2021年4月10日(土)3歳戦

●3中5 11R ニュージーランドT(GⅡ) 芝1600 良
バスラットレオン (牡・栗東・矢作芳人)
父キズナ 母バスラットアマル(New Approach)
1:33:1(上3F34:6)
単勝3.2倍の2番人気からの勝利。好スタートから1馬身差での逃げ。4コーナーは1馬身半差の先頭で、直線は後続を引き離し、タイムトゥヘヴンに5馬身差での逃げ切り圧勝だった。
【先頭の通過】35:0-46:7
【レースの上り】11:7-11:2-11:7
5F通過が58:5のハイペースで逃げたが、残り3Fからジワジワと差を広げて、4コーナーは1馬身半差。残り200mで3馬身、残り100mで5馬身近く引き離し、ここで2番手に上がったタイムトゥヘヴンに5馬身差での圧勝だった。GⅡでここまで離しての圧勝は驚きで、NHKマイルCに王手をかけた。勝ち時計1:33:1は、昨年の勝ち馬ルフトシュトローム(牡4歳・期待度65)よりは0:1遅い。2002年にタイキリオンが1:32:1で走っているので時計的には驚く程ではないが、レース史上4番目の時計であることは立派だろう。単走になったラスト1Fも11:7と、最後までしっかりと走ることができた。芝1800mでデビュー勝ちをして、札幌2歳SGⅢ3着馬である。ダービー挑戦でいいような気がするが、マイルでここまで結果が出たのなら、次走はNHKマイルCだろう。ただ、NHKマイルCを勝って、その後も元気ならば是非ダービーに出てほしいと思った。
【戦歴】6戦2勝
新馬 札幌芝1800m1着(モリノカンナチャン 2馬身1/2)
②札幌2歳SGⅢ 札幌芝1800m3着(ソダシ 0:3)
③京都2歳SGⅢ 阪神芝2000m6着(ワンダフルタウン 0:5)
④朝日杯フューチュリティSGⅠ 中山芝1600m4着(グレナディアガーズ 0:5) 
⑤シンザン記念GⅢ 中京芝1600m3着(ピクシーナイト 0:4)
1勝クラス 阪神芝1600m1着(ビップランバン 2馬身1/2)
期待度75(up)

●1新1 10R ひめさゆり賞(1勝クラス) 芝2000 良
ヴェローチェオロ (牡・栗東・須貝尚介)
父ゴールドシップ 母プレシャスライフ(タイキシャトル)
1:59:5(上3F34:1)
単勝2.8倍の1番人気に応えた。まずまずのスタートから道中は5~6番手。4コーナー4番手から直線残り200mで先頭に立つが、アリーヴォが粘り叩き合いとなり頭差競り勝った。
【先頭の通過】48:0-60:5
【レースの上り】11:3-11:0-12:1
スタート後に抑えて最後方から2頭目の6番手につけて、3F手前で5番手に上がる。4コーナーは馬群の中4番手でまわり、直線はジワジワと伸びて、残り200mでアリーヴォをかわして先頭に立った。ところがアリーヴォが粘り、2頭での叩き合いになる。僅差の先頭のまま最後は頭差での勝利だった。僅差での勝利だが抜かれる雰囲気はなく、2~3着は3馬身半も離れたので上々の勝利だろう。このレースは元々福島競馬で行われる予定だったが、2月13日に発生した福島県沖を震源とする地震の影響により福島開催が新潟開催に変更になった。芝の状態が懸念されていたが、2分を切る速い時計が出た。残念なのは競り合ったラスト1Fが12:1と落ちたことである。ダービー出走にはトライアルか重賞に出走しなければならない。ローカルの1勝クラス特別で、少頭数の競馬。レースレベルは高くないだろう。トライアルに出たとしても、出走権獲得は厳しいレベルだと思う。
【戦歴】9戦2勝
新馬 札幌芝1800m1着(カーディナル 1馬身1/2)
②札幌2歳SGⅢ 札幌芝1800m5着(ソダシ 0:5)
③芙蓉S 中山芝2000m3着(ランドオブリバティ 0:6)
④百日草特別 東京芝2000m3着(エフフォーリア 0:4)
⑤東京スポーツ杯2歳SGⅢ 東京芝1800m5着(ダノンザキッド 0:6)
⑥梅花賞 中京芝2200m2着(ディープモンスター 1馬身1/4)
⑦ゆりかもめ賞 東京芝2400m4着(パープルレディー 0:3)
⑧1勝クラス 阪神ダ1800m10着(ゴールドハイアー 2:4)
期待度60(up)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント