natsuryoのダービーへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年6月3日(日)2歳戦

<<   作成日時 : 2018/06/03 20:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

●3東2 5R 2歳新馬 芝1600 良
グランアレグリア (牝・美浦・藤沢和雄)
父ディープインパクト 母タピッツフライ(Tapit)
1:33:6(上3F33:5)
単勝1.8倍の1番人気に応えた。2F過ぎに6番手から3番手に上がり4コーナーで先頭に立つ。直線は追いかけてくる2着馬を寄せ付けず、2馬身差での圧勝だった。
【先頭の通過】36:0-47:9
【レースの上り】11:3-11:1-11:2
好スタートから外6番手につけるが、2F過ぎで位置を上げて外3番手につける。4コーナーは馬なりのままスピードの違いで先頭に立つ。直線に入ると後続を引き離しにかかるが、ダノンファンタジーが追いかけてくる。これをノーステッキで寄せ付けず、最後は流して2馬身差でゴールした。
デビュー戦から強い競馬だった。2着のダノンファンタジーが1:33:9。3着のフィッシュダイブが1:34:5。ここから9馬身離れた4着馬が1:36:0。昨日の新馬戦の勝ち馬は、このレースでは4着相当だろう。勝ち時計1:33:6は、昨年ダノンプレミアムがマークしたレコードに0:6差。余裕のある走りでラストは11:2。まだまだ時計は詰められそうで、早くも大物登場と言ったところだろう。次走が重賞でも勝ち負けになると思う。
【母】タピッツフライ
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り24戦7勝。ジャストアゲイムS米GT・ファーストレイディS米GT・ハニーフォックスS米GUを勝ち、チャーチルディスタフターフマイルS米GU2着・ボールストンスパS米GU2着・ジェニーワイリーS米GT3着・ミントジュレップH米GV3着・マーシュアズリヴァーS米GV3着。
本馬が初仔。
期待度75

●3東2 6R 2歳新馬 芝1400 良
アカネサス (牝・美浦・浅見秀一)
父ロードカナロア 母クィーンズバーン(スペシャルウィーク)
1:23:7(上3F34:1)
単勝1.3倍の1番人気に応えた。道中4〜5番手から4コーナーは内5番手。直線なかなか馬群を抜けられず、残り200m過ぎから伸びて、ゴール前で差し切り頭差での勝利だった。
【先頭の通過】36:9-49:2
【レースの上り】11:5-11:1-11:9
絶好のスタートから抑えて4番手につけて、3コーナーで内5番手となる。4コーナーも内5番手でまわり、直線に入ると抜け出す位置を探すように馬群の中で外へと進路を変える。ウロウロしている間に8番手となるが、残り200mで前が開きここを突いて伸びる。残り100mで3番手に上がり、ゴール前でサワサワをとらえて頭差での差し切り勝ちだった。
新馬戦なので前もフラフラして、直線はなかなか抜けることができなかった。ただ、馬群を抜け出る脚は見事で、『よく勝てたなぁ』というような競馬だった。デビュー戦から馬群を抜ける根性は立派だったと思う。ただ、時計は平凡なので、2勝目までは時間がかかるレベルだろう。
【母】クィーンズバーン
JRA22戦4勝・地方1戦0勝。阪神牝馬SGUを勝ち、阪神牝馬SGU3着。
兄(本馬の伯父)ダノンカモン(牡2006年産・期待度65)は名古屋大賞典名古屋GVを勝ち、マイルCS南部杯東京GT2着の他、GU2着1回、GV2着5回・3着4回。兄(本馬の伯父)ワイルドソルジャーは名古屋グランプリ名古屋GUを勝った。妹(本馬の叔母)ルベーゼドランジェはオーバルS浦和GV2着。姪(本馬の従姉妹)ウキヨノカゼ(牝2010年産・期待度80)はクイーンCGV・キーンランドCGV・福島牝馬SGVを勝ち、フェアリーSGV2着・スプリンターズSGT3着。
初仔クルークヴァール(牡3歳)は現役で1勝。第2仔が本馬。
期待度40

●3阪2 5R 2歳新馬 芝1400 良
シングルアップ (牡・栗東・寺島良)
父キンシャサノキセキ 母ラフアップ(クロフネ)
1:21:8(上3F35:1)
単勝6.4倍の4番人気からの勝利。道中5番手から4コーナーは2番手。直線に入ると残り300m手前で先頭に立ち、後続を離して最後は1馬身3/4差での勝利だった。
【先頭の通過】34:7-46:5
【レースの上り】11:7-11:5-12:1
道中は5番手を進むが掛かり気味で進み、残り700mあたりから進出する。差の無い2番手で4コーナーをまわり、直線に入ると先頭に立つ。そして引き離すが、追いかけてくるハッピーアワーに1馬身3/4差でゴールした。
後続がバラバラとなり1馬身3/4−2馬身1/2−2馬身−3馬身1/2−7馬身という着差で、本馬の能力がメンバー中では抜けていたことがわかる。勝ち時計も1分21秒台で合格点だ。上のクラスでも好勝負可能だろう。
【母】ラフアップ
JRA16戦1勝・地方2戦0勝。ダート1600m1勝。重賞未出走。
弟(本馬の叔父)バアゼルリバー(牡2006年産・期待度60)は阪神スプリングJJGUを勝ち、中山グランドジャンプJGT2着・中山大障害JGT2着・東京ハイジャンプJGU2着・京都ジャンプSJGV2着・阪神スプリングJJGU3着。姉(本馬の伯母)ラッシュライフは 函館2歳SGV2着・ファンタジーSGV2着。甥(本馬の従兄弟)アデイインザライフ(牡7歳・現役・期待度70・年末推奨馬)は新潟記念GVを勝ち、弥生賞GU3着・京成杯GV3着。
初仔は地方1勝。第5仔ランスマン(騸3歳)は現役で1勝。第6仔が本馬。
期待度40

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018年6月3日(日)2歳戦 natsuryoのダービーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる