2019年12月1日(日)2歳戦

●5中2 3R 2歳未勝利 芝1800 良
レッドアダン (牡・美浦・尾関知人)
父ルーラーシップ 母レッドジゼル(アグネスタキオン)
1:48:9(上3F36:0)
単勝1.8倍の1番人気に応えた。道中2~3番手から4コーナーは2番手。直線残り100mで先頭に立ち、1馬身1/2差での勝利だった。
【先頭の通過】48:8-60:8
【レースの上り】12:3-11:7-12:1
まずまずのスタートから1コーナーは2番手でまわる。2コーナーは3番手でまわるが、向正面に入ると2番手になる。以後、逃げ馬から半馬身差の2番手を進み、4コーナーは1馬身差の2番手でまわる。直線に入ると先頭に迫り、残り200mは僅差の2番手で通過する。残り150mで先頭に並び、残り100mでボマラインをかわして前に出る。この後は徐々に引き離し、最後は1馬身1/2差でゴールした。
ややハイペースになったが2番手につけて、直線で逃げ馬に競り勝っての勝利だった。差を開きながらの勝利で時計も1分48秒台ならばまずまずだが、下記の新馬戦で2分01秒台が出ている馬場なのでそれを考えると未勝利戦では物足りない。おそらくレースレベルはあまり高くはなく、その中での勝利なので1勝クラスでは苦しいだろう。2勝目までは時間がかかると思う。
【戦歴】2戦1勝
①新馬 中山芝2000m3着(エバービクトリアス 0:1)
【母】レッドジゼル
24戦3勝。芝1600m1勝・芝1800m1勝・芝2000m1勝。重賞未出走。
母(本馬の祖母)スタイルリスティック(Stylelistick)はリグレットS米GⅢ3着。弟(本馬の叔父)レッドアンシェル(牡5歳・期待度60・現役)はCBC賞GⅢを勝ち、アーリントンCGⅢ2着・京都金杯GⅢ3着。
本馬が初仔。
期待度45

●5中2 5R 2歳新馬 芝2000 良
クロスザルビコン (牡・美浦・大和田成)
父フェノーメノ 母タスクミストレス(キングカメハメハ)
2:01:6(上3F35:4)
単勝29.4倍の8番人気からの勝利。道中は8~10番手だが3コーナーから上がり4コーナーは4番手。直線残り150m過ぎで先頭に立ち、1馬身1/2差での快勝だった。
【先頭の通過】50:0-61:9
【レースの上り】12:1-11:7-12:2
まずまずのスタートから抑えて後方へ。1コーナーは10番手でまわるが、向正面に入ると9番手。残り800mで8番手に上がる。3コーナーから更に押し上げて、4コーナーは先頭から2馬身差の外4番手でまわる。直線に入ると外から追い上げて、残り150m過ぎでエクスプレッサーをかわして先頭に立つ。そして、残り100m過ぎてから引き離し、1馬身1/2差でゴールした。
スタート後は気合を入れて前に行きたい素振りを見せたが、ペースが速かったためか諦めて後方に抑えた。後方から徐々に上がって行く競馬で、新馬としてなかなか無い勝ち方だった。平均よりもやや速いペースで、勝ち時計は2:01:6-35:4。時計の出る馬場だが、デビュー戦から2分1秒台は立派だと思う。ただ、ラスト1Fが12:2とかかってしまったのは残念だ。444㎏と牡馬としては小柄だが、このひと叩きで更に良くなるだろうから1勝クラスでも上位争いは可能だと思う。
父フェノーメノは新種牡馬である。これで産駒6勝目(6頭)で、本ブログは初登場だ。社台スタリオンステーションにて種牡馬入りをしたが、産駒デビュー前の今シーズンにレックススタッドへ移動した。初年度は146頭に種付けをしたが、2年目3年目と激減している。したがって初年度産駒の成績が重要だが、今のところ目立つ馬はいないので本馬に期待である。
【母】タスクミストレス
5戦0勝。
兄(本馬の伯父)クラフトマンシップは函館記念GⅢを勝ち、中山金杯GⅢ2着・函館記念GⅢ2着・新潟大賞典GⅢ3着。兄(本馬の伯父)クラフトワークはアメリカジョッキーCCGⅡ・函館記念GⅢ・中山金杯GⅢを勝ち、東京新聞杯GⅢ2着・青葉賞GⅡ3着。
初仔は地方6勝。第2仔は地方10勝。第3仔は地方1勝。第5仔は地方1勝。第6仔が本馬。
期待度60

●5阪2 5R 2歳新馬 芝2000 良
バルンストック (牡・栗東・高橋義忠)
父ブラックタイド 母ストック(キングカメハメハ)
2:01:7(上3F35:2)
単勝7.6倍の4番人気からの勝利。道中は半~1馬身差で逃げて4コーナーは2馬身弱の差の先頭。直線もこの差を保つが、最後に詰められて3/4馬身差での逃げ切り勝ちだった。
【先頭の通過】48:4-61:3
【レースの上り】12:3-11:1-11:8
好スタートからハナに立つ。2番手が絡んできたので、前半は飛ばして2~3番手が7~8馬身離れる。5F手前から差が縮まって、残り3Fでは前2頭と馬群との差は1~2馬身となる。4コーナーでスパートし、2馬身弱の差の先頭でまわる。直線に入るとこの差を保ち、残り200mは2馬身差で通過する。内から伸びたメイショウサンガがこの後2番手に上がり差を詰めて来るが、最後は3/4馬身差でゴールした。
前半で2頭が飛ばした割には48:4-61:3とそれ程速くは無かった。直線は11:1-11:8で走り逃げ切ったが、最後までバテずにしっかりと走る事が出来たと思う。下記1勝クラスでレコードが出たように時計の出る馬場だが、デビュー戦から2:01:7-35:2ならば上々だろう。ただ、上のクラスで好勝負するにはもうワンパンチ足りない気がする。1勝クラスでは好走してもなかなか勝ちきれないレベルだろう。
【母】ストック
地方6戦0勝。
弟(本馬の叔父)セイウンコウセイ(牡6歳・現役)は高松宮記念GⅠ・函館スプリントSGⅢを勝ち、高松宮記念GⅠ2着・シルクロードSGⅢ2着2回・CBC賞GⅢ3着。
初仔は3勝。第2仔は地方4勝。第3仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、1歳時の北海道セレクションセールにて1134万円で取引された。
期待度55

●5阪2 9R 万両賞(1勝クラス) 芝1400 良
カリオストロ (牝・栗東・加用正)
父エイシンフラッシュ 母アルピナブルー(フジキセキ)
1:20:4(上3F34:9)レコード
単勝3.5倍の2番人気からの勝利。道中は1馬身半差で逃げて4コーナーも1馬身半差の先頭。直線は後続を引き離して5馬身差での逃げ切り圧勝だった。
【先頭の通過】34:1-45:5
【レースの上り】11:4-11:5-12:0
絶好のスタートから、しばらく先行争いをして1F過ぎで単独の先頭に立つ。道中は1馬身半差で逃げて、4コーナーも1馬身半差の先頭でまわる。直線に入ると後続を引き離し、残り200mは2馬身半差とする。更に離して、残り100mは3馬身半差として、最後はカイルアコナに5馬身差をつけてゴールした。
3コーナーから4コーナーにかけてやや差が詰まるものの、絶好の手応えのまま4コーナーで差を開いた。1000m通過が56:9、1200m通過が1:08:4なので、ラスト1Fが12:0と落ちたものの、5馬身差の圧勝。勝ち時計1:20:4はレコードで、昨日の未勝利戦でメイショウチタンがマークしたレコードを0:1更新した。素晴らしい時計での逃げ切り勝ちでオープン入り。次走は重賞だろうが、今日の走りが出来るのなら上位争い可能だろう。ただ、短距離中心に使っているので、オークスへの期待度となると高くはできない。
『カリオストロ』と聞くと『ルパン三世カリオストロの城』を連想してしまうのは私だけではないだろう。ただ、この映画からの命名ではなく、18世紀に実在した欧州の詐欺師の名から来ているのかもしれない。私は単純なので『牝馬だったら、なぜクラリスにしない?』と思ってしまったが、調べてみると彼女の名はクラリス・ド・カリオストロである。
【戦歴】5戦2勝
①新馬 小倉芝1200m2着(メメントモリ 1/2馬身)
②未勝利 小倉芝1200m2着(エグレムニ 1/2馬身)
③未勝利 阪神芝1400m1着(クリノアマリリス 3馬身1/2)
④りんどう賞 京都芝1400m7着(ヤマカツマーメイド 0:7)
【母】アルピナブルー
7戦0勝。
祖母(本馬の曾祖母)が名牝ヒシアマゾンという血統。
初仔は地方1勝。第2仔が本馬。
期待度60

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント