2021年3月6日(土)3歳戦

●1阪7 11R チューリップ賞(GⅡ・牝) 芝1600 稍重
メイケイエール (牝・栗東・武英智)
父ミッキーアイル 母シロインジャー(ハービンジャー)
1:33:8(上3F34:8)
単勝1.6倍の1番人気に応えた。好スタートから5番手で掛かり、4F手前で先頭。4コーナーは1馬身半差の先頭から直線は内から外から並ばれるが最後まで粘り、内のエリザベスタワーと同着での勝利だった。
【先頭の通過】36:3-47:7
【レースの上り】11:0-11:5-12:3
最内1番枠から好スタートで5番手に抑えるが、1F手前で掛かってしまい頭を上げて武豊騎手が懸命に抑える。掛かったまましばらく4番手にいるが、3F過ぎても落ち着かず、たまらず武豊騎手は行かせることにして700m過ぎで先頭に立つ。ここで折り合い、4コーナーは1馬身半差でまわる。直線に入ると外からストゥーティ、内からエリザベスタワーに並びかけられて、残り200mは3頭並んで通過する。残り100mでストゥーティがやや下がり、内のエリザベスタワーとの叩き合いとなる。そして最後は並んでゴール。エリザベスタワーと同着での勝利だった。単勝1.6倍の圧倒的な人気だったが、前半で『終わったな』と思った。直線はすぐに沈むと思ったが、なかなか沈まず最後まで粘り切ったので驚いた。そして同着ながら勝ってしまった。単勝1.6倍以上の能力の高さを見せたと思う。最後はさすがにバテてしまい、ラスト1Fは12:3とかかってしまった。稍重で勝ち時計1:33:8ならばまずまずで、速いペースの中、掛かりながも勝ったことは素晴らしいと思う。まともに走れば桜花賞でも期待できそうだが、今日の様子を見ていると掛からずに走るかどうかは疑問であり、これがオークスとなると更に厳しいだろう。したがって期待度はあまり上げられない。
【戦歴】5戦4勝
①新馬 小倉芝1200m1着(ペガサスウイング 5馬身)
小倉2歳SGⅢ 小倉芝1200m1着(モントライゼ 1馬身1/4)
ファンタジーSGⅢ 阪神芝1400m1着(オパールムーン 3/4馬身)
④阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ 阪神芝1600m4着(ソダシ 0:2)
期待度80(up)

エリザベスタワー (牝・栗東・高野友和)
父Kingman 母Turfdonna(Doyen)
1:33:8(上3F34:3)
単勝8.0倍の3番人気からの勝利。まずまずのスタートから道中5番手。4コーナー内3番手から直線内から伸びて、残り200mで先頭に並びかけて最後は並んでゴール。メイケイエールと同着での勝利だった。
【先頭の通過】36:3-47:7
【レースの上り】11:0-11:5-12:3
内でメイケイエールがかかる中、本馬もかかり気味に進む。3Fあたりでは落ち着いて、4コーナーで内から上がって3番手でまわる。直線は最内から伸びて、残り200mは外の2頭と並んで通過する。残り100mからはメイケイエールとの叩き合いとなり並んでゴール。1着同着だった。1~4着が接戦となり、同着-クビ-ハナでの決着だった。稍重で勝ち時計1:33:8はまずまずだが、ラスト1Fが12:3と落ちてしまったのは残念である。これで重賞3勝目となるメイケイエールと同着というのは素晴らしいが、相手はかなりの掛かっていたので、まともだったら大分離されていただろう。今回のチューリップ賞は、メイケイエール以外は1勝クラスの馬であり、レースレベルとしてはあまり高くないと思われる。その中での勝利なので、GⅡ勝利並みの評価はできない。メイケイエールは別にしても、他馬とも接戦なのでなおさらである。次走は桜花賞だろうが、上位争いは厳しいレベルだろう。
【戦歴】3戦2勝
新馬 阪神芝1600m1着(ウインアキレウス 1馬身1/4)
②エルフィンS 中京芝1600m9着(サルファーコスモス 0:5)
期待度75(up)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント