natsuryoのダービーへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年6月18日(日)2歳戦

<<   作成日時 : 2017/06/18 21:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

●3東6 5R 2歳新馬 芝1600 良
テンクウ (牡・美浦・奥村武)
父ヨハネスブルグ 母ピサノドヌーヴ(アグネスタキオン)
1:37:5(上3F33:7)
単勝3.2倍の1番人気に応えた。道中2番手から4コーナーも2番手。直線ジリジリと逃げ馬に迫り残り200mで先頭に立ち、内から伸びた2着馬に1馬身1/4差での勝利だった。
【先頭の通過】38:0-51:0
【レースの上り】11:4-11:1-11:3
マイル戦だが超スローペースとなり、直線の追い比べを制した。道中は1馬身以内で逃げ馬をマークし、直線は徐々に差を詰めた。先頭に立ってからはもうひと伸びして、内から伸びた2着馬を引き離しながらゴールした。勝ち時計は平凡だが、上りが速く、勝ちっぷりも上々である。特にゴール前の伸びはなかなかで、上のクラスでも上位争いできそうだ。ただ、スピード系の種牡馬の産駒だけに、このままマイル路線を歩みそうだ。
【母】ピサノドヌーヴ
11戦2勝。ダート1700m2勝。重賞未出走。
兄(本馬の伯父)エルカミーノは新潟大賞典GV3着2回。兄(本馬の伯父)モノポールは富士SGV2着。
初仔は1勝。第2仔は地方6勝。第3仔イブキ(牡3歳・期待度60)は現役で2勝。新潟2歳SGV3着など重賞で活躍中。第4仔が本馬。
期待度45

●3東6 6R 2歳新馬 芝1400 良
ムスコローソ (牡・美浦・手塚貴久)
父ヘニーヒューズ 母ルナレガーロ(アドマイヤムーン)
1:23:7(上3F34:1)
単勝3.9倍の2番人気からの勝利。出遅れたが道中は6番手。4コーナーも6番手から直線内から伸びて残り300mあたりで先頭に立ち、後続を離して5馬身差での圧勝だった。
【先頭の通過】36:8-49:1
【レースの上り】11:4-11:4-11:8
出遅れて1馬身程度の不利だが、出遅れた馬が多数で大きな不利にはならなかった。直線内から抜けて、残り200mでは1馬身差だが、ここからゴールまで後続を引き離した。5馬身差の圧勝で、しかも離しながらのゴールなので圧倒的な強さなのだが、スタート直前に乗り変わった1番人気馬が直線で騎手を振り落とすなど、アクシデントのあった競馬で、時計も平凡である。メンバー的に低レベルだったと思われるため、圧勝でも上のクラスですんなりと勝てると思ったら大間違いだろう。
父ヘニーヒューズは新種牡馬である。すでに外国産馬としてアジアエクスプレス(牡2011年産・期待度75)やモーニン(牡5歳・現役)が結果を出している。現2歳はこれが初勝利だ。
【母】ルナレガーロ
4戦0勝。
祖母(本馬の曾祖母)がダイナカールであり、活躍馬が多数いる牝系だ。兄(本馬の伯父)が種牡馬オレハマッテルゼであり、姉(本馬の伯母)エガオヲミセテ、兄(本馬の伯父)フラアンジェリコ、甥(本馬の従兄弟)ウォータクティクス・キタサンアミーゴ(牡2006年産・期待度70)などが重賞を勝っている。
本馬が初仔。
本馬は、当歳時のセレクトセールにて4536万円で取引された。
期待度45

●3阪6 5R 2歳新馬 芝1600 良
コスモインザハート (牡・栗東・西園正都)
父ハーツクライ 母マーゼリン(Barathea)
1:34:0(上3F34:9)
単勝6.6倍の3番人気からの勝利。やや出遅れて道中は6〜7番手。4コーナー6番手から直線内目から追い上げて、残り250mあたりで先頭に立ち、最後伸びた2着馬に半馬身差での勝利だった。
【先頭の通過】34:7-46:8
【レースの上り】11:6-11:7-12:1
出遅れて半馬身程度の不利。すぐに流れに乗り6〜7番手につけた。直線残り100mでは2馬身差としたが、最後に突っ込んできた2着馬に半馬身差まで詰められて、あと20〜30mあれば抜かれていた勢いだった。ただ、3着以下には詰められていないので、2着馬を褒めるべきだろう。今日の阪神競馬場は高速馬場で、ペースも速かったため1:34:0という好時計が出た。2着馬に詰められたが、上りは本馬の方が速いので、脚の使いどころの違いだろう。上のクラスでもそこそこやれると思う。
【母】マーゼリン
アイルランド産の輸入繁殖牝馬。イギリス・アメリカで走り英8戦1勝・米10戦3勝。サンタマリアH米GT2着・サンゴルゴニオH米GU2着。
妹(本馬の叔母)Sun of Jamaicaはツークンフツレネン独GV3着。弟(本馬の叔父)Stellar Massは愛ダービー愛GT3着。
初仔は地方2勝。第2仔は地方3勝。第3仔は地方1勝。第4仔エイシンムジカ(牝3歳)は現役で未勝利。第5仔が本馬。
本馬は、1歳時のセレクトセールにて1728万円で取引された。
期待度55

●1函2 5R 2歳新馬 芝1200 良
ナンヨープランタン (牡・栗東・松永幹夫)
父ルーラーシップ 母テキサスルビー(スペシャルウィーク)
1:09:8(上3F34:4)
単勝6.6倍の4番人気からの勝利。道中5〜6番手から4コーナーは5番手。直線外目を追い上げて、ゴール前で逃げ馬をかわし頭差での差し切り勝ちだった。
【先頭の通過】34:7-46:7
【レースの上り】12:0-11:4-11:7
好スタートだったが逃げずに抑えた。好位につけるかに思ったら、6番手まで後退してしまった。その後は追っつけ通しで、4コーナーで盛り返した。そじて、短い直線でも外から伸びて、逃げ馬をキッチリ差し切った。若駒らしいチグハグな競馬であり、もう少し競馬を覚えないと、上のクラスでは厳しいだろう。ただ、スタートの良さや追ってからの伸び脚など、センスの良さは見せたと思う。
【母】テキサスルビー
8戦1勝。芝1600m新馬戦を勝った。重賞はクイーンC(10着)に出走した。
母(本馬の祖母)ストレイトフロムテキサス(Strait From Texas)はナッソーS米GUを勝ち、ナタルマS米GV2着。姉(本馬の伯母)クロフォード(牝2007年産・期待度50)は新潟2歳SGV3着。
本馬が初仔。
本馬は、当歳時のセレクトセールにて3132万円で取引された。
期待度35

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年6月18日(日)2歳戦 natsuryoのダービーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる