2020年7月18日(土)2歳戦

●2福5 5R 2歳新馬 芝1800 稍重
アオイゴールド (牝・美浦・和田雄二)
父ゴールドシップ 母ボンビバン(Red Ransom)
1:53:2(上3F35:9)
単勝37.8倍の10番人気からの勝利。まずまずのスタートから道中は9番手。5F手前から押し上げて3番手に上がり、4コーナーも3番手。直線残り50m過ぎで先頭争いをする2頭をまとめてかわし、アラモードバイオに3/4馬身差での差し切り勝ちだった。
【先頭の通過】51:9-65:3
【レースの上り】11:9-12:1-12:1
3コーナーで先行馬に取りついたが、4コーナーでは前2頭に置かれ気味になった。ところが直線で外から伸びて、残り40mあたりで一気に差し切り手綱を抑えての快勝だった。ゴール前の脚は見事で、先頭に立った後も手綱を抑えたままでゴール板を駆け抜けた。今日の福島は今週降った雨が乾かず芝コースは稍重。そのなかでスローペースとなり、勝ち時計は1:53:2-35:9。時計の出ない馬場ながら平凡な時計である。ただ、ラスト1Fが12:1であり、ここで差し切っていて、本馬はラスト1Fを11:8程度で走ったと思われる。1・2番人気を並ぶ間もなく抜いたことも素晴らしく、この後更に良くなれば上のクラスでも入着程度ならば可能だろう。勝つまでは少し時間がかかるかもしれない。
【母】ボンビバン
4戦0勝。
弟(本馬の叔父)アルキメデス(牡2009年産・期待度60)は朝日チャレンジCGⅢを勝ち、中山記念GⅡ2着・アーリントンCGⅢ3着。
第2仔は地方1勝。第4仔は地方4勝。第6仔ベルウッドカザン(牡4歳)は現役で2勝。第7仔が本馬。
期待度45

●2函5 1R 2歳未勝利 芝1800 良
ウイングリュック (牡・栗東・宮徹)
父ロージズインメイ 母コスモフォーチュン(マイネルラヴ)
1:49:8(上3F37:4)
単勝3.5倍の1番人気に応えた。好スタートからハナに立ち、道中は1馬身差での逃げ。4コーナーは3馬身差の先頭でまわり、直線は後続を引き離してニシノカグラに5馬身差での逃げ切り圧勝だった。
【先頭の通過】48:2-60:3
【レースの上り】12:3-12:3-12:8
ゴール前は後続を離しながらも横山武史騎手はしっかりと追った。気を抜かせたくなかったからだろうが、ラスト1Fは12:8と落ちてしまった。時計の出ていない今日の函館で48:2-60:3とハイペースで逃げたため、最後はバテてしまったようだ。それでも1分50秒を切ったのは立派であり、6Rの3歳未勝利の勝ち馬が1:49:5-36:1なので、これと比較しても十分だろう。芝1200mでデビューして、今回は距離を延ばして快勝。こうなれば次走は札幌2歳Sだろうが、今回の5馬身差はメンバーに恵まれたこともあるので、そのままの評価は危険だろう。上位争いは可能だろうが、勝ち負けまでは厳しいと思う。
【戦歴】2戦1勝
①新馬 函館芝1200m3着(ディープエコロジー 0:4)
【母】コスモフォーチュン
27戦5勝。北九州記念GⅢを勝ち、小倉2歳SGⅢ3着。
妹(本馬の叔母)コスモプラチナはマーメイドSGⅢを勝った。
初仔は4勝。第4仔はJRA1勝・地方4勝。第5仔は地方2勝。第6仔は地方10勝。第7仔が本馬。
期待度55

●2函5 11R 函館2歳S(GⅢ) 芝1200 良
リンゴアメ (牝・美浦・菊川正達)
父マツリダゴッホ 母マイネデセール(マイネルラヴ)
1:09:8(上3F35:8)
単勝47.3倍の10番人気からの勝利。好スタートから道中は5番手。4コーナーも外5番手から、直線伸びてゴール前で前2頭をまとめてかわし、ルーチェドーロにクビ差での差し切り勝ちだった。
【先頭の通過】33:5-45:1
【レースの上り】11:6-11:9-12:8
道中は圧倒的な1番人気モンファボリを見るように進み、残り200mでは先頭に4馬身近く離されたが、ここからグングンと伸びてゴール前で差し切った。4コーナーで首を左右に振るなど集中力を欠いた場面もあったが、残り200mからは前を見て鋭く伸びた。9Rの古馬1勝クラスの勝ち馬が1:09:6-34:7なので、時計的にも十分だろう。レースのラストが12:8と落ちたために差し切れたのだが、逃げ馬が1000mを57:0で通過しているので、このラストの時計も仕方がないだろう。本馬はラスト1Fを12:2前後で走ったと思われる。デビュー戦同様幼い面を見せながらの勝利で、前走時は『412kgと小さな牝馬で、デビュー戦からしっかりと仕上げてきた印象だったで気性面以外の上積みは薄いだろう』と書いている。今回は+8kgの420kgで出走し、馬体を『上積み』して出てきた。人気薄での重賞制覇で、ここがピークという可能性もあるが、気性面での修正点もあるので秋の走りにも期待したい。丹内祐次騎手が「カワイイ名前なので・・」と言っていたが、『リンゴアメ』は「お祭りのデザート」であり父と母の名からの連想らしい。スプリンターズSを2勝したメイワキミコの牝系で、メインディッシュ→マイネデセール(仏:デザート)→リンゴアメと食べ物系の名で繋いできている。
【戦歴】2戦2勝
新馬 函館芝1000m1着(クムシラコ 1馬身3/4)
期待度50(up)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント