アグネスタキオン死亡

アグネスタキオンが昨日(6月22日)、急性心不全のため亡くなった。
特別ファンという訳ではないが、思い入れが強い馬だったのでショックである。

ラジオたんぱ杯3歳Sはアグネスタキオンから2点で的中。弥生賞は中山競馬場で見た。初年度産駒に一口出資した。本ブログの1年目のダービー馬はアグネスタキオン産駒だった。

昨年のダービーの前に、アグネスタキオンの血統についての記事を書いているので(ダービー予想記事の下のほう)、是非ご覧いただきたい。

来年産駒がデビューするディープインパクトと、サンデーサイレンスの後継種牡馬争いが楽しみだった。その争いも3世代のみとは、何とも残念である。
今年の2歳馬を含めて、現在お腹にいる産駒まであと4世代だけとなってしまった。この中から何頭の後継種牡馬を出せるのか。
アグネスレディーの血が是非サイアーラインに残ってほしいと思っているので、できるだけ多くの牡馬の活躍馬を出してほしい。

昨年のリーディングサイヤーも今年は苦戦中だ。特に現3歳馬の不振がひびいているように思う。6月21日終了現在の種牡馬成績と昨年の同時期の成績を調べてみた。

【今年】総賞金:10億1284万円 総合リーディング4位(43勝)
【昨年】総賞金:16億9729万円 総合リーディング1位(68勝)

昨年と比較すると、明らかに不振である。それでも1位のマンハッタンカフェが12億5693万円であり、約2億5000万円差ということで、まだチャンスは十分にある。
できればあと4年はリーディングを続けてほしい。

いずれにしても、アグネスタキオンを失った事は、日本の競馬界にとって大きな損失である。その損失を最小限にするためにも、残された産駒からアグネスタキオン以上の名馬の出現を願っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック