2021年1月11日(月)3歳戦

●1中4 5R 3歳未勝利 芝1600 良
エイシンチラー (牝・美浦・田中剛)
父リアルインパクト 母エーシンサーフィン(フレンチデピュティ)
1:35:2(上3F35:4)
単勝18.8倍の8番人気からの勝利。まずまずのスタートから押して押して先頭に立ち、道中は1馬身差での逃げ。4コーナーは半馬身差の先頭で、直線逃げ脚衰えずウインシャーロットに1馬身1/4差での逃げ切り勝ちだった。
【先頭の通過】35:5-47:6
【レースの上り】12:2-11:4-11:8
先頭と2番手の馬で決着した行った行ったの競馬となった。ただ、スローペースではなくややハイペースだったので、2頭の力が抜けていたようだ。4コーナーでウインシャーロットを引き付けて、直線でジリジリと差をつけた。直線は11:4-11:8と、最後までしっかりと走ったと思う。勝ち時計1:35:2-35:4は、下記フェアリーSGⅢならば5着に入る時計で、ペースを考えると4着程度の価値はあるだろう。デビュー戦は2番手で競馬をしたように逃げなくても大丈夫な馬である。重賞でも掲示板程度の時計で走ったので、上のクラスでも上位争いは可能だと思う。
【戦歴】2戦1勝
①新馬 中山芝1600m2着(グレートサークル 頭)
【母】エーシンサーフィン
28戦3勝(内障害8戦1勝)。芝1200m1勝・芝1800m1勝・障害芝2990m1勝。重賞はチューリップ賞(12着)に出走した。
母(本馬の祖母)エイシンサンサンは小倉3歳SGⅢを勝ち、朝日チャレンジCGⅢ2着・エリザベス女王杯GⅠ3着・府中牝馬SGⅢ3着。兄(本馬の伯父)エイシンニーザンは阪神スプリングJJGⅡを勝ち、京都ハイジャンプJGⅡ3着。 兄(本馬の伯父)エイシンテンリューは青葉賞GⅡ3着。弟(本馬の叔父)エーシンディーエスは京都ハイジャンプJGⅡ・京都ジャンプSJGⅢを勝った。妹(本馬の叔母)エーシンリターンズ(牝2007年産・期待度65)は関屋記念GⅢ2着・桜花賞GⅠ3着・ローズSGⅡ3着・チューリップ賞GⅢ3着。弟(本馬の叔父)エイシンクリック(牡7歳・現役)はステイヤーズSGⅡ3着。
初仔は地方1勝。第2仔は地方5勝。第4仔は地方1勝。第5仔が本馬。
期待度55

●1中4 11R フェアリーS(GⅢ・牝) 芝1600 良
ファインルージュ (牝・美浦・木村哲也)
父キズナ 母パシオンルージュ(ボストンハーバー)
1:34:4(上3F35:0)
単勝5.5倍の3番人気からの勝利。まずまずのスタートで13番手から上がっていく競馬。4コーナー外7番手から直線残り170mあたりで先頭に立ち、後続を引き離してホウオウイクセルに2馬身1/2差での圧勝だった。
【先頭の通過】35:8-46:8
【レースの上り】12:0-11:9-11:8
スタートしてから後方に抑えて徐々に上がっていった。4コーナーは先頭から3馬身以内の差まで迫り、直線は外から伸びた。残り170mあたりで先頭に立ち、坂を登り切った残り100mから一気に加速するように後続を突き放して、追いかけてきたホウオウイクセルに2馬身半差をつけた。ゴール前でC.ルメール騎手は手綱を抑える余裕で、着差以上の圧勝だったと思う。4F46:8、5F58:7というハイペースになったのも良かったが、騎手のGoサインにしっかりと反応するなど、完成度の高い馬だと思った。あまり速い時計は出ていない中山競馬場で勝ち時計1:34:4-35:0はまずまずだろう。12番人気のラストリージョ以外はすべて1勝クラスの馬で、本ブログの期待度は55が最高値で、戦前はレースレベルが疑問だった。しかし、アルテミスSGⅢ3着で1番人気だったテンハッピーローズを4着に沈めたので、重賞なりのレベルはあるだろう。レースの上り3Fは0:1ペースながらも加速していて、その中を追い上げて勝っている。芝1200m・芝1400mと使ってきて今回は芝1600mだったので、今後は距離延長がどうなるか疑問だが、今日のレース振りならば桜花賞でも上位争いは可能だろう。ただ、母父ボストンハーバーから、12Fのオークスは避けるかもしれない。
【戦歴】3戦2勝
①新馬 新潟芝1200m2着(フレンドパル クビ)
②未勝利 東京芝1400m1着(シュアーヴアリア 2馬身)
【母】パシオンルージュ
27戦3勝。芝1000m2勝・ダート1200m1勝。重賞未出走。
妹(本馬の叔母)プレノタート(牝2009年産・期待度60)はフィリーズレビューGⅡ3着。弟(本馬の叔父)ザラストロ(牡2010年産・期待度65)は新潟2歳SGⅢを勝った。
初仔はJRA2勝・地方2勝。第2仔エスト(牝5歳)は現役で3勝。第4仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、当歳時のセレクトセールにて3564万円で取引された。
期待度75

●1中京4 5R 3歳未勝利 芝2200 良
マイプレシャス (牡・栗東・松永幹夫)
父ヴィクトワールピサ 母サラフィナ(Refuse To Bend)
2:14:7(上3F35:5)
単勝8.4倍の5番人気からの勝利。まずまずのスタートで道中は8番手から上がっていく競馬。4コーナー2番手から直線残り200m過ぎでサイモンメガライズをかわして先頭に立ち、2馬身1/2離しての圧勝だった。
【先頭の通過】48:2-61:0
【レースの上り】12:0-11:8-12:0
1コーナーで8番手から7番手に上がり、2コーナーで5番手。5F過ぎで4番手。3コーナーは3番手と上がり、4コーナーで内から、前にいるサイモンメガライズよりも外に出した。直線はサイモンメガライズの脚を見ながら追い上げて、残り200m過ぎで前にでる。そして引き離し、2馬身半差でゴールした。勝ち時計2:14:7-35:5は比較対象が無くて評価が難しいが、残り4Fから加速して10F通過が2:02:7である。ラスト1Fは12:0でまとめたので、未勝利としては十分な時計だろう。単勝5番人気と評価は高くなかったが、前走の新馬戦は2着なので、低評価過ぎたと思う。ただ、人気上位馬は新馬・未勝利で好走歴のある馬なので、レースレベルは高かったと見ることもできる。長い距離で力を発揮しそうで、2200mや2400mなあらば上のクラスでも上位争いは可能だろう。
【戦歴】2戦1勝
①新馬 阪神芝2000m2着(タイソウ 3馬身)
【母】サラフィナ
フランス産の輸入繁殖牝馬。フランス・アメリカで走り仏10戦6勝・米1戦0勝。仏オークス仏GⅠ・サンタラリ賞仏GⅠ・サンクルー大賞仏GⅠ・フォワ賞仏GⅡ・コリーダ賞仏GⅡを勝ち、ガネー賞仏GⅠ2着・凱旋門賞仏GⅠ3着・ヴェルメイユ賞仏GⅠ3着。
姉(本馬の伯母)Sanayaはサンタラリ賞仏GⅠ2着・ペネロープ賞仏GⅢ2着・クレオパトル賞仏GⅢ2着・レゼルヴォワール賞仏GⅢ2着・フィユドレール賞仏GⅢ3着。姉(本馬の伯母)Sanjidaはペネロープ賞仏GⅢ3着・クレオパトル賞仏GⅢ3着・コンデ賞仏GⅢ3着。弟(本馬の叔父)SandagiyrはファイアーブレイクSUAEGⅢを勝った。
日本での初仔ジェニアル(牡2014年産)はJRA2勝・仏1勝。メシドール賞仏GⅢを勝った。引退後はスウェーデンにて種牡馬になった。第2仔は2勝。第3仔ゴータイミング(牡2016年産・期待度60)は3勝。ラジオNIKKEI賞GⅢ3着。第4仔Savarin(牝2017年産)は仏2勝。オマール賞仏GⅢを勝った。第5仔が本馬。
期待度55

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント