natsuryoのダービーへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年3月6日(土)3歳戦

<<   作成日時 : 2010/03/06 19:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●2中3 9R 黄梅賞(500万下) 芝1600 重
ニーマルオトメ (牝・美浦・田村康仁)
父ゼンノロブロイ 母フォレストゾーン(Forest Wildcat)
1:37:3(上3F36:1)
好スタートから押して先頭に立つ。半馬身差で逃げ、前半4F通過は48:9のペース。このあたりからウインマリアベールが絡んでくるが、4コーナー手前から再び離し、4コーナーは1馬身差先頭でまわる。直線に入ると徐々に差を広げ、残り200mでは1馬身半差。更に差を広げ、残り100mでは2馬身〜2馬身半のリード。最後は、ゴール前で2番手に上がったソルプリマベラに2馬身1/2差でゴール。鮮やかな逃げ切り勝ちであり、圧勝だった。
牡牝混合のレースだったが、牝馬が1・2・3着を占めた。雨の影響もあったのか、6・12・8番人気での決着。3連単は81万円の大荒れのレースとなった。
共同通信杯4着(0:3差)のダイワアセットや、ホープフルS3着(0:4差)のセイウンジャガーズなど骨のありそうな牡馬も出走していたが、まるで相手にしなかったので、それなりの力はありそうである。
逃げ切りで上り3Fは11:8-12:0-12:3と、最後までしっかりと走っている。重馬場が味方をしたというよりも、今回7戦目にして初めて逃げた脚質転換が良かったのだろう。
これで7戦2勝となった。デビュー戦は福島の芝1200m戦。後方から直線伸びるが9着。2戦目の新潟芝1400m戦は4着。3戦目の東京芝1400m戦はイイデサンドラの2着。4戦目の東京芝1400m戦はマイネルマルシェの2着。5戦目の東京芝1400m戦で初勝利をあげた。単勝1.9倍の1番人気に推され、5番手からの競馬。直線伸びて、残り100mで先頭に立ち、1馬身1/4差での快勝だった。6戦目の前走は東京芝1600m戦。後方からの競馬となり、4コーナー10番手から直線内ラチ沿いを伸びたが5着に敗れた。
母はアメリカ産の外国産馬として日本で走り、11戦1勝(地方出走2戦0勝含む)。2戦目のダート1200m新馬戦を勝ったが、500万では勝てなかった。繁殖に上がり本馬が第4仔だが、初仔が2勝、第3仔フォレストチャーム(牝5歳)は地方6勝で地方にて現役だ。
本馬は当歳時の北海道セレクションセールにて787万円で取引された。
期待度60

●1阪3 11R チューリップ賞(GV・牝)芝1600 重
ショウリュウムーン (牝・栗東・佐々木晶)
父キングカメハメハ 母ムーンザドリーム(ダンスインザダーク)
1:36:1(上3F34:7)
まずまずのスタートから外9番手につけるが、2F過ぎで7番手に上がる。先頭の4F通過は48:3のペース。4コーナーも外7番手でまわる。直線に入るとしばらくは7番手だが、大外から差を詰めて、残り300mで6番手に上がる。そして、残り200mで2番手に上がり、先に先頭に立ったアパパネに並びかける。残り100mで先頭に立つと、食い下がるアパパネを引き離し、最後は3/4馬身差でゴール。GT馬を力でねじ伏せての完勝だった。
単勝39.0倍の9番人気からの勝利だが、残り200m過ぎから100m過ぎのアパパネとの叩き合いを制した価値は高い。
アパパネをマークして進んだ位置取りの差や、アパパネが3ヵ月ぶりのレースだったことを考えれば勝負付けが済んだとは言えないが、一線級の力がある事は証明できたと思う。どんぐりの背比べの牝馬戦線なので、これからも本馬のような伏兵が出てきそうである。
レースの上り3Fは11:9-11:3-12:1であり、この11:3のときに差を詰めたので、11:0程度の脚を使ったのだろう。ラストは12秒台になったが、十分能力は発揮できたと思う。
桜花賞の権利を取ったので、次走は当然桜花賞となるだろう。デビュー以来馬体重が減り続けている本馬には、1ヵ月以上開くことはプラスになりそうだ。ひと叩きされたアパパネが人気になるだろうが、本馬も好勝負できるだろう。
これで4戦2勝となった。デビュー戦は京都の芝1400m戦。4コーナー3番手から、一旦先頭に立つものの、大外から伸びたエアラフォンに抜かれて2着。2戦目は阪神の芝1400m戦。4コーナーは外5番手から直線伸びるものの、前2頭に追いつかず3着。3戦目の前走、京都の芝1600m戦で初勝利。4コーナー外4番手から残り200mで先頭に立つと、最後は1馬身3/4差をつけて勝った。そして今回の勝利で、未勝利−重賞と2連勝となった。
このレース、キングカメハメハ産駒の1・2・3着であり、今年のキングカメハメハ産駒の勢いを象徴するようなレースとなった。
母は6戦未勝利馬。母(本馬の祖母)の従兄妹にダービー馬タケホープがいるが、そこまで遡らなければ近親の活躍馬がいない。繁殖に上がり本馬が初仔である。
期待度75

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2010年3月6日(土)3歳戦 natsuryoのダービーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる