり、先頭は1000mを1:00:7で通過する。3コーナー過ぎから激しく追い出して外を通って上がるが、残り600mあたりでは左ムチが数発入る。この後も先頭との差を詰めて、4コーナーは3馬身差の外6番手でまわる。直線に入ると外から伸びて、残り200mは1馬身差の2番手で通過する。先に先頭に立ったエスピリトゥオーゾを残り150m過ぎで一気に抜き去り先頭に立ち、後続を引き離しにかかる。エスピリトゥオーゾも伸びるが徐々に差をつけて、最後は1馬身3/4差でゴールした。
単勝3.5倍の1番人気に応えた。道中10番手から4コーナーは6番手。直線外から伸びて残り150m過ぎで先頭に立ち、粘る2着馬に1馬身3/4差での完勝だった。
レースの上り3Fは12:5-11:8-12:2と、12秒前後となった。ややハイペースだったので、ラストが12:2でも最後までしっかりと走れた印象だ。
ズブイ馬で道中手綱が動きっぱなしだったのが気になるが、行き脚がついてからは一気に上がって行った。2着とは2馬身弱だが、2〜3着は3馬身離れたので、メンバー中では能力は抜けていたのだろう。2:02:2-35:0もまずまずだが、この行きっぷりだと今後自在に動けるのかどうかが心配で、500万を勝つには少し時間が必要な気がする。ただ、オークス馬の仔という良血で能力も高いので、レースを覚えれば出世は早いと思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は新潟の芝1400m戦(勝ち馬:ブライトンロック)で、1:1差の8着だった。
母エリンコート(2008年産・期待度70)は18戦4勝。3戦目の9月の札幌未勝利戦を勝ち、その後3戦は負けたが、3月末の500万下を勝ち、続く忘れな草賞も勝って連勝でオークスに出走した。そして、ピュアブリーゼ・ホエールキャプチャとの争いを制して第72代オークス馬となった。3連勝でオークス馬になったものの、その後の成績は振るわず、重賞を9戦するが7着が最高着順で、5歳春の中山牝馬Sを最後に引退した。母(本馬の祖母)エリンバード(Erin Bird)は伊1000ギニー伊GUを勝ち、英ナッソーS英GU3着・フェデリコテシオ賞伊GV3着など重賞で活躍した。甥(本馬の従兄弟)ミュゼエイリアン(牡4歳・現役・期待度70)は毎日杯GVを勝ち、セントライト記念GU2着など重賞で活躍中だ。繁殖に上がり本馬が初仔である。
期待度55

●4阪3 9R 野路菊S(オープン) 芝1800 良
アメリカズカップ (牡・栗東・音無秀孝)
父マンハッタンカフェ 母ベガスナイト(Coronado's Quest)
1:48:5(上3F34:1)
好スタートから口を割りながら外3番手につける。先頭の1000m通過が1:02:3のペース。このあたりは先頭から2馬身差の位置をしっかりと折り合って進む。この後、スパートして差を詰めて、4コーナーはクビ差の2番手でまわる。直線に入ると先頭のモーヴサファイアに離されて、残り300mは1馬身差で通過する。この後盛り返し、残り200mは半馬身差として、残り100mでかわして先頭に立つ。そして徐々に差をつけて、最後は3/4馬身差でゴールした。
単勝4.6倍の3番人気からの勝利。道中3番手から4コーナーは2番手。直線残り100mで先頭に立ち3/4馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:2-11:0-11:9と、ラストが落ちた。スローペースでラストは2頭で争っていたのだから、もう少し速くても良かっただろう。
スタート後は頭を上げて口を割っていたがすぐに落ち着き、5F過ぎのゴーサインにもしっかりと反応した。直線で一旦2着馬に離されたが、負けじと追いかけてラスト100mで抜かした。ただ、ラスト1Fの時計を見ると、2着のモーヴサファイアが失速したとも思われる。出走馬8頭と少頭数で、期待度を付けた馬は本馬を含めて3頭というやや寂しいメンバーで、レベルはあまり高くなかったのかも知れない。新馬−特別2連勝で次は重賞だろうが、勝ち負けまでは厳しいレベルだろう。
これで2戦2勝となった。デビュー戦の前走は中京の芝1600m戦。道中2番手から4コーナーも2番手。直線しばらく2番手のままだが、残り50mあたりで先頭に立ち、1馬身1/4差での勝利だった。
伯母のNo Matter Whatは米GT馬で、その産駒(本馬のいとこ)も重賞勝ち馬が数頭いる。血統的にはしっかりしていて、セレクトセールにて5292万円で取引された馬である。この後、どこまで出世するのだろうか。
期待度60(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年9月11日(日)2歳戦

2016/09/11 17:37
●4中2 5R 2歳新馬 芝2000 稍重
ミヤビベスト (牡・栗東・笹田和秀)
父キングズベスト 母ミヤビキララ(スペシャルウィーク)
2:09:1(上3F34:8)
伸び上がるようなスタートだがゲートの出は速く、難なくハナに立つ。1コーナーは1馬身差の先頭でまわるが、ゆったりとしたペースに落として逃げる。向正面に入ってもペースは上がらず、1000mを1:07:9で通過する。3コーナーから徐々にペースを上げ、4コーナーはクビ差の先頭でまわる。直線に入ると終始2番手にいた外サイレントサードとの争いとなり、残り200mはほぼ並んで通過する。この後、サイレントサードを振り切って差をつけて残り100mは1馬身差とし、最後は1馬身1/2差でゴールした。
単勝4.8倍の4番人気からの勝利。スタート良くハナに立ち、道中は1馬身差での逃げ。4コーナーはクビ差の先頭から、直線残り200m過ぎてから差をつけて、1馬身半差での逃げ切り勝ちだった。
上り3Fは12:0-11:4-11:4と、直線は11:4でまとめた。超スローペースだったので上りが速いのは当然だが、もう少し速くても良いかなとも思った。
3コーナー過ぎまでペースは上がらず、上り勝負の競馬となった。それでも、残り3Fから11秒台という訳ではなく、上りは34:8と遅い。ラストを11:4で走ったので十分なような気もするが、馬場が渋ったとはいえ、ピリッとしない時計である。逃げ切りでの完勝だが、相手は仕上がり途上の馬も多く、レベルとしてはあまり高くない新馬戦だっただろう。1〜2コーナーで躓いたのか走りが変になり、一瞬折り合いを欠く部分も見られるなど若さも見せた。1度使い大きく良化すれば別だが、500万ではまだ苦しいレベルだと思う。
母は16戦3勝。芝1800m戦の未勝利−500万特別−1000万特別を3連勝した。重賞は中山牝馬S(13着)に出走した。母(本馬の祖母)システィーナは京都牝馬特別GVを勝ち、関屋記念GV2着・マーチSGV3着・エプソムCGV3着・七夕賞GV3着など重賞で活躍した。姉(本馬の伯母)タフグレイスは中山金杯GV2着など重賞で好走している。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、第2仔は2勝。第3仔ミヤビジャスパー(牡2011年産・期待度70)は3勝。第5仔は地方で2勝している。
期待度40

●4阪2 5R 2歳新馬 芝2000 良
メリオラ (牡・栗東・中竹和也)
父Giant's Causeway 母Stop Traffic(Cure the Blues)
2:03:2(上3F34:1)
まずまずのスタートから1コーナーは外4番手でまわる。向正面に入っても4番手を進む。先頭クリノハリウッドが7〜8馬身差をつけて逃げる展開となるがペースは遅く、4Fあたりで3番手に上がる。先頭の1000m通過が1:03:1のペース。3コーナーで先頭との差がグングンと縮まり、4コーナーは先頭から1馬身差の外3番手でまわる。直線に入ると僅かずつ差を詰めて、残り200mは先頭のゴットルンタから1馬身弱の差の2番手で通過する。残り100mでクビ差とし、残り50m過ぎでかわして先頭に立つ。ところが、後方からスワーヴリチャードが凄い脚で追い込んできて、最後に追いつかれて並んでゴール。写真判定の結果、ハナ差で勝った。
単勝19.4倍の5番人気からの勝利。道中3〜4番手から4コーナー3番手。直線徐々に先頭に迫り残り50m過ぎで先頭に立つが、猛然と追い込む2着馬にゴールで並ばれて、ハナ差での辛勝だった。
レースの上り3Fは11:3-11:3-11:7と、11秒台を並べた。ラストがやや落ちたので2着馬に迫られたのだろう。
緩い流れの中3番手で我慢して、直線で先に先頭に立った3着馬をとらえた。完勝かと思ったそのとき、後方から来た1番人気馬に詰め寄られて、並んでゴール。勢いは差し馬の方なので『差されたかな』とも思ったが、何とか残っていた。ただ、ラスト1F11:5で走り2着馬に1馬身差くらいつけていれば500万でも期待できただろうが、ラストのひと踏ん張りが足りなかったと思う。418kgの小柄な牡馬で、おそらく上積みは薄いだろう。逆に、2着だった1番人気スワーヴリチャードのエンジンが掛かった後の脚が強烈で、再戦したら今度は勝てそうもない。500万では、上位争い可能だが勝ち負けまでは難しいレベルだろう。
本馬はアメリカ産の外国産馬である。父Giant's Cousewayは、Storm Catの代表産駒。日本では、マイルチャンピオンシップGTを勝ったエイシンアポロン(牡2007年産・期待度70)や、京王杯SCGUを勝ったスズカコーズウェイなどが活躍している。
母はアメリカ産の繁殖牝馬。アメリカで走り35戦12勝。サンタモニカH米GT・バレリーナH米GTを勝ち、ヒューマナディスタフ米GV2着・エイコーンS米GT3着・ラフィアンH米GT3着・ランチョベルナルドH米GV3着・カムリーS米GV3着などの実力馬だ。姉(本馬の伯母)Bionic Soulはアクサーベンオークス米GV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり、第5仔Cross Traffic(牡2009年産)は米3勝で、ホイットニーH米GTを勝ち、メトロポリタンH米GT2着・ウェストチェスターS米GV2着など活躍した。
期待度55
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年9月10日(土)2歳戦

2016/09/10 23:40
今まで、本ブログに書いた記憶がないが、私はカープファンである。
正確には『元』カープファンである。
昔は『熱狂的』とまではいかないが、かなりのファンだった。
『弱い広島を応援しよう』と思った1975年。そして、『俺が応援したから初優勝した』と勘違いした1975年からの大ファンである。
友人に「お前は競馬の話か、カープの話ししかしないな」と言われたこともある。
それが、結婚を機にTVのプロ野球中継が見づらくなり、いつしかプロ野球にまったく興味がなくなったのである。

本日、広島東洋カープが25年ぶりにセ・リーグで優勝した。
今は川崎フロンターレのファンであり、フロンターレの試合をTV観戦した後、NHKで「巨人−広島」を見た。このとき、すでに8回ウラだったが、何と今シーズン初めてプロ野球を見たのだ。

知らない選手ばかりだった。


●4中1 2R 2歳未勝利・牝 芝1600 良
ハウメア (牝・美浦・藤沢和雄)
父キングカメハメハ 母ダイヤモンドディーバ(Dansili)
1:34:7(上3F35:3)
やや出遅れて半馬身程度の不利。後方からの競馬となり13番手につける。先頭の4F通過が46:7のペース。残り600mで12番に上がり、この後押し上げて、4コーナーは大外8番手でまわる。直線に入ると外からグングンと伸びて、残り200mで先頭に立つ。内からアマノガワも伸びて2頭での争いとなるが、残り100mはクビ差程の先頭で通過し、最後は振り切って3/4馬身差でゴールした。
単勝1.9倍の1番人気に応えた。道中13番手だが5Fあたりから進出し4コーナーは8番手。直線伸びて残り200mで先頭。3/4馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:8-12:3-12:1と、ハイペースだったため直線は12秒台のレースとなった。
直線向いてからの脚は見事であり、突き抜けるかに見えたが2着馬の粘りで接戦となった。ラスト1Fの伸びが残念だったが、2〜3着は3馬身半離れたので2着馬を褒めるべきかもしれない。中山開幕週初日で初めての芝のレースなので、絶好の馬場状態だったと思う。これとハイペースにより1分34秒台が出たが、下記アスター賞(500万)の勝ち馬が1:35:6-34:8なので、ペースの差を差し引いても優秀だと思う。500万でも勝ち負けできるだろう。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は東京の芝1600m戦(勝ち馬:アンノートル)で、1:2差の7着だった。
母はイギリス産の輸入繁殖牝馬。イギリス・アメリカで走り、英12戦3勝・米6戦3勝。キャッシュコールマイルS米GU・ウィルシャーH米GVを勝ち、ゲイムリーS米GT2着・ウィルシャーH米GV2着・ゲイムリーS米GT3着など重賞で活躍した。 繁殖に上がり本馬が日本での第2仔だが、初仔ジュエルプラネット(騸5歳)は地方3勝で、JRA所属の現役である。
期待度55

●4中1 5R 2歳新馬 芝1600 良
カリビアンゴールド (牝・美浦・小島太)
父ステイゴールド 母サバナパディーダ(Cape Cross)
1:36:2(上3F34:8)
絶好のスタートから、行きたい馬を先に行かせて5番手につける。先頭の4F通過が48:7のペース。3コーナーで4番手に上がり、4コーナーは先頭から2馬身差の外4番手でまわる。直線に入ると外から追い上げて、残り200mは1馬身差の4番手で通過する。残り100m手前で先頭に立つが、内のグラドゥアーレも負けじと伸びて、2頭の争いとなる。頭差リードのままゴールに向かうが、最後に振り切って1/2馬身差でゴールした。
単勝7.0倍の4番人気からの勝利。道中5番手から4コーナーは4番手。直線外から伸びて残り100mで先頭。ここから2着馬との争いとなり、最後に半馬身差振り切っての勝利だった。
レースの上り3Fは11:7-11:7-11:8と、11秒台を並べたが、ラストが若干落ちた。
先頭に立って突き抜けるかと思ったら2着馬が粘り、3着以下は引き離すというパターンは上記2Rに良く似ている。2〜3着は3馬身離れた。勝ち時計は未勝利戦よりも1:5遅いが、ペースの違いとデビュー戦ということを考えれば大きな差はないだろう。一度使い、この後大きく良くなれば、500万でも好勝負可能だろうが、現状と変わらなければ苦しいと思う。
母はアイルランド産の輸入繁殖牝馬。フランス・イタリア・イギリスで走り、仏8戦2勝・伊9戦6勝・英4戦2勝の通算21戦10勝。ウィンザーフォレストS英GU・チャートウエルS英GV・パン賞仏GVを勝ち、クイーンエリザベス二世S英GT3着・ウィンザーフォレストS英GU3着・伊1000ギニー 伊GU3着など重賞での活躍馬だ。繁殖に上がり本馬が日本での第5仔だが、初仔は地方4勝。第3仔は地方で6勝している。
期待度50

●4中1 9R アスター賞(500万下) 芝1600 良
ディバインコード (牡・美浦・栗田博憲)
父マツリダゴッホ 母ツーデイズノーチス(ヘクタープロテクター)
1:35:6(上3F34:8)
やや出遅れて半馬身程度の不利。すぐに盛り返して6番手につけるが、2F手前で押し上げて外3番手につける。先頭の4F通過が48:6のペース。残り600mからジワっと押し上げて、4コーナーは先頭から1馬身差の外3番手でまわる。直線に入ると外目から伸びて、残り200mはクビ差の2番手で通過する。この後、先頭のサクセスムーンに並びかけて、残り100mで前に出る。そして振り切り、最後は1馬身1/4差でゴールした。
単勝3.6倍の2番人気からの勝利。やや出遅れたが盛り返して3番手につけて4コーナーも3番手。直線残り100mで先頭に立ち、1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:7-11:5-11:7と、11秒台の上りとなった。500万としては物足りないと思う。
頭の高い走法で、ややスピード感に欠ける気がした。上でも書いた通り、2Rの未勝利戦よりも0:9遅い。4F通過時点で2秒近く違うので仕方がないが、開幕週の馬場で1:35:6は平凡だと思う。ただ、出負けした後スッと好位に取り付いたのは流石で、逃げ切った前走から今回は追い上げて勝ったことには価値があるだろう。次走は重賞だろうが、3勝目までは時間がかかるると思う。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は福島の芝1800m戦(勝ち馬:サルヴェレジーナ)で、1馬身1/4差の2着。2戦目の前走は新潟の芝1400m戦で、2着に半馬身差の逃げ切り勝ちだった。
母ツーデイズノーチス(2006年産・期待度80)は14戦2勝。3戦目の未勝利戦(芝1400m)を勝ち、4戦目のアネモネSを勝って、桜花賞(13着)・オークス(15着)に出走した。兄(本馬の伯父)バトルブレーヴは小倉サマージャンプJGVを勝ち、京都ハイジャンプJGU2着・阪神ジャンプSJGV2着2回・小倉サマージャンプJGV2着・東京ジャンプSJGV3着など障害の重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が第2仔だが、初仔ワンスインナムーン(牝3歳・期待度40)は現役で2勝と活躍中だ。
期待度55

●4阪1 2R 2歳未勝利 芝1800 良
リスグラシュー (牝・栗東・矢作芳人)
父ハーツクライ 母リリサイド(American Post)
1:46:2(上3F34:4)レコード
まずまずのスタートから内5番手につけるが、2F過ぎから押し上げて3Fあたりで3番手につける。先頭の1000m通過が59:5のペース。このあたりは内4番手を進む。4コーナーは先頭よりも外に出して1馬身差の4番手でまわる。直線に入ると楽な手応えのまま残り400mで先頭に立ち、そのままの手応えで引き離す。残り200mは2馬身差で通過し、この後追い出して後続を突き放す。残り100mは3馬身以上の差とし、ここから再び手綱を抑えて最後はガンサリュートに4馬身差をつけてゴールした。
単勝4.4倍の2番人気からの勝利。道中3〜4番手から4コーナーは4番手。直線楽な手応えのまま残り400mで先頭に立ち、あまり追わずに引き離して4馬身差での圧勝だった。
レースの上り3Fは12:0-11:0-11:6と、ラストはほぼ馬なりだったが11:6で走った。
中谷雄太騎手が気合を入れたのは直線の100mほどで、あとは乗っているだけという圧勝だった。他馬とはまるで能力が違うという走りをした。また、阪神開幕週初日の初の芝のレースで時計が出る条件とはいえ1:46:2はレコードであり、2013年の野路菊Sでサンダラス(牡2011年産・期待度65)がマークしたレコードを0:4更新した。これをほとんど追わずに記録したのは驚きで、本日9Rの古馬1000万特別に入っても2着になる好時計である。これだけの走りをしたのだから次走が大いに注目で、仮に重賞でも勝ち負け出来そうだ。
これで2戦1勝となった。デビュー戦は新潟の芝1600m戦(勝ち馬:ルートディレクトリ)で、クビ差の2着だった。
母はフランス産の輸入繁殖牝馬。フランス・イタリアで走り、仏10戦5勝・伊1戦0勝。姉(本馬の伯母)The Wise Ladyはミエスク賞仏GV2着・リゾランジ賞仏GV3着・カルヴァドス賞仏GV3着など重賞で好走した。その産駒(本馬の従姉妹)Ming Zhi Cosmosは、セルジオクマニ賞伊GVを勝っている。繁殖に上がり本馬が日本での第3仔だが、初仔プルメリアスター(牝4歳)は現役で2勝。第2仔レイリオン(牝3歳)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度65

●4阪1 5R 2歳新馬 芝1600 良
シグルーン (牝・栗東・宮徹)
父アイルハヴアナザー 母ワルキューレ(ステイゴールド)
1:38:5(上3F33:3)
まずまずのスタートから外3番手につける。ゆったりとした流れとなり、先頭は4Fを52:5で通過する。4コーナーは先頭から1馬身差の外3番手でまわる。直線に入ると楽な手応えのまま、残り300mあたりで先頭に立つ。残り200mは1馬身半差の先頭で通過するが、2番手からカデナが追いかけてきて、残り100mは1馬身弱の差となる。このあとも徐々に差を詰められて、最後はクビ差でゴールした。
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中3番手から4コーナーも3番手。直線残り300mで先頭に立ち一旦1馬身半差とするが、最後は差を詰められてクビ差での辛勝だった。
レースの上り3Fは11:6-10:3-11:5と、スローペースだったため速い上りとなった。最後に詰められたラスト1Fは、11:5ながらもだいぶ落ちてしまった。
52:5-65:1という超スローペースとなり、直線ヨーイドンの競馬だった。早めに先頭に立った本馬が、遅れて伸びた2着馬を抑え切った訳だが、位置取りの差、仕掛けどころの差だったかもしれない。ラスト1Fも11秒そこそこで走っていれば良かったが、若干の失速であり、今後大きく良くならないと500万では苦しいレベルだと思う。
父アイルハヴアナザーは新種牡馬である。フォーティナイナー系Flower Alley産駒で、ケンタッキーダービー米GT・プリークネスS米GTを勝った米国の2冠馬だ。また、サンタアニタダービー米GTも勝ったので、GTは3勝している。引退後すぐに輸入されたので、まだ7歳と若い外国産種牡馬だ。ちなみにビッグレッドファームが購入し輸入した。仕上がり早なのか、すでにデビューした産駒は36頭と多く、これが産駒6勝目(6頭)である。
母は52戦4勝。芝1600mで2勝、芝1800m、ダート1200mで勝っている。重賞はエリザベス女王杯(6着)・小倉記念(8着・10着)・愛知杯(11着)に出走した。繁殖に上がり本馬が初仔である。
期待度45
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年9月4日(日)2歳戦

2016/09/04 17:35
●2新12 5R 2歳新馬 芝1800 良
アルジャントゥイユ (牡・美浦・畠山吉宏)
父ダイワメジャー 母アンプレショニスト(エアジハード)
1:49:8(上3F33:8)
好スタートだがスタート直後外の馬に寄られたのかズルっと下がり、最後方から2頭目の11番手につける。先頭の1000m通過が1:02:4のペース。4コーナーも外目11番手でまわる。直線に入ると大外に出して伸び、残り400mは8番手あたりで通過する。更に伸びて残り200mで2番手に上がり、残り100mで先頭に立つ。共に伸びたユキノレーヌが追ってくるが、これをクビ差抑えてゴールした。
単勝14.8倍の6番人気からの勝利。スタート後不利があり、後方11番手からの競馬。4コーナー11番手から直線大外を伸びて残り100mで先頭。追ってくる2着馬にクビ差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:8-10:6-12:1と、ラストが落ちた。ただ、10:6のところで差を詰めたので本馬はここを10秒台前半で走っただろう。
スタート直後に下がった原因は何なのか不明だが、いずれにしても一瞬走る気を無くしズルズルと後方まで下がって行った。並みの新馬ならばこれで終わりだが、後方で修正をして直線はしっかりと伸びた。なかなか根性のある馬で、このような気性は混戦になれば生きてくるだろう。不利がなければもうすこし楽に勝てたと思うので、500万でも好走は可能だと思う。
母は18戦1勝。芝1400mで勝っているが、アネモネS2着から桜花賞(11着)にも出走した。繁殖に上がり本馬が第3仔だが、初仔ロンバルディア(牡4歳)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度50

●2小12 5R 2歳新馬 芝1800 良
ケンビション (牡・栗東・大久保龍志)
父マツリダゴッホ 母アテナブルー(ジャングルポケット)
1:51:6(上3F35:2)
まずまずのスタートから1コーナーは内3番手でまわる。向正面に入っても先頭から1馬身半差の3番手を進む。先頭の1000m通過が1:04:0のペース。3コーナーで4番手になるが、4コーナーは先頭から1馬身半差の内3番手でまわる。直線に入るとジリジリと差を詰めて、残り200mも3番手で通過するが、前と外と更に内から伸びてきた馬に包まれる。しかし、ここから外の馬を押しのけるように進路をこじ開けて、残り100m手前で2番手に上がる。そして、開いたところを伸びて、残り50mあたりでソニックアローをかわして先頭に立ち、1馬身差引き離してゴールした。
単勝51.5倍の10番人気からの勝利。道中3番手から4コーナーも3番手。直線残り200mあたりで包まれたがこじ開けて伸び、残り50mで先頭。1馬身差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:9-11:8-11:8と、ギリギリだが11秒台を並べた。直線スムーズなら、ラストは11秒台中盤だっただろう。
道中は内3番手でジッと我慢をして、直線は狭い所を抜けた。後続を引き離しながらのゴールで、能力差は着差以上だろう。ただ、1:51:6-35:2は平凡な時計だと思う。2戦目で更に良くならないと、500万では苦しいだろう。
母はJRA8戦0勝・地方3戦1勝。兄(本馬の伯父)シルクフェイマスは種牡馬である。同じく兄(本馬の伯父)ケンブリッジエルは、シルクロードSGV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第2仔だが、初仔は未出走で引退した。
期待度40

●2小12 11R 小倉2歳S(GV) 芝1200 良
レーヌミノル (牝・栗東・本田優)
父ダイワメジャー 母ダイワエンジェル(タイキシャトル)
1:08:0(上3F34:6)
絶好のスタートから2番手につける。3F過ぎで逃げ馬をかわして先頭に立ち、4コーナーは2馬身差の先頭でまわる。直線に入ると後続を引き離し、残り200mは3馬身差の先頭で通過する。残り100mは5馬身以上引き離し、ここで浜中俊騎手は手綱を抑える。しかし、差は縮まらず、最後はダイイチターミナルに6馬身差をつけてゴールした。
単勝3.9倍の1番人気に応えた。道中2番手から3F過ぎで先頭に立ち4コーナーは2馬身差の先頭。直線は引き離す一方で、ラスト100mは手綱を抑えながら6馬身差の圧勝だった。
レースの上り3Fは11:4-11:4-11:9と、手綱を抑えたラストも11:9だった。1000m56:1という速い流れでも、ラストは11:9で走っている。
「これは強い」という競馬で重賞を制覇した。1:08:0はレコードに0:2と迫る好タイムであり、レースレコードにも0:1差である。レコードホルダーであるホウライアキコ(牝5歳・期待度65・現役)は、その後桜花賞(4着)に出走したが、レースレコードのマイネルエテルネル(牡6歳・期待度55)は、クラシックに出走していない。はたして本馬はどうなるのか。ラストは独走になり、追わずにこの時計で走った本馬の方が、レコード2頭よりも上のような気がする。ダイワメジャー×タイキシャトルなので、スピード感溢れる血統だが、全姉達の様子を見るとスピード一辺倒という訳ではないだろう。おそらくマイルまでは大丈夫だろうから、阪神ジュベナイルフィリーズGTの有力馬の1頭になると思う。
これで2戦2勝となった。デビュー戦の前走は小倉の芝1200m戦で、2着馬に1馬身3/4差をつけて勝った。
母は4戦0勝。母(本馬の祖母)プリンセススキーは、ラジオたんぱ杯3歳牝馬SGVを勝っている。また、兄(本馬の伯父)フサイチヒロシは、シリウスSGV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第9仔だが、第2仔ダイワアセット(牡200年産・期待度50)は2勝。第4仔ダイワデッセー(牝2009年産)は3勝(内障害1勝)で、フローラSGU3着と好走しオークス(11着)に出走した。第5仔は3勝。第6仔は1勝。第7仔ダイワプロパー(牝4歳・期待度60)は現役で2勝。第8仔サトノマイヒメ(牝3歳)は現役で1勝と活躍中だ。第5仔から第9仔まで5年連続ダイワメジャー産駒で、それもすべて牝馬である。ただし、現1歳はハードスパン産駒の牡馬だ、
期待度60

●2札6 10R すずらん賞(オープン) 芝1200 良
リエノテソーロ (牝・美浦・武井亮)
父Speightstown 母Akilina(Langfuhr)
1:10:3(上3F34:9)
好スタートから外5番手につけるが2F過ぎに3番手に上がる。4コーナーは絶好の手応えで先頭から1馬身半差の外3番手でまわる。直線に入ってもしばらく3番手で、残り200mも1馬身半差の3番手で通過する。残り100mは1馬身差の3番手だが、このあと一気に伸びて残り30mあたりでタイムトリップをかわして先頭に立つ。ここから引き離して、1馬身1/4差でゴールした。
単勝4.0倍の2番人気からの勝利。道中3番手から4コーナーも3番手。直線しばらく3番手にいたが、残り100m過ぎから伸びて残り30mあたりで先頭。そこから1馬身1/4差引き離して勝った。
レースの上り3Fは11:9-11:6-11:6と、ラスト11:6でも差し切った。本馬は11:3〜11:4で走っただろう。
4コーナーでモタつき、直線もこのまま3着かという走りだった。ところがラスト100mは圧巻で、先頭に立つと一気に突き放した。なかなか強い勝ち方でデビュー以来2連勝となったが、今回のメンバーはJRA所属馬が4頭に地方馬が6頭。やや小粒だったかもしれない。新馬戦から連闘で出走し、あっという間にオープン馬になった。今回+2sであり、滞在競馬でもあるが、この夏場に余程体調が良いのだろう。ただ、今回快勝でも先週の新馬戦と同タイムであり、この先大きく良くならないと重賞では苦しいかもしれない。
これで2戦2勝となった。デビュー戦の前走は札幌の芝1200m戦で、2着に1馬身半差をつけて勝った。
本馬はアメリカ産の外国産馬である。2015年ファシグティプトン・サラトガセレクテッドイヤリングセールにて25万ドルで落札され輸入された。
父Speightstownは、Mr. Prospector系Gone West産駒で、Secretariatの3×4という近親配合である。現在までJRAで本馬を含め14頭が走り、11頭が勝ち上がっている。日本ではダートの短距離での活躍馬が多い。
母はアメリカ産馬。アメリカで走り26戦6勝。ハニーフォクスS米GV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり、おそらく本馬が初仔である。
期待度45
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年9月3日(土)2歳戦

2016/09/03 21:05
●2新11 2R 2歳未勝利 芝2000 良
ヴァンクールシルク (牡・美浦・木村哲也)
父ヴィクトワールピサ 母ルシルク(Dynaformer)
2:03:1(上3F36:2)
まずまずのスタートから1コーナーは内11番手でまわる。向正面に入っても11番手だが、900mあたりからスパートしてグングン上がる。先頭の1000m通過が1:01:6のペース。このあたりは6〜7番手で通過するが、残り900mあたりで2番手に上がる。このあと、先頭に半馬身差に取り付き、4コーナーで先頭に並びかける。直線に入ると先頭に立ち、残り200mは1馬身差の先頭で通過する。残り100mは1馬身半差とし、最後は内から伸びたアルーフクライに1馬身3/4差でゴールした。
単勝5.5倍の3番人気からの勝利。道中11番手から向正面で押し上げて2番手に上がり、直線入口で先頭。直線ジリジリと引き離し、1馬身3/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:8-11:7-11:8と、直線は11秒台だった。平均ペースの競馬で、ラストも落ちていない。
向正面での戸崎圭太騎手の決断は見事だったが、ペースが急に遅くなったので無理に抑えることもなかったのだろう。ただ、道中で脚を使い最後までしっかりと走れたのは立派だと思う。2馬身近く離しての危なげのない完勝だが、2:03:1-36:2は平凡で、これから大きく良化しなければ、500万ではなかなか勝ち切れないだろう。544sという雄大な馬体で、今回は+6sで出走。まだまだ良化の余地はありそうだ。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は福島の芝1800m戦(勝ち馬:サルヴェレジーナ)で、0:5差の5着だった。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り22戦1勝。母(本馬の祖母)キュー (Queue)はロングアイランドH米GUを勝ち、ヴァイオレットH米GV2着など重賞で活躍した。また、弟(本馬の叔父)ブレイクランアウト(牡2006年・期待度90)は共同通信杯GVを勝ち、東京スポーツ杯2歳SGV2着・朝日チャレンジCGV2着・朝日杯フューチュリティSGT3着など重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が日本での第5仔だが、初仔クロムレック(牡6歳)は現役で3勝。第2仔は地方2勝。第3仔グランシルク(牡4歳)は現役で3勝。ニュージーランドTGU2着など重賞で活躍中。第4仔クードラパン(牝3歳・期待度60)は現役で3勝と活躍中だ。
期待度50

●2小11 2R 2歳未勝利 芝1800 良
ナムラライラ (牝・栗東・福島信晴)
父ルーラーシップ 母カイテキセレブ(ティンバーカントリー)
1:48:1(上3F36:2)
まずまずのスタートから1コーナーは外目12番手でまわる。向正面に入ると11番手を進む。先頭の1000m通過が59:2のペース。このあたりから楽な手応えで押し上げて残り600mは9番手で通過するが、この後も外を手応え良く上がって行き、4コーナーで先頭に立って1馬身差でまわる。直線に入ると後続を引き離し、残り200mは2馬身半差とする。その後も引き離して、残り100mは3馬身差。そして最後はダノンオブザイヤーに4馬身差をつけてゴールした。
単勝9.0倍の3番人気からの勝利。道中11〜12番手だが5F過ぎでスパートし4コーナーは先頭。直線は離す一方で、4馬身差での圧勝だった。
レースの上り3Fは12:6-12:0-12:3と、ハイペースの競馬だったので12秒台となった。ただ、ラスト12:3はこのペースならば十分だと思う。
3コーナーから4コーナーまで、抜群の手応えで先頭に立った走りが圧巻で、その後もバテることなく引き離し、素晴らしい勝ち方をした。これならば、500万でも勝ち負けになるだろう。ただ、あまりにも前が行き過ぎるオーバーペースの競馬であり、4〜6番手にいた1番人気の2着馬も、乱ペースに巻き込まれた。元々3着以内の経験馬が2着のダノンオブザイヤーのみという小粒なメンバーで、このダノンオブザイヤーも思うような競馬が出来なかったのだから、4馬身差の圧勝でも、若干割引いて評価するべきだと思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は小倉の芝1800m戦(勝ち馬:ミラアイトーン)で、0:6差の4着だった。
母はJRA12戦0勝・地方19戦8勝。種牡馬ハーツクライの姪という血統だ。祖母(本馬の曾祖母)アイリッシュダンスは新潟大賞典GV・新潟記念GVを勝ち、オールカマーGU2着など重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が第5仔だは、初仔は地方7勝。第2仔は地方3勝。第3仔はJRA1勝・地方4勝である。
期待度55

●2札5 5R 2歳新馬 芝1500 良
ヤマカツグレース (牝・栗東・池添兼雄)
父ハービンジャー 母ヤマカツマリリン(グラスワンダー)
1:32:5(上3F35:2)
出遅れて1馬身程度の不利。すぐに流れに乗り押し上げて4番手につける。残り600m過ぎからジワジワと差を詰めるが、後方からニシノエアレスが上がってくると、負けじと上がり、残り400m手前で先頭に立つ。4コーナーは2頭が馬群から離れた外で争い、半馬身差の先頭でまわる。直線に入ると外のニシノエアレスは振り切るが、内にいたサクレエクスプレスとの争いとなり、残り200mは半馬身差の先頭で通過する。残り100mも内外離れての争いは続き、半馬身差の先頭で通過する。そして、ゴール前は手綱を抑えて1/2馬身差でゴールした。
単勝1.7倍の1番人気に応えた。出遅れたが道中は4番手。3コーナーから上がり4コーナーで先頭。直線は2着馬と内外離れた争いとなり、半馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは12:3-11:6-11:6と、直線は11:6でまとめた。スパッと引き離すことは出来なかったが、ラスト11:6ならば上々だろう。
出遅れたがその後のダッシュが良く、4番手につけることができた。4コーナーでは行ってしまったのか行ったのか。勢い良く上がるニシノエアレスとともに上がり、先頭に立たせなかった。コーナーが下手なのか4コーナーは膨れたが、直線は馬場の真ん中をしっかりと走った。多少チグハグな部分はあったが、能力を見せての勝利であり、悪いところがなくなれば、500万でも好勝負可能だろう。
母はJRA31戦3勝・地方9戦2勝。JRAでは芝1200mで3勝している。重賞は京都牝馬SGV(16着)に出走した。母(本馬の祖母)イクセプトフォーワンダ(Except for Wanda)はダンススマートリーH米GVを勝ち、ベサラビアンH米GV3着など重賞で活躍した。弟(本馬の叔父)ワンダフルクエストは、北海道2歳優駿門別GV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第3仔だが、初仔ヤマカツエース(牡4歳・期待度55)は現役で5勝。ニュージーランドTGU・福島記念GV・中山金杯GVを勝ち、ファルコンSGV3着・函館記念GV3着など重賞で活躍中だ。第2仔ヤマカツサファイヤ(牝3歳)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度55

●2札5 11R 札幌2歳S(GV) 芝1800 良
トラスト (牡・川崎・河津裕昭)
父スクリーンヒーロー 母グローリサンディ(エイシンサンディ)
1:49:9(上3F36:0)
絶好のスタートからハナに立ち、1コーナーは1馬身半差の先頭でまわる。向正面に入っても1馬身半差で逃げて、1000mを1:01:6で通過する。このあたりは1馬身差に詰められるが、4コーナーでスパートし2馬身差の先頭でまわる。直線に入ると後続を離し、残り200mは2馬身半差とし、残り100mは3馬身近く離す。この後、ブラックオニキスが2番手に上がり差を詰めて来るが、最後は2馬身1/2差でゴールした。
単勝9.7倍の5番人気からの勝利。好スタートから道中は1馬身半差での逃げ。4コーナーで引き離し直線は一旦3馬身近くまで離し、最後は2馬身半差での逃げ切り勝ちだった。
上り3Fは12:0-11:8-12:2と、ラストがやや落ちたが、逃げて12:2ならば、最後までしっかりと走れただろう。
ダッシュ良く逃げて、あれよあれよという間に2馬身半差で逃げ切ってしまった。南関東川崎の所属馬で、岡田繁幸氏が自信を持ってJRAのレースに送り出した馬である。前走クローバー賞で負けたが2着だったので、「そこそこ強いな」という印象だったが、まさか札幌2歳Sを勝つまでとは思わなかった。新馬戦で好レースをした1番人気タガノアシュラは出負けしていいところがなく完敗。ディープウォーリア・コリエドールも二桁着順に沈んだ。終わってみればクローバー賞の1・2着馬が逆になっただけであり、再び岡田兄弟のワンツーである。岡田さんがデビュー前から『大物』と言うくらいの期待馬で、まずは川崎競馬に入厩させた。そして、期待通りの走りで連勝。クローバー賞は負けてしまったが、札幌2歳SGVを快勝し、ほぼ岡田さんの描いた通りに進んでいるようである。朝日杯フューチュリティSを使うのか、どうなのか。エプソムダービーに登録があるそうで、朝日杯フューチュリティSを勝つようなら是非英国遠征をしていただきたい。そうなると、本ブログは『ダービーへの道』でも、『日本ダービーへの道』であるため、本ブログには関係のない馬になってしまうが、英国ダービーを走る日本馬を是非見てみたい。ただ、今の段階では朝日杯フューチュリティSを勝てるほど甘くはないと思っている。
サンデーサイレンスの3×3という近親配合だが、本馬が成功すれば同配合も一気に増加しそうである。父は、香港GT連覇のモーリスを出したスクリーンヒーローであり、血統表を見ると、全体的にカタカナが多いことには好感がもてる。さてこの先、どのレースを使ってくるのか。その動向には注目である。
これでJRA2戦1勝・地方2戦2勝、通算4戦3勝となった。デビュー戦は川崎のダート900m戦で、2着に4馬身差で勝った。2戦目は川崎の若葉特別(ダート1400m)で、2着に大差(2:4差)で勝った。3戦目の前走はクローバー賞(勝ち馬:ブラックオニキス)で、1馬身1/4差の2着だった。
母はJRA2戦0勝・地方56戦14勝。エーデルワイス賞門別GV3着など重賞で好走した。弟(本馬の叔父)ユウタービスケットは、新潟ジャンプSJGVを勝っている。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、初仔は地方6勝。第4仔地方2勝。第5仔ウインオスカー(牡3歳・期待度30)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度75
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年8月28日(日)2歳戦

2016/08/28 23:46
●2新10 11R 新潟2歳S(GV) 芝1600 良
ヴゼットジョリー (牝・栗東・中内田充正)
父ローエングリン 母フレンチビキニ(サンデーサイレンス)
1:34:3(上3F33:2)
好スタートから抑えて馬群の中8番手につける。15頭がひと塊になり、その真ん中でやや行きたがるところを抑えながら進む。先頭の4F通過が48:5のペース。このあたりは7番手で通過し、4コーナーは先頭から4馬身差の8番手でまわる。直線に入ると馬群の中を伸びて、残り400mは4番手で通過する。残り200mで2番手に上がり、残り150mあたりで先頭に立つ。残り100mで半馬身差とした後にグンと引き離す。外からオーバースペックが伸びて来て、ゴール前で2番手に上がるが、これに1馬身1/4差抑えてゴールした。
単勝6.5倍の3番人気からの勝利。道中7〜8番手から4コーナーは8番手。直線馬群の中を伸びて残り150mで先頭。追い込んだ2着馬に1馬身1/4差をつけての快勝だった。
レースの上り3Fは11:3-10:6-11:7と、速い上りの中を追い込んだ。最後までしっかりと走っての勝利だった。
前半はやや行きたがったが、福永祐一騎手がよく抑えた。直線向いてからスーっと上がり、先頭の数頭に取り付いた。先頭に立ってからも伸びて、後方から追い込む2着馬も問題なく抑えての完勝だった。派手さはないが、危なげのない勝ち方で、出走メンバー中では能力は抜けていただろう。1分33秒台は出なかったが、中京の芝1400mでデビューして新潟2歳Sを1分34秒台で勝ったのは、2013年のハープスターと同じパターンである。凱旋門賞に遠征した偉大な先輩にどこまで近づけるかどうかだが、今回の新潟2歳Sは例年より小粒なメンバーという気がしてならない。秋になり、続々とデビューする良血馬たちと、どこまで戦えるか。今回がレベルの低い重賞だったら、3勝目までは時間がかかりそうだ。
これで2戦2勝となった。デビュー戦の前走は中京の芝1400m戦。道中4〜5番手から4コーナーは外目4番手。直線残り80mあたりで逃げ馬をとらえて先頭。1馬身半差での快勝だった。
重賞戦線で活躍中のベルルミエール(牝5歳・期待度60)の妹という血統である。姉はオークスではなくNHKマイルC(12着)に出走した。姉よりも先に重賞ウイナーとなり、実質オークスの出走権も獲得したが、この先どのようなレースをするのだろうか。
期待度65(up)

●2小10 5R 2歳新馬 芝1800 稍重
ヴァナヘイム (牡・栗東・角居勝彦)
父キングカメハメハ 母グルヴェイグ(ディープインパクト)
1:53:8(上3F36:1)
まずまずのスタートから1コーナーは外7番手でまわる。向正面に入っても7番手で、ガッチリと折り合って進む。先頭の1000m通過が1:05:0のペース。このあたりは9番手で通過するが、この後、残り600mから軽く気合を入れるとスーっと差を詰めて行き、4コーナーは先頭から1馬身差の3番手でまわる。直線に入ると馬なりのまま先頭に迫り、残り200mは僅差の2番手で通過する。先頭のディランフィールドが懸命に追う外で、馬なりのまま残り100m手前で前に出る。この後も、浜中俊騎手の手綱は動かずディランフィールドに差をつけて、最後は3/4差でゴールした。
単勝1.3倍の1番人気に応えた。道中7番手から4コーナーは3番手。直線馬なりのまま残り100mで先頭。馬なりのまま3/4馬身差で勝った。
レースの上り3Fは12:4-12:2-12:1と、12秒台ながら加速した。相手の脚色を見ながらの走りで、このような時計内容である。
着差も勝ち時計も上りタイムも、特に見るべきものはないが、レース振りは圧巻だった。実況のアナウンサーは『叩き合い』と表現していたが、まったく叩き合いではなく、2着馬が懸命に追う外で、まったく追っていない。まさに子供扱いで勝ってしまった。雨のため稍重となり時計は出ていないが、追っていたらどうなっていたのかと思うほどの大楽勝だった。ただ、実際には追ってサッパリという馬もいるので、2戦目でガッカリということもあるだろう。それでも、エアグルーヴの孫という血統的な裏付けがあるので、上のクラスでも勝ち負けをすると思う。いきなり重賞で勝ち負けしても驚かない今日のレースだった。
母グルヴェイグ(2008年産・期待度85・年末推奨馬)は11戦5勝。12月の阪神芝1600m新馬戦を快勝し、エルフィンS3着後、3戦目の矢車賞を勝ってオークス(14着)に出走した。秋にはエリザベス女王杯にも出走したが14着。古馬になり、1000万特別を連勝しマーメイドSGVを勝って3連勝。しかし、これからかというときに屈腱炎を発症して引退した。母(本馬の祖母)は名牝エアグルーヴ。天皇賞秋GT・オークスGTとGT2勝の他、GU3勝・GV2勝と大活躍をした。近親には活躍馬が多く、姉(本馬の伯母)アドマイヤグルーヴ・兄(本馬の伯父)フォゲッタブル(牡2006年産・期待度65)・兄(本馬の伯父)ルーラーシップ(牡2007年産・期待度105・年末推奨馬・種牡馬)・甥(本馬の従兄弟)ドゥラメンテ(牡2012年産・期待度105・年末推奨馬)が重賞を勝っている。繁殖に上がり本馬が初仔である。
期待度65

●2札4 1R 2歳未勝利 芝1800 良
サングレーザー (牡・栗東・浅見秀一)
父ディープインパクト 母マンティスハント(Deputy Minister)
1:51:6(上3F35:1)
まずまずのスタートから1コーナーは7番手でまわる。向正面に入っても7番手を進むが、900m通過付近でスパートしグングンと上がる。先頭の1000m通過が1:03:5のペース。このあたりは外4番手で通過する。3コーナーで3番手に上がり、4コーナーは先頭と僅差の外2番手でまわる。直線に入ると、残り250m過ぎで先頭に立ち後続を引き離す。残り100mは内から伸びたサトノアレスに1馬身半差の先頭で通過する。この後はやや詰められるものの、最後は1馬身1/4差でゴールした。
単勝6.2倍の2番人気からの勝利。道中7番手だが、5F手前から押し上げて4コーナー2番手。直線残り250m過ぎで先頭に立ち、1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:3-11:5-11:5と、直線は11:5で走った。ややスローペースだったが、この上りは立派だと思う。
向正面で、武豊騎手のゴーサインにしっかりと反応して押し上げた。直線早目に先頭に立ち、危なげのない勝利。能力は高いだろう。デビュー戦は不良馬場で、直線伸びず3着。今回良馬場で変り身を見せた。ゲート入りで渋り、ゲートが開くと躓くなど、まだ幼い面も見せた。ただ、精神面で成長すれば500万でも好レース可能だと思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は中京の芝1600m戦(勝ち馬:ダンビュライト)で、1:1差の3着だった。
母は7戦0勝。デビュー戦から3戦連続2着と頑張ったが、その後は凡走した。母(本馬の祖母)ウィッチフルシンキング(Witchful Thinking)はパカラップS米GU・ニジャナS米GV・ジャストアゲイムH米GV・イーゴンマイルS米GVを勝ち、ボールストンスパH米GV2着などの実力馬だ。妹(本馬の叔母)ロフティーエイムは福島牝馬SGVを勝ち、函館記念GV2着と重賞で活躍した。同じく妹(本馬の叔母)メーデイアは、JBCレディスクラシック金沢GT・レディスプレリュード大井GU・TCK女王盃大井GV2勝・マリーンC船橋GV・スパーキングレディーC川崎GVを勝つなど地方の重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、第2仔ゴーハンティング(騸8歳)は現役で4勝。第3仔クロスボウ(牡6歳・期待度60)は現役で4勝。第4仔アガスティア(牡5歳)は現役で2勝(内障害1勝)。第5仔は地方で2勝している。
期待度55
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年8月27日(土)2歳戦

2016/08/27 17:37
●2新9 1R 2歳未勝利 芝1800 良
ジュンヴァリアス (牡・美浦・畠山吉宏)
父デュランダル 母ゴッドビラブドミー(ブライアンズタイム)
1:49:1(上3F33:4)
好スタートから抑えて10番手につけるが、500mあたりで9番手に上がる。先頭の1000m通過が1:02:7のペース。4コーナーは馬群の外目9番手でまわる。直線に入ると楽な手応えのまま外をジリジリと上がり、残り400mは6番手で通過する。ここからグングンと伸びて、残り200m手前で先頭に立つ。そして引き離し、残り100mは1馬身半差とすると、最後はマイネルベレーロに2馬身1/2差でゴールした。
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中9番手から4コーナーも9番手。直線楽な手応えのまま伸びて残り200m手前で先頭に立ち、最後は2馬身半差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:7-10:3-11:9と、ラストが落ちた。ただ、10:3で走った後なので11:9も仕方がないだろう。
10:3のラップの部分で差を詰めたので、ここは10:0前後で走っただろう。それも、この部分はほとんど追わずにこの時計を出した。素晴らしい瞬発力を見せたと思う。また、ラストは11:9でも、単走になり後続を引き離してのものである。3戦目ということで本来持つ力は発揮できたのだろうが、さすがに未勝利のままオープン特別を使うだけのことはあると思った。全3走すべてがメンバー中最速の上りで走っているように、強烈な末脚が武器の馬である。前走のオープンは4着に負けたが、500万ならば上位争い可能だろう。
これで3戦1勝となった。デビュー戦は東京の芝1600m戦(勝ち馬:メモリーミネルバ)で、0:2差の3着。2戦目の前走は中京2歳S(勝ち馬:ディーパワンサ)で、0:4差の4着だった。
母はJRA4戦0勝・地方9戦7勝。母(本馬の祖母)ゴッドインチーフは、ファンタジーSGV2着・チューリップ賞GV2着・阪神3歳牝馬SGT3着など重賞での活躍馬だ。繁殖に上がり本馬が第5仔だが、第3仔グランシュクレ(牝4歳)は現役で1勝。第4仔は地方で2勝している。
本馬は、1歳時の北海道サマーセールにて475.2万円で取引された後、2歳時のJRAブリーズアップセールにて421.2万円で取引された。
期待度55

●2新9 5R 2歳新馬 芝1600 良
ルートディレクトリ (牡・美浦・宗像義忠)
父タートルボウル 母クリッピングエリア(シンボリクリスエス)
1:37:0(上3F33:4)
好スタートから外6番手につけるが、3コーナーで差を詰めて5番手に上がる。先頭の4F通過が50:4のペース。4コーナーは2馬身半差の外目5番手でまわる。直線に入ると楽な手応えのまま差を詰めて、残り400mは僅差の4番手で通過する。ここから追い出し、残り300mあたりで先頭に立つ。残り200mは1馬身弱の差の先頭で通過し、残り100mは1馬身半差に広げる。しかし、外からリスグラシュー、内からブリラーレが伸びて来て差を詰めてくる。そして最後は外のリスグラシューにクビ差まで詰められてゴールした。
単勝16.2倍の7番人気からの勝利、道中5番手から4コーナーも5番手。直線外目を伸びて残り300mあたりで先頭。一旦は1馬身半差とするが、2・3着馬に迫られてクビ差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:4-10:6-11:5と、スローペースだっただけに速い上りとなった。迫られたラストも11:5で走っている。
遅い流れを5番手で進み、直線で先頭に並ぶまでは馬なりであった。追ってから先頭に立ち引き離すまでは良かったが、ラスト100mで迫られてしまった。2着馬の上り33:0を褒めるべきなのだろうが、ラストが甘くなったことは残念で、上のクラスではなかなか勝ちきれないレベルだろう。ただ、ひと叩きされて大きく変わることもあり、特に先頭に立つまでは素晴らしい走りをしたので、能力的には500万を勝つ力は十分あると思う。
父タートルボウルは新種牡馬である。Nortehrn Dancer系Dyhim Diamond産駒で、自身はジャンプラ賞仏GTを勝ったマイラーだ。フランスで種牡馬入りして、産駒のLucayanが仏2000ギニー仏GTを勝ち、French Fifteenがクリテリウムアンテルナショナル仏GTを勝った。そして、社台スタリオンステーションが輸入し繋養している。これで産駒は3勝目(3頭)である。
母クリッピングエリア(2009年産・期待度55)は2戦1勝。7月の新潟芝1600m新馬戦を快勝し、2戦目の新潟2歳Sは5着だった。その後休養するが、復帰できず引退した。母(本馬の祖母)エアウイングスは、阪神牝馬特別GUを勝っているが、スイートピーSを勝ちオークス(10着)に出走した。姉(本馬の伯母)ウイングレットは中山牝馬SGVを勝ち、新潟2歳SGV2着・京都牝馬SGV2着・京都牝馬SGV2着・中山牝馬SGV2着・秋華賞GT3着など重賞で活躍した。 同じく姉(本馬の伯母)エオリアンハープは、中山牝馬SGV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が初仔である。
期待度50
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年8月21日(日)2歳戦

2016/08/26 22:40
8月21日(日)〜25日(木)まで、家内と二人でシンガポール旅行に行ってきた。
5日間とはいっても行き帰りともに深夜便なので、「2泊5日(機内2泊)」である。

家内はOL時代に1度。私は2年半前に職場の仲間と行っているので、お互い2度目のシンガポールである。
3月に台湾旅行を計画していたのがダメになり、家内に申し訳ないので、その代替でシンガポール旅行を計画したのだ。
台湾経由、香港経由またはクアラルンプール経由ならば得意のLCCはあるのだが、ANAで安い航空券を買えたので、この貧乏な私が、昨年の香港旅行同様ANA(当然エコノミー)で行くことになった。最近トラブルが多いANAだが、私にとっては高嶺の花である。

ユニバーサルスタジオシンガポール・ナイトサファリ・マリーナベイサンズ・マーライオンなど、お決まりの観光地をめぐった
中国人観光客のマナーの悪さは覚悟していたが、今回は新たな発見があった。
顔つきや服装、雰囲気でどこの国の人かは大体わかるが、どこの見学地にも多いのは中国人だった。次に多かったのは意外にもインド人だ。
本当にインド人なのかは不明(バングラデシュやスリランカかも)だが、インド系の観光客が大量にいた。どこへ行っても中国系かインド系の観光客ばかりで、日本人・韓国人と思われる人や西洋人は、たまに見かける程度だった。
このインド人観光客。香辛料なのか香水なのか臭いがキツイし、うるさいし、並ぶ場面では横入りするし、中国人とまったくかわりがないことが新しい発見だった。インド人って、もっとマトモな人たちだと思っていたのでガッカリである。
『インド人もびっくり』ならぬ『インド人にびっくり』だった。

さて、各観光地で『騒ぐ』『並べない』など傍若無人の中国人・インド人にムカついたが、トラブルは起こしたくはない。そこで、ムカついたらそっぽを向きながら、「うるせんだよ」とか「横入りすんなよ」とか「押すんじゃねーよ」とか「抜かすんじゃねぇよ」とか「割り込んでくんなよ」とか「子供、ちゃんと注意しろよ」とか、そいつに聞こえるような声でつぶやいていた。
『どうせ日本語理解できねぇだろう』と思い、調子に乗ってガンガン文句をつぶやいた。

そして、帰りのチャンギ空港。
出国審査で並んでいたら、私たちの目の前に並んでいた子供たちのところに両親が来て、そこへ入った。
『またこれだよ』と思った私は
「普通、子供たちが後ろに行くんじゃねぇのかよ」と、吐き捨てるように言った。
すると、お父さんがこちらを見てバツが悪そうに軽く頭を下げる。
『えっ、この人、日本語理解したの?』
と思い、その家族の持っていたパスポートを見たら、そこには『日本国』と書いてあった。


●2新8 5R 2歳新馬・牝 芝1600 良
トーホウアイレス (牝・美浦・田中清隆)
父ハーツクライ 母トーホウドルチェ(サウスヴィグラス)
1:37:0(上3F33:8)
出遅れて1馬身の不利。ダッシュも悪く後方に置かれて、最後方からの競馬となるが、1頭かわして17番手につける。先頭の4F通過が48:9のペース。4コーナーも外17番手でまわる。直線に入ると大外から伸びて、残り400mは13番手あたりで通過する。残り300mあたりから内へと切れ込んで行き、残り200mは2馬身差の3番手で通過する。残り100mで2番手に上がり、その直後先頭に立つ。しかし、外からスマイルフラワーが伸びて迫ってきて、最後はクビ差凌いでのゴールだった。
単勝20.5倍の6番人気からの勝利。大きく出遅れ道中は17番手。直線大外から伸びて残り100mで先頭。鋭く伸びてきた2着馬の猛追を凌いで、クビ差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:9-10:8-12:4と、ラストが落ちた。先頭に立ってから更に伸びると思ったが、ブレーキがかかってしまった。
スタートであれほど後手を踏んだのに勝ってしまった。最後に迫られて、あと数mもあれば抜かれていただろうが、まともに出ていれば楽に勝っただろう。ただ、今後はこの酷いスタートを矯正できるかが鍵であり、スタートがまともにならなければ、500万では苦しいと思う。
母はJRA31戦6勝・地方6戦1勝。マリーンC船橋GVを勝ち、プロキオンSGV2着・スパーキングレディーC川崎GV2着2回・サマーチャンピオン佐賀GV2着など地方の重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が第2仔だが、初仔は未出走で引退した。
期待度50

●2小8 5R 2歳新馬 芝1800 良
ペルシアンナイト (牡・栗東・池江泰寿)
父ハービンジャー 母オリエントチャーム(サンデーサイレンス)
1:53:1(上3F35:3)
まずまずのスタートから1コーナーは外5番手でまわる。向正面に入ると外4〜6番手を進む。先頭の1000m通過が1:04:9のペース。3コーナーから徐々に差を詰めて、4コーナーは先頭から1馬身差の外3番手でまわる。直線に入ると外から差を詰めて、残り200mで先頭に立つ。そして、楽な手応えのまま後続を引き離すが、川田将雅騎手は大型ビジョンを確認する余裕で、残り100mは2馬身近く離す。その後もあまり追わずに引き離し、最後はハッシュタグに3馬身差をつけてゴールした。
単勝1.5倍の1番人気に応えた。道中4〜6番手から4コーナーは3番手。直線残り200mで先頭に立ち、楽な手応えのまま後続を離して、最後は3馬身差での圧勝だった。
レースの上り3Fは12:0-11:7-11:9と、最後までほとんど追わずに11:9で走った。
時計は1:53:1-35:3と平凡だが、レース振りは圧巻で、直線は流して楽勝した。2〜3着も5馬身離れたので、圧倒的な勝利と言えるだろう。しっかり追ったならどこまで伸びたのか。それを見てみたかったが、今回はこの馬にとって調教に近いレースになってしまった。これだけの楽勝なのだから、これからの活躍が楽しみである。ただし、2着馬は1:53:6-36:0。3着馬は1:54:4-36:8である。他馬のレベルが低すぎたのも、楽勝の要因だろう。流しての楽勝でも、500万であっさり負けてしまう可能性もある。次走はどんなレースをするのか、注目だ。
母は21戦4勝。秋華賞(4着)に出走した後、マーメイドSGV3着など重賞で好走した。兄(本馬の伯父)ゴールドアリュールは種牡馬であり、弟(本馬の叔父)ゴールスキー(牡2007年産・期待度65・年末推奨馬)は根岸SGVを勝ち、マイルチャンピオンSGT3着・東京新聞杯GV3着など重賞で活躍した。甥(本馬の従兄弟)ソロル(牡6歳・現役)はマーチSGVを勝ち、平安SGV2着・兵庫チャンピオンシップ園田GU3着など重賞で活躍中だ。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、初仔ガーネットチャーム(牝2009年産・期待度55)は3勝。第3仔ファシーノ(牡5歳)は現役で3勝。第4仔クィーンチャーム(牝4歳)は現役で1勝。第5仔オリエントワークス(牝3歳)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度60

●2札2 5R 2歳新馬 芝1800 稍重
ディープウォーリア (牝・栗東・中竹和也)
父ディープインパクト 母アマノチェリーラン(デザートキング)
1:52:1(上3F35:5)
まずまずのスタートから1コーナーは4番手でまわる。向正面に入ると3番手を進む。先頭の1000m通過が1:04:3のペース。このあたりは2番手で通過し、残り600mで先頭に立つ。4コーナーでは追って引き離し、1馬身半差の先頭でまわる。直線に入ると更に差を広げて、残り200mは2馬身差の先頭で通過する。残り100mも2馬身差で通過すると、この差を最後まで保ち、モズキングタイドに2馬身差でゴールした。
単勝14.0倍の6番人気からの勝利。道中2〜3番手から4コーナーで先頭。直線に入ると2馬身差とし、この差を最後まで保っての快勝だった。
レースの上り3Fは12:1-11:7-11:7と、直線は11:7でまとめた。スローペースだったものの、早めに先頭に立ち、11:7-11:7ならばデビュー戦としては十分だろう。
残り600mで先頭に立った。最後まで持つかどうか一か八かだっただろうが、最後までしっかりと走る事が出来た。特に直線は後続を寄せ付けず、危なげのない勝ち方だった。次走はどこまで良くなるかだが、これを書いている金曜日現在では札幌2歳Sに向かうという情報も流れている。どのようなメンバーになるかはまだ調べていないが、重賞では、まだ力不足のような気もする。9月から始まる500万ならば勝負になると思う。
母は16戦3勝。フィリーズレビューGU2着など重賞で好走し、桜花賞(10着)・オークス(12着)にも出走した。繁殖に上がり本馬が第4仔だが、初仔・第2仔・第3仔とも未勝利で引退した。
期待度55

●2札2 9R クローバー賞(オープン) 芝1500 稍重
ブラックオニキス (牝・美浦・加藤和宏)
父ブラックタイド 母ラリマー(チーフベアハート)
1:31:4(上3F36:7)
好スタートから内3番手につけるが、2F過ぎで4番手に下がる。向正面で城戸義政騎手の手綱が動きながらの追走で、4コーナーは1馬身半差の内4番手でまわる。直線に入ると前2頭の間の狭い所を突いて伸び、残り200mで2番手に上がる。そして、残り150mで外のトラストをかわして先頭に立ち、徐々に差を広げ、最後は1馬身1/4差でゴールした。
単勝4.2倍の3番人気からの勝利。道中4番手から4コーナーも4番手。直線狭い所を抜けて残り150mで先頭に立ち、1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:2-12:4-12:4と、ハイペースだったために遅い上りとなった。ただ、ラスト12:4でも落ちていないのは良かったと思う。
終始追っ付け通しで、相当ズブイ馬のような感じがした。ただ、前走は普通に逃げて勝っているので、今回は道悪で動きが悪くなったのだろうか。直線では狭い所を怯まず抜ける根性を見せて、地方の大物と言われた1番人気トラストも、あっさりとかわした。これで未勝利−オープン特別と連勝で、完全に軌道に乗った形だが、重賞では苦しいレベルだと思う。今回のレースは8頭中地方馬が6頭で、JRA所属馬は本馬とユアスイスイの2頭のみであった。更に、ユアスイスイは未勝利馬で、JRAで勝っているのは本馬だけという低調なメンバーである。ある意味、勝ってあたり前だろう。重賞で好走するには、まだまだ成長が必要だと思う。
これで5戦2勝となった。デビュー戦は函館の芝1000m戦(勝ち馬:ザベストエバー)で、1:1差の8着。2戦目は函館の芝1200m戦(勝ち馬:フクノクオリア)で、0:5差の3着。3戦目は函館の芝1800m戦(勝ち馬:サトノアリシア)で、1:1差の6着。4戦目の前走は札幌の芝1500m戦で、2着に1馬身半差での逃げ切り勝ちだった。
母は地方19戦7勝。繁殖に上がり本馬が第4仔だが、第2仔は地方で4勝している。
期待度50
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年8月20日(土)2歳戦

2016/08/25 23:55
●2新7 1R 2歳未勝利・牝 芝1600 良
ハートオブスワロー (牝・美浦・粕谷昌央)
父ハーツクライ 母イソノスワロー(デヒア)
1:34:7(上3F34:2)
出遅れて1馬身程度の不利。押して流れに乗り13番手につける。先頭の4F通過が47:1のペース。このあたりは12番手を進み、4コーナーは馬群の後方12番手でまわる。直線に入ると外へと進路を変えて馬群の外から追い上げる。残り400mは1馬身差の4番手で通過し、残り200mは先に先頭に出たパフォームに半馬身差の2番手で通過する。残り100mで並びかけるがパフォームも粘り、なかなか抜けない。しばらく競り合うが、残り50m過ぎで前に出る。そして最後はクビ差でゴールした。
単勝41.4倍の11番人気からの勝利。出遅れて12〜13番手を進み、4コーナーは12番手。直線外目から伸びて、残り200mから2着馬と争い、最後はクビ差競り勝った。
レースの上り3Fは12:2-10:6-12:3と、競り合った割にはラストが落ちた。10:6の後なので落ちたのだろうが、3着以下は引き離しているので問題ないだろう。
1分35秒を切っているので未勝利戦としては水準以上だと思う。2頭が抜けていて、3着以下を3馬身離している。また、出遅れた上での勝利であり、直線では口向きも悪く若さを出していた。したがって、今後の上積みも見込まれる。ただ、ラストが12秒前後だったならば上のクラスでも好勝負だろうが、今のままならば数戦掛ると思う。勝つまでは更なる成長だ必要だろう。特にデビュー戦でも悪かったスタートが今後の大きな課題だ。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は東京の芝1400m戦(勝ち馬:アエロリット)で、1:5差の5着だった。
母はJRA9戦0勝・地方6戦4勝。母(本馬の祖母)イソノルーブルは、オークスGT・報知杯4歳牝馬特別GU・ラジオたんぱ3歳牝馬SGVを勝っている。兄(本馬の伯父)イソノウイナー は、ガーネットSGV2着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、初仔は5勝。第2仔モンストール(牡2009年産・期待度70)は3勝。新潟2歳SGVを勝ち、皐月賞(9着)・ダービー(12着)にも出走した。第3仔は3勝。第5仔サングラスポテト(牡3歳)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度50

●2新7 5R 2歳新馬 芝2000 良
マテラレックス (牡・栗東・森秀行)
父ルーラーシップ 母チェリーエンジェル(フジキセキ)
2:03:7(上3F35:8)
まずまずのスタートから押して前に行き、1コーナーは内2番手でまわる。向正面に入っても内3番手を進む。先頭の1000m通過が1:02:5のペース。このあたりは4番手にいるが、3コーナーで5番手に下がる。この後やや盛り返して、4コーナーは先頭から1馬身半差の内4番手でまわる。直線に入ると前2頭よりも外に出して伸び、残り200mでリパーカッションをかわして先頭に立つ。残り100mはクビ差程離し、最後は3/4馬身差でゴールした。
単勝2.9倍の2番人気からの勝利。道中3〜5番手から4コーナーは内4番手。直線外に出して残り200mで先頭に立ち、最後は3/4馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは12:3-11:9-11:9と、直線は11秒台でまとめた。勝ち時計は平凡でも最後までしっかりと走れた印象である。
内でじっと我慢をして、直線はスッと外に出した。追われると反応し、先頭に立ってからもジリジリと離した。1馬身弱の差の勝利だが、ゴール前はまだまだ余裕を感じる走りで、能力差は着差以上だろう。この後どこまで良くなるかだが、良化次第では上のクラスでも上位争い可能だと思う。
父ルーラーシップ(2007年産・期待度105・年末推奨馬)は新種牡馬で、これが産駒5勝目(5頭)である。内新馬勝ちが4頭と、今のところ順調だ。
母はJRA8戦0勝・地方9戦0勝。祖母(本馬の曾祖母)ダイアナソロンは桜花賞GTを勝ち、オークスGT2着・エリザベス女王杯GT3着の実力馬だ。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、初仔は地方4勝。第2仔は2勝。第3仔は地方1勝。第5仔ドルメロ(牡4歳・期待度35)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度55

●2札1 2R 2歳未勝利 芝1800 良
ビッグディザイア (牡・栗東・松永幹夫)
父キングカメハメハ 母レッドディザイア(マンハッタンカフェ)
1:51:8(上3F35:5)
出遅れて半馬身程度の不利だが、すぐに流れに乗り1コーナーは外9番手でまわる。向正面に入っても外9番手を進む。先頭の1000m通過が1:03:3のペース。この後7番手に上がり、4コーナーはC.ルメール騎手が追っ付けながら左ムチを1発2発と入れながら、大外6番手でまわる。直線に入ると外を伸びて、残り200mは5番手で通過する。残り100m手前で先頭に立ち後続を引き離しに掛るが、外からスターオービットが伸びて来て差を詰めてくる。そして、最後は3/4馬身差押し切ってゴールした。
単勝9.5倍の4番人気からの勝利。道中9番手から4コーナーは6番手。直線伸びて残り100m手前で先頭に立つが、外から伸びた2着馬に詰められて3/4馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:9-12:1-12:0と、直線は12秒台ながら加速した。
残り600mから11:9のラップとなった他は、すべて12秒台のラップというやや厳しい流れとなった。1:51:8-35:5と、時計は平凡でも最後までしっかりと走れていたと思う。2着馬が差を詰めてきたが、これは2着馬を褒めるべきかもしれない。GTを勝った名牝の産駒という事で期待されたが、デビュー戦はスタートが悪く負けてしまった。538sという雄大な馬体であり、それゆえまだまだ良化途上かもしれない。4コーナーで動きが悪くなりムチを入れたり、スタートもデビュー戦よりはマシになったがまだまだである。大きいためか動きがモッサリしているようにも感じたので、良くなるのはまだまだこれからかもしれない。
これで2戦1勝となった。デビュー戦は中京の芝1600m戦(勝ち馬:ダンビュライト)で、3:7差の11着だった。
母レッドディザイア(2006年産・期待度90)は日本・アメリカ・UAEで走り、JRA10戦3勝・米2戦0勝・UAE2戦1勝。通算14戦4勝である。1月の新馬戦を勝ち、2戦目のエルフィンSも勝って連勝。桜花賞GT2着・オークスGT2着とクラシックで活躍した。その後は秋華賞GT・アルマクトゥームチャレンジラウンド3UAEGUを勝ち、ローズSGU2着・ジャパンCGT3着・フラワーボウル招待米GT3着・札幌記念GU3着など大活躍をした。 繁殖に上がり本馬が第2仔だが、初仔は未勝利で引退した。
期待度55

●2札1 5R 2歳新馬 芝1500 稍重
レッドアンシェル (牡・栗東・庄野靖志)
父マンハッタンカフェ 母スタイルリスティック(Storm Cat)
1:33:8(上3F36:5)
好スタートから外3番手につける。道中は先頭から2馬身差の3番手を進むが、3コーナーで差を詰めて、4コーナーは馬なりのまま僅差の2番手でまわる。直線に入ると絶好の手応えのまま先頭に立ち、追い出すと後続を引き離して、残り200mは1馬身半差の先頭で通過する。残り100mは、外から2番手に上がったリープスプラウトに3馬身以上の差をつけて、最後は手綱を抑えてのゴール。4馬身差での勝利だった。
単勝1.9倍の1番人気に応えた。道中3番手から4コーナーは2番手。直線に入ると先頭に立ち後続を引き離す。最後は流して4馬身差での圧勝だった。
レースの上り3Fは12:5-12:3-11:9と、加速した。特に、この楽な手応えのまま上りで加速したのは立派だろう。
4コーナーで、すでに手応えが違った。ラストは流して4馬身差。2〜3着は6馬身も離れた。ここまで楽勝ならば上のクラスでも楽しみで、更に良くなるようならば好勝負可能だろう。ただし、雨の中の競馬で、道悪の得手不得手は当然あっただろう。この4馬身差楽勝を額面通り受け取ってよいのかが問題であり、パンパンの良馬場では今一歩ということもあるだろう。もちろんその逆もあるので、次走でどのような走りをするのか注目である。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り12戦4勝。リグレットS米GV3着など重賞で好走した。母(本馬の祖母)Magnificient StyleはミュージドラS英GVを勝っている。なお、弟・妹(本馬の叔父・伯母)に重賞勝ち馬が多く、Echoes In Eternity・Percussionist・Playful Act・Changing Skiesの他、Kジョージ六世&QエリザベスS英GTを勝ったNathaniel(ナサニエル)は種牡馬であり、Great Heavensは愛オークス愛GTを勝っている。繁殖に上がり本馬が日本での第5仔だが、第2仔は3勝。第3仔は地方1勝。第4仔レッドアルティスタ(牡4歳)は現役で2勝と活躍中だ。
馬期待度60
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


お知らせ

2016/08/19 21:25
明日(8月20日)は遅い時間の帰宅となり、明後日(8月21日)から25日(木)まで旅行に行く予定です。したがって、今週末は更新が遅れます。

おそらく、木曜日はクタクタで帰宅し、金曜日は疲れが取れないまま仕事に行きます。なるべく早く更新しようと思ってますので、よろしくお願いします。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年8月14日(日)2歳戦

2016/08/14 22:08
●2新6 5R 2歳新馬 芝1600 良
シャイニードライヴ (牡・美浦・尾形充弘)
父カジノドライヴ 母ブライティアナイル(アドマイヤベガ)
1:36:2(上3F34:4)
まずまずのスタートから押して押して進み、2F手前で先頭に出かけるが、ムーンロックに先手を奪われて2番手につける。しかし、3コーナーで先頭に立ち、4Fは49:1で通過する。4コーナーは半馬身差の先頭でまわる。直線に入ると後続を引き離しにかかるがなかなか離せず、残り400mは1馬身差の先頭で通過する。残り200mは1馬身半差、残り100mも1馬身半差の先頭だが、内から1番人気のフローレスマジックがグングンと伸びて2番手に上がり差を詰めてくる。そいて、最後に追いつかれて並んでゴールしたが、ハナ差猛追を凌ぎきっていた。
単勝91.5倍の12番人気からの勝利。道中2番手から3コーナーで先頭。4コーナーも先頭から直線1馬身半リードするが、ゴール前で2着馬が差してきて、最後はハナ差での辛勝だった。
上り3Fは11:8-10:7-11:9と、ラストが落ちている。最後に迫られたのも、ラストがバテたためである。
16番枠という外枠から、半ば強引に前に行った。長い直線も1馬身半差で逃げ、最後の最後に迫られた。あと数mあれば2着という競馬で、能力は2着馬の方が上だろう。ただ、2着馬フローレスマジックは、エリザベス女王杯GTを勝ったラキシス(牝2010年産・期待度65・年末推奨馬)の全妹という血統で、話題の良血馬だ。馬群を抜けるのに手間取り、最後は脚を余しての2着なので、ある意味ラッキーな勝利である。ただ、相手が別格ならば、逆に評価を落とす必要もないだろう。勝ち時計1:36:2-34:4はデビュー戦としては合格点だが、まだまだ時計を詰めなければ上のクラスでは通用しない。今後どこまで良くなるかだが、2勝目までは時間がかかるかもしれない。
父カジノドライヴは昨年の新種牡馬で、2世代目の産駒はこれが初勝利だ。初年度産駒はダートでの勝ち馬が目立つが、コウエイテンマ(牡2013年産・期待度50)がフェニックス賞を勝つなど、芝での活躍馬も出ている。ただ、ダート色の強い種牡馬なので、将来的にはダートで走っているかもしれない。
母は地方で15戦5勝。繁殖に上がり本馬が第5仔だが、第2仔は地方2勝。第3仔は地方5勝。第4仔ブライティアベガ(牝3歳)は現役で未勝利だ。
期待度40

●1札6 5R 2歳新馬 芝1800 良
コリエドール (牡・美浦・堀宣行)
父クロフネ 母レクレドール(サンデーサイレンス)
1:52:8(上3F34:9)
まずまずのスタートから1コーナーは5番手でまわる。向正面に入っても5番手を進む。先頭の1000m通過が1:04:7のペース。このあたりから仕掛けて4番手に上がり、4コーナーは半馬身差の外2番手でまわる。直線に入ると外から来たサトノアレスにかわされ、残り200mは先頭から半馬身差の3番手で通過する。残り150m過ぎで2番手に上がると、サトノアレスとの叩き合いとなり、残り100mで差し返して僅差の先頭で通過する。この争いはゴールまで続くが、僅かずつ差をつけて、最後はクビ差でゴールした。
単勝1.9倍の1番人気に応えた。道中5番手から4コーナーは2番手。直線一旦2着馬にかわされるが盛り返して、クビ差で競り合いを制した。
レースの上り3Fは12:2-11:5-11:4と、加速した。スローペースだったが、直線は11秒台の中盤でまとめた。
残り4Fから仕掛けるとしっかりと反応して差を詰めて、4コーナーは余裕もあった。直線に入るとサトノアレスに僅かながら抜かれるが、それを差し返す勝負根性も見せた。1:52:8-34:9は平凡だが、レース振りはなかなかで、能力は高いだろう。特にラスト1Fは11:4でまとめ、ラップはここが一番速かった。ひと叩きされて次走は時計も詰められそうで、札幌2歳SGVに出てきても上位争い可能だろう。
母は27戦4勝。ローズSGU・クイーンSGVを勝ち、札幌記念GU2着・阪神牝馬SGU3着・福島牝馬SGV3着・クイーンSGV3着など重賞で活躍した。兄(本馬の伯父)が種牡馬ステイゴールドという良血で、甥(本馬の従兄弟)ドリームパスポート・ラウンドワールド、姪(本馬の従姉弟)ショウナンパンドラ(牝5歳・現役・期待度60)、妹(本馬の叔母)のメルヴェイユドールなど、近親には重賞での活躍馬も多い。繁殖に上がり本馬が第7仔だが、第2仔が3勝。第3仔は5勝。第5仔ベルーフ(牡4歳・期待度85・年末推奨馬)は現役で3勝。京成杯GVを勝ち、小倉記念GV2着2回など重賞で活躍中で、皐月賞(12着)にも出走した。第6仔ルフォール(牝3歳・期待度55)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度60
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年8月13日(土)2歳戦

2016/08/13 18:03
●2新5 2R 2歳未勝利 芝1800 良
ジェードグリーン (牡・美浦・栗田徹)
父カンパニー 母ドレスデングリーン(アグネスタキオン)
1:48:0(上3F33:8)
まずまずのスタートから外9番手につけるが、3コーナーは8番手でまわる。先頭の1000m通過が1:01:1のペース。このあたりは7番手で通過し、4コーナーは先頭から5馬身差の7番手でまわる。直線に入ると外目から追い上げて、残り400mは6番手で通過する。内から逃げたマイネルユニブランが伸びて後続を離すが、残り300mあたりで2番手に上がると、これを追いかける。残り200mは内外離れて、2馬身差ほどの2番手で通過する。残り100mは2頭が後続を離し、1馬身弱の差で通過する。この後、マイネルユニブランが内で粘るが、ゴール前20m程でかわし、クビ差でゴールした。
単勝2.5倍の1番人気に応えた。道中7〜9番手から4コーナーは7番手。直線外目から伸びてゴール前で逃げ馬をかわし、クビ差での差し切り勝ちだった。
レースの上り3Fは11:9-10:6-12:0と、ラストが落ちて12秒となった。しかし、その前は10:6と速かった。
最後は逃げ馬と内外離れての争いとなり、勢いで勝る本馬に軍配が上がった。3着には3馬身半、3〜4着は2馬身半と離れたので、2着馬とともに能力は抜けていたのだろう。勝ち時計1:48:0はまずまずだが、ラスト100mで逃げ馬に粘られたのが残念である。スパッとかわして1馬身近くリードできれば、時計も1分47秒台となり、上のクラスでも勝ち負けできただろう。ただ、勝ち負けにはならなくても、上位争いは可能だと思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は福島の芝2000m戦(勝ち馬:キングズラッシュ)で、クビ差の2着だった。出遅れて後方からの競馬となり、最後に追い込んできた。
母は2戦1勝。芝2000mで勝ったが重賞には出走していない。母(本馬の祖母)グリーンポーラ(Green Pola)は、カルヴァドス賞仏GVを勝っている。姉(本馬の伯母)ケープリズバーンは、TCK女王盃大井GVを勝った。甥(本馬の従兄弟)サナシオン(牡7歳・現役)は東京ハイジャンプJGU・阪神スプリングJJGUを勝ち、中山グランドジャンプJGT2着・中山大障害JGT3着など障害の重賞で活躍中だ。同じく甥(本馬の従兄弟)ガイヤースヴェルトは、毎日杯GV2着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第4仔だが、初仔が地方で3勝している。
期待度55

●2新5 5R 2歳新馬 芝1800 良
ニシノアモーレ (牝・美浦・上原博之)
父コンデュイット 母ニシノマナムスメ(アグネスタキオン)
1:49:6(上3F33:9)
好スタートから抑えて、後方から3頭目の12番手につける。先頭の1000m通過が1:02:4のペース。このあたりは11番手で通過するが、4コーナーは馬群のすぐ後ろ、13番手でまわる。直線に入ると外から3頭目の位置に出して伸び、残り400mは6番手で通過する。そして、残り300mで先頭に立つと後続を引き離す。残り200mは2馬身差、残り100mは3馬身差とし、最後は2着争いを制したオメガジェルベーラに4馬身差でゴールした。
単勝34.9倍の9番人気からの勝利。道中11〜12番手から4コーナーは13番手。直線外から3頭目の位置を伸びて残り300mで先頭。後続を引き離して4馬身差での圧勝だった。
レースの上り3Fは12:2-11:0-11:6と、単走になったラストも11:6であり、最後までしっかりと走ることが出来た。
道中は後方に抑えて、直線良く伸びた。残り300mで先頭に立つと、後続を引き離す圧勝。時計もデビュー戦から1分50秒を切ったので十分だろう。420kgの牝馬で仕上がりも早かったのか、またはパンパンの良馬場も良かったのだろうか。4馬身差の圧勝なので当然次も期待だが、ある程度仕上がっていたので、上積みがどこまであるかが鍵となるだろう。
コンデュイット産駒は4年目となるが、今ひとつパッとしない。そして、昨年の種付けを最後に、アイルランドに帰ったようだ。残された産駒がどんな活躍を見せるか。特に繁殖牝馬の父として違った活躍はあるかもしれない。そういう意味では、本馬の将来の役割は大きいと思う。
今年流行の『アモーレ』だが、長友選手の発言で話題となったのは3月下旬である。その頃にはすでに名前が付いていただろうから、流行り物のネーミングではないようだ。
母は22戦4勝。読売マイラーズCGU2着・愛知杯GV2着など重賞で好走している。ヴィクトリアマイルGT(5着)では2番人気に支持されるなど、マイル戦線で活躍した馬である。母(本馬の祖母)ニシノフラワーは桜花賞GT・スプリンターズSGT・阪神3歳牝馬SGT・デイリー杯3歳SGU・マイラーズCGU・札幌3歳SGVを勝ち、エリザベス女王杯GT3着・スプリンターズSGT3着・スワンSGU3着の実力馬だ。姪(本馬の従姉妹)ニシノミチシルベ(牝2011年産・期待度35)は、アルテミスS3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第4仔だが、初仔セイウンジャイロ(牡5歳)は地方3勝で、JRA所属の現役だ。第3仔ニシノリンド(牝3歳)は現役で未勝利である。
期待度55

●2小5 2R 2歳未勝利 芝1800 良
アダムバローズ (牡・栗東・角田晃一)
父ハーツクライ 母チャチャリーノ(Unbridled's Song)
1:49:2(上3F36:1)
好スタートから1コーナーは外5番手でまわる。向正面に入っても5番手を進む。先頭の1000m通過が1:00:5のペース。3コーナーで4番手に上がり、4コーナーは先頭から1馬身半差の外3番手でまわる。直線に入るとすぐに2番手に上がり、先頭のソーグリッタリングを追いかける。残り200mは半馬身差だが、残り150mあたりでかわして先頭に立つ。ソーグリッタリングも粘るが、残り50mから振り切って、最後は1馬身1/4差でゴールした。
単勝2.8倍の1番人気に応えた。道中4〜5番手から4コーナーは3番手。直線残り150mあたりで先頭に立って1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:1-11:9-12:5と、遅い。特にラストは12:5とかかり、最後はバテてしまったようだが、後続も伸びてきていない。
5F60:5と、やや速い流れとなり、ラストは皆苦しくなった。したがって、ゴール前は2着馬が脱落したので一気に1馬身以上離したというところだろう。その速い流れの中でも、前の方から行き最後までしっかり走る事が出来た。ただ、3着以内の経験馬が本馬とスーサンゴー(9着)の2頭という低調なメンバー構成での勝利なので、2勝目までは時間がかかるレベルかもしれない。
現2歳のハーツクライ産駒は、ここまで勝ちがなかったが、ここでようやく1勝した。また、下記札幌の新馬戦も勝ったので、本日2勝である。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は阪神の芝1400m戦(勝ち馬:キャスパリーグ)で、1馬身1/4差の2着だった。
母は3戦0勝。母(本馬の祖母)パーレイ(Parlay)はディスタフH米GUを勝ち、ヴェイグランシーH米GV3着など重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、第2仔は地方5勝。第3仔は1勝。第4仔も1勝している。
期待度45

●2小5 9R フェニックス賞(オープン) 芝1200 良
クインズサリナ (牝・栗東・西村真幸)
父ダノンシャンティ 母ケイアイギャラリー(ウォーニング)
1:09:4(上3F36:4)
好スタートからハナに立ちかけるが、1F過ぎでハナを譲り2番手につける。道中は半馬身〜1馬身差で追走し、4コーナーは1馬身差の2番手でまわる。直線に入ると逃げたカシノマストを追いかけて、残り200m過ぎでかわして先頭に立つ。カシノマストも粘り残り100mはクビ程の差だが、ここから差を開いて最後は1馬身1/2差でゴールした。
単勝3.0倍の2番人気からの勝利。道中2番手から4コーナーも2番手。直線残り200m過ぎで先頭に立ち、1馬身半差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:5-11:9-13:2と、ラストはガタっと落ちた。44:3-56:2で飛ばしたので、最後は仕方がないだろう。
道中は、本馬と2着馬が3番手以下を大きく引き離していたが、ゴール前は一気に詰められた。ゴール前の失速は酷かったが、逆にこのペースで失速しないなら古馬オープン級である。豊富なスピードと根性で、短距離路線での活躍が見込まれる。
これで2戦2勝となった。デビュー戦の前走は阪神の芝1200m戦。道中3〜4番手から4コーナーは3番手。直線残り150m手前で先頭に立ち、追い上げてきた2着馬に2馬身差での快勝だった。
オーバーペースで、ラストは失速でも、後続を封じ込めた。これで9月4日(日)小倉2歳SGVに王手である。そこで3連勝したとして、マイルまで距離を延ばすのか。本ブログでは、そこが重要である。
期待度50(up)

●1札5 2R 2歳未勝利 芝1800 良
エトルディーニュ (牡・美浦・小桧山悟)
父エイシンサンディ 母リスペクトスコール(オペラハウス)
1:50:5(上3F35:6)
好スタートから1コーナーは3番手でまわる。ここで掛かり気味に上がり、2コーナーは2番手でまわる。向正面に入ると折り合い、1馬身差の2番手を進む。先頭の1000m通過が1:02:4のペース。このあたりは半馬身差だが、ここから少しずつ詰めて、4コーナーで逃げ馬をかわし先頭に立つ。直線に入ると後続を引き離し、残り200mは1馬身半差とする。マイネルパンドーロが追いかけてくるが、残り100mは2馬身近い差とし、最後までこの差を保って1馬身3/4差でゴールした。
単勝14.4倍の6番人気からの勝利。道中2番手から4コーナーで先頭。直線で徐々に引き離して、最後は1馬身3/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:8-11:6-12:3と、ラストが落ちた。ただ、2番手以下を2馬身近く離してのものなので、問題はないだろう。
1コーナーから2コーナーで掛ったが、△原田和真騎手がしっかりと落ち着かせた。4コーナーで楽に先頭に立ち、直線は引き離した。掛った以外は危なげのない勝ち方で、能力は一枚上だろう。下記コスモス賞ならば4着になる時計なのだが、勝ち馬とは1秒以上差があるので、2勝目までは時間がかかるかもしれない。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は札幌の芝1800m戦(勝ち馬:ソウルスターリング)で、0:8差の3着だった。
母は9戦0勝。母(本馬の祖母)プリンセストウジンは、 ラジオたんぱ賞GV3着。弟(本馬の叔父)シアトルバローズは、ガーネットSGV3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第7仔だが、初仔は1勝。第2仔は地方で2勝している。
期待度45

●1札5 5R 2歳新馬・牝 芝1500 良
ヴィーナスフローラ (牝・栗東・須貝尚介)
父ハーツクライ 母サパス(Kingmambo)
1:31:1(上3F35:7)
まずまずのスタートから6番手につけるが、3F過ぎで4番手に上がる。3コーナーで3番手に上がり、4コーナーは先頭から1馬身半差の外目3番手でまわる。直線に入ると外目から伸びて、残り200mは半馬身差の2番手で通過する。この後、残り170mあたりで一気に先頭に立ち、残り100mは2馬身近く引き離す。外からラユロットが伸びて来て2番手に上がり差を詰めて来るが、これを1馬身1/4差抑えてゴールした。
単勝2.7倍の1番人気からの勝利。道中6番手から徐々に上がり4コーナーは3番手。直線残り200m過ぎてから一気に先頭に立ち、迫る2着馬を1馬身1/4差抑えての快勝だった。
レースの上り3Fは12:3-11:7-12:0と、ラストは12:0ながら最後までしっかりと走った。
レース序盤は中団にいたが、徐々に上り、4コーナーで先頭を射程圏に入れた。そして前をとらえると後続を離し、差を詰めてくる2着馬を抑えての勝利。危なげのない完勝だった。栗東でしっかりと追われて、仕上がりは良好だったらしいが、その分上積みは薄いかもしれない。今回、着差以上の能力差がありそうなので、今後どこまで良くなれるかが勝負だろう。
母はアメリカ産の輸入繁殖牝馬。フランスで走り6戦1勝。母(本馬の祖母)Very TrueはレアトリートH米GVを勝ち、レイディーズH米GU3着など重賞で活躍した。兄(本馬の伯父)Alnitakは、パリ大賞仏GT3着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬が第8仔だが、第4仔は地方2勝。第6仔も地方2勝。第7仔は地方で6勝している。
本馬は、1歳時のセレクトセールにて2376万円で取引された。
期待度50

●1札5 10R コスモス賞(オープン) 芝1800 良
サトノアリシア (牝・栗東・平田修)
父ハービンジャー 母ラルーチェ(クロフネ)
1:49:4(上3F35:0)
まずまずのスタートから1コーナーは外6番手でまわる。向正面に入っても6番手を進む。先頭の1000m通過が1:01:9のペース。残り500mあたりから仕掛けて上がり、4コーナーは後方からマクって先頭に立ったマイネルザウバアの内でクビ差の2番手でまわる。直線に入るとマイネルザウバアとの2頭での争いとなり、残り200mは僅差の2番手で通過する。この2頭が3番手以下を大きく離して争い、残り100mでは僅かに前に出ているようにも見える。マイネルザウバアとの争いはゴールまで続き、最後はクビ差競り勝ってゴールした。
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中6番手から4コーナーは2番手。直線は2着馬との叩き合いとなり、クビ差競り勝った。
レースの上り3Fは12:0-11:5-11:9と、直線は11秒台を並べた。激しい叩き合いだったので、12秒台には落ちなかった。
3着以下には6馬身差をつけた。更に3〜4着は2馬身半差だったので、メンバー中ではこの2頭が抜けていた。ただし、出走10頭中JRA所属馬が4頭。そのうち未勝利馬が1頭なので、JRAで勝っている馬は3頭しかいないという低調なメンバーだった。その中で抜けた2頭なので、相当な割引も必要だろう。しかしながら、1:49:4-35:0という時計内容は優秀で、9月3日(土)札幌2歳SGVに出てくれば、有力馬の1頭になると思う。ただし、デビュー戦で4馬身差で負けたタガノアシュラとは、まだまだ差がある気がする。
これで3戦2勝となった。デビュー戦は函館の芝1800m戦(勝ち馬:タガノアシュラ)で、4馬身差の2着だった。2戦目の前走も函館の芝1800m戦。道中4番手から4コーナーも4番手。直線内から伸びて残り100mで先頭に立ち、粘る2着馬を振り切って半馬身差での勝利だった。
タガノアシュラは札幌2歳SGVに出てくるようなので、本馬は牡馬には当てず、牝馬限定戦に向かうのが良いと思った。さて、陣営はどうするのだろう。
期待度60(up)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


武邦彦元調教師死去

2016/08/12 17:49
本日、武邦彦元調教師が亡くなった。

1973年11月。TVの前でハイセイコーを一生懸命応援していた小学生の私を、絶望のどん底に叩き落したのはタケホープとタケ騎手。
当時は関東と関西の交流が今ほどはなかった時代。関西には、福永という「天才」と、武という「名人」がいるのは十分知っていたが、関東に住む私にとっては遠い存在だった。
名人武邦彦騎手を身近に感じられるようになったのは、トウショウボーイに乗るようになってからである。キタノカチドキでスプリングS−皐月賞と連勝しても、遠い存在であることに変わりはなかった。
騎手としては長身で、お顔も騎乗姿も「名人」そのものだった。
武豊騎手のデビュー当時を、私は(私だけではないが)『タケの息子』と表現していたが、いつの間にか武邦彦調教師のことを(私だけではないが)『タケのトーチャン』というようになっていた。息子が自分を超えて、父としては嬉しかったことだろう。武豊騎手のお顔も、お父さんそっくりになってきた。

そういえば、私の友人で武邦彦騎手を『クニタケヒコ』と言ったやつがいたなぁと思い出した。
マスコミは『ターフの魔術師』と表現しているが、当時、そう表現されていたか記憶に無い。私の記憶では圧倒的に『名人』である。

ご冥福をお祈りいたします。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年8月7日(日)2歳戦

2016/08/07 16:50
●2新4 5R 2歳新馬 芝1800 良
ランガディア (牡・美浦・木村哲也)
父キングカメハメハ 母マリーシャンタル(サンデーサイレンス)
1:50:0(上3F34:2)
好スタートから内3番手につけるが、3Fあたりで4番手となる。先頭の1000m通過が1:02:6のペース。4コーナーは先頭から2馬身差の内4番手でまわる。直線に入ると馬群の中で外へと進路を変えて、残り400mで再び内へと入って3番手に上がる。この後、前2頭の間を突いて抜け出そうとするが、残り250mあたりで前2頭の間が狭くなり減速して、残り200mは4番手で通過する。この後持ち直して伸びるが、外から伸びたホウオウパフュームが内へと切れ込んだため再び前が狭くなる。残り100mは1馬身弱の差の3番手で通過するが、ここから前2頭の間を突いて一気の伸び、残り50m過ぎで先頭。最後に内ラチ沿いから伸びたアルーフクライに3/4馬身差でゴールした。
単勝2.9倍の1番人気に応えた。道中3〜4番手から4コーナーは4番手。直線残り250mで前が狭くなる不利があったが、それでも狭い所を一気に伸びて、3/4馬身差での快勝だった。
レースの上り3Fは12:1-10:7-11:7と、ラストは落ちた。直線に入った後も12:1と速くは無く、残り2F勝負の競馬だった。
直線では抜け出る場所を探して苦労した。残り250mでの不利は本来致命傷になるところ、上手く立て直し、再び狭くなっても怯まずに鋭い脚を繰り出した。間違いなく着差以上の能力差があり、直線スムーズならばもっと楽に勝っていただろう。デビュー戦で勝負根性と切れる脚を披露し、ひと叩きされて更に良くなれば上のクラスでも勝ち負けは可能だと思う。
母は25戦4勝。ダート1600m3勝、ダート1800mで勝っているが重賞には出走していない。母(本馬の祖母)がオークス馬ダイナカールであり、姉(本馬の伯母)が名牝エアグルーヴという良血馬だ。したがって近親には、アドマイヤグルーヴ・フォゲッタブル・種牡馬ルーラーシップ・グルヴェイグ・エガオヲミセテ・種牡馬オレハマッテルゼ・フラアンジェリコなど、重賞勝ち馬が目白押しだ。繁殖に上がり本馬が第9仔だが、初仔は3勝。第2仔は2勝。第3仔は2勝。第4仔は4勝。第6仔ファントムライト(牡7歳)は現役で5勝。中日新聞杯GV2着・新潟記念GV3着・福島記念GV3着など重賞で活躍中だ。第7仔プリンスダム(牡5歳・期待度55)は現役で3勝。第8仔シャンタルエット(牝4歳)は現役で1勝と活躍中だ。産駒9頭中、デビューした8頭がすべて勝ち上がり、今回で産駒21勝目という大変優秀な繁殖牝馬である。
期待度60

●2小4 5R 2歳新馬 芝1800 良
ミラアイトーン (牡・栗東・池江泰寿)
父Lonhro 母タイタンクイーン(Tiznow)
1:50:4(上3F36:0)
好スタートから、行こうとする外の馬を制して先頭に立ち、1コーナーは1馬身差の先頭でまわる。向正面に入ると半馬身差で逃げて、1000mを1:02:0で通過する。この後も半馬身差で逃げるが、4コーナーはシシオウが外から並びかけてきて、ほとんど差のない先頭でまわる。直線に入るとシシオウとの争いとなり、残り200mは頭差程の先頭で通過する。残り100mも頭差だが、ここから徐々に差をつけて、最後は1/2馬身差でゴールした。
単勝1.7倍の1番人気に応えた。好スタートから先手を奪い半馬身差での逃げ。4コーナーで2着馬に並ばれて直線競り合うが、残り100mから差をつけて、半馬身差での逃げ切り勝ちだった。
上り3Fは12:0-11:5-12:5と、ラストが落ちた。競り合って振り切ってのものなので、もう少し速くても良いと思う。
そこそこのペースで逃げて、2着馬に併せられるが、直線で勝負根性を見せて見事に逃げ切った。なかなかしぶといレースをしたが、時計が平凡である。今日の小倉は高速馬場ではないものの、遅い馬場でもない。ラストがやや掛かりすぎた気がする。今後どこまで変われるかが鍵だろう。
父Lonhroはオーストラリア産の種牡馬である。Sir Gaylord系種牡馬であり、オセアニアで続いてきた父系の出である。豪GT10勝という圧倒的な成績で種牡馬になり、2010〜2011年シーズンの豪リーディングサイアーになっている。Sir Gaylordの孫Sir Tristram(1971年産)が種牡馬としてニュージーランドに渡り、オセアニアで大成功をした。Sir Tristramからの父系はオセアニアで受け継がれ、LonhroはSir Tristramの曾孫である。Lonhro産駒は、現在までJRAに6頭登録され、本馬のほかマリーナベイ・エイシンビジョンがそれぞれ1勝している。
母はアメリカ産馬。アメリカで走り7戦0勝。弟(本馬の叔父)Big Band SoundはプレイザキングS米GUを勝ち、キングエドワードS米GU2着・コノートC米GU2着・ヴィジャルS米GV2着など重賞で活躍した。繁殖に上がり本馬は日本での初仔だが、アメリカで3頭の仔を生んでいる。初仔Renee's Titan(牝2010年産)は米2勝で、サンタイネスS米GUを勝っている。第2仔Fashion Alert(牝2012年産)は米2勝で、スカイラヴィルS米GVを勝ちオールドハットS米GV3着など重賞で活躍している。第3仔ストロングタイタン(牡3歳・期待度55)は輸入されて日本で走り、現役で2勝と活躍中だ。自身は未勝利でも、産駒4頭中2頭が米国重賞を勝ち、2頭が日本の新馬戦を勝つという優秀な繁殖牝馬である。
ちなみに兄ストロングタイタンは、本日小倉9R足立山特別(芝1800m)で2勝目を挙げた。同厩舎の兄弟が、同日に同競馬場同距離のレースを勝った。兄1:48:1-36:0、弟1:50:4-36:0である。更に、ストロングタイタンの新馬勝ちは昨年8月30日の同コースで、時計は1:50:5-35:4だった。
本馬は、当歳時のセレクトセールにて6912万円で取引された。
期待度50

●1札4 5R 2歳新馬 芝1800 良
インヴィクタ (牡・栗東・友道康夫)
父ハービンジャー 母ラスティングソング(フジキセキ)
1:53:6(上3F35:1)
出遅れて1馬身以上の不利。後方からの競馬となり1コーナーは後方から3頭目の8番手でまわる。向正面に入ると外6番手を進むが、5F手前で7番手に下がる。先頭の1000m通過が1:04:4のペース。残り600mからスパートし、外から差を詰めて、4コーナーで僅かながら先頭に立つ。直線に入ると本馬の内にいたロードコランダムとの争いとなり、残り200mは僅差の先頭で通過する。残り100mはほとんど並んで通過し、この後も並んでの叩き合いとなる。そして、ゴール前で僅かに前に出て、最後はクビ差でゴールした。
単勝2.0倍の1番人気に応えた。出遅れて道中は6〜7番手。4コーナーで先頭に立つが、直線は粘る2着馬との争いとなり、クビ差競り勝っての勝利だった。
レースの上り3Fは12:7-11:3-11:9と、ラストが落ちた。ただ、11秒台なので最後までしっかり走れたと見るべきだろう。
残り600mから手応え良く上がり、直線突き抜けるかに思えたが、最後は競り合いとなった。スタートで後手を踏まなければもう少し楽に勝てたのだろうが、それでも1:53:6-35:1は平凡だと思う。ラストを11:7程度でまとめて1馬身以上差をつけていれば良かったのだろうが、おそらく2勝目までは時間がかかるレベルだろう。
母はJRA11戦0勝・地方6戦1勝。弟(本馬の叔父)フレールジャックはラジオNIKKEI賞GVを勝ち、神戸新聞杯GU3着など重賞で活躍した。同じく弟(本馬の叔父)マーティンボロ(牡7歳・現役)は中日新聞杯GV・新潟記念GVを勝ち、小倉記念GV2着など重賞で活躍中だ。姪(本馬の従姉妹)ヴィルシーナ(牝2009年産・期待度85・年末推奨馬)はヴィクトリアマイルGT2勝・クイーンCGVを勝ち、GT2着4回3着1回・GU2着1回などの実力馬だ。甥(本馬の従兄妹)シュヴァルグラン(牡4歳・現役・期待度55)は阪神大賞典GUを勝ち、日経新春杯GU2着・天皇賞春GT3着・京都2歳SGV3着など重賞で活躍中だ。繁殖に上がり本馬が第3仔だが、第2仔クィーンズベスト(牝3歳・期待度50)は現役で2勝と活躍中だ。
本馬は、当歳時のセレクトセールにて3132万円で取引された。
期待度45
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年8月6日(土)2歳戦

2016/08/06 18:53
●2新3 1R 2歳未勝利 芝1800 良
レジェンドセラー (牡・美浦・木村哲也)
父ルーラーシップ 母トップセラー(スペシャルウィーク)
1:47:8(上3F33:5)
まずまずのスタートから外8番手につける。3コーナー手前からペースが落ちたため、外から5番手に上がる。先頭の1000m通過が1:01:1のペース。4コーナーは先頭から3馬身差の外5番手でまわる。直線に入ってもしばらく5番手にいるが、残り400mあたりで4番手に上がる。この後2番手に上がり、先頭のウインハイラントを追いかける。残り200mでかわして先頭に立ち
、残り100mは1馬身差の先頭で通過する。外からマテラフィールドが2番手に上がり、ジリジリと差を詰めるが、これを3/4馬身差抑えてゴールした。
単勝1.3倍の1番人気に応えた。道中5〜8番手から4コーナーは5番手。直線残り200mで先頭に立ち、追ってくる2着馬を3/4馬身差抑えての快勝だった。
レースの上り3Fは11:6-10:8-11:6と、速い上りだった。特に10:8のところで追い上げて先頭に立っているので、本馬は10:5前後で走っただろう。
デビュー戦はスタートダッシュが悪く、それでも最後に半馬身差まで詰めてきた。負けても強い内容で、今回は単勝1.3倍と人気を集めた。今回は中団で我慢をして、直線伸びて快勝。ラストに迫られているが、抜かれる雰囲気は無かった。圧倒的な人気を背負っても危なげの無い勝ち方をして、時計も1分47秒台ならば上々だろう。上のクラスでも上位争いは可能だと思う。
これで2戦1勝となった。デビュー戦の前走は東京の芝1800m戦(勝ち馬:イブキ)で、1/2馬身差の2着だった。
父ルーラーシップ(2007年産・期待度105・年末推奨馬)は新種牡馬で、これが産駒4勝目(4頭)だ。未勝利勝ちはこれが初めてである。
母は16戦3勝。芝2000m2勝、芝1600mで勝っている。重賞は愛知杯GV(13着)に出走した。母(本馬の祖母)プロモーションはクイーンSGVを勝ち、クイーンCGV2着など重賞で活躍した。弟(本馬の叔父)アドマイヤメインは種牡馬である。繁殖に上がり本馬が第5仔だが、第2仔ストーリーセラー(牡5歳)は現役で1勝。第4仔プライムセラー(牡3歳)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度50

●2新3 5R 2歳新馬 芝1600 良
サンライズソア (牡・栗東・河内洋)
父シンボリクリスエス 母アメーリア(スペシャルウィーク)
1:35:9(上3F33:4)
好スタートからハナに立つ。向正面は半馬身差で逃げるが、3コーナーでレッドローゼスに抜かれて2番手に下がる。先頭の4F通過が50:1のペース。4コーナーは1馬身差の内2番手でまわる。直線に入ると内からジリジリと差を詰めて、残り400m過ぎでレッドローゼスをかわして先頭に立つ。レッドローゼスも粘り2頭の叩き合いとなり、残り200mはほぼ並んで通過する。残り100mで半馬身差振り切ると、レッドローゼスは後退。外からアウトライアーズが伸びてゴール前で2番手に上がるが、これに3/4馬身差でゴールした。
単勝5.7倍の3番人気からの勝利。好スタートから逃げるが3コーナーで2番手に下がる。4コーナー2番手から残り400m過ぎで先頭に立ち、最後は3/4馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:3-10:4-11:7と、速い上りとなった。ラストが11:7と落ちているが、10:4の後である。
スローペースの上りの競馬。直線が長いので、デビュー戦でも33:4という速い上りで走った。このペースで1分35秒台ならば上々だろう。スタート後に先手を奪うが内から絡まれて、3コーナーで外から抜かれた。直線では3着馬との争いになるなど、道中は消耗する場面も多かったが、それでも最後までしっかりと走ることが出来た。重賞では力不足だろうが、これから良くなれば、秋の500万ならば上位争いは可能だと思う。
母はJRA3戦0勝・地方5戦2勝。母(本馬の祖母)ビハインドザマスクは、スワンSGU・セントウルSGV・京都牝馬SGVを勝っている。弟(本馬の叔父)マスクトヒーローは、マーチSGV3着など重賞で好走した。弟(本馬の叔父)オメガヴェンデッタ(騸5歳・現役)は、阪急杯GV2着・京王杯スプリングCGU3着・スワンSGU3着など重賞で活躍中だ。繁殖に上がり本馬が第4仔だが、初仔は地方13勝。第3仔ルドルフィーナ(牡3歳)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度50

●2新3 8R ダリア賞(オープン) 芝1400 良
リンクスゼロ (牡・栗東・森秀行)
父アドマイヤマックス 母チャメ(ホワイトマズル)
1:23:4(上3F34:4)
好スタートからハナに立つ。道中は半馬身〜1馬身差で逃げて、4コーナーは1馬身弱の差の先頭でまわる。直線に入ると2番手マイネルバールマンを引き離し、残り200mは2馬身近くリードする。残り100mも2馬身弱の差だが、ここからジリジリと詰められて、1馬身1/4差でゴールした。
単勝4.7倍の3番人気からの勝利。好スタートから道中は半馬身〜1馬身差で逃げて、4コーナーも1馬身弱の差の先頭。直線も逃げ脚は衰えず、1馬身1/4差での逃げ切り勝ちだった。
上り3Fは11:9-11:0-11:5と、直線は速い。ややスローペースで逃げたものの、ラストは11:5ならば十分だろう。
楽に逃げて、直線は2馬身近く引き離した。後続は誰も追いつくことが出来ず、悠々と逃げ切った。メンバー中では能力上位なのだろうが、他馬も走らなすぎた。7頭立てで未勝利馬が3頭、1勝馬4頭と言うメンバーで、本馬以外の1勝馬が能力分走ったのかどうか疑問の残るレースだった。勝ち時計1:23:4も、今日の馬場ならば平凡だと思う。いずれにしても低レベルなオープン戦であり、次走以降は苦戦しそうである。
これで4戦2勝となった。デビュー戦は阪神の芝1200m戦(勝ち馬:クインズサリナ)で、2馬身差の2着。2戦目は阪神の芝1600m戦(勝ち馬:シゲルボブキャット)で、0:3差の3着。3戦目の前走は中京の芝1600m戦で、2着に1馬身1/4差で勝った。
母はJRA6戦0勝・地方27戦2勝。繁殖に上がり本馬が第2仔だが、初仔マウントウェーブ(牡3歳)は現役で未勝利だ。
期待度40
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年7月31日(日)2歳戦

2016/07/31 18:46
●2新2 5R 2歳新馬 芝1600 良
グリトニル (牡・栗東・浅見秀一)
父ナカヤマフェスタ 母ファーストサイト(メジロライアン)
1:36:9(上3F33:4)
出遅れて1馬身程度の不利。後方からの競馬となり、後方から3頭目の15番手につける。先頭の4F通過が49:9のペース。4コーナーは馬群のすぐ後ろ、14番手でまわる。直線に入るとやや外へと進路を変えて、抜け出す位置を探す。残り400mは13番手あたりだが、ここから大外をジリジリと伸びて、残り200mは先頭から2馬身差の7番手で通過する。ここからグングンと伸びて、残り80mあたりで先頭に立つ。そして引き離し、最後はシゲルボスザルに1馬身1/4差をつけてゴールした。
単勝46.7倍の11番人気からの勝利。出遅れて道中15番手。4コーナー14番手から直線は外から伸びて残り80mあたりで先頭。1馬身1/4差での快勝だった。
レースの上り3Fは11:9-10:7-11:7と、速い上りの中を差してきた。10:7のところで差を詰めたので、ここは10秒台前半で走ったと思われる。
スタートで後手を踏み、後方待機となったが、ペースがスローとなり不利な条件が重なった。それでも馬群がバラけた外を伸びて差し切った。新馬戦で上り33秒台前半は立派であり、もう少し距離があれば、まだまだ離す勢いでゴールした。デビュー前はソエで一旦立て直したようで、それも人気薄になった原因だろう。スタートなどまだ課題は多いものの、克服すれば上のクラスでも上位争いは可能だと思う。
母は22戦3勝。ダート1800m2勝とダート1700mで勝っているが、重賞には出走していない。繁殖に上がり本馬が第6仔だが、第4仔は4勝。第5仔は地方で4勝している。
期待度50

●2新2 6R 2歳新馬・牝 芝1400 良
クイントゥープル (牝・美浦・大和田成)
父アイルハヴアナザー 母マイネクイーン(アグネスタキオン)
1:23:8(上3F36:3)
好スタートから無理に前には行かず8番手につける。速いペースとなり縦長の展開となる中、中団の前、8番手でレースを進める。4コーナーも縦長のままで、外目8番手でまわる。直線に入ると外目をジリジリと伸びて、残り200mは先頭から2馬身半差の5番手で通過する。ここから一気に伸びて、残り150m過ぎで先頭に立つ。そして引き離し、残り100mは1馬身弱の差とするが、外の3頭が伸びてきて差を詰めてくる。その中からチャーミングヤッコがやや抜けて2番手に上がるが、これに3/4馬身差でゴールした。
単勝8.7倍の3番人気からの勝利。道中8番手から4コーナーも8番手。直線伸びて、残り150m過ぎで先頭に立ち引き離すが、後方から伸びた2着馬に詰められて、3/4馬身差での勝利だった。
レースの上り3Fは12:7-12:5-12:3と、加速した。加速はしたが12秒台と遅い。前が34:0-46:3と飛ばしたため遅い上りとなった。
残り200mからの伸び脚は見事だったが、どちらかといえば前が力尽きたので鋭く伸びたように見えたのだろう。後方待機の馬に有利な展開で、更に後方にいた馬に最後は詰められている。ハイペースでも勝ち時計は1:23:8と平凡であり、今後相当良くならないと2勝目までは時間がかかりそうだ。
父アイルハヴアナザーは新種牡馬である。フォーティナイナー系Flower Alley産駒で、ケンタッキーダービー米GT・プリークネスS米GTを勝った米国の2冠馬だ。また、サンタアニタダービー米GTも勝ったので、GTは3勝している。引退後、すぐに輸入されたので、まだ7歳と若い外国産種牡馬だ。ちなみに、ビッグレッドファームが購入し輸入した。仕上がり早なのか、すでにデビューした産駒は29頭と多く、これが3勝目(3頭)である。
母は23戦2勝。芝1600m、芝1800mで勝っているが重賞には出走していない。繁殖に上がり本馬が初仔である。
期待度35

●1札2 5R 2歳新馬 芝1800 良
ソウルスターリング (牝・美浦・藤沢和雄)
父Frankel 母スタセリタ(Monsun)
1:51:4(上3F34:2)
頭を上げて煽り気味のスタートだが、すぐに流れに乗り1コーナーは馬群の中4番手でまわる。向正面に入ると5番手を進む。先頭の1000m通過が1:04:5のペース。このあたりは6番手で通過するが、残り600mから仕掛けて差を詰めて、4コーナーは1馬身半差の外目4番手でまわる。直線に入ると差を詰めて、残り200mは1馬身弱の差の3番手で通過する。この後2番手に上がり、先頭のアドマイヤマンバイと後続を引き離しての争いとなる。残り100mは半馬身差の2番手だが、徐々に差を詰めて残り20mあたりで先頭に立ち、最後はクビ差でゴールした。
単勝1.7倍の1番人気に応えた。道中5番手から4コーナーは4番手。直線伸びて残り200m過ぎから2着馬との争いとなり、残り20mあたりでかわりクビ差での勝利だった。
レースの上り3Fは11:7-11:5-11:7と、11秒台の上りとなった。芝1800mの新馬戦でスローペースとなリ、上りの速い競馬となった。
話題の良血馬のデビュー戦で、追い切りもオープン馬(チェッキーノ)に先着したので、単勝は1倍台となった。着差はクビ差だが、3着以下には5馬身離しているので、2着馬が強かったのだろう。このひと叩きで更に良くなりそうで、上のクラスでも上位争い可能だろう。良化次第では札幌2歳SGVに出ても有力馬の1頭になると思う。
父Frankel(フランケル)は、14戦14勝(GT10勝)という近年の欧州の怪物であり、現2歳が初年度産駒である。種付け数は意図的に抑えられているようで、初年度は133頭に種付けされた。英国では、7月23日に行われたプリンセスマーガレットS英GVで、フランケル産駒フェアイーヴァ(Fair Eva)が快勝。早くも産駒重賞初制覇となった。Sadler's Wells系Galileo産駒であり、日本の馬場の適性がどうなのか気になるところだが、とりあえず洋芝の札幌競馬場で結果を出した。現在まで、本馬を含めて3頭登録されているが、外国産馬ライズイーグル(牡2歳)はデビュー戦5着に負けている。もう1頭のミスエルテ(牝2歳)は、デビューに向けて調整中だ。
母はフランス産の輸入繁殖牝馬。フランス・イギリス・アメリカ・香港で走り、仏12戦8勝・英1戦0勝・米4戦2勝・香1戦0勝の通算18戦10勝。仏オークス仏GT・ヴェルメイユ賞仏GT・サンタラリ賞仏GT・ビヴァリーデイS米GT・フラワーボールS米GT・ジャンロマネ賞仏GT・ラクープ賞仏GVを勝ち、英ナッソーS英GT2着・オペラ賞仏GT2着・ユナイテドネイションズS米GT3着・ラクープ賞仏GV3着など、GTで活躍した名牝だ。母(本馬の祖母)Soigneeは、レゼルヴォワール賞仏GV2着など重賞で好走した。繁殖に上がり本馬は日本での初仔である。
期待度60
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


2016年7月30日(土)2歳戦

2016/07/30 17:38
●1札1 5R 2歳新馬 芝1500 良
ミスパンテール (牝・栗東・昆貢)
父ダイワメジャー 母エールドクラージュ(シンボリクリスエス)
1:32:9(上3F34:1)
ゲートはいち早く出たが、バランスを崩したのかダッシュがつかず、最後方から2頭目の8番手からの競馬となる。すぐに押し上げて7番手に上がるが、2F過ぎで8番手に落ち着く。残り400mで仕掛けて、4コーナーは大外6番手でまわる。直線に入ると外から追い上げて、残り200mで3番手に上がり、2馬身前の先頭を追いかける。ここから一気に差を詰めて、残り100mあたりで先頭に立つ。そして引き離すが、馬群の真ん中から伸びたユアスイスイも伸びて追いかけてくる。しかし、これも最後は引き離し、1馬身1/2差でゴールした。
単勝6.5倍の3番人気からの勝利。道中7〜8番手から4コーナーは6番手。直線外から伸びて残り100mで先頭に立ち、追いかけてくる2着馬に1馬身半差をつけての快勝だった。
レースの上り3Fは11:8-11:5-11:4と、加速した。スローペースの競馬なので、ラストが速くなった。
1:32:9-34:1と勝ち時計は平凡だが、上りタイムは上々である。開幕週初日の良馬場だが、ダートは重馬場なので、芝も稍重に近い良馬場だった。その中で、ゴール前は流して上り34:1ならば立派であり、追ってきた2着馬を引き離しながらのゴールだった。スタートダッシュがお粗末だったが、スローペースの不利な流れになっても追い上げてきた。なかなかの勝ちっぷりであり、スタートがまともなら上のクラスでも好勝負可能だろう。
母は5戦1勝。芝1600mで勝っているが重賞には出走していない。兄(本馬の伯父)が種牡馬ウインラディウスという血統で、オークス馬ウメノファイバーは従姉妹にあたる。繁殖に上がり本馬が第2仔だが、初仔コルボノワール(牝4歳・期待度55)は現役で1勝と活躍中だ。
期待度55
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

natsuryoのダービーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる