2020年6月14日(日)2歳戦

●3東4 5R 2歳新馬 芝1800 不良
ユーバーレーベン (牝・美浦・手塚貴久)
父ゴールドシップ 母マイネテレジア(ロージズインメイ)
1:52:6(上3F35:3)
単勝10.2倍の4番人気からの勝利。出遅れて半馬身程度の不利。最後方から2頭目の11番手から上がっていく競馬で、4コーナーは4番手。直線先に先頭に立ったグアドループをゴール前でハナ差かわしての勝利だった。
【先頭の通過】51:4-64:4
【レースの上り】12:1-11:3-12:2
出遅れた上にダッシュも悪く後方からの競馬になった。向正面で内を通り押し上げて、3コーナーでは5~6番手にいた。直線残り400m~300mあたりで先頭に並びかけるものの、内ラチ沿いから伸びたグアドループが先に先頭に立ち、残り100mあたりで1馬身近く離された。この差を盛り返した根性は立派で、ハナ差の辛勝でも2~3着が4馬身離れたことから能力は高いと思う。出遅れがなければもう少し楽に勝てたと思う勝利だが、2着のグアドループもまったく同じように出遅れている。したがって、2頭の能力が抜けていたのだろう。昨日から引き続き不良馬場で、勝ち時計1:52:6-35:3は仕方がないだろう。ラスト1Fが12:2ならば十分だと思う。ただ、道悪巧者での勝利という可能性もあり、パンパンの良馬場で同じようなレースができるかが今後の焦点だろう。
【母】マイネテレジア
2007年産期待度55。3戦1勝。8月の新潟芝1600m新馬戦は11着。9月の中山芝1800m未勝利戦は4着。3戦目となった10月の東京芝2000m未勝利戦を快勝した。しかし、レースの数日後、屈腱炎が判明し引退した。
母(本馬の祖母)マイネヌーヴェルはフラワーCGⅢを勝ち、中山金杯GⅢ2着・福島牝馬SGⅢ2着。
第2仔は3勝。第3仔は地方5勝。第4仔マイネルファンロン(牡5歳・期待度50)は現役で4勝。函館記念GⅢ2着・スプリングSGⅡ3着。皐月賞(13着)にも出走した。第5仔バトーブラン(牝3歳)は現役で未勝利。第6仔が本馬。
期待度55

●3阪4 5R 2歳新馬 芝1600 稍重
フラーズダルム (牝・栗東・松永昌博)
父キズナ 母クーデグレイス(ホワイトマズル)
1:37:1(上3F35:5)
単勝9.7倍の4番人気からの勝利。まずまずのスタートから道中は2番手。4コーナーで僅かながら先頭に立ち、直線は後続を引き離して最後はホウオウアマゾンに4馬身差での圧勝だった。
【先頭の通過】36:2-48:7
【レースの上り】12:3-11:4-11:8
道中2馬身差程の2番手につけて、4コーナーで先頭。直線で後続を引き離す強い競馬をした。2着に4馬身差だが、2~3着が2馬身半も離れたのでまったくの楽勝だった。ただ、稍重とはいえ1:37:1-35:5は、これだけの勝ち方からすれば平凡で、この着差をそのまま評価することができない。このメンバーでは抜けているのは確かで、良馬場でのレースでも勝っていたと思う。しかし、2着馬が1:37:8、3着馬が1:38:2であり、他馬も少々だらしなかったと思う。古馬の重賞が2:01:1という馬場なので、芝1600mでは2秒程度遅くなっているだろうか。そう考えると、この時計でも仕方がないのかもしれないが、古馬1勝クラスが1:47:6という時計を見ると芝1600mでは1秒程度だろうか。上のクラスでは上位争い可能だろうが、重賞で活躍できるかというと次のレースを見てみないと何とも言えない。
【母】クーデグレイス
28戦4勝。ローズSGⅡ3着。
甥(本馬の従兄弟)ラブリーデイ(牡2010年産・期待度65)は種牡馬。
初仔ブラックプラチナム(牡7歳・期待度60)は現役で4勝。第3仔グレイシア(牝4歳・期待度75)は現役で2勝。第4仔ヘイルメリー(牡3歳)は現役で1勝。第5仔が本馬。
期待度55

●1函2 5R 2歳新馬 芝1200 良
リメス (牡・栗東・松永幹夫)
父カレンブラックヒル 母ケイティマイヒメ(コロナドズクエスト)
1:10:2(上3F35:3)
単勝27.0倍の6番人気からの勝利。好スタートから先頭に立ち、道中は半馬身差での逃げ。4コーナーは半馬身差の先頭から直線に入ると引き離すものの、最後にフォルセティに詰められてハナ差凌ぎ切っての辛勝だった。
【先頭の通過】34:9-46:6
【レースの上り】11:7-11:3-12:3
逃げて直線で差を広げた。残り200mでは1馬身半差としたが、残り100mから詰められて、ギリギリの勝利だった。あと、10mもあれば抜かれていただろう。4コーナーのコーナーリングが良く、ここでの差が大きかったと思う。昨日の芝1200mの新馬戦と比べると、3F通過はこちらが上だが、勝ち時計で0:6も遅い。3着馬と同タイムだが、内容ではこの3着馬に劣っていると思う。今回は上手く逃げ切ったものの、この後相当良くならないと上のクラスでは厳しいレベルだと思う。
【母】ケイティマイヒメ
17戦1勝。ダート1000m1勝。重賞未出走。
初仔は地方1勝。第2仔はJRA1勝・地方3勝。第3仔ブリッツェンシチー(牡4歳)は現役で2勝。第4仔ヴィンチェーレ(牝3歳)は現役で1勝。第5仔が本馬。
期待度25

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント