natsuryoのダービーへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年2月11日(日)3歳戦

<<   作成日時 : 2018/02/11 17:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

●1東5 11R 共同通信杯(GV) 芝1800 良
オウケンムーン (牡・美浦・国枝栄)
父オウケンブルースリ 母ムーンフェイズ(エリシオ)
1:47:4(上3F33:5)
単勝13.6倍の6番人気からの勝利。道中4〜5番手から4コーナーは内5番手。直線内から2頭目の位置を伸びて残り200mで先頭に立ち、追いかけてきた2着馬を3/4馬身差抑えての勝利だった。
【先頭の通過】48:0-60:2
【レースの上り】11:7-11:5-11:6
好スタートから4番手に抑えて、3Fあたりで5番手に下がる。縦長の展開となり、先頭からは離れた5番手を進み、4コーナーも先頭からは7〜8馬身離れた5番手でまわる。直線に入ると外にいた馬を弾くように1〜2頭分外に出し、内から2頭目の位置を伸びる。残り200mで先頭に立つと今度は引き離しに掛かるが、後方から伸びてきたサトノソルタスが差を詰めてくる。これを3/4馬身差抑えてゴールした。4コーナーでは大分差があったが、残り400mから200mにかけて一気に差を詰めた。この残り2Fから1Fを、本馬は10秒台で走っただろう。ラスト1Fは11:6と落ちたので2着馬に迫られたが、ゴール前の脚色は後続とあまり変わらないので問題はないだろう。勝ち時計1:47:4は物足りない気もするが、昨年のスワーヴリチャードが1:47:5、一昨年のディーマジェスティは1:47:4(稍重)なので、過去2年とも遜色が無い。ちなみにスワーヴリチャードはダービー2着、ディーマジェスティは皐月賞を勝ちダービーは3着だった。今回は6番人気からの勝利だが、未勝利戦をレコード勝ちして、休み明けの前走は道中掛かり気味で難しいレースをしながら勝った。力は元々ある馬で、今回はこの能力を証明してみせた。次は皐月賞に直行するだろうが、すでに中山芝2000mも経験済みであり、面白い存在になりそうだ。ただ、本領を発揮しそうなのは、東京競馬場でのダービーだろう。
父オウケンブルースリは、現3歳馬が2世代目の種牡馬である。産駒は少なく、現4歳の勝ち馬は1頭。現3歳は本馬を含めて2頭。これが産駒5勝目なのだが、重賞初制覇である。この勝利によって種付け頭数も激増しそうである。
このレースで1番人気に推されたグレイルは、直線伸びず7着に負けた。年末のまとめで、ダノンプレミアム・ワグネリアン・グレイル・タイムフライヤーの名を挙げて『今年の2歳牡馬は充実している』と書いたが、この4頭のうち1頭が崩れた。それならば、グレイルに負けたタイムフライヤーはどうなのか。この一戦で、今年の牡馬戦線がにわかに混沌としてきた。
【戦歴】4戦3勝
@新馬 新潟芝1800m4着(サクステッド 0:7)
A未勝利 新潟芝2000m1着(アイリスロード 6馬身)
B500万下 中山芝2000m1着(ヴェロニカグレース 1馬身1/2)
期待度80(up)

●2京6 6R 3歳新馬 芝1800 重
ビービーデフィ (牡・栗東・角居勝彦)
父オルフェーヴル 母レッドボナンザ(キングカメハメハ)
1:53:0(上3F36:1)
単勝12.9倍の6番人気からの勝利。道中4〜5番手から4コーナーは2番手。直線残り300mで先頭に立ち、追い上げてくる2着馬を1馬身差抑えての勝利だった。
【先頭の通過】49:9-63:7
【レースの上り】12:2-11:8-12:2
好スタートから4番手につけるが、掛かり気味に進み、3F過ぎで5番手に下がる。残り600m手前から前との差を詰めていき、4コーナーは半馬身差の2番手でまわる。直線に入ると先頭に迫り、残り300mで先頭に立つ。外からアンドレアスが追い上げてくるが負けじと伸びて、最後は1馬身差でゴールした。スタート直後は良い走りに見えたが、2Fあたりから残り3F手前まで掛かり気味だった。それでもゴールまでしっかりと走ることができた。ただ、ラスト1Fが12:2と落ちてしまい、後方から伸びてきた4・5着馬の脚色が目立っていた。それでも上り36:1はメンバー中3番目の時計なので、能力は抜けていたのだろう。今開催の京都競馬場は元々時計の出ない馬場で、今日は重馬場だったため1:53:0-36:1は仕方がないだろう。このひと叩きで良くなるだろうから、掛からなければという条件で500万でも上位争いは可能だと思う。
父オルフェーヴルは現3歳世代が初年度産駒である。この初年度産駒は、これが12頭目の勝ち馬だ。2歳時は7頭しか勝ち馬を出せず、今年に入り新たに5頭が勝ち上がった。ここまでは能力を出し切っていないと感じる産駒が多く、気持ちの問題が大きいのだと思っている。まだまだ勝てそうな産駒も多くいるので、勝ち馬頭数は今後もっと伸びるだろう。
【母】レッドボナンザ
1戦0勝。
種牡馬タイキシャトルの姪。
初仔は地方3勝。第4仔が本馬。
期待度55

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018年2月11日(日)3歳戦 natsuryoのダービーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる