natsuryoのダービーへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年9月3日(日)2歳戦

<<   作成日時 : 2017/09/03 21:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

●2新12 1R 2歳未勝利 芝1600 良
カーボナード (牡・美浦・栗田徹)
父ディープインパクト 母ディアマンティナ(Seeking the Gold)
1:35:3(上3F34:0)
単勝1.4倍の1番人気に応えた。道中2番手から4コーナーも2番手。直線残り300mで先頭に立ち、後続を離して2馬身1/2差での快勝だった。
【先頭の通過】36:1-48:8
【レースの上り】11:6-10:7-11:7
好スタートで頭一つ出たが、行きたい馬が出てくるのを待って2番手につけた。直線に入ると、残り500mあたりで逃げ馬をかわすが、外から来た馬に僅かながら抜かれて、これを残り300mで抜き返して先頭に立った。ここから引き離し、2馬身半差の圧勝。能力差は着差以上ありそうな勝利で、デビュー戦は上り32:3で走りハナ差の2着だった実績は伊達ではなかった。この後、更に良くなれば上のクラスでも上位争い可能だろう。
【戦歴】2戦1勝
@新馬 新潟芝1600m2着(ウラヌスチャーム ハナ)
【母】ディアマンティナ
アメリカ産の輸入繁殖牝馬。アメリカで走り2戦1勝。
伯父が種牡馬Green Desertで、叔父が種牡馬Blue Ocean。姉(本馬の伯母)Mythical GirlはプリンセスマーガレットS英GVを勝った。甥(本馬の従兄弟)チョイワルグランパはシリウスSGV3着。その弟(本馬の従兄弟)ダークシャドウは毎日王冠GU・エプソムCGVを勝ち、天皇賞秋GT2着の他、GU2着3回・GV2着1回3着1回。
初仔は3勝。第2仔も3勝。第3仔は1勝。第4仔アンブリカル(牝2012年産・期待度50)は3勝。第5仔は地方1勝。第6仔フィネス(牝3歳)は現役で1勝。第7仔が本馬。
期待度55

●2新12 5R 2歳新馬 芝1800 良
サンリヴァル (牡・栗東・藤岡健一)
父ルーラーシップ 母アンフィルージュ(アグネスタキオン)
1:50:1(上3F33:4)
単勝3.4倍の1番人気に応えた。道中3番手から4コーナーも3番手。直線外目を伸びて残り250mあたりで先頭に立つが、外の2頭も粘り、最後は頭差での勝利だった。
【先頭の通過】50:2-63:5
【レースの上り】11:8-10:6-11:4
好スタートからスッと3番手につけた。直線はやや外目を伸びて、残り250mあたりで先頭に立つが、残り150mあたりで外に斜行してプロトスターの進路を妨害した。その後、外から伸びた2頭との叩き合いとなり、キングスヴァリューに頭差でゴール。進路を妨害したプロトスターは一杯になっていたので、これがなくても順位に変わりはなかっただろう。また、後方から33秒そこそこの脚で伸びてきた2頭を抑え切ったのは価値があると思う。ラスト1Fも11:4と、最後までしっかりと走っている。ただ、上のクラスで勝ち負けするにはもうワンパンチ必要で、2勝目までは時間がかかるかもしれない。
【母】アンフィルージュ
14戦3勝。芝1200m3勝。重賞未出走。
母(本馬の祖母)ウメノファイバーはオークスGT・京王杯3歳SGU・クイーンCGVを勝った。甥(本馬の従兄弟)ヴェルデグリーン(牡2008年産・期待度50)はオールカマーGU・アメリカジョッキーCGUを勝った。
本馬は第2仔。
期待度50

●2小12 5R 2歳新馬 芝1800 良
メイショウテッコン (牡・栗東・高橋義忠)
父マンハッタンカフェ 母エーシンベロシティ(Lemon Drop Kid)
1:51:1(上3F34:6)
単勝7.3倍の3番人気からの勝利。道中7番手から4コーナーは4番手。直線残り150mで先頭に立ち、粘る2着馬にクビ差での勝利だった。
【先頭の通過】51:7-64:1
【レースの上り】11:9-11:7-11:4
スタートは気持ち後手を踏んだがすぐに流れに乗り、7頭の先行グループの最後方を進んだ。3コーナーから差を詰めて、4コーナーは外4番手。直線も外を伸びて、残り150mで先頭に立った。内にいた1番人気レッドヴァールが食い下がるが、手応えや伸びは勝り、クビ差でゴール。着差はクビ差だが、もう少し距離があればまだ差が広がるような脚色で、2〜3着は3馬身半離れた。1番人気のディープインパクト産駒と2番人気のオルフェーヴル産駒の争いかと思って見ていたが、3番人気マンハッタンカフェ産駒の勝利だった。スローペースの競馬で、1・2番人気馬は前に行ったので有利だったハズだが、それを差したのだから価値があるだろう。また、上り3Fも11:9-11:7-11:4と加速している。このひと叩きで良くなれば、上のクラスでも上位争い可能だろう。
【母】エーシンベロシティ
アメリカ産の外国産馬として日本で走り、JRA5戦0勝・地方53戦13勝。
初仔は1勝。第2仔が本馬。
【市場取引】
本馬は、1歳時の北海道セレクションセールにて1728万円で取引された。
期待度55

●2小12 11R 小倉2歳S(GV) 芝1200 良
アサクサゲンキ (牡・栗東・音無秀孝)
父Stormy Atlantic 母Amelia(Dixieland Band)
1:09:1(上3F35:7)
単勝7.4倍の3番人気からの勝利。道中3番手から4コーナーで先頭。直線は馬場の真ん中から伸びて、1馬身1/4差での勝利だった。
【先頭の通過】33:3-44:9
【レースの上り】11:6-12:0-12:2
出走18頭中17番枠から好スタートで、無理なく3番手につけた。4コーナーは外目から先頭に立ち、直線で離した。なかなか力強い勝ち方で重賞を制覇したのだが、勝ち時計1:09:1は平凡である。本日1Rの2歳未勝利戦の勝ち馬が1:09:0-34:9であり、これよりも遅い。33:3-44:9-56:9というハイペースだったのでラストが甘くなったのだろうが、1分9秒台での決着は2008年のデグラーティア(牝2006年産・期待度60)以来である。時計のかかる馬場だったこともあるが、レベルも低いかもしれない。
本馬はアメリカ産の外国産馬である。父Stormy AtlanticはStorm Cat産駒で、1994年産馬なので、すでに高齢種牡馬だ。日本では現在まで12頭の産駒が登録されているが、目だった活躍馬はいない。
【戦歴】4戦2勝
@新馬 中京ダ1400m4着(マイネルオスカル 0:7)
A未勝利 小倉芝1200m2着(ジュンドリーム 3/4)
B未勝利 小倉芝1200m1着(ディアボレット 4)
【母】Amelia
アメリカ産の繁殖牝馬。アメリカで走り17戦4勝。
叔父が種牡馬トワイニング(Twining)。母(本馬の祖母)AquilegiaはニューヨークH米GU・ブラックヘレンH米GVを勝ち、米GU3着1回・米GV2着1回3着1回。兄(本馬の伯父)BertoliniはジュライS英GVを勝ち、英GT2着3回3着1回・仏GT3着1回・GU2着1回3着1回・GV3着2回。
アメリカでの第2仔Kindergarden Kid(騸2007年産)は米5勝。シカモアS米GVを勝ち、ジョーハーシュターフクラシック米GT3着・ケンタッキーCターフS米GV3着・フォートローダデイルS米GV3着。第3仔Assateague(牝2009年産)は米5勝。ドクタージェイムズペニーメモリアルH米GVを勝った。第4仔He's Had Enough(牡2010年産)は米1勝。BCジュヴェナイル米GT2着・ロバートBルイスS米GU3着。第5仔Rainha Da Bateria(牝2012年産)は米2勝・加2勝。ダンススマートリーS加GU・カナディアンS加GU・ジェサミンS米GVを勝ち、チャーチルディスタフマイルS米GU2着・ミセズリヴィアS米GU2着・スワニーリヴァーS米GV2着・ジミーデュランテS米GV2着・ダイアナS米GT3着。第6仔ラビットラン(牝3歳)は輸入されて日本で走り、現役で2勝。第7仔が本馬。極めて優秀な繁殖牝馬である。
期待度45

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年9月3日(日)2歳戦 natsuryoのダービーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる