natsuryoのダービーへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月1日(日)第75回東京優駿(日本ダービー)結果

<<   作成日時 : 2008/06/02 23:11   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ダービーの前日の土曜日は、雨のため芝コースは午後に不良まで悪化。
馬場状態が懸念されたものの、ダービー当日は朝から快晴。
芝・ダート「重」で始まったこの日の馬場も徐々に回復し、6Rは稍重。そして14:25に「稍重→良」の発表があった。
もちろん水を含んだ良馬場であり、時計がかかる馬場ではあった。
画像

画像


東京優駿(JpnT) 芝2400 良
1着ディープスカイ(期待度105)   2:26:7(上り34:2)
  2着スマイルジャック(期待度90)    1 1/2
  3着ブラックシェル(期待度85)      3/4
4着マイネルチャールズ(期待度100)  クビ
5着レインボーペガサス(期待度80)   クビ
画像

メイショウクオリアがやや遅れたが、その他はまずまずのスタート。
まずは内アグネススターチ、外レッツゴーキリシマが勢いよく飛び出し、1コーナーまで先頭争いをする。1コーナーで先手を奪ったのはレッツゴーキリシマ。アグネススターチは2番手に控える。3番手は内サクセスブロッケン、外スマイルジャック、その後ろの内5〜6番手にアドマイヤコマンドがつける。その後ろ7〜9番手の真ん中にマイネルチャールズ、内10番手にいたブラックシェルは、この1コーナーで同厩舎モンテクリスエスの斜行により不利を受け頭を上げる。換わって10番手にレインボーペガサス、ディープスカイは内15番手の位置でまわる。
2コーナーで、レインボーペガサスが掛かったのか、騎手の判断なのか、外目を上がり、外4〜5番手まで押し上げる。
レッツゴーキリシマ2馬身差の逃げ。1000m通過は1:00:8のややスローとなる。
向正面では淡々と流れるが、残り1200mを過ぎると、レッツゴーキリシマがややスパート。アグネススターチも追いかけ、3〜4コーナー中間では、先頭〜2番手が3馬身、2番手〜3番手が4馬身と差が広がる。
4コーナーでは、逃げるレッツゴーキリシマの5馬身後方に3番手スマイルジャック。レインボーペガサス4番手、その内サクセスブロッケン5番手、アドマイヤコマンド6番手、マイネルチャールズは馬群の真ん中9番手、ディープスカイは大外を選択し13〜14番手でまわり直線へ。
残り300mで前2頭は一杯。サクセスブロッケンも後退する。
かわってスマイルジャックが鋭く伸びて先頭に立ち、残り200mでは2馬身のリード。後続は内外大きく広がり2番手争い。馬群ではブラックシェル、大外からはディープスカイの伸びが良い。
残り100m、大外ディープスカイがグングン伸び先頭に迫る。内で粘るスマイルジャックを残り50mでとらえると、そのままの勢いで伸び、1馬身1/2差をつけてゴール。強い競馬で第75代ダービー馬となった。
あと100mあれば5馬身も6馬身も離しそうな勢いでゴールをした。この日の馬場は、外をまわると伸びないレースが続いた。それでも外を選択し、34:2で上がった。1頭だけレベルの違う、着差以上の強さであった。
これで、キングカメハメハ以来史上2頭目のNHKマイルC〜ダービー変則2冠の達成である。NHKマイルCの走りも今回の走りも「レベルが違う」というものだった。短期間でここまで成長した馬は今だかつて見た事がない。未勝利で負けが続いた頃とは別の馬になった。
きついローテーションでも、元気一杯に追い切りを消化し、馬体重も+6sで出走。ダービーという異様な雰囲気の中でイレ込む馬も多かったが、この馬はパドックでも本馬場入場でも落ち着いていた。
秋はどのレースを目標にするのだろうか。菊花賞か天皇賞か。どちらにしても今後の活躍が楽しみである。強い馬が、強い競馬をして圧勝した第75回日本ダービーであった。

私の◎アドマイヤコマンドは7着に敗れた。
直線ラスト200mで行き脚がつき、内ラチ沿いを突こうとしたところ、バテたレッツゴーキリシマに進路を絶たれ、一瞬ブレーキをかけたのが痛かった。しかし、それが無くても勝てなかっただろう。前走(稍重)よりもタイムを0:5落としているが、前走と同タイムで走れば2着はあったのに、どうしたのだろう。前走が−12sで今回も−2s。それが影響したのか。やはり調子落ちだったのかもしれない。
▲サクセスブロッケンは、最後は追うのをやめて最下位で入線。
芝2400mでも十分対応できると思ったが、そう甘くは無かった。ただ、日本のダートだけで活躍した馬は、種牡馬としての価値はない。今後も海外を含めてどんどん挑戦をしてほしい。母のように緊張感が途切れなければ良いのだがと思うので、次走は格下相手のレースを選択してほしい。
皐月賞で▲を付けたスマイルジャックだが、今回は完全に見限っていた。そもそも馬券に絡まなかったのは皐月賞だけの堅実な馬である。失敗した。
画像

今年のダービーは現地で観戦した。
実は、ダービー観戦は21年ぶりである。
21年前とは、メリーナイスが勝ったダービーである。当時は旧スタンドC指定席で見ていた。
このレース、映画『優駿 ORACION』でオラシオンがダービーを勝つシーンを、本物のダービーを使って撮影すると言う事で、撮影隊が来ていたレースである。
撮影スタッフは、当時断然の1番人気馬マティリアルが優勝するものだと思い込み、マティリアルばかりを撮影していたらしい。しかし、見事にこけた。
仕方が無く、後日別の場所で、似ている馬を使って撮影したのである。
あのとき、マティリアルがこけたおかげで、私は60倍の馬券を当てることができた。
そういえば、今日の勝ち馬ディープスカイの顔、白斑が21年前のダービー馬メリーナイスに似ている。
画像

最近の指定席は無線LANでインターネットに接続することができるらしいので、試しにパソコンを持っていった。
途中、不安定な事もあったが、概ね良好であり、競馬場にパソコンを持っていくのもなかなか良いかもしれないと思った。ただし、席を離れるときには同行者に見張ってもらわなければならない。競馬場に来る人に泥棒はいないとは思うけど、一応今日は同行した息子(小5)に見張らせた。
「競馬場にパソコンを持っていくオールドファンなど、なかなかいないだろうな」などと思いながら、TARGETやJRAレーシングビュアーを参考に馬券検討をした。席を立つのが面倒なときはIPATで馬券購入。とても便利である。
しかし、「パソコンを使ったからといって、馬券が当たるわけでは無い」ということに気がついてしまった。


1年目の「ダービーへの道」これで終了です。
浅学と稚拙な文章にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
6月21日(土)からの2年目も書くつもりですので、これからもよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
1年間お疲れ様でした。また来年のダービー目指して、お互いにブログに励みましょう。
にゃーご。
2008/06/03 21:33
>にゃーご。さん
コメントありがとうございます。
全出走馬をデビューから知っているダービーなんて初めてです。
これも、ブログのおかげです。
にゃーご。さんも、にゃーご指数に磨きをかけて、「馬券が獲れて楽しいブログ」にして下さい。
今後ともよろしくお願いします。
natsuryo
2008/06/03 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月1日(日)第75回東京優駿(日本ダービー)結果 natsuryoのダービーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる