2021年2月28日(日)3歳戦

●2中2 6R 3歳1勝クラス 芝1600 良
ジュリオ (牡・美浦・木村哲也)
父リオンディーズ 母ヒストリックレディ(ネオユニヴァース)
1:33:4(上3F34:4)
単勝3.0倍の2番人気からの勝利。まずまずのスタートから道中は2番手。4コーナーは僅差の2番手から直線は逃げ馬と併走し、残り200m手前で前に出て、ジャンカズマに1馬身3/4差での完勝だった。
【先頭の通過】35:5-47:0
【レースの上り】11:7-11:2-11:6
スタートは気持ちだけ後手を踏んだが、やや仕掛け気味に上がり2番手につけた。4コーナーで逃げ馬に並びかけて、直線に入ってもしばらく併走。残り200m手前から前に出て、ジワジワと差をつけた。そして、ゴール前で2番手に上がったジャンカズマに1馬身3/4差でゴール。完勝だった。今日の中山競馬場はメインレースの中山記念でタイレコードが出た高速馬場だが、勝ちタイム1:33:4は優秀だと思う。スタート後の1F以外はすべて11秒台という澱みのないペースを2番手につけて、上り3Fはメンバー中最速で走ったというのは素晴らしい。ラスト1Fも11:6と、最後までしっかりと走ることができた。休養を挟んで未勝利-1勝クラスと連勝だが、着差は大きくなっているので成長しているのだろう。これならば重賞でも上位争いが期待できるだろう。ただ、デビュー以来4戦とも芝1600mを使っているので次走はニュージーランドトロフィーGⅡあたりになりそうで、ダービー馬を探す本ブログとは関係のない馬になりそうだ。したがって期待度もあまり高くはできない。
【戦歴】4戦2勝
①新馬 中山芝1600m2着(ブルメンダール ハナ)
②未勝利 東京芝1600m4着(ミヤビハイディ 0:8)
③未勝利 東京芝1600m1着(ドラミモン 3/4馬身)
【母】ヒストリックレディ
未登録馬。
祖母(本馬の曾祖母)が名牝ベガという良血で、種牡馬アドマイヤベガ・種牡馬アドマイヤボス・種牡馬アドマイヤドンの姪である。妹(本馬の叔母)ハープスター(牝2011年産・期待度115)は桜花賞GⅠ・札幌記念GⅡ・新潟2歳SGⅢ・チューリップ賞GⅢを勝ち、阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ2着・オークスGⅠ2着。
初仔イストワールファム(牝2014年産・期待度55)は4勝。第5仔が本馬。
期待度55

●2中2 9R デイジー賞(1勝クラス・牝) 芝1800 良
ルース (牝・栗東・池添兼雄)
父ドゥラメンテ 母ヤマカツマリリン(グラスワンダー)
1:48:6(上3F34:1)
単勝4.8倍の3番人気からの勝利。好スタートから道中2~3番手。4コーナーは僅差の2番手から直線に入るとすぐに先頭に立ち1馬身以上離したが、最後に詰められてシゲルオテンバにクビ差での勝利だった。
【先頭の通過】49:8-62:1
【レースの上り】11:7-10:9-11:6
1コーナーは3番手でまわり、2コーナーで2番手に上がった。向正面は1馬身差の2番手を進み、4コーナーで差を詰めてほぼ先頭に並んでまわった。直線に向くと先頭に立ち、残り200mから引き離す。残り100mでは1馬身以上離したが、この後シゲルオテンバとエイシンチラーが伸びて来て、最後はシゲルオテンバにクビ差まで迫られてゴールした。ただし、ゴール前の脚色は同じになっていた。今日の馬場で1:48:6-34:1は平凡だと思う。スローペースになったことで1分48秒台は仕方がないが、このペースならば、ラスト1Fはもう0:2速くても良いだろう。そうなれば、1:48:4-33:9となり、ラスト1Fが11:4。着差も1馬身以上になるので、重賞でも期待できただろう。ラスト2Fからのラップが10:9と速く、ここで先頭に立ったことや、最後は抜かれず脚色も同じになったことは評価したいが、最後に詰められたのが残念である。芝1800mを勝ったので、次走は忘れな草賞かオークストライアルだろうが、オークス出走権獲得はやや厳しいレベルだと思う。
【戦歴】7戦2勝
①新馬 新潟芝1600m8着(インフィナイト 1:8)
未勝利 札幌芝1500m1着(フラリオナ 同着)
③サルラン賞 中山芝1600m3着(サトノレイナス 0:3)
④つわぶき賞 中京芝1400m5着(カイトゲニー 0:7)
⑤シンザン記念GⅢ 中京芝1600m9着(ピクシーナイト 0:9)
⑥セントポーリア賞 東京芝1800m4着(グレートマジシャン 1:2)
期待度60(up)

●1阪6 10R すみれ賞(L) 芝2200 良
ディープモンスター (牡・栗東・池江泰寿)
父ディープインパクト 母シスタリーラヴ(Bellamy Road)
2:12:4(上3F34:6)
単勝1.4倍の1番人気に応えた。スタートで大きくヨレる不利。道中7番手から4コーナーは外6番手。直線外から伸びて残り150m手前で先頭に立ち、グロリアムンディに2馬身1/2差をつけての圧勝だった。
【先頭の通過】46:7-60:3
【レースの上り】11:7-11:6-11:8
大外8番枠からのスタートだったが、ゲートを出た瞬間に外へと大きくヨレて、1F手前では馬群に戻したが後方7番手からの競馬となった。道中は7番手で脚をためて、残り4F過ぎで6番手に上がった。直線は外から伸びて、残り150m手前で先頭に立ち後続を引き離しての圧勝。力がまったく違ったという競馬だった。今回は、本馬以外はすべて1勝馬というレースで、本馬にとっては卒業した1勝クラスをもう一度走ったというレースになった。したがって、単勝1.4倍の圧倒的な人気も当然だろう。ここでオープンを勝ち賞金を加算したことで、皐月賞もダービーも、ほぼ出走できるようになったのは陣営にとっては思惑通りだろう。ただ、スタートが残念で、ヨレたと書いたものの隣の馬から逃げたようにも見えた。今回は一番外枠だったことが幸いしたが、スタートが今後の大きな課題になるだろう。道中も含めてまだまだ若さを見せながらの勝利なので、伸びしろは大きそうだ。前走時には『今のところは、皐月賞またはダービーに出られるかどうかのレベルだろう』と書いたが、今日のレースで出走は可能となり、今後の成長次第では勝ち負けする可能性まで感じる走りをした。今回は相手のレベルも高くはなかったが、次走までの成長分を含めると、クラシックへ楽しみな馬が出てきたなという印象のレースだったと思う。
【戦歴】4戦3勝
新馬 京都芝2000m1着(アルバーシャ 1馬身1/2)
②エリカ賞 阪神芝2000m2着(アドマイヤハダル 1/2馬身)
梅花賞 中京芝2200m1着(ヴェローチェオロ 1馬身1/4)
期待度75(up)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント