2021年3月21日(日)3歳戦

●2中8 11R スプリングS(GⅡ) 芝1800 重
ヴィクティファルス (牡・栗東・池添学)
父ハーツクライ 母ヴィルジニア(Galileo)
1:52:0(上3F36:1)
単勝7.1倍の3番人気からの勝利。好スタートから道中は外8~9番手。4コーナー外9番手から直線は大外から追い込んでゴール前でアサマノイタズラをかわして頭差での差し切り勝ちだった。
【先頭の通過】50:2-62:5
【レースの上り】12:4-12:1-12:5
好スタートから抑えて道中は中団9番手を進んだ。4コーナーは前8頭よりも外に出して直線は大外から伸びた。残り200mでは3馬身以上の差があったが、ここからグングンと差を詰めて、ゴール前でキッチリとアサマノイタズラをとらえて勝利。今日は全国的な雨で、中山競馬場は重馬場。この馬場なので、4F50:2でもややハイペースだった。直線は大外からグングンと伸びたが、この馬場で差し切りを決めたのは高い能力の証だろう。ゴール前はアサマノイタズラも伸びているが、それを上回るゴール前での伸び脚だった。トライアルを制して皐月賞に駒を進めるが、前走の共同通信杯ではエフフォーリアに完敗しているので、これを逆転するのは厳しいかもしれない。ただ、道悪での適性を示したので、馬場が渋れば面白い存在になるだろう。
【戦歴】3戦2勝
新馬 阪神芝1800m1着(カサデガ 1/2馬身)
②共同通信杯GⅢ 東京芝1800m2着(エフフォーリア 2馬身1/2)
期待度80(up)

●2中京4 10R フローラルウォーク賞(1勝クラス) 芝1600 不良
ゲンパチミーティア (牡・栗東・矢作芳人)
父ロードカナロア 母ロージーローズ(シンボリクリスエス)
1:37:2(上3F37:2)
単勝7.2倍3番人気からの勝利。絶好のスタートから道中は2番手。4コーナー2番手から直線残り150mあたりで先頭に立ち、ヴィアルークスに3/4馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】35:8-47:5
【レースの上り】12:2-12:2-12:9
好スタートからしばらく先頭にいるが、1Fでトーホウディアスに先手を譲って2番手につける。4コーナーは半馬身差の2番手でまわり、直線に入ると先頭のトーホウディアスに並びかける。2頭の叩き合いが残り350mあたりから続き、残り150mあたりで前に出る。そして差をつけて行き、後方から伸びて残り50mで2番手に上がったヴィアルークスに3/4馬身差での勝利だった。中京競馬場は午前中より芝・ダートとも不良馬場。ダートには水が浮いている状態で、芝もかなり悪かった。この馬場で4F47:5は、かなりのハイペースで、その中で2番手につけて勝ったのだから能力は抜けていたのだろう。ただ、この時期のマイル戦であり、1勝クラスのレースなのでクラシックにはなかなかつながらない。前3走はダートの短距離を使っている馬で、尚さらクラシックには縁遠いだろう。おそらくNHKマイルCが目標になる馬だと思う。
【戦歴】6戦2勝
①新馬 阪神芝1200m3着(メイショウフンケイ 0:3)
②未勝利 中京芝1600m3着(ヴィアルークス 0:2)
③未勝利 中京ダ1200m3着(ジャスパーゴールド 0:6)
④未勝利 中京ダ1000m1着(クレイジーリッチ 3馬身1/2)
⑤1勝クラス 阪神ダ1200m6着(ミスズグランドオー 0:8)
【母】ロージーローズ
JRA6戦0勝・地方36戦3勝。
姉(本馬の伯母)グランプリエンゼルは函館スプリントSGⅢを勝ち、京阪杯GⅢ2着・オーシャンSGⅢ2着・NHKマイルCGⅠ3着・キーンランドCGⅢ3着。甥(本馬の従兄弟)モズライジンは名古屋大賞典名古屋GⅢ3着。
本馬が初仔。
期待度55

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント