natsuryoのダービーへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年9月24日(日)2歳戦

<<   作成日時 : 2017/09/24 21:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

●4中7 5R 2歳新馬 芝2000 良
ダイワメモリー (牝・美浦・国枝栄)
父ノヴェリスト 母ダイワスカーレット(アグネスタキオン)
2:06:1(上3F34:2)
単勝4.9倍の2番人気からの勝利。道中5番手から4コーナーも内目5番手。直線内ラチ沿いから抜けて、残り50m過ぎで逃げ馬の外からかわして先頭。3/4馬身差の勝利だった。
【先頭の通過】52:9-66:5
【レースの上り】11:6-11:5-11:5
最外12番枠から出遅れるが、1コーナーまでに盛り返した。1コーナーで先頭マイネルプリンチペが躓き、驚いた3番手の馬が外に逃げて、そのあおりを受けて頭を上げた場面があった。その後、14秒台のゆったりとした流れとなり、向正面では、後方から前に上がってくる馬も何頭かいるような流れとなった。5F過ぎからややペースが上がり、残り3Fからヨーイドンとなった。直線は内ラチ沿いから抜けて、逃げ馬の外から抜き去り3/4馬身差での快勝。新馬戦なので仕方がないが、超スローペースの変な競馬だったという印象である。2:06:1の勝ち時計はスローだったので仕方がないが、躓いたりして不利のあった逃げ馬が最後まで粘り2着だったりと、低レベルの新馬戦だったようにも思う。良血馬の新馬勝ちなので今後は大いに期待だが、このひと叩きで良くならなければ、500万では苦戦レベルだろう。
【母】ダイワスカーレット
12戦8勝。桜花賞GT・秋華賞GT・エリザベス女王杯GT・有馬記念GT・ローズSGU・産経大阪杯GUを勝ち、有馬記念GT2着・天皇賞秋GT2着・シンザン記念GV2着・チューリップ賞GV2着。アグネスタキオンの代表産駒であり、牡馬なら後継種牡馬として活躍していただろう。そう思うと、牝馬だったのが悔やまれるほどの名馬だ。
母(本馬の祖母)はスカーレットブーケで、兄(本馬の伯父)ダイワメジャーは種牡馬。姉(本馬の伯母)ダイワルージュ、その産駒(本馬の従兄妹)ダイワファルコンなど一族には活躍馬が多数いる。
第2仔ダイワレジェンド(牝2011年産・期待度60)は4勝。第3仔ダイワミランダ(牝5歳・期待度55)は現役で2勝。第4仔は地方1勝。第5仔ダイワエトワール(牝3歳)は現役で1勝。第6仔が本馬。初仔から第6仔の本馬まで、すべて牝馬である。
期待度50

●4中7 9R 芙蓉S(オープン) 芝2000 良
サンリヴァル (牡・栗東・藤岡健一)
父ルーラーシップ 母アンフィルージュ(アグネスタキオン)
2:03:6(上3F34:1)
単勝4.6倍の3番人気からの勝利。道中2番手から4コーナーも2番手。直線残り250mあたりで先頭に立ち、粘る2着馬を振り切って1馬身1/4差での快勝だった。
【先頭の通過】50:4-63:9
【レースの上り】11:7-11:1-11:5
道中は逃げ馬から1馬身半〜2馬身差で進み、3コーナーから差を詰めた。直線残り250mで逃げ馬をかわすが、外からファストアプローチも伸びていて、並んで先頭に立つ。残り200mから振り切って差を広げ、ゴール前30〜40mで田辺裕信騎手は手綱を緩めて流した。それでも差は変わらず、1馬身1/4差での勝利だった。札幌2歳SGV2着馬に完勝で、着差はこちらの方が上である。時計の出ない馬場であり、スローペースだったので2:03:6は平凡だが、直線は11:1-11:5ならば立派である。次走は重賞でも上位争い可能だろう。前走時『上のクラスで勝ち負けするにはもうワンパンチ必要で、2勝目までは時間がかかるかもしれない』と書いたが、いきなり2勝目をあげた。
【戦歴】2戦2勝
@新馬 新潟芝1800m1着(キングスヴァリュー 頭)
期待度65(up)

●4阪7 5R 2歳新馬 芝2000 良
ドンアルゴス (牡・栗東・庄野靖志)
父ドリームジャーニー 母ドナフュージョン(シンボリクリスエス)
2:02:8(上3F34:0)
単勝24.0倍の6番人気からの勝利。道中2〜3番手から4コーナーは2番手。直線に入ると3頭の争いになり、内から僅かに先頭。その後2頭の争いとなり、1/2馬身差競り勝った。
【先頭の通過】50:5-63:4
【レースの上り】11:8-11:2-11:3
道中3番手から5F手前で2番手に上がった。4コーナーでスパートしたが、外から上がった馬が先頭に立った。直線に入ると盛り返し、3頭の内から先頭に立つ。その後、3頭の争いとなるが、残り200mからは2頭に絞られる。そして、アルムフォルツァを半馬身差抑えて勝った。ドリームジャーニー産駒で6番人気からの勝利なのでフロックのようでもあるが、直線は11:2-11:3で走り、しっかりと競り勝った。なかなかのレースをしたので、このひと叩きで更に良くなれば、500万でも通用するだろう。
【母】ドナフュージョン
JRA28戦1勝・地方1戦0勝。芝2000mで勝っている。重賞は未出走。
第2仔は1勝。第3仔が本馬。
期待度55

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年9月24日(日)2歳戦 natsuryoのダービーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる